20170720054207-8eaf7767c1e83bc59bb12b7fba902ef59100c6fa.jpg昨日の続きです。

映画「ハードキャンディ」の中で何度も「ペドフィル」(pedophile)という言葉が出てくるんですが、日本語では「ロリコン」と言ってました。

しかし、私にはやや違和感のある訳です。

その持っている倫理上の重さが違うからです。

「ロリコン」はもともとは「ロリータ・コンプレックス」という言葉が略されたものです。

そして「ロリータ」(Lolita) は、ロシア生まれのアメリカの作家、ウラジーミル・ナボコフの小説なんですね。

12才の女の子に対する中年の大学教授の愛情を描いたもので、文学史上非常に重要な作品と見なされています。

ただ、外国では「ロリータ・コンプレックス」はそれほど一般的な言葉ではないようです。

これに対して、日本では「ロリコン」はある程度市民権を得ていて、書店やコンビニなんかではその関係の雑誌が沢山おいてあります。

また、自分を堂々とロリコンだと認める男性も結構います。

しかし、ロリコンだと問題はないようですが、ペドフィルは小児性愛者のことで、はっきり言えば異常者のことなんですね。

社会的に許される存在ではありません。

もともと日本人は性的に非常に寛容、悪く言えばだらしがないところがありますから、不思議に思わないのかも知れませんが、外国から見るとロリコン関係の雑誌やテレビゲームの氾濫は異常なことなんです。

最近、日本のコスプレやメイド喫茶なんかが外国にも受け入れられているようです。

しかし、だからといって性に関する倫理観まで容認されたわけではありません。

日本人の外国での買春は前から問題になっていましたが、こうした小児性愛までロリコンと称して輸出するような真似は絶対に避けるべきでしょう。

では。

今日は映画の話をします。

かなり前に観たんですが、最近、再び見ました。

タイトルは「ハードキャンディ」で、その過激な内容から一部では話題になったので、知っている人は知っているでしょう。

デイヴィッド・スレイド監督のサイコ・サスペンス映画です。

内容を簡単に説明します。

出会い系サイトで14才の女の子ヘイリーと知り合ったプロカメラマンのジョフは実際に会うことにします。

そして彼女を自宅に連れて行き、酒を飲ませようとします(14才なのに)。

すると彼女は自分でスクリュードライバーを作ると言い出します。

ジョフは喜んで飲むんですが、そのまま気を失ってしまいます。睡眠薬を盛られたんですね。

眼が醒めると台の上に縛りつけられていました。まったく身動きが取れません。

20170719064105-8bd3f966ffee305415525ff146ac573d87de5cab.jpgそして、ヘイリーは彼を去勢する(俗に言う玉抜きですね)と宣言します。

