「母子殺害事件」に思う

1999年、山口県光市で起きた『母子殺害事件』で、殺人や強姦致死などの罪に問われ、1、2審で「無期懲役」の判決を受けた元会社員(25)(犯行時18歳)に対する上告審判決が20日、最高裁第3小法廷であった。
 浜田邦夫裁判長は、「計画性のなさや少年だったことを理由に死刑を回避した2審判決の量刑は甚だしく不当で、破棄しなければ著しく正義に反する」と、広島高裁判決を破棄し、審理を差し戻した。

同高裁で改めて審理されるが、元会社員に死刑判決が言い渡される可能性が極めて高くなったようだ。

被害者の夫(父)の本村洋さんは、「最高裁自ら死刑という判断を出してほしかった」という。

気持ちは痛いほど分かる。

最愛の妻と娘を無残にも殺害されたのだ。その憤りと悲しみは筆舌に尽くせないであろう。死刑を望みたいのが真情である。

犯人を死刑にしたところで、失った妻子は還って来ない。でも、犯人が生きている以上、本村さんの心に刻まれた深い傷は癒えない。

私は、犯人が悔い改めない限り無期懲役にすべきではないと思う。

悔い改めとは、「本当に申し訳ありません。どうぞ、私を死刑にして罪を償わせてください」と言って、悔悟の涙を流すレベルでなければならない。

もし犯人が死刑をまぬかれるために弁護士を立てていながら「反省している」というのならば、それは真の反省ではない。

本当に反省(懺悔、悔い改め)しているなら、「私を死刑にしてください!」という言葉しか出て来ないはずである。

尊い愛と生命と血統を蹂躙してしまった罪は、心からの懺悔以外に償いの道はないのである。

万が一、犯人がそういう境地に達した場合のみ、死刑以外の刑罰を検討すべきである。

ただ、本村さんの立場に立てば、「怨讐を愛する」ということになるので、普通の人間には出来ることではないし、第三者の我々が要求することではない。

同じ山口県人として、一日も早く本村さんの心の傷が癒えることを切に願うものである。