夏土用

7月19日(月)から8月7日(土)16時頃まで夏土用です。
体調管理に十分お気をつけてお過ごしくださいね。特に一白水星・二黒土星・四緑木星・六白金星・八白土星・九紫火星の方はくれぐれもご無理などなさらないよう、ご自愛ください。

~土用とは~
一般に夏の土用は有名ですが、土用は春夏秋冬それぞれ1回ずつ18日間あります。
土用とは、季節と季節の間の大気変化、季節の調節という変化の役目を受け持っているものです。
人間の体調に当てはめますと、春の土用は夏に対して、夏の土用は秋に対して...というように、それぞれに適応した抵抗力をつける働きをするものということになります。
万物、季節の変わり目であり、次の季節へ移る前の調整期間といったところでしょうか。

運気の観点からは、この土用の18日間というのは注意が必要な時期にあたります。
まず気を付けていただきたいことは、この期間は体調を崩しやすくなるということです。疲労等で抵抗力が低下していますと、発病、もしくはちょっとした風邪などでも治りが悪く長引いたり、なぜか身体や気分がすっきりしなかったり、疾患急変や持病の悪化もありえます。土用期間に患いますと、土用明けまで快復しづらいことも特徴です。土用の丑の日にうなぎなどを食べて力をつけるのはそのためです。(今年の夏土用の丑の日は7月28日(水)です。)
また、この時期は新増改築、移転、結婚、土いじりや動土も避けた方がいいといわれています。

ではなぜ土用期間はこのようになったり、これらのことを避けなければならないのかということになりますが、土用の期間は、壊乱と腐敗作用を持つ五黄土星の気を受けるため地上にはこの土の気が満ちており、色々なことが不安定になるからといわれています。

土用は身体に溜まったものを出しやすい時期ですが、この時期に出すことで次の季節を元気に迎えられます。その反面、この時期に無理をしたり、急な温度変化を侮るとてきめんにやられますので、ご自身やご家族の体調管理に気をつけると同時に、高齢者の体調管理にも気をつけてあげてくださいね。