先祖は私を見ている

88782.jpgご相談者様が、ご先祖様の話をされることがありますが「いつでも、何処でも見ているの?」などと思いがちな人もいますが、関連していないと見ていません。

例えば、「お線香をあげた時など、その人を偲んでさしあげている、思い出してあげている」
そんな時に亡きご先祖様に光明が与えられます。

ご先祖が「誰かが、私を呼んでいるの?」と感じるものです。

また、供養や成仏にはお線香はかかせないものですし、ロウソクも灯篭の明かりの様なもの...。
大切な事は、声に出して、ご家族でその亡きご家族の話をして差し上げてください。
お線香が灯されている時には、お話を聞いていますから...。