"令和"と"命の木"と"イザナキノ命"

img183.jpg

新元号"令和"になって8日が過ぎた。
先月初めて"令和"という言葉を聞いたとき、違和感みたいなものがあったが、不思議なもので、いまはすっかり馴染んだ。

ところで、令和は万葉集からの引用と言われているが、人が検討に検討を重ねて考え出す背後には、目には見えない霊的な力が作用していることを忘れてはならない。

「令和」を分解すると、「令」+「ノ」+「木」+「口」。

さらに組み合わせを変えると、

「令」+「口」=命。

+ノ+木で、"命の木"となる。

日本の神話に登場する神様"イザナキノ命"は、逆に読むと"命のキ..."ということばが出る。

ここまで来ると"こじつけ"と言われるのを覚悟の上で、あえて書かせてもらった。