易の暦での8月は9月7日19時頃までですので、あと少しありますが、9月7日頃までの1週間ぐらいが気を抜けないという星回りがあります。これは毎月変わります。
気をつけたいことの主だったものとしましては、"健康や不慮の事故""仕事や契約""金銭""迂闊な判断や言動""人間関係のトラブル"等々挙げられますが、生活状況や生活サイクル、仕事の有無...人さまざまですので、健康や怪我など身の周りの事に重点をおいて書いています。

この1週間ほど特にお気をつけいただきたい方は、二黒土星・三碧木星・四緑木星・六白金星・七星剣八白土星の方です。
本来、本命星ごとに記すべきですが、似たようなことや重複する項目も多いので、読みやすいようにまとめてあります。何もないに越したことはありません。でも、少し気を配ることで回避できるのであれば幸いです。
なお、項目の多さに物凄い災難がふりかかるようにお感じになられるかもしれませんが、全てに当てはまり気をつけることというわけではありません。今のライフスタイルや最近の体調、持病の有無、近況に合わせて参考にしてみて下さい。
要はこの時期は"言動に気をつける""無理をしない""ケガをしたり体調不良になりやすい"ということです。
お年寄りが身近にいらっしゃる方は、体調不良にお気をつけてくださいね。

※本命星の出し方
生まれた西暦を10以下になるまで足します。その数から11を引いた数字が本命星となります。
  1  一白水星   2  二黒土星   3  三碧木星
  4  四緑木星   5  五黄土星   6  六白金星
  7  七赤金星   8  八白土星   9  九紫火星
  1月1日~2月3日までの生まれの方は前年でみてください。

・1967年12月生まれ
  1+9+6+7=23 2+3=5 11-5=6 六白金星
・1974年10月生まれ
  1+9+7+4=21 2+1=3 11-3=8 八白土星
・1970年1月30日生まれ
  1+9+7+0=17 1+7=8 11-8=3
  1月1日~2月3日までの生まれなので前年の四緑木星

二黒土星・六白金星・七赤金星
【気をつけること】
・体調不良もしくは体調急変
 疲れが溜まりやすく、免疫力も低下しやすい時ですので、体力増進を図ってください。
 過去の疾患の再発、脳卒中、心臓・肝臓の疾患、気管・呼吸器・胸部の疾患、血圧
 首から上(眼も含む)の不調、鼻炎、腹痛、ストレス過多、ヘルペス、ニキビや傷の化膿
 その他
 二黒土星の方は、下半身の疾患やむくみ、冷え、咽喉、喘息
 六白金星の方は、歯痛等口腔疾患

・ケガ、打撲や骨折(特に下半身)、交通事故
 腰や関節痛、火傷と火の用心
 争い事や裁判事、警察沙汰となり易い時です。交通違反にもお気をつけください。

・人間関係
 過去の問題の再燃、変わった人からの災難による悩みやトラブル、素行不良の異性との関わり
 不動産、相続や身内に関する話が浮上しそうです。感情よりもまずは冷静に状況判断を。
 その他
 七赤金星の方は、上司や目上の方との衝突にご用心。
 二黒土星の方は、仕事に関わるミスやトラブルが起こりやすい時です。

・隠し事や秘密の露見

三碧木星・四緑木星・八白土星
【気をつけること】
・体調不良
 疲れが溜まりやすく、免疫力も低下しやすい時ですので、体力増進を図ってください。
 過去の疾患の再発、脳卒中、心臓・肝臓の疾患、気管・呼吸器・胸部の疾患、血圧
 下半身の疾患やむくみ、冷え、腹痛、ストレス過多、ヘルペス、ニキビや傷の化膿
 その他
 三碧木星の方は首から上(眼も含む)の不調
 四緑木星の方は咽喉、喘息、歯痛等口腔疾患
 八白土星の方は首から上(眼も含む)の不調、歯痛等口腔疾患

