2020年6月12日

夏至

2020年。
大きな変化の時代が始まる年。

変化の時代には現実世界でも様々なことが起こり、私たちは進むべき道を問われます。
命を見つめるように生を見直すようにと様々な出来事は私たちに語りかけ、本当の自分へとアクセスするように感情を揺らします。
このような時代には宇宙や時代から要求された変化を受け入れていく事で精神的な安定を獲得することができます。
ですが同時に、変化というものは様々な不安や怖れの出やすいものであり、時代に合わせて変化を受け入れるよりも、未来への不安や変わる事への怖れ、宇宙の流れによって起こる感情的な問題などで、自分を変えていくという事に意識を向けられなかったり、潜在意識の抵抗やおそれによって上手く変容していけない事が起こる場合があります。
様々な出来事を通して変化していく時代に柔軟でしなやかについていく事がこれからの私たちの大きな課題となっていくでしょう。
その流れの中でも今月の夏至は、新しい時代へと向かうために大きな変容のエネルギーがやってくるタイミングに当たります。
夏至は、一年の内で最も日が長い日になり、ここで一年のエネルギーの流れもピークを迎えて発展、解放という陽のエネルギーの流れから徐々に鎮静、蓄積という陰のエネルギーの流れへと変化していくという、一年の中でもエネルギーの切替わる時期でもあります。
そしてそれだけでなく、私たちの生活に直接影響を与えてくる宇宙からの流れもこのタイミングで大きく変化し、夏至や冬至、春分、秋分と節季前後で起こりやすい大きな変化もあるのです。
私たちもこれから時代に合わせて意識や価値観など、今まで生きてきて培った自分というものをこういったタイミングを意識してスムーズに変えていく事が必要とされていくでしょう。
新しい生き方やあり方に対する抵抗や過去に対する執着、これから創られていく新しい時代や社会に対する不安、未来への怖れ、カルマなどの深い意識部分に横たわっている問題など、そういった感情的な部分を癒し、自分の器をクリアにしておく必要があります。

夏至の6月21日には瞑想などをしながら、新時代に対応できる進化した精神を宇宙から頂いて、変容を試みてはいかがでしょうか?

6月21日、もうすぐですね。。。unnamed.jpg

2020年5月21日

ブループリント

ブループリント(青写真)とは、運命の地図のことで、簡単に言えば、人生の設計書になります。
誰しも生まれる前に、自分がこの人生で何をやるか、どのような人生を歩むかの設計書を作ってくるのです。
その設計書には、自分の進む道がいくつも描かれ、無数の選択肢から自分の進む道を好きに選べる
まるで【地図】のようになっているのです。
つまり、入口(生まれる時)は決まっているが、その先は好きなように進めるのです。

なぜ、自分の進む道を好きに選べるかというとこの世界は、自由意志の法則が最も重要とされており、
決して犯してはならない法則だからなんですね。

ですので、生まれる前に作った地図の範囲内であれば、どのようにでも好きに人生の道筋を選んで良い、
それが皆さんの人生なのです。
ただ、いくら好きに選んで良いとはいっても、皆さんのハイアーセルフが望む人生、望む道筋というものはあります。

よく、自分らしい人生を生きましょう、自分らしい選択をしましょうといわれますが、今のご自分がハイアーセルフの望む人生を歩んでいるのであれば、とても正しいと思います。
しかし、もしそうでないなら、今の自分の自分らしさは、本来の自分らしさでは無いかも知れません。
今の自分の自分らしさは、今の自分にとって単に楽なもの、であるのかも知れません。
どのようにでも好きに人生の道筋を選べるのですが、ハイアーセルフの望む人生の道筋があります。今歩んでいる道筋をハイアーセルフの望む人生の道筋に近づけることで、価値あるものになるます。

ハイアーセルフの望む人生は、最も愛に溢れ、最も光に満ち溢れた、自らの役割や使命を最も高いレベルで果たしている人生です。

ハイアーセルフの望む人生の道筋に近づくには、人生の選択に迷ったとき、次のことをご自分に問いかけてみていただけますか❓

【どちらを選べば、より愛を深められるだろうか?】
【どちらを選べば、より成長できるだろうか?】
【どちらを選べば、より自分や他人に、そして世界に貢献できるだろうか?】


好きに選んだ道を進むのと、指針を持って進むのとでは、行き着く先は指針を持って進むほうがやはり望ましい人生になるものです。

皆さんが豊かで幸せな、ご自分本来の人生を歩むことをお祈り申し上げます。original.jpg20200521190202-4d48145b2d317c87750fea01b2f8b97101de1fba.jpg