未成年の少女に手を出そうとするロリコンに対する罰だと言うわけです。

彼は恐怖にかられ、怒り、なだめ、懇願しますが効果がありません。

そして・・・

と言う話です。

もちろん、このあとにひねりがあり、真実が明らかにされます。

しかし、男性にとっては最悪の悪夢ですね。まあ、ジェフが悪いんですが。

なんでも監督は日本で起きた女子高校生の親父狩りの事件からアイデアを得たそうです。

それから主演の14才の女の子を演じたエレン・ペイジは実際には19才だったとのこと。14才に見えたなあ、だから女は怖い。

出会い系サイトを利用している人が結構いるようですが、こんなことも可能性としてはありますから(ここまで極端ではないにしても)、注意したほうがいいですね。

もう少し書くことがありますので、続きは明日。

では。

20170718061848-95251233317bf96f38518b39098a41321eade00f.jpg昨日の続きです。

しかし、昨日紹介した世界でもっとも美しい少女の条件は、男性の妄想の単なる寄せ集めでしかありません。

現実にどんな女性なのか想像しにくいですね。

大体、良いとこ取りをしてミックスしたところで、本当の美人が生まれるかは保証の限りではないでしょう。

確かに、混血の人に大変な美人やハンサムがいますが、なんだかニュートラルというか、はっきりしない顔の人も結構いますからね。

それから、昨日の意見には明らかな西欧への偏りが見られます。

美の基準は地域や国によって違います。

テレビなんかでも時々やっていますが、アメリカの美人女優の写真を見せても、イヌイットやアフリカの男性たちは評価しません。

また、アラブ諸国では太めの女性が好まれるなんて事実もあります。

最近は、国際的な美人コンテストが結構あって、そのためかある程度美の基準が画一化されつつありますが、それでも地域によってかなりの差はあります。

まあ、美人コンテストにははっきりとした傾向がありますからね。

最近では、日本人女性がミスユニバースで準優勝、優勝することが珍しくないようですが、彼女たちに対する日本人の反応はそれほどよくありません。

どうも一般の日本人が考える美人とは違うんですね。

もちろん美人コンテストは一種の祭りで、上位に入らないからといって別になんの問題もありません。

そして、その国では大変な美人とされている女性は、そうした美人コンテストには初めから出場しないのでしょうね。

では。

20170717085459-08c6ca461d620069b4826fe8b7a6c0fa03293d11.jpgある雑学系の本を読んでいたら面白いことが書いてあったので、紹介したいと思います。

世界でもっとも美しい少女の話です。

ある時、スイスのローザンヌ(なかなかいいところです)で、「世界でもっとも美しい少女の条件」について、世界各国から集まった留学生にアンケートを取ったんですね。

すると以下のような結果が出ました。

イギリス人の肌、フランス人の曲線美

スペイン人の歩き方、イタリア人の髪

エジプト人の瞳、ギリシャ人の鼻

アメリカ人の歯、オーストラリア人の声

日本人の微笑、アルゼンチン人の肩

タイ人の首、スイス人の手

中国人の手を持っていること。

以上が肉体面ですね。

そして、フランス人のように料理がうまく、

ドイツ人のように家事を切り回し、

アメリカ人のようにおしゃれで、

日本人のように従順なんて条件も上げられています。

なんだかアンケートに参加した人たちの国籍が想像できる結果ですし、どうも男性が勝手に抱いているイメージを反映しているだけのような気もします。

それに「少女」というのが、ロリータ趣味というか、おたくっぽくて嫌ですね。

成熟した女性こそ本当の美しさを備えていることを知らないのでしょうか。

まあ、遊びですから目くじらを立てるのは野暮なんですが。

もう少し書くことがありますので、明日に続きます。

では。

20170716060158-b81ca30d75242f27c013c15218309e44b8a8e726.jpgちょっと前のことですが、インターネットでこんなニュースがありました。

−フランス南西部にあるSarpourenx村の村長が、住民約260人に対し、墓地が満杯でこれ以上埋葬するスペースがないため、もしも死んだら罰を与えると通達した。

村役場に掲示された条例は「墓地に区画を保有していないのに埋葬を希望するすべての住民は、教区内で死亡することを禁じる。違反者は厳しく罰せられる」としている−

結構、話題になったようですからご存じの方も多いでしょう。しかし、面白いですね。

「死者に鞭打つな」とよくいいますが、実際に違反者が出たら、どのようにして逮捕したり、裁判にかけたりするんでしょう。

遺族が罪に問われるのかな。

参考までに書いておきますと、フランスではほとんどの場合、いまだに土葬なんですね。

だからこんな問題が起きます。

日本人から見るとおかしいと思うかも知れませんが、アメリカや他の欧米諸国でも大体、そうです。

火葬にするなんて言うと故人への畏敬の念がないのかなんて言われてと、野蛮人を扱いされることもあるくらいです。

ところで、世界にはこうした面白い法律が結構ありまして「世界一くだらない法律集」(デヴィッド・クロンビー著。ブルース・インターアクションズ発行)という本に沢山紹介されています。

たとえば、「象をパーキンイグメーターにつないだら車と同じ料金を払うこと」

それから、「隣人の口に放尿してはいけない」とか「ライオンを映画館に連れて行ってはならない」

「酔っぱらっていればカンガルーとのセックスが認められる」なんてのはちょっとひどいかな。

「燃えている建物の中で食事してはいけない」なんてのもあります。

断っておきますが、これらはすべて現在の生きている法律です。

実際に適用されるかどうかは別ですが。

ひょっとしたら日本にもこんな馬鹿げた法律があるかも知れませんね。

では。