"リニア問題"に思う

img183.jpg

リニア中央新幹線を巡るJR東海と静岡県のトップ会談が平行線に終わった。
静岡県知事は、環境への影響を理由にはねつけているが、本音は"利益"だと思う。
リニア新幹線が開通しても、静岡県には駅が無いため停車しない。
大井川の流量減少は口実のように思えてならない。
静岡県に利益があるかないかではなく、国益を優先すべきである。
富士山も然り。
静岡県のものではないが、富士山のお陰で静岡にも恩恵がもたらされている。
大事なことは、公的な意識である。
県民や地元の人たちのこと以上に国民全体を考えることが重要ではないのか。
これ以上工期を延期すべきではない。
川勝知事には、もっと公的意識をもって臨んでもらいたい。