殺人ボクサー

img183.jpg

元プロボクサーの橋詰知明が、スナックで居合わせた元力士の男性をカラオケのリモコンで殴るなどして殺したらしい。

ボクサーは一般人に比べてパンチ力が強い。殴って人を殺せることは、本人も分かっていたはずだ。

「酒に酔って覚えてない」と容疑者は言ってるようだが、明らかに嘘をついている。酒のせいで暴行をしたというのは正確ではない。本人の心に"血気""怒気"が強く存在しているからだ。

酩酊すれば、笑う人もいる。所謂、笑い上戸だが、こういうのはまだいい。しかし、怒りったり、泣いたり、わめいたりするのは問題である。他人に迷惑がかかる。

ところで、橋詰容疑者の生年月日を見ると「食神」「正財」の組み合わせである。

五行で見ると、土に大過しているため"過傷官"となる。

普段おとなしそうでも、自分に不都合なことがあると、すぐキレるタイプだ。忍耐力がない。

ちなみに、今年は"傷官"なので、他人を傷付けてしまいやすい年である。

殺害された人はもう帰ってこない。刑務所で罪を懺悔することは難しいが、せめて頭を冷やして人生をやり直してもらいたいものだ。