20170328092525-ac9cd1c44587d06af0881b2d21fa73c65fb2005c.jpg続きです。

俳句が形式に捕らわれすぎているについて少し補足します。

たとえば、俳句では「お題」が出されます。

「花」とか「雪」とか。

俳句ではと言うか、日本では「花」と言えば桜のことだそうです。

まず、こんなわけのわからない決まりがある。

まあ、それは置くとしても、「お題」を出されてそれをテーマにして句を詠むというのは、順番が逆ではないでしょうか。

「桜」の美しさに感動したから詠むのではなく、「桜」が「お題」になったから無理やり感動している。

さらに言えば、花を見ると感動するものだとの決まりがあってそれに合わせているだけのような気がします。

そんなものに詩が生まれるはずがない。

そう言えば、俳句には季語入れることになっていますが、これもかなりいい加減なんですね。

大正から昭和にかけて、多くの俳人が食えなくて困窮しているのを、見かねて、角川書店の創業者、角川源蔵が「俳句歳時記」を出版し、その売り上げで多くの俳人を援助したのだそうです。

その一方で、俳句には季語が必要だ、という勝手なルールをでっちあげ、自社の「俳句歳時記」を買って読まなければ、俳句ではない、という世論を作った。

だから季語の明確な選択基準はありませんし、歳時記によっても違ったりします。

また、私の個人的な好みで申し訳ありませんが、私は自由律俳句(定型に縛られずに作られる俳句を言う。季題にとらわれず、感情の自由な律動を表現することに重きが置かれる。ウィイキペディアより)のほうが好きですね。

尾崎放哉や山頭火が有名ですが、心に刺さってくるものがあります。

興味がある方はインターネットに紹介されていますから、一度、読んでみてください。

ちなみに私の好きな自由律俳句は「歩いても、歩いても、偏平足」(詠み人知らず)です。

では。

20170327075521-051599229ad4cce416b546c7d0584dd353e329e5.jpg続きです。

昨日書いた第二芸術論は、簡単に言うと「俳句という形式は現代の人生を表しえない。『第二芸術』として他の芸術と区別すべき」との意見です。

著者は、まず作者名を伏せたうえで、大家の作品のなかに無名の作者のものを混ぜた15の俳句作品を並べ、作品からは素人と大家の優劣をつけることができないとします。

そして、大家の価値はその党派性によって決められるものであり、また現代の人生に俳句という形式には盛り込むことができないと主張します。

もちろん、多くの俳人たちから強い反論がありました。

著者の鑑賞力の低さや俳句に対してもともと態度が非好意的であるとするものです。

ただ、党派性の弊害については完全に否定することはできなかったようです。

確かに、新聞なんかの俳句選考を見ていても選者によって結果が全然違いますからね。

選者の好みやセンスが選考に占める比重が重すぎる。

テレビ番組に話を戻すと、参加者に級や段を与えています。

詩の才能をこのような形で評価するのはどうなのでしょう。

私には違和感があります。

これは明らかに家元制度を取り入れたものですが、日本の芸能で家元制度があるものは大体、袋小路に入っています。

未来がないということですね。

ついでに書いておくとこの番組で私が少し良いなと思ったのは漫才コンビフルーツポンチの村〇さんの俳句だけです。

彼は詩心があるように思います(私の好みによればですが)。

では。

20170326182125-663f35d694bd55810ed58d28309d5ceee5f894b5.jpg気持ちは言葉にしないと伝わりません。

そして言葉にしたら、次は態度でも表しましょう。

俳句名人

20170326090057-9747b7920d809cb703f8fc587ea21643dddb9a61.jpg芸能人がいろいろなの技に挑戦し、それを「プロ」が評価するバラエティ番組があるのですが、ご存知でしょうか。

技は料理、盛りつけ、生け花といろいろありますが、俳句が一番人気があるようです。

評価がかなり「辛口」なのが面白いんでしょうね。

ただ、私から見ると、講評に時々首を傾げることがあります。

まあ、私は完全に俳句の素人ですが。

また、この番組で名人の称号(名人に段があるという不思議にシステムです)を与えられている人が何人かいるんですが、その人たちの句がどうも気に入らない。

特に、大衆演劇の女形で有名になり、この頃、テレビに出ずっぱりの役者の句に感心したことがありません。

なんと言うか、感動がまったくなく、珍しい季語を使っているとか、形式ばかりにこだわっている。

無理にひねり出していて、何かどうしても伝えたいことがあって出てきた句とは思えないんですね。

ところで、評論家の桑原武夫という人が「第二芸術 ―現代俳句について―」なる論文を発表しているのですが、ご存じでしょうか。

1946年ですからかなり昔ですね。

非常に刺激的な意見が述べられていたので、論議を呼んだようです。

そして、この番組を見る限り、俳句を巡る状況はあまり変わっていないように思います。

長くなるので、続きは明日。

では。

20170325082328-39acddca29c7c8b31b5c518cf6d6764972b29196.jpgついでですので、鮨の食べ方についても少し書きます。

食べ方の作法と言えば、まず、鮨でしょう。

私の若い頃は、卵焼きから注文するのが通とされていました。

卵焼きで板前の腕がわかるというわけです。

今はたいていの店が出来合いの卵焼きを仕入れて使っているので、意味がなくなりました。

私に言わせれば、店内に一歩入れば味のレベルは大体わかると思いますが。

それから、ネタを頼む順番にもうるさい人がいます。

最初にトロを頼むなとか、味の淡白なものから濃いものへ、そして、干瓢巻きなどの甘いものに行くべきだとか。

本当は、予算を言って、今日のいいとこでおまかせにするのが一番じゃないかな。

まあ、何度もいいますが、鮨にせよ、昨日書いた蕎麦にせよ、好きなように食べて、それで美味しければなんの問題もありません。

他人が口を出すことではないでしょう。

ただ、特に女性を連れて行った場合なんかに、男性が通ぶりたいのは当たり前なので、うれしそうにうんちくを垂れるのは仕方ないかも知れませんが。

では。

20170324143840-0d36026850a594b1545144fe90cb7909f0f09630.jpg驚いたことに昨日の続きです。

パスタはアルデンテが美味しいとされています。

本当かなあ。

みんなそう思わされているだけじゃないかな。

刷り込まれているというか。

確かに、昔のスパゲティはものすごく柔らかくて、くたくただったので、その反動かも知れませんが。

かなり前にイタリアのボローニャ(ボロネーゼの発祥の地です)で食べたスパゲティは本当にバリカタで、あまり美味くなかった(ひょっとして嫌がらせ?)。

たとえば、ラーメンなんかは固さを指定できるところがありますよね。

バリカタとか柔らかめとか。

アルデンテが嫌いな人もいるでしょうから、スパゲティの茹で加減も指定できるようにすれば良いのではないでしょうか。

ちなみに言うとフランス人もパスタを結構食べますが、かなり柔らか目だったと思います。 ついでに蕎麦の食べ方について書きます。

蕎麦の食べ方は昔からわりとうるさく言われています(落語に出てくるくらいです)。

蕎麦の端のほうだけをつゆにつけてすすり込むというやつですね。

これも好きなように食べればいいと思うのですが、私が実際に試したところでは、有名蕎麦屋の蕎麦つゆはかなり辛いんですね。

だからあまりつけすぎると確かに美味しくない。

甘めのつゆだとどっぷりつけても大丈夫ですが。

それから、普通はワサビが付いてきますが、これもつゆに溶かさないほうがいいようです。ただし、何度も言うように、自分が美味しいと思うやり方でいいんです。