多次元的な領域の自分自身

皆様は、自分というものを考える時、どこまでを自分だと思っていますか?

私たちの多くは、肉体の自分あるいは脳(表面意識)が作り出した自分(パーソナリティ)など、意識できる自分や知覚できる自分を、自分だと思いがちです。

しかし、実際はオーラやハート、ソウル、潜在意識の領域など目に見えない部分も自分自身の一部であり、皆様は多次元的に存在しているのです。

そして、ブロックも、それら多次元的な領域に存在しています。

例えば、ハートの領域には成長過程で傷ついた多くのインナーチャイルドが、皆様の深い部分で愛と光を当てられ、癒される日を待っています。

オーラの領域には、これまでに皆様が受けた感情的な傷やブロックが張り付き、留まっているのです。

また、この肉体人生で作られたブロックのみならず、過去世で皆様が受けた傷や痛みはそのままソウルの領域にエネルギーブロックとして残っています。

そして、これらブロックも含めた全てのエネルギーが現実を引き寄せ、皆様の人生を創り出しているのです。

引き寄せの法則とは、決して思考(表面意識)や潜在意識で強く願ったことだけが現実化するというものではなく、自分の多次元的な領域の全てのエネルギーが、それぞれに対応する現実を引き寄せるのです。

その為、皆様が、より良い現実や自分本来の人生を生きる為には、自分を捉える枠組みを拡大し、より大きな視点、そして多次元的な視点で自分を捉え、現実を創り出していく必要があります。

このような多次元的な視点は、自分自身のブロックを日常において解放していくとても大きな助けになりますので、是非意識してみてくださいね。

psf-olms-st-qgate0.jpg