トランプ大統領は諦めていない!?

img002.jpg

トランプ米大統領は8日、首都ワシントンで20日に開かれるバイデン次期大統領の大統領就任式に出席しない意向を表明した。

現職大統領の欠席は1869年以来152年ぶりらしい。

 氏は7日に投稿した動画で大統領選"敗北"を認め「円滑で切れ目のない権力移行」を約束しているように報道されている。

しかし私は納得が行かない。新政権への円滑で切れ目のない移行というのは、必ずしも敗北を認めたことにはならない。

"新政権"というのは、トランプ大統領の二期目の政権という意味も含まれているように思える。

バイデン側が不正をした事実を、マスコミがこぞって伏せているのが、不思議でならない。