移動"全面解除"は本当に大丈夫なのか

img183.jpg

政府が自粛を求めていた都道府県をまたぐ移動が昨日、全面解除された。

収益が落ち込んだ旅行業界も飛躍できることを期待したいが、V字回復は望めないだろう。

しばらくインバウンドは期待できないので、せめて日本人観光客を増やすしか道はない。

ところで、往来が激しくなるにつれて、三密の環境を作りやすい。

熱中症を防ぐためには、始終マスクを着けている訳にはいかないが、いろいろな対策を講じていけば、感染拡大はある程度は抑えられるかもしれない。

しかし、油断すれば第二波が容赦なく襲ってくるだろう。政府の専門家会議では、第二波が発生した場合、ピーク時に9.5万人が入院すると推測している。

国民一人一人の意識を高める以外に、感染拡大を抑える道はない。

第三波は、来てもほとんど影響がないと予測する。

問題は、第二波である。

特に、夜の飲食業、風俗に携わる人達は真剣に予防に取り組んでもらいたい。

感染したくない人は、そういう場所に行かなければいいだけの話である。