まだ無罪を主張するのか

img002.jpg

池袋で2019年4月、母子2人が死亡、9人が重軽傷を負った乗用車暴走事故で、自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告(90)の公判が15日、東京地裁(下津健司裁判長)であった。

検察側は「基本的な運転操作を誤った過失はあまりに大きい」として、法定の上限となる禁錮7年を求刑した。

妥当な求刑であろう。

弁護側は最終弁論で、車の不具合が暴走の原因で過失はないとして無罪を訴え、結審した。

弁護士は仕事だから、トヨタの見解を否定してまで被告人を無罪にしたいのだろう。

百歩譲って、車のせいだとしても、多くの人を死傷させたことで、「罰せられて当然です」と、懺悔の涙を流すべきではないのか。

論告で検察側は、車に異常はなくブレーキとアクセルの踏み間違えが原因で、被告の弁解は根拠のない思い込みだと指摘。「遺族の衝撃や悲しみは筆舌に尽くし難く、否認を続ける態度が遺族をさらに傷つけている」と非難した。

奥さんと娘を失った松永拓也さん(34)は「被告は刑務所に行かなければ罪と向き合うことはできない」とし、重い実刑判決を求めた。

9月の結審で万が一「無罪」になれば、遺族の傷みは永遠に消えることはないだろう。