・ケガ、交通事故や違反
 三碧木星の方は火傷と火の用心
 八白土星の方は火傷と火の用心、腰痛、打撲や骨折

・人間関係
 過去の問題の再燃、変わった人からの災難による悩みやトラブル、素行不良の異性との関わり
 や異性トラブル。

・仕事、信用問題
 仕事に関わるミスやトラブルが起こりやすい時です。約束や契約、紛失...信用にキズをつけな
 いよう、何事も気を引き締めて着手してください。また、この時期は目立ちやすく、物事が裏
 目に出やすい時です。トラブル回避のためには、たとえ正論であっても発言を控えたほうが無
 難かもしれません。

・隠し事や秘密の露見(三碧木星・八白土星の方)


鑑定インフォメーション・鑑定スケジュール・プライベートブログはこちらからどうぞ
☆彡 田園調布占い師 仲条実紗 ~ from my work room ~ ☆彡

"九星気学でみる ~2021年8月と9月、運気が良いのはどっち?~"

易の暦上での8月は9月7日19時頃までですので、9月になるにはまだ少しあるということになりますが、"9月は今より良いかなぁ...""今のうちに動いてしまった方が良いのか、それとも9月まで待った方が良いのか..."行動を起こすタイミングなど、何かしらお迷いのことがございましたら参考にしてみてくださいね。

運気とひと言で言いましても、占的の主役になるもの(恋愛・結婚、仕事、健康、人間関係...)によって、これは良いけれど、ここは注意を要するということもありますので、ちょっと難しい判断ではありますが、来月の運気をUPする前に書いておきます。大まかにですが、行動の目安にしてみてください。
※本命星の出し方
生まれた西暦を10以下になるまで足します。その数から11を引いた数字が本命星となります。
  1 一白水星  2 二黒土星  3 三碧木星
  4 四緑木星  5 五黄土星  6 六白金星
  7 七赤金星  8 八白土星  9 九紫火星
1月1日~2月3日までの生まれの方は前年でみてください。

・1967年12月生まれ
 1+9+6+7=23 2+3=5 11-5=6 六白金星
・1974年10月生まれ
 1+9+7+4=21 2+1=3 11-3=8 八白土星
・1970年1月30日生まれ
 1+9+7+0=17 1+7=8 11-8=3
 1月1日~2月3日までの生まれなので前年の四緑木星

【9月7日頃までの方が良好】
 四緑木星・六白金星・七赤金星
【9月8日頃からの方が良好】
 二黒土星・五黄土星
【共に良好】
 一白水星
【共にやや慎重さを要する】
 三碧木星・八白土星・九紫火星

方位には【大吉方】【小吉方】【凶方】【大凶方】があります。
旅行に限らず、転居・通院・通学・就職・開業等々...人間関係でいえば、出会い・社交・離別・争いなど様々なことに影響を及ぼすことがある、"方位"というものはとても大事なものです。
パワースポットと呼ばれているところがありますが、行く人、行く日、滞在日数によっては、パワースポットどころか、出掛けたがために災難を招いてしまうこともあるという、ものすごく難しいものでもあります。

旅行・転居・ビジネス・恋愛や結婚等の目的が不明ですとその方位の良し悪しを一概に言えませんので、生まれ年や理由を問わず、皆様にとってよろしくないとされる今月の【大凶方】をここでは書きます。
【大凶方】での万難の主だったものとしましては事故やケガですが、目的によっては、事故やケガ以外の支障もあります。またその逆で、目的や滞在日数によっては、さほど支障がないということもございます。

~8月7日16時頃から9月7日19時頃までの大人にキ・ケ・ンな方位~
【大凶方】
 東北・東南・西南・西北

~8月7日16時頃から9月7日19時頃までの大人にサイコーな方位~
今月は本命星が七赤金星・九紫火星の方に【大吉方】があります。
毎日のお散歩や通勤時、リモートワークや勉強をする時のお部屋等にもぜひ積極的に利用して、良運を取り込んでくださいね。
目的やご家族など同行者の構成等でご心配な方や、【大吉方】の次の【小吉方】をお知りになりたい方はぜひご連絡をください。
  【本命星】   【大吉方】
   七赤金星      西
   九紫火星      北

