お知らせ

_20160823_185633.jpg 本日より17日まで、対面及び電話鑑定はお休みとさせていただきます。 なお、Eメール(LINEメール、telegram)によるお申し込みは受け付けております。 宜しくお願いしますm(_ _)m

img183.jpg

トランプ大統領の暴走が止まらない。
名前が"トランプ"というぐらいだから、ゲームが好きなのだろう。
アメリカは、アメリカの為だけに生きてはならない。
世界平和に貢献することを国是としなければならない。
神の偉大なる摂理によって建国された国であるからだ。
いまのトランプ大統領を見ていると、自国中心に思えてならない。
イギリスのジョンソン首相しかりだ。EUからの「合意なき離脱」を強引に推し進めようとしている。
中国の習近平は言うまでもない。香港の今後の発展を思えば、独裁主義を貫いてばかりではいけない。デモする人達は、真の自由を欲しているのだ。
そういえば、この3人は奇しくも全員6月生まれだ。
さらに、トランプ大統領とジョンソン首相は、日干が同じ己、よって二人とも"比肩"の年回りだ。
これでは"後には引けん!"
なんて言ってないで、謙虚になって、もっと世界のための政治をしてほしいものだ。世界の経済を発展させるには、多少の犠牲は避けて通れない。

img183.jpg

新潟市出身の石崎徹議員が元秘書から訴えられている。
週刊誌は読まないので詳細は分からないが、石崎氏の今年の運勢は《敗財》という"凶星"だ。
もともと正財と正官の【双美の命】というなかなか運気の強いものを持っているのだが、暴行は決してあってはならない。
この《敗財》は、"弱気の失敗"という意味があり、訴えられた場合、決して強気にはいけず、ただ謝罪するしかない。
彼はまだ若い。しっかりとした政策を掲げているし、実力もありそうなので、この度の件を猛省して出直してもらいたいものだ。

img183.jpg

放火犯・青葉真司の生年月日が判明した。

【年】戊午・比肩・帝旺
【月】丁巳・印綬・建禄
【日】戊寅・  ・長生

《大運》壬戌・偏財・墓(※泰山流では辛酉・傷官・死)

《年運》己亥・敗財・絶(※泰山流では"劫財")

命式を見ると、五行の火(印星)が大過している。

性格は理屈っぽく、執念深く、また迷いの多い人生をあゆみやすいものだ。能書きが多い割には実行力に欠ける。

大運を見ると、特に悪かったであろう時期は

数え15~21歳は「敗財・衰」...家庭環境は良くなかったと思われる。

22~28歳は「食神・病」...引きこもりがちになったり、精神的に不安定になったのではないか。

29~35歳「傷官・死」...才能は開花するかもしれないが、精神状態はますます不安定になり、切れやすくなったであろう。刃物を持ってコンビニに押し入り強盗をしたのもこの頃である。

彼とまったく同じ日に生まれた人もたくさんいるはずだ。しかし、家庭環境や後天的条件、そして何よりも本人の努力で運勢は変わってくるものだ。

ところで、今年の運気である「敗財」は、"厭世"という意味の凶星である。
生きていくことが嫌になったり、投げやりになったり、自暴自棄になってしまうことがある。
京アニに恨みを抱いていたようだが、放火は許せない。

彼が火を放った日は、奇しくも【丙(ひのえ)】であった。

他界された方々のご冥福をお祈りしよう。

img183.jpg

昭和を代表する評論家・竹村健一氏が他界された。

世界一著名な日本人にもなられたことがあるほど、評論家としてずば抜けていた。

実は数日前から、しばらくお会いしていない先生のことが、気になって仕方なかった。

すると、昨夜「竹村健一氏死去」のニュースが流れた。

img183.jpg

昨日、元農水次官・熊澤英昭氏が逮捕された。
東大法学部卒のエリートだ。
息子を包丁で刺殺してしまった背景には、エリート一家ならではの確執があったに違いない。
40歳を過ぎて無職ということに相当苛立っていたのではないか。
「自分はエリートだ、お前もやればできるはずなのに、なぜ努力をしないのか...」
などど言ったのかもしれない。