PCR陽性者は感染者とは限らない

img002.jpg

連日ニュースで伝えられるCOVID-19について、いつも気になることがある。

それは、メディアによって「陽性者」と「感染者」が混同されて使用されていることだ。

テレビのニュース等で「新規感染者数」として示される数字は、実は厚生労働省や東京都のホームページでは「陽性者」として公表されている数である。小池都知事も「新規陽性者...」と表現しておられる。

「陽性者」の中には無症状の人達も大勢いる。

厳密に言うと「感染者」ではない。普通の風邪やインフルエンザも同じだが、ウイルスが体内に侵入し、増殖して初めて「感染」となる。

人間には外敵から身を守る「免疫機能」があるので、仮にウイルスを吸入したとしても必ず感染するわけではない。

しかしCOVID-19のPCR検査は、粘膜にウイルスが数個でも付着していれば「陽性」になることがある。

重要なのは、拡散リスクが高く、入院を要するような「感染者」を増やさないことであって、「陽性者数」ではない。

現在公表されている「陽性者」の中にどれだけの「感染者」が含まれるのか知りたいところだが、数字を公表しないところをみると、油断をさせないための情報操作かもしれない。

メディアも「感染者」と"嘘"を言わないで
「陽性者」と伝えるべきであると、私は思う。