どこかおかしいぞ、ホリエモンさんよ。

熊本地震で、被災者を気遣ってか、各テレビ局はバライティ番組等を延期し始めた。 それに対して、堀江貴文氏は批判的である。 一見彼の意見はもっともらしく聞こえるが、冷静に考えたら、彼の利己主義にもとづいた価値観から出た言葉と言わざるを得ない。 所詮、かれにとって被災地の人々は他人事なのだ。 わたしも何人か知人がいるが、いまでも辛い状況下にあることを思えば、決して笑える心境ではない。 歌を歌って被災者を励ましたり、勇気づける番組ならともかく、ジョーダンを言って笑いをとるような番組だけは、控えて当然である。 またそれぞれのテレビ局の考えあっての自粛である。それを批難するとは何事だ。