2020年5月11日

Corona Virus

皆さん、こんにちは、昴です。


年頭から始まったコロナウィルスは、この世界に大きな出来事としてはじまり、そして落ち着く事なく一年の1/3が過ぎました。

少し変化を促す流れが早いなとは感じているのですが、今年一年はこのコロナという出来事が終息しても
元の世界というか、元の生活に戻れるという事考え方は手離しておいた方がいいのかもしれません。
それは今以上に何か大変なことが起こるという話ではなく、ここからしばらくの間起きる事は、一過性の出来事や問題ではなく、今まで変わらなかったことが、変わっていくべきものに大きな変化を与える為に起きているもののように思えるからです。
それはより良い方への変化であり、怖れを感じたり抵抗する必要はないものです。
ですから、これから意識するべきことは、今、ただ我慢して元の生活へと戻る事を願いながら日々を過ごすのではなく、この状況を通して変化を必要とされている事や、より良く変えていける事については柔軟に変化を加えていく事を意識したほうが、宇宙の流れには沿っているのかと思うのです。

そして、今自粛をしている中で改善できることやより良く変えていけそうなものやルール、そういったものはたくさん存在し、今、多くの人の中で違和感や疑問などとして感じられるようになっています。
これらは全て、私たちが未来に新しい社会を作る上で、魂の自由さと柔軟な自己表現、肉体的な性質に合わせた生き方、働き方、才能を重視した職業など、そういった愛と信頼を重視した社会を創るきっかけとなる大事な感覚になります。
ですので、形が変わればよいという事ではなく、私たちの意識全体が変化を受け入れることが必要とされるものになるのです。
見方を変えると、昭和という時代と令和という時代は全く異なる世界になっていくのですが、その狭間にあった平成という時代で変わりきらなかったものを、どんどん手放すようになっていく というようにイメージすると良いと思います。

これらが、今私たちに要求されている意識変化なのだと思います。

このような大きな変化の中にある私たちなのですが、今とても大切なのは、本来のパートナーシップの意味だと思います。
コロナ離婚といわれるような自粛生活によって、多くの方がパートナーシップを見直す流れが来ているわけですが、今回は新しい出会いという事ではなく、今までは仕事や忙しさによって向き合わずにこれてしまったもの、そしてそれは自分の癖ともいえるほど長い間抱えていた問題となっているものに光が当たる感じです。

過去にため込んでしまった感情を解放するようなタイミングができることによって、現在のパートナーシップを見直すようなきっかけができたり、過去の人との再会で自分のパートナーシップを壊すような考え方に気付くことができたりと、過去を手離したり取り戻すことによってパートナーシップを見直し、変化させていく事のできる流れになります。

そしてこれは、恋愛や結婚におけるパートナーだけではなく仕事や趣味などのパートナーも含めて意識しておくと良いと思います。相手だけでなく自分とも向き合う事を心がけてみてください。

今向き合っておくことで未来にはもっとより良い関係性が築ける自分になっていけるはずです。

そしてまた、このような状況の中で、不安感というものと戦っている方がいるのであれば、情報の取捨をするという事をお勧めします。

情報はテレビではなくネットから最小限必要なものだけを見るようにしたり、ワイドショーなどはただ不安をあおるだけのものが多かったりするので極力見ないようにするというような選択をするのも良いでしょう。
習慣を変え、自分の精神衛生を最優先にした情報との関わり方を学ぶには最適な時期ですし、もし、情報中毒の傾向があるならテレビやネットではなく、取り入れるものを自分で選択することのできる書籍に変えてみるなども良いかもしれません。
また、感情に振り回されやすい傾向がある方ならば、瞑想やヨガ、呼吸法など今までしたことのないものにトライして、自分の変化を感じてみるのも良いかと思います。
今、少なくとも自分で変えられるものが限られているのであれば、自分の内側をきちんと感じ取り、精一杯自分を幸せにする努力をしてみる事は、より質の良い生活、人生へと変えていってくれるものになります。今できる事に意識を向けてみてください。今気づくべき大切な事を感じ取ることに意識を向けておくようにしておきましょう。どの様に生きても、変わらず明日が来る事を大事にしてくださいね。

宇宙はあなたが光輝く存在であることを知っています。

これからは、変化を受け入れることを意識してお過ごしください。

あなたが進むべきあなたの道はあなたが創り出すものです。

皆さんが、自分らしく幸せでいられるように応援しています。square_large_f65c164adfe4cc3c84fb6d48404f0cc6.jpg8-10.jpgoriginal.jpg

