イライラ対処法

img183.jpg

春になると入社、転勤、入学、クラス替えなど生活環境が激変する人が多いが、それについていけず、イライラする場面が多くなり、ストレスもたまってしまう。

イライラ抑制に体内ホルモンが大きく関与しているということをご存じだろうか。

実は、幸せホルモンと言われるセロトニンの分泌は腸と深く関わりがあるのだ。

セロトニン不足はうつ病の原因にもなりやすい。

腸は「第二の脳」と言われる。体調管理の基本は、腸内環境を整備することだ。

小生は毎日、カスピ海ヨーグルトと、東大特許の11-1(いちいちのいち)を摂っている。

高齢者になってしまったが、不思議と肌は若いし、疲れ知らずだ。

11-1を摂ることで、セレトニンが補える。お陰様でイライラすることはなく、いつも穏やかで過ごすことが出来ている。