実際の方位鑑定の流れ
① 旅行・転居・通院・ビジネス・恋愛や結婚等の目的をお伺いいたします。
② 生年月日・日程の他、ご家族やご友人、同僚や打ち合わせの相手といった同行者の構成や交
  通経路等の状況をお伺いいたします。
③ 易を立て、九星気学と易の総合鑑定でその目的の吉凶を判断いたします。

旅行・転居・通院の他、就職、事務所の移転、大事な打合せ時にこちらの意見がスムーズに通りやすい、もしくは話がまとまりやすい方位やお子様の学校や塾の吉方位も鑑定いたします。すでに転居をされた方で、何かしらトラブルを抱えていらっしゃる方もぜひご相談ください。なお、ご自身でご確認される際は、大方ではなく、地図やGoogleマップ等を利用して正確にご確認ください。これを読んで方位を調べてみたものの、微妙で心配だ...という方は、回避方法がございます。ぜひご連絡をくださいね。

※本命星の出し方
生まれた西暦を10以下になるまで足します。
その数から11を引いた数字が本命星となります。
1月1日~2月3日までの生まれの方は前年でみてください
  1  一白水星  2  二黒土星  3  三碧木星
  4  四緑木星  5  五黄土星  6  六白金星
  7  七赤金星  8  八白土星  9  九紫火星

・1967年12月生まれ
  1+9+6+7=23 2+3=5 11-5=6 六白金星
・1974年10月生まれ
  1+9+7+4=21 2+1=3 11-3=8 八白土星
・1970年1月30日生まれ
  1+9+7+0=17 1+7=8 11-8=3
  1月1日~2月3日までの生まれなので前年の四緑木星

小児に適用される大凶の方位のことを小児殺といいます。
諸説色々あるようですが、私は12歳位までに適用しています。お子様がお出掛けする際の参考にしてくださいね。

~ 小児殺方位の現象 ~
自宅から見てこの方位に子供が接触した場合には、軽い怪我をしたり、ひどい時には大病や事故に遭ったりします。大人が用いる場合には何も影響はありません。お子様がいらっしゃるご家庭では、引越しはもちろん、通院、通学、レジャー・旅行等にはこの方位を使わないようにしてください。
方位学では400m以内の距離は移動という事にならないといわれていますが、近所の公園等にも危険はあります。小児殺がある月は、公園や計画中のレジャー先等、今一度方位を確認してみてくださいね。またその際は、とても大事なことですので大方ではなく、Googleマップを利用するなど、正確にご確認ください。

8月7日16時頃から9月7日19時頃までの小児殺     西北


鑑定インフォメーション・鑑定スケジュール・プライベートブログはこちらからどうぞ
☆彡 田園調布占い師 仲条実紗 ~ from my work room ~ ☆彡

易の暦での7月は8月7日16時頃までですので、あと少しありますが、8月7日頃までの1週間ぐらいが気を抜けないという星回りがあります。これは毎月変わります。
気をつけたいことの主だったものとしましては、"健康""事故""仕事""契約""金銭""言動""迂闊な判断""人間関係のトラブル"等々挙げられますが、生活状況や生活サイクル、仕事の有無...人さまざまですので、健康や怪我など身の周りの事に重点をおいて書いています。

この1週間ほど特にお気をつけいただきたい方は、一白水星・二黒土星・四緑木星・六白金星・八白土星・九紫火星の方です。
本来、本命星ごとに記すべきですが、似たようなことや重複する項目も多いので、読みやすいようにまとめてあります。何もないに越したことはありません。でも、少し気を配ることで回避できるのであれば幸いです。
なお、項目の多さに物凄い災難がふりかかるようにお感じになられるかもしれませんが、全てに当てはまり気をつけることというわけではありません。今のライフスタイルや最近の体調、近況に合わせて参考にしてみて下さい。
要はこの時期は"言動に気をつける""無理をしない""ケガをしたり体調不良になりやすい"ということになってしまいますが、今は夏土用の時期ですので、いつもの月末よりも注意を要します。
お年寄りが身近にいらっしゃる方は、体調不良に気をつけてあげてくださいね。