2020年5月 9日

ET SOUL(魂)

本日はETソウルについてお話いたしますね。

ETソウルとは、地球のあるこの太陽系の外、いわゆる外宇宙と呼ば世界から来ているスピリットのことを指します。
つまり、人間の肉体に外宇宙から来たSpirit(意識)が入っている人をET Soulと呼んだりします。

ET Soulは、この地球のアセンションという一大イベントをサポートする為に、外宇宙からわざわざ地球まで来た魂なのです。
つまり、簡単に言えば、ET Soulの人たちは、地球に救世事業をしに来ているのです。
自分の故郷の独自のエネルギーや光線、テクノロジーを地球にもたらし、それによって地球をサポートするという役割を担って、太陽系外の外宇宙から来ているのです。

しかし、ここで一つの問題が起こります。
それは、地球では生まれる時に忘却のヴェールを通る為、全ての記憶を一旦消去して生まれてしまうということです。
これはET Soulの人にとっては、大問題です。
わざわざ役割をしにやって来たのに、それをすっかり忘れてしまうのですから。
その為、ET Soulの人たちは生まれる前にある人生の計画を立てます。

その計画とは、ものすごく大変な人生を送るというものです。なぜ大変な人生を送る計画をするかと言うと、役割を思い出さずに、普通に生きて、普通に歳を取って、普通に死ぬ、これでは、役割をやりに来ているET Soulの人は、わざわざ地球に来た意味が全く無くなってしまうからです。

なので、あらかじめ大変な人生を送るように設定し、大変な人生の中で、

『自分は何のために生まれてきたのだろう?』
『自分は何をしたらいいのだろう?』
『自分て何なんだろう?』
という本質的な問いに意識を向くようにし、自分の役割を思い出す方向に、自分を持っていこうとするのです。
ちなみに、普通に生きて、普通に歳を取って、普通に死ぬ、これは、ヒューマンソウルの人(人間の肉体に人間の魂が入っている人)はこれでOKなんですね。
ヒューマンソウルの人は、これで十分地球での進化という目的を遂げられるので。
しかし、ETソウルの人は違います。
ETソウルの人は、地球の進化のためのお仕事をすることがメインだからです。

ですので、ETソウルの人は、役割を思い出す為に大変な人生を送ることが多い、そして、役割を思い出さないと大変なままで人生が終わってしまう、こういったことが起こるのです。
私が、ETソウルの人に最初にあなたETですよと伝えるのは、その方の人生の問題を作っている根本がそこにあるからなのです。

ET Soulの人は、地球ではとてもminority(少数)な存在です。
色々な宇宙から来ているので、同じ惑星から来ている人などはほとんどいません。
シリウスやプレアデスになじみがある、という人は多いですが、これは実際にはシリウスやプレアデス出身のスピリットではなく、外宇宙から地球のある宇宙にやってくるときに、地球は波動が低すぎる為、
直接地球には降りてこれず、この宇宙で比較的波動の高いシリウスやプレアデスをポータルにして経由してから、地球に来るETソウルが多いからなのです。
ETソウルは、マイノリティーであるがゆえに、そして外宇宙から来ているがゆえに、次のような特徴を持っています。

■慢性的な孤独感や疎外感がある
■集団や社会になじめない
■自分は人と違う感じがする
■周囲から浮いてしまう
■一人が好き
■星や空、宇宙が好き
■どこかに帰りたいと思う心がある
■地球は自分のいるべき所ではない
■人の感情があまり理解できない
■人生が結構大変

これは、ET Soulの特徴であるとともに、ET Soulであるがゆえに抱えているスピリットレベルの傷やブロックになります。
そして、これらはET Soulの人は必ず癒す必要があります。

特に、慢性的な孤独感や疎外感、集団や社会になじめない、地球は自分のいるべき所ではない、というような社会や地球、人間をどこかで拒絶している感覚があると、自分が役割としてサポートすべき対象を拒否している状態ですので、役割や使命を果たすことが非常に難しくなってしまうので癒しがとても重要となります。

癒すことにより、ET Soulであるが故の傷やブロックを癒し、長年抱えてきた地球上での生き辛さを解消していきます。
そして、ET Soulの方がはるかなる時空を超えて、自分の故郷から地球に来た目的、特別な役割を果たしやすくなるようエネルギーと意識を変容させていきます。

いままで周りと溶け込めず苦しんできた方は、ET Soulの可能性がとても強いです。溶け込めないからj分に落ち度があると思わないでください。寧ろご自分の特異性と個性に自信をもって前に進んでくださいね。

