池江璃花子選手は白血病を克服できるか?

img183.jpg

「私は、神様は乗り越えられない試練は与えない、自分に乗り越えられない壁はないと思っています」

池江璃花子選手は、このように語った。

もともとこの言葉は聖書から引用したものと思われる。

コリント人への第一の手紙10章13節に「あなたがたの会った試練で、世の常でないものはない。神は真実である。あなたがたを耐えられないような試練に会わせることはないばかりか、試練と同時に、それに耐えられるように、のがれる道も備えてくださるのである」

使徒パウロの言葉である。

癌と診断されれば、誰もが"死"ということを考えない訳にはいかない。

にも関わらず、これだけ気丈に振る舞っているとは、大したものだ。人間としても素晴らしい。

彼女の運勢(大運)を見ると、今は"病気"を意味する「偏印」が出ている。

ところが、来年から「印綬」に変わる。

きっとドナーが現れて、彼女は助かるに違いない。