※本命星の出し方
生まれた西暦を10以下になるまで足します。その数から11を引いた数字が本命星となります。
  1  一白水星   2  二黒土星   3  三碧木星
  4  四緑木星   5  五黄土星   6  六白金星
  7  七赤金星   8  八白土星   9  九紫火星
  1月1日~2月3日までの生まれの方は前年でみてください。

・1967年12月生まれ
  1+9+6+7=23 2+3=5 11-5=6 六白金星
・1974年10月生まれ
  1+9+7+4=21 2+1=3 11-3=8 八白土星
・1970年1月30日生まれ
  1+9+7+0=17 1+7=8 11-8=3
  1月1日~2月3日までの生まれなので前年の四緑木星

一白水星・六白金星・八白土星
【気をつけること】
・体調不良
 疲れが溜まりやすく、免疫力も低下しやすい時ですので、体力増進を図ってください。
 過去の疾患の再発、脳卒中、心臓・肝臓の疾患、気管・胸部の疾患、血液
 首から上(眼も含む)の不調、歯痛等口腔疾患
 ストレス過多、ヘルペス、ニキビや傷の化膿
 その他
 六白金星の方は、下半身の疾患やむくみ、冷え
 八白土星の方は、腹痛

・ケガ・打撲や骨折(特に下半身)、交通事故
 争い事や裁判事、警察沙汰となり易い時です。交通違反にもお気をつけください。
 火傷と火の用心

・人間関係
 過去の問題の再燃、変わった人からの災難による悩みやトラブル、素行不良の異性との関わり
 や異性トラブル。
 その他
 一白水星の方は、上司や目上の方との衝突にご注意を。この時期は思うことがあっても我慢が
 無難です。

・仕事・信用問題
 仕事に関わるミスやトラブルが起こりやすい時です。約束や契約、紛失...信用にキズをつけな
 いよう、何事も気を引き締めて着手してください。また、トラブル回避のためには、たとえ正
 論であってもこの時期は発言を控えたほうが無難かもしれません。

・隠し事や秘密の露見


二黒土星・四緑木星・九紫火星
【気をつけること】
・体調不良・体調急変
 疲れが溜まりやすく、免疫力も低下しやすい時ですので、体力増進を図ってください。
 過去の疾患の再発、脳卒中、心臓・肝臓の疾患、胸部の疾患、血圧
 下半身の疾患やむくみ、冷え、鼻炎、咽喉、喘息
 ストレス過多、ヘルペス、ニキビや傷の化膿
 その他
 二黒土星の方は、歯痛等口腔疾患
 四緑木星の方は、首から上(眼も含む)の不調、歯痛等口腔疾患
 九紫火星の方は、気管・呼吸器の疾患

・ケガ、打撲や骨折、交通事故・違反
 腰や関節を痛めやすい時ですので、お気をつけください。
 四緑木星の方は、火傷と火の用心

・人間関係
 過去の問題の再燃、変わった人からの災難による悩みやトラブル、素行不良の異性との関わり
 にご用心。その他、不動産、相続や身内に関する話が浮上しそうですが、喧嘩や争い事に発展
 しやすい時ですので、この時期は静観の構えを。

・隠し事や秘密の露見

"九星気学でみる ~2021年7月と8月、運気が良いのはどっち?~"

易の暦上での7月は8月7日16時頃までですので、8月になるにはまだ少しあるということになりますが、"8月は今より良いかなぁ...""今のうちに動いてしまった方が良いのか、それとも8月まで待った方が良いのか..."行動を起こすタイミングなど、何かしらお迷いのことがございましたら参考にしてみてくださいね。

運気とひと言で言いましても、占的の主役になるもの(恋愛・結婚、仕事、健康、人間関係...)によって、これは良いけれど、ここは注意を要するということもありますので、ちょっと難しい判断ではありますが、来月の運気をUPする前に書いておきます。大まかにですが、行動の目安にしてみてください。
※本命星の出し方
生まれた西暦を10以下になるまで足します。その数から11を引いた数字が本命星となります。
  1 一白水星  2 二黒土星  3 三碧木星
  4 四緑木星  5 五黄土星  6 六白金星
  7 七赤金星  8 八白土星  9 九紫火星
1月1日~2月3日までの生まれの方は前年でみてください。

