偶然ではない雪の結晶

img183.jpg

雪の結晶は35種類と言われている。

不思議とどれも正六角形をしている。

肉眼では分かりにくいが、顕微鏡で覗くと、その結晶は見事なまでに美しい。

なぜ美しいのかは、理屈では分からない。

でも明確な答えがある。

それは、創造主・神様が、人間が見て喜んでくれることを期待して創られたのだ。それ以下の理由はない。

天の恵みに感謝!