原辰徳監督 快進撃の理由

img183.jpg

原ジャイアンツがまたリーグ優勝した。

原監督は、2018年から3度目のジャイアンツ監督に就任した。

そして、2019年7月30日、監督通算1000勝を達成という快挙を成し遂げた。

また、2019年9月21日、監督として自身8度目、5年振りのリーグ優勝も決めた。

原監督がここまで成果を出せるのはもちろん選手が頑張るのが大前提だが、選手達の実力を最大限に引き出し、上手く采配しないと優勝は難しい。

彼の運勢を見ると、数え年61~66歳は、己巳・印綬・長生となっている。

いまは数え年63歳になるが、3度目の監督に就任したのが61歳で、この時期だった。

彼は、己が大吉星の天徳であり、それが印綬・長生となれば文句ない運勢だ。

勝負は努力だけでは決まらない。

努力+時の運勢というものが間違いなく存在している。