癌で他界した元女子プロレスラー

img183.jpg

元プロレスラーの渡辺えりかさんが他界した。

力道山やジャイアント馬場、アントニオ猪木の全盛期はプロレスが面白かったが、ここ数十年は関心もなくなってしまった。

だから、男子女子問わず、プロレスラー選手はまったく知らない。

さて、癌で亡くなった彼女の運勢をみてみよう。

【年】戊午・偏印・沐浴

【月】丙辰・偏官・養

【日】庚申・  ・建禄

《大運》壬子・食神・死(33~40歳)

    辛亥・敗財・病(41~48歳)

《年運》戊辰・偏印・衰(偏印)

彼女は今年数えの41歳になる。大運を見ると、33歳~40歳に食神が出ており、偏印星に剋されて"倒食"となっていた。

倒食が出ると、罹患しやすく、癌を患っていれば、さらに悪化する危険性もある。

今年から大運が"敗財・病"で、年運も"偏印"なので、急激に悪化してもおかしくなかった。

生時が不明なので、断定はできないが、命式には生命力を表す"財星"がない。

強靭な肉体を持っているように見えたが、見えないところでがん細胞に侵されていたのだ。

人はいつ事故に遭ったり、病に罹るかわからない。

予兆がある場合もあるが、突然襲ってくる災難もある。

定期健診もさることながら、運勢をみたり、内外のチェックを怠らないようにしてはいかがだろうか。