春の選抜甲子園 開催中止!

img183.jpg

春のセンバツ甲子園は、新型コロナウィルス感染拡大を受け、史上初の「中止」を決定した。
「無観客試合」を前提に準備すると発表していたが、きょう再度協議し、中止を決めたようだ。
高校球児たちも無念な思いでいっぱいだろう。
私が高校3年生のとき、母校の野球部は県大会で優勝して、甲子園に行くことになった。
野球部員と共に、応援したい生徒たちは、貸し切りバスに乗って甲子園に向かった。
わたしは応援団に所属していたのだが、バス酔いすることを理由に、テレビで応援した。
第一回戦で敗退したが、今は懐かしい思い出だ。
真面目な性格で、級長まで務めた野球部キャプテンのK君は、大手N證券に就職したと後で知ったが、40年以上も前のことだ。今頃どうしてるのだろう。
ところで、甲子園の甲子は(きのえね)とも読む。
甲子園がオープンした大正13年(1924年)が、甲子の年だったからだ。
見えない敵"ウイルス"がどこにいるか分からないから中止もやむを得ないのだろう。
でも、個人的には、無観客で試合をさせれば良かったのではないかと思う。