・1967年12月生まれ
 1+9+6+7=23 2+3=5 11-5=6 六白金星
・1974年10月生まれ
 1+9+7+4=21 2+1=3 11-3=8 八白土星
・1970年1月30日生まれ
 1+9+7+0=17 1+7=8 11-8=3
 1月1日~2月3日までの生まれなので前年の四緑木星

【8月6日頃までの方が良好】
 二黒土星・五黄土星
【8月7日頃からの方が良好】
 一白水星・四緑木星・六白金星
【共に良好】
 
【共にやや慎重さを要する】
 三碧木星・七赤金星・八白土星・九紫火星

鑑定インフォメーション・鑑定スケジュール・プライベートブログはこちらからどうぞ
☆彡 田園調布占い師 仲条実紗 ~ from my work room ~ ☆彡

夏土用

7月19日(月)から8月7日(土)16時頃まで夏土用です。
体調管理に十分お気をつけてお過ごしくださいね。特に一白水星・二黒土星・四緑木星・六白金星・八白土星・九紫火星の方はくれぐれもご無理などなさらないよう、ご自愛ください。

~土用とは~
一般に夏の土用は有名ですが、土用は春夏秋冬それぞれ1回ずつ18日間あります。
土用とは、季節と季節の間の大気変化、季節の調節という変化の役目を受け持っているものです。
人間の体調に当てはめますと、春の土用は夏に対して、夏の土用は秋に対して...というように、それぞれに適応した抵抗力をつける働きをするものということになります。
万物、季節の変わり目であり、次の季節へ移る前の調整期間といったところでしょうか。

運気の観点からは、この土用の18日間というのは注意が必要な時期にあたります。
まず気を付けていただきたいことは、この期間は体調を崩しやすくなるということです。疲労等で抵抗力が低下していますと、発病、もしくはちょっとした風邪などでも治りが悪く長引いたり、なぜか身体や気分がすっきりしなかったり、疾患急変や持病の悪化もありえます。土用期間に患いますと、土用明けまで快復しづらいことも特徴です。土用の丑の日にうなぎなどを食べて力をつけるのはそのためです。(今年の夏土用の丑の日は7月28日(水)です。)
また、この時期は新増改築、移転、結婚、土いじりや動土も避けた方がいいといわれています。

ではなぜ土用期間はこのようになったり、これらのことを避けなければならないのかということになりますが、土用の期間は、壊乱と腐敗作用を持つ五黄土星の気を受けるため地上にはこの土の気が満ちており、色々なことが不安定になるからといわれています。

土用は身体に溜まったものを出しやすい時期ですが、この時期に出すことで次の季節を元気に迎えられます。その反面、この時期に無理をしたり、急な温度変化を侮るとてきめんにやられますので、ご自身やご家族の体調管理に気をつけると同時に、高齢者の体調管理にも気をつけてあげてくださいね。

方位には【大吉方】【小吉方】【凶方】【大凶方】があります。
旅行に限らず、転居・通院・通学・就職・開業等々..."方位"というものはとても大事なものです。
パワースポットと呼ばれているところがありますが、行く人、行く日、滞在日数によっては、パワースポットどころか、出掛けたがために災難を招いてしまうこともあるという、ものすごく難しいものでもあります。

旅行・転居・ビジネス・恋愛や結婚等の目的が不明ですとその方位の良し悪しを一概に言えませんので、生まれ年や理由を問わず、皆様にとってよろしくないとされる今月の【大凶方】をここでは書きます。
【大凶方】での万難の主だったものとしましては事故やケガですが、目的によっては、事故やケガ以外の支障もあります。またその逆で、目的や滞在日数によっては、さほど支障がないということもございます。

~7月7日6時頃から8月7日16時頃までの大人にキ・ケ・ンな方位~
【大凶方】
北・東南・南・西北
今月は小児殺方位はありません。

~7月7日6時頃から8月7日16時頃までの大人にサイコーな方位~
今月は本命星が一白水星・五黄土星・六白金星・九紫火星の方に【大吉方】があります。
毎日のお散歩や通勤時、リモートワークや勉強をする時のお部屋等にもぜひ積極的に利用して、良運を取り込んでくださいね。
目的やご家族など同行者の構成等でご心配な方や、【大吉方】の次の【小吉方】をお知りになりたい方はぜひご連絡をください。
  【本命星】   【大吉方】
   一白水星    東
   五黄土星    西
   六白金星    西
   九紫火星    西

