トランプ大統領を弾劾!?

img002.jpg 1月6日、議会で大統領選挙の投票結果を認証する両院合同会議が開かれている最中、選挙に不正があったとしてトランプ大統領の支持者が議事堂に乱入する事件が起こった、とマスコミは報道している。

我々はこういう偏向報道を鵜呑みにしてはならない。

トランプ大統領のロイヤリスト達は、ホワイトハウス前で大統領のスピーチを最後まで聴いていた。

マスコミ報道が正しいのなら、スピーチが終わって数分後に議事堂にトランプ大統領のロイヤリスト達が集結し乱入したことになる。

あり得ないことだ!

渡米したことがない方の為に言うと、ホワイトハウスから議事堂まで徒歩で30分以上はかかる。

30分後に乱入があったというのなら分かるが、熱心なトランプ支持者たちは、大統領のスピーチを最後まで聴いていたのだから、暴動事件に関わってはいないのだ。

徒歩30分以上かかる議事堂に数分で移動することは車でも不可能である。

乱入したのは、反トランプ派のグループが、トランプ支持者を装った者たちなのである。

トランプ支持者たちは、乱入騒動が始まって30分経過した後に集結した人達である。

つまり、バイデン側から雇われた連中が暴動を起こしたのである。

賢明な読者の皆様には、一方的な報道に翻弄されないでもらいたい。