大予言者・高木乗

165727.jpgきょうは、12月8日、日本軍が真珠湾を奇襲攻撃し日米開戦に突入した日だ。

わたしの師匠のまた上の師匠である故・高木乗先生は、鑑定力がズバ抜けていた。

日本軍が米軍と戦っている最中、高木先生は占った。

昭和20年8月初旬に日本は敗戦する予言をし、それを各閣僚に書簡で送った。その為、官憲に捕まってしまったらしい。

12月8日の干支を見ると…

辛巳年、庚子月、庚寅日、庚辰刻となる。誕生日としてみると【敗財】【比肩】となる。

これは、“華々しく戦って、華々しく散る”という象意から、戦争を開始してはならない干支配合の日時だった。

高木乗先生は、金から尅される木の年・木の月、即ち8月(乙酉年/甲申月)に日本が敗戦することを予言したのだ。