●ヘルメスの7つの宇宙法則 5.リズムの法則

 こんにちは! アクセスありがとうございます。
ご機嫌いかがですか? そろそろ春、そして桜ですね。
 かすかに沈丁花の甘い香りを感じ、早咲きの桜を観て、
ユキヤナギの開花を楽しみにしている 煌龍 剛 です。


 さて... 我々の周囲には'「宇宙の法則」があり、
それを活用すると、夢や願望が叶ったり、人生が好転する...
そんな概念が「ヘルメスの7つの宇宙法則」や「引き寄せの法則」です。
 私的には、それらを肯定的に捉えていますが、
概念上の存在なのか、実際に存在する(効果アリな)のか、について、
結局のところ、誰にも解らない(確認できない)ことのように考えています。

 ここで改めて、「ヘルメスの7つの宇宙法則」の簡単な意味を記します。
1、思考(Mentalism)の法則
 夢や目標を思考することで具現化(現実化)するということ
2、投影(Correspondence)の法則
 この世界の全ては自分の映し鏡であるということ
3、振動(Vibration)の法則
 類似した振動を持つもの同士が引き寄せ合うということ
4、極性(Polarity)の法則
 対極は存在せず同じ性質の程度の差に過ぎないということ
5、リズム(Rhythm)の法則
 運気の流れをつかむ意識ということ
6、原因と結果(Cause and Effect)の法則
 出来事には全て原因があるということ
7、両性(Gender)の法則
 男性性(陽)と女性性(陰)エネルギーのバランスということ
 *参考・引用①

 これらの中で「5、リズム(Rhythm)の法則」は...

・宇宙にあるものは全て一定のリズムで動いている。
 こうした自然界のリズムをこのリズムを上手に使うことで、
 ものごとをうまく運ぶことが可能となる。
 リズムに合った動きをすることができるようになることで、
 無理なくものごとを進めることができる。*参考・引用②

・この世界のあらゆるものは「動き(振動し)」、リズムを取り、
 互いに関連しあって、完璧なハーモニーを奏でている。
 こうしたリズムは、あらゆる命が関係し合い、
 この地球上で命が続いて行くための中心的な働きをしており、
 この宇宙が奏でるリズムを調べ、自分の叶えたいものと連動させる。
 *参考・引用③

 そんな感じで説明されていますが、 いまひとつ、なんとなく
解るような、よく解らないような説明ではないでしょうか。

 要するに、宇宙や自然や世界には'リズム'があり、
それは「運の流れ(運気・運勢)」でもあり、
それらを知る(掴み・乗る)ことが成功の鍵ということでしょう。
 逆説的に言えば、リズムに逆らっていては、
夢や願望は叶うことなく、人生が好転することもない... です。

 この'リズムの法則'は、占師にとっても、
かなり重要ではないでしょうか。
 個人の運勢と同時に、宇宙や自然や世界の'リズム'を知り、
現実の改善を目指したり、幸せへと導くことが
占師の主たる業務といえるでしょう。

 例えば... 'ボイドタイム'は、西洋占星術などの概念ですが、
月がどの惑星とも特定の「アスペクト」を形成しないために、
月の力が発揮されない時間、月の力が無効になる時間を指します。
 この時間帯には「感情のコントロールがしづらい」、
「集中力や思考力が落ちる」、「コミュニケーションがうまくいかない」
「物事がスムーズに進まない」などの事態が起きやすいと言われます。
 *参考・引用④

 こうしたボイドタイムや'吉方(祐気)とり'なども
宇宙や自然や世界における「リズム」だと考えられるます。
数多くの占術、風水なども基本的には同様でしょう。
それらを知り、判断や行動に活かすことが'リズムの法則'を
効率よく有効に実践することに繋がるでしょう。

 いつもならこの辺りで、ただ、しかしながら... みたいに、
懐疑的な理屈や逆説的な持論も展開するところですが、
それはまた次の機会にして、今回はここで終わることにします。


 ご覧いただきありがとうございます。
季節の移り変わりを、五感で感じる余裕をもちたいですね。


*参考・引用文献
①雑学活脳研究会 著,
 新書判シリーズ⑲『夢をかなえるためにすべきこと』,
 編集・発行 大創出版,2016年
②ほしのみのる,幸せで豊かな人生 > リズムの法則,
 https://hoshinominoru.com/post-439/,2018年3月12日
③よしだひろちか,
 ザ・メタ・シークレット公式ブログ > おさらい リズムの法則,
 http://www.metasecret.jp/blog/おさらいリズムの法則,2018年3月12日
④MUUN CYCLE > 月の影響力 > 新月と満月の「ボイドタイム」,
 http://moon-cycle.net/journal/voidtime,2018年3月12日