もう、もとに戻ることが出来ないのであれば、新しい生き方とともに生きて行きましょう

canstockphoto58178186.jpg

こんにちは!

いつもありがとうございます。

ありがとうございます。

キプロスでは来週辺りから、1日3回まで外出が可能になります。もちろん、外出する前には、SMSでメッセージを送り、その後、数秒後に、「ピーン」という音と共に外出許可メッセージが届きます。

私の場合は、普段から1日1回ぐらいしか出かけることがないので、3回も外出する届けを出すことはないでしょうが、緩和されつつある生活ですが、それでも、番号で認識されるということはナチスがユダヤ人を強制収容所に送った際に、番号を腕に刻印されたことを思い出してしまいます。

これから起こることを私たちは受け入れながら生活をして行くことになるでしょう。

色々なサイトや動画で陰謀論が報じられている意味は、日本人がこの陰謀論を解く使命を持って生まれ変わっているからです。

日本の祖先はどこから日本列島に来たのでしょうか?

中国から、朝鮮半島からの民族と言われていますが、もう、気づいている人が多くなりました。

シュメール人であった可能性が高いでしょう。

そして、そのシュメール人の遺伝子を継いでいるのは、イスラエルのルーツであるアブラハムが生まれた場所は古代メソポタミア文明が栄えた今のイラクにあたります。

シュメール文化の特色は、高度な天文学の知識にあります。

今日カレンダーで使われている週7日という暦はシュメール文化から生まれたものです。

他にも当時から水路を張り巡らして農地に水を引き、牛を使って地面を耕したりしています。

このシュメール人の手により紀元前2100年にはウル第3王朝が栄え、シュメール文化の繁栄は頂点を迎えています。

しかしながら、この偉大な古代文化を築き上げたシュメール人は紀元前2000年頃、ふと歴史から姿を消してしまっています。

突如としてメソポタミアから消え去ったシュメール人はどこに行ったのでしょうか?

そのとき、何があったのでしょうか?

その多くのシュメール人は、アジア大陸を東に向い、あるものは中国に移住したとも伝えられていますが、古代日本に渡来した大和民族は、エフライム族が中心であり、ユニークな容姿を持ち、その後の日本人のアジアの中でも独特な容姿が生まれていったと言われています。

明治維新前の鎖国時代の日本で、出島に滞在したエンゲルベルト・ケペルンという人がいますが、当時の日本人を見て、その容姿は他のアジア諸国の人とは大きく異なり、アジア諸国よりもむしろ中近東の人々に似ていると言われています。

angelpray33.jpg

また、エフライムはイスラエル人とエジプト人とのハーフだったこともあり、日本人は古代エジプト人の容姿や顔は、日本人に似ていると言われています。

モーセの時代になり、イスラエル人の出エジプトがあり、イスラエル人はエジプトを離れ、約束の地カナン(イスラエルの地)へ戻りました。

モーセの死後、ヨシュアが後継者となりましたが、ヨシュアはエフライム族の出身でした。

そのヨシュアのスピリットを受け継いだ人物が、同じくエフライム族の出身で日本を建国した神武天皇=イハレ・ビコであったと言われています。

かつてヨシュアが神様のために祭壇を築いて礼拝したように、神武天皇も、同様の祭壇を築いて神様を礼拝しています。

様々な困難があっても、ヨシュアが行くところ道が開かれていったように、神武天皇の行くところも同様に道が開かれて行きました。

神武天皇は、エフライムやヨシュアのように、神様の約束を信じて歩む人でした。

神武天皇の血族である令和天皇に2019年から引き継がれて来ています。

日本という国は何度も他の国から攻められて来ていますが、それでも、日本民族は保たれ、天皇家も廃止されることなく存続出来ていることは奇跡に近いでしょう。

かつてヤコブは、マナセとエフライムを祝福した際、「彼(マナセ)もまたひとつの民となり、大いなる者となるであろう。しかし、弟(エフライム)は彼よりも大きくなる」<創世記第48章19節>と予言しました。その予言通り、日本は、シルクロード各地に今もいる他のすべての古代イスラエル人末裔たちよりも「大いなる民」となり、「大いなる国」を築きました。

エフライムの祝福を意識していくならば、日本は今後も、さらなる大いなる国になることになります。

「富を築き上げる力を与える」と約束された神が、日本という国を守護してくれているのですから、経済的富だけではなく、学問、医学、芸術、平和、人種融和、途上国援助、福祉、環境保全、そのた未知の世界や新しい分野でも人類にとって素晴らしい道標になることでしょう。