実際の方位鑑定の流れ
① 旅行・転居・通院・ビジネス・恋愛や結婚等の目的をお伺いいたします。
② 生年月日・日程の他、ご家族やご友人、同僚や打ち合わせの相手といった同行者の構成や交
  通経路等の状況をお伺いいたします。
③ 易を立て、九星気学と易の総合鑑定でその目的の吉凶を判断いたします。

旅行・転居・通院の他、就職、事務所の移転、大事な打合せ時にこちらの意見がスムーズに通りやすい、もしくは話がまとまりやすい方位やお子様の学校や塾の吉方位も鑑定いたします。すでに転居をされた方で、何かしらトラブルを抱えていらっしゃる方もぜひご相談ください。なお、ご自身でご確認される際は、大方ではなく、地図やGoogleマップ等を利用して正確にご確認ください。これを読んで方位を調べてみたものの、微妙で心配だ...という方は、回避方法がございます。ぜひご連絡をくださいね。

※本命星の出し方
生まれた西暦を10以下になるまで足します。
その数から11を引いた数字が本命星となります。
1月1日~2月3日までの生まれの方は前年でみてください
  1  一白水星  2  二黒土星  3  三碧木星
  4  四緑木星  5  五黄土星  6  六白金星
  7  七赤金星  8  八白土星  9  九紫火星

・1967年12月生まれ
1+9+6+7=23 2+3=5 11-5=6 六白金星
・1974年10月生まれ
1+9+7+4=21 2+1=3 11-3=8 八白土星
・1970年1月30日生まれ
1+9+7+0=17 1+7=8 11-8=3
1月1日~2月3日までの生まれなので前年の四緑木星


鑑定インフォメーション・鑑定スケジュール・プライベートブログはこちらからどうぞ
☆彡 田園調布占い師 仲条実紗 ~ from my work room ~ ☆彡

易の暦での6月は7月7日6時頃までですので、あと少しありますが、7月6日頃までの1週間ぐらいが気を抜けないという星回りがあります。これは毎月変わります。
気をつけたいことの主だったものとしましては、"健康""事故""仕事""契約""金銭""言動""迂闊な判断""人間関係のトラブル"等々挙げられますが、生活状況や生活サイクル、仕事の有無...人さまざまですので、健康や怪我など身の周りの事に重点をおいて書いています。

この1週間ほど特にお気をつけいただきたい方は、一白水星・四緑木星・六白金星・九紫火星の方です。
本来、本命星ごとに記すべきですが、似たようなことや重複する項目も多いので、読みやすいようにまとめてあります。何もないに越したことはありません。でも、少し気を配ることで回避できるのであれば幸いです。
なお、項目の多さに物凄い災難がふりかかるようにお感じになられるかもしれませんが、全てに当てはまり気をつけることというわけではありません。要はこの時期は"言動に気をつける""無理をしない"ということになってしまいますが、今のライフスタイルや最近の体調、近況に合わせて参考にしてみて下さい。
お年寄りが身近にいらっしゃる方は、体調不良に気をつけてあげてくださいね。

※本命星の出し方
生まれた西暦を10以下になるまで足します。その数から11を引いた数字が本命星となります。
  1  一白水星   2  二黒土星   3  三碧木星
  4  四緑木星   5  五黄土星   6  六白金星
  7  七赤金星   8  八白土星   9  九紫火星
  1月1日~2月3日までの生まれの方は前年でみてください。

・1967年12月生まれ
  1+9+6+7=23 2+3=5 11-5=6 六白金星
・1974年10月生まれ
  1+9+7+4=21 2+1=3 11-3=8 八白土星
・1970年1月30日生まれ
  1+9+7+0=17 1+7=8 11-8=3
  1月1日~2月3日までの生まれなので前年の四緑木星

