隠れゲイ

img183.jpg

ゲイであることを同級生に暴露され、一橋大の校舎から転落死した同大法科大学院の男子学生の両親が、適切な対応を取らなかったとして大学に計約8500万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が25日、東京高裁で言い渡された。

裁判長はアウティングを「人格権ないしプライバシー権などを著しく侵害する許されない行為」としたうえで、大学側の責任は認めず、一審の東京地裁に続き請求を棄却した。

当然の判決であろう。そもそも息子の自殺を大学側に責任転嫁をするのは間違いだ。

一橋大学と言えば、東大、京大に次ぐ一流大学だ。

どんなに優秀でも、性的な問題はどうにもならない。

最近はゲイであることを堂々と主張する人たちもいるが、自殺した学生は何か後ろめたさを感じていたのではないだろうか。

「同性婚を認可せよ!」と主張する連中に比べると、ずっとピュアな精神の持ち主だったように思える。