しかし、その輝かしい成功を収めるには、乗り越えなければならない試練が用意されています。

この苦難の道は、世界の人々も共通に通ることになります。

人生、生きているとそれぞれに辛い時期というものがあります。

内面、外面の両方で起こる深い変化のとき、探し求め、選り分けるとき、新しい環境、次元へと入っていくときです。

この変化の時期は、ふわふわしたお花畑のような今までのような楽なことばかりではありません。

例えて言えば、セミは長い間、土の中で成長するまで、他の昆虫よりもゆっくり時間をかけて地上に出て来ます。

また、花が咲くとき、蕾が割れ、抵抗することなく、花びらを開き、咲き始めます。

あなたがすでに覚醒しているのであれば、内面に花が咲き、純粋で綺麗で美しい感覚を持っていられることでしょう。

今、起きていることは、すべて、この地球の人達が、セミが地上に現れたときに受ける衝撃に似ているかも知れません。

一人一人の内面にこれまで眠って来た何かが発芽し始めています。

もちろん、人によって気づきのレベルは異なります。

また、宗教的な背景や思考によっても、この「気づき」の速度は異なります。

時間が掛かる人種もいるでしょうし、2000年以降に生まれたスターシードのような日本人の子供たちは、生まれたときから、この「気づき」を持って生まれています。

命がある限り、どの人にも「気づき」ことが出来るでしょう。

ですから、すべての人々に劇的な変化がこのような形で起きています。

不可能と思えたことが可能になったり、黒が白になり、悪意がその途中で、変化したり、私たち人間もついに本来の自分が遣り方の誤りに気づくことで、今まで、物質的なモノを得るために、自然のバランスにどれほどの影響を及ぼしていたかに気づいていることでしょう。

これまでの過ちを正したいと思う人が増えて来ることでしょうし、すでに、その傾向はあることでしょう。

そして、やっとのことで、人生で本当に大切なこと、つまり、「霊」「神」「森羅万象」について気づくことになるでしょう。

教会や神社、お寺に行き、自分の願い事ばかりして来た人ほど、他者の為に、何かをしてあげたくなる感情が湧いて来ることでしょう。

これから、私たち日本人の遺伝子を持つ人々は、古代シュメール人であった時代とともにAIや新しい時代の思考を共存しながら、生きて行く事になるでしょう。

激動の時代だからこそ、神様を信じることです。

戦後、日本は宗教や武士道をGHQによって排除されてしまったために、本来はイスラエル民族のように「祈る、学ぶ、神を信じる」を封印されてしまいました。

私の祖母は明治生まれの神道信者でしたから、朝は天津祝詞を挙げ、週末は神社に行き、掃除に行ったりしていました。

「誰のために祈るのか」と訊ねたとき、「誰のためでもなく、神様のため」と言っていました。戦争が終わるまで、神様の子である天皇のために祈っていたと思います。

明治天皇の掛け軸もありましたので、神様の為であったのでしょう。

今日だと、宗教はカルト信者や気が狂った人が行うというイメージですが、家の中で祈ることで、波動も良くなり、感謝の気持ちを表現していたのだと思います。

とても小柄な祖母でしたが、武士の血を引くだけのこともあり、凛としたイメージがありました。

堂々とした態度は内面の中に神がいたから、それが今風のご利益とか利己的な祈願ではなく、日本人に誇りを持っていたからだと思います。

人生の危機に直面したとき、人は本来の個性が現れます。

愛する人を失ったとき、病気になったとき、人間関係の崩壊等、私たちは「なぜ?」「なぜ?自分だけ?」と問いかけるでしょう。

その裏には、人生にはすべて自分の理解できる理由があるはずだ、という思いがあり、自我は物事の起こる理由を必ず理解出来るという無意識の概念がそこにあるからです。

しかし、多くの場合、人生は自分が到底予想出来なかった方向へと展開して行きます。

このような危機とは、人生は自分ではコントロールしているという理解が、実はそれは「妄想」だったと気づく瞬間なのです。

私たちは生かされているのです。

だからこそ、危機に直面したとき、多くの人は計り知れない何かの存在に気づくことが出来るのです。

それこそが、日本人が忘れていた「氣づき」なのです。

「妄想」を手放す時期が各々に到来して来ることでしょう。

そして、多くの人々が不思議な現象を肉眼で見ることが出来ることが出来るようになるでしょう。

高次元の存在にすべてをゆだねる事で、学ばされることになることでしょう。

最後に神様が望んでいることは、「1.思考停止をしてはいけません。2.与える人になりましょう。3.愛なくして、生き延びることは出来ない。」

準備が出来ている人は、「光の存在を信じること」は、英語で言えば、ライトワーカーを意味しているのでしょう。

完璧な愛はすべての悪を破壊することが出来るでしょう。

愛という言葉は、神の意志(心・ま心)を受け入れることで、明るく、素直に生きて行けることでしょう。

神様を身近に感じることにお金は掛かりません。

美しい夕陽や日の出、浄化された綺麗な自然界の風景、ゆらゆらと飛び回る蝶々や咲き乱れている花たちを立ち止まって見て下さい。

よく見る事です。

そこで見える物の輝きを感じ取って下さい。

美はあらゆる場所に存在しています。

そして、あなたの心を癒し、あなたの魂を喜ばせ、思考を元氣にして、人生に喜びと光を齎してくることでしょう。

悲しくなる出来事がある人ほど、自然界に足を運んで下さい。

このような世界規模で困難なことがないと、私たちは時間という妄想とともに、神様の存在までも忘れて来たことでしょう。

思い出して下さい。

あなたがなぜこの世に生まれて来たのか。

ありがとうございます。

愛を込めて、女神アフロディーテの生まれた国より

shaman-slavic-20.jpg