一白水星・六白金星
【気をつけること】
・体調不良
 疲れが溜まりやすく、免疫力も低下しやすい時ですので、体力増進を図ってください。
 過去の疾患の再発、脳卒中、心臓・肝臓の疾患、胸部の疾患、血液
 ストレス過多、ヘルペス、ニキビや傷の化膿
 その他
 一白水星の方は、首から上(眼も含む)の不調
 六白金星の方は、下半身の疾患やむくみ、冷え、歯痛等口腔疾患

・ケガ・打撲や骨折(特に下半身)、交通事故
 その他
 一白水星の方は、争い事や裁判事、警察沙汰となり易い時です。交通違反にもお気をつけくだ
 さい。火傷と火の用心

・人間関係
 過去の問題の再燃、変わった人からの災難による悩みやトラブル、素行不良の異性との関わり
 や異性トラブル。その他、上司や目上の方との衝突にご注意を。この時期は思うことがあって
 も我慢が無難です。

・仕事のミス
 仕事に関わるミスやトラブルが起こりやすい時です。気を引き締めて着手してください。
 また、トラブル回避のためには、たとえ正論であってもこの時期は発言を控えたほうが無難か
 もしれません。

・一白水星の方は、隠し事や秘密の露見のご用心。

四緑木星・九紫火星
【気をつけること】
・体調不良・体調急変
 疲れが溜まりやすく、免疫力も低下しやすい時ですので、体力増進を図ってください。
 過去の疾患の再発、脳卒中、心臓・肝臓の疾患、首から上(眼も含む)の不調、鼻炎
 胃痛、腸・食あたり、ストレス過多、ヘルペス、ニキビや傷の化膿、血液
 その他
 四緑木星の方は、咽喉、喘息
 九紫火星の方は、下半身の疾患やむくみ、冷え、気管・呼吸器の疾患

・ケガ、打撲や骨折、交通事故・違反
 腰や関節を痛めやすい時ですので、お気をつけください。火傷と火の用心

・人間関係
 過去の問題の再燃、変わった人からの災難による悩みやトラブル、素行不良の異性との関わり
 にご用心。その他、不動産、相続や身内に関する話が浮上しそうですが、喧嘩や争い事に発展
 しやすい時ですので、この時期は静観の構えを。

・隠し事や秘密の露見

鑑定インフォメーション・鑑定スケジュール・プライベートブログはこちらからどうぞ
☆彡 田園調布占い師 仲条実紗 ~ from my work room ~ ☆彡

"九星気学でみる ~2021年6月と7月、運気が良いのはどっち?~"

易の暦上での6月は7月7日6時頃までですので、7月になるにはまだ少しあるということになりますが、"7月は今より良いかなぁ...""今のうちに動いてしまった方が良いのか、それとも7月まで待った方が良いのか..."行動を起こすタイミングなど、何かしらお迷いのことがございましたら参考にしてみてくださいね。

運気とひと言で言いましても、占的の主役になるもの(恋愛・結婚、仕事、健康、人間関係...)によって、これは良いけれど、ここは注意を要するということもありますので、ちょっと難しい判断ではありますが、来月の運気をUPする前に書いておきます。大まかにですが、行動の目安にしてみてください。

※本命星の出し方
生まれた西暦を10以下になるまで足します。その数から11を引いた数字が本命星となります。
  1 一白水星  2 二黒土星  3 三碧木星
  4 四緑木星  5 五黄土星  6 六白金星
  7 七赤金星  8 八白土星  9 九紫火星
 1月1日~2月3日までの生まれの方は前年でみてください。

・1967年12月生まれ
 1+9+6+7=23 2+3=5 11-5=6 六白金星
・1974年10月生まれ
 1+9+7+4=21 2+1=3 11-3=8 八白土星
・1970年1月30日生まれ
 1+9+7+0=17 1+7=8 11-8=3
 1月1日~2月3日までの生まれなので前年の四緑木星

【7月6日頃までの方が良好】
 四緑木星・八白土星
【7月7日頃からの方が良好】
 二黒土星・三碧木星
【共に良好】
 五黄土星
【共にやや慎重さを要する】
 一白水星・六白金星・七赤金星・九紫火星