菅首相は権力乱用?

img183.jpg

日本学術会議の梶田隆章会長は2日午前、同会議の新会員候補6人の任命を見送った菅義偉首相の対応に関し、理由の明確化と、改めて6人を任命するよう求める要望書を出すことを総会に提案した。

任命されなかった松宮孝明立命館大教授らは野党合同ヒアリングにオンラインなどで参加し「会議が推薦した会員を拒否することは会議の独立性を侵すと考えるべきだ」と首相を相次いで批判した。

任命されなかった6人の経歴をみると、左翼系法学者や歴史学者がほとんどだ。特定秘密保護法や安全保障関連法の制定や共謀罪の新設に反対した人が含まれている。

野党は秋の臨時国会で、菅義偉首相による権力乱用だとして追及する構えだが、権力乱用なんかではない。

一国の首相は、常に国民の安寧と秩序を守らなければならない立場である。

平和を脅かす危険な思想を持つ学者たちを排除することのどこが悪いのか。

菅首相はなかなか芯の強い人だ。反対勢力に負けないで、信念を貫いてくださることを期待したい。