説得力のない「自粛しましょう」発言

img183.jpg

マスメディアは連日COVID-19を取り上げているが、"第二波"に対する有効な対策が見いだせないままだ。

これ以上自粛すると、生活が立ち行かなくなる。

経営者の立場で考えれば、補償が無い限り自粛は容易ではない。

テレビに出演しているコメンテーターの中には声を大にして「自粛するべきだ」と訴えてるいる人がいるが、イマイチ説得力がない。

むしろ、経営者側からすると、「無責任なことを言うな!」となる。

なぜなら、コメンテーターは、テレビに出てギャラが入るのだ。

同じ立場に立たないと、相手を説得することは出来ない。

極端なことを言えば、死者が出なければいい。

何人感染したかよりも、何人死亡したかである。

免疫力の少ない高齢者がなくなりやすいのは明らかだ。

ここ新潟市もそうだが、高齢者達が出歩いているのをよく見かける。

年金暮らしで働かなくてもいい高齢者は、人出が多い時間帯は避けてほしい。

東京都医師会が「年代別グルーピング」を出しているが、年代別に行動を変えるしかない。

それと、夜は極力外出は避けるべきだ。なぜか?

答えは簡単だ。

人は夜になると免疫力が下がる。日中とは違うのだ。

だから、感染リスクは高くなって当然だ。

PCR陽性者は、昼間でもたくさん出ているが、感染するとは限らない。

何度も言うが、陽性者と感染者とは異なる。