スパコンの15億倍速い量子コンピューターをつくった!?

img183.jpg

https://www.ft.com/content/b9bb4e54-dbc1-11e9-8f9b-77216ebe1f17

凄いニュースだ。今朝の『日経新聞』一面でも取り上げている。

それは、Googleが量子コンピューターを構築したというものだ。

今のスーパーコンピューターで10,000年かかる計算を、わずか3分20秒でやってのけてしまうのだ。

さっそく計算してみた。10,000年は日数にすると大体3,652,500日だ。

これを時間にすると、87,660,000時間

さらに分にすると、5,259,600,000分

これを3分20秒で割ると、1,577,880,000となる。

つまり、15億倍以上のスピードということになる。

凡人には理解しがたいレベルの話だが、これが実用化すればAIが飛躍的に発展するようだ。

それに伴い様々なリスクも避けられない。

悪用すれば、世界中がカオスになる。

早晩、宗教・主義・思想を超えて世界が一つにならないといけない。いや、ならざるを得ない。

しかし現実は、日韓関係のみならず、米中貿易摩擦、イギリスのEU離脱問題、中東問題...解決しなければならない問題が山積している。

最終的には各自、各家庭、各民族、各国家がエゴを超えて、犠牲精神、博愛精神をもとに、より公的な生き方をしていかない限り、恒久なる安寧と秩序のとれた世界は到来しないだろう。

そのためにも、スポーツや音楽、芸術などの文化交流をもっと推進する必要がある。

最近、スポーツ世界でも黒人の血を引く日本人選手が多く活躍しているが、人種を超えて国際結婚を勧めることも重要だ。「ハーフやクオーターは優秀な人が多い」とアピールするもの手だ。

長丁場にはなるが、世界が一つになるためには、そういう地道な活動を展開していくしかないと思う昨今である。