707EEBEC-3D30-40B9-B137-9AF59DEB88C0-300x183.jpg2FDF5251-E9F2-4BD8-90BC-FFF84FB51CE8.jpg

2020年4月27日

怒りのエネルギーについて

本日は怒りについてお話いたしますね。

怒りは、属性で言うと【火のエレメント(元素)】に属するエネルギーです。

怒りは、怒りのエネルギーを運動することで、筋肉から解放されます。これは、筋肉を動かして怒りのエネルギーを発散させて解放するという方法です。

それに対して、エレメントを用いた対処の仕方というのもあります。
火のエレメントと相対するのは、水のエレメンです。火のエレメントのエネルギーは、水のエレメントのエネルギーで、相殺することができるんですね。

例えば、密教では、火のエレメントを用いる護摩行に対して、水のエレメントを用いる滝行があります。
滝行を行うと、水のエレメントによって火のエレメントが見事に沈静化します。
すると、怒りのエネルギーも見事に解消されます。

(怒っている人の頭に水をぶっかけて、「頭を冷やせ!」というのはある意味正解なんです(笑))


怒りのエネルギーは、顕在化していれば、「あの人は怒りっぽい人だ」ということで、
人間関係に多少の支障(?)を来たすくらいなので、まだ良いです。
やっかいなのは、怒りのエネルギーに蓋をしてしまって、溜め込んでしまっている、そんな潜在化している怒りなんです。潜在化した怒りのエネルギーは、出口を求めて彷徨います。
そして、出口として、様々な炎症やリウマチという形となって肉体に現れてくるのです。

症状が出てくる箇所の意味と合わせて、様々なパターンがありますが、上記のような症状は、潜在化した怒りのエネルギー全て関わっています。


もし皆様が、「私、潜在化した怒りを持ってるかも・・・」と思われたら、興味があれば、夏に滝行をしてみても良いかも知れませんね☆

(コロナvirusが終息しない現在や、寒い冬はさすがにお勧めしませんが。。。)
最近は、結構色んなところで体験できますよ^^/

img_cmb9-750x460.jpg

2020年4月 8日

スピリチュアルな観点から出来るコロナ対策

昨日、ついに緊急事態宣言が7都府県に発令されました。

感染拡大を防ぐ為に三密を避ける等、現実レベルで行える対策は、多くの専門家の方が指摘しておりますので、私はスピリチュアルな観点から出来ることをお話しできればと思います。

★まず、最も簡単なところでは、神道で伝承されている茅の輪の活用です。

毎年6月末と12月末の大祓の儀式での茅の輪くぐりは有名ですが、神道において現代まで伝承されているものというのは、神道の神々が現在の人々に必要だと判断しているからこそ、伝承が残っているものになります。

疫病が流行っても、その災いから免れると伝わっている茅の輪。

新型コロナウィルスの感染は、現代の疫病と言えるものですので、茅の輪のお守りを身に付けたり、玄関に飾ったりして、難を避けることを行って頂くことがお勧めできます。



★次に、ウィルスや細菌への感染は、スピリチュアルな観点では、自分自身が深いレベルで自分の領域内にそれらの侵入を許可しているということから起こっております。

ウィルスや細菌を引き寄せてしまう理由、侵入を許可してしまう理由は、人によって様々で、根本の原因を取り除くには、深いレベルでの癒しが必要になってきます。

その為、今、簡単に出来る対策としては、エネルギー的なプロテクションを強化することが挙げられます。

瞑想やエネルギーワーク、パワーストーンやオイルなど、プロテクションを強化する方法は数多くありますので、ご自身が比較的簡単に続けられる方法を選んで頂くのが良いかと思います。


気づいたときに、自分のオーラフィールドを光で満たして浄化し、オーラの境界面をゴールドやシルバー、パープルの光の膜で覆う、などの簡単な方法でも効果がありますので、もしどういったことを行ったらよいか分からない方は、こちらだけでも行って頂くと良いかと思います。


★最後に、日本という土地は、古来より神道の神々が管轄している地域になります。

災害などが起こった時、被害が小さくすむか大きくなってしまうかは、その土地を管轄する土地神の力・ご神威が大きく関係しています。

自然災害などがその土地で起こらないようにすること、災害が起こってもその土地での被害が少なくなるようにすること、その為に、日本の神々のご神威を高めていくことは、非常に大切なことだと個人的に思っております。

tinowa-kugurikata01.gif2.jpg08E2F50F53F84C74BB14652C363C771F_LL.jpg