女性によっては男性が何をしても放っておく人がいます。

太っ腹で良い思うかも知れませんね。

しかし、男性は女性からまったくヤキモチを焼かれないと不満を感じるようです。

ヤキモチはプライドや優越感をくすぐるんですね。

適度に焼いてあげたほうがいいですよ。

もちろん、言うまでもありませんが、行き過ぎは禁物です。

自分自身を大事にしない人は他人からも大切にされません。

自分を大事にしている人を粗末に扱うのは誰でも抵抗があります。

しかし、自分を粗末に扱っている人は適当に扱えばいいと思うものなのです。

人から大事にされたいと思うのならまず自分を大切にしましょう。

自分を大切に扱うのに慣れていない人は、鏡を見てください。

そして鏡に映った自分を褒めます。

気に入ったところだけではなく、嫌なところもあえて魅力的だと褒めましょう。

これを続けると、自分を大切にする回路ができます。

あなたの人生が変わるでしょう。

彼に浮気された時、落ち込むのは当たり前です。

だからしっかりと1カ月ほど落ち込みましょう。

できれば距離をおいて顔を見ないようにします。

そうすると段々と心も快復していきます。

それからどうするか考えればいいんです。

許してもいいですし、別れてもいいでしょう。

何か悪いことばかり思い出してしまうことがありませんか。

これを止める方法がありますのでご紹介しましょう。

人が何かを思い出している時には、視線が左上に動くという話を聞いたことがあると思います。

これを利用して、何か悪いことを思い出してしまう時には、視線の向きを変えます。

気分が変わりますよ。

本当に効果がありますから試してみてください。

コピー商品を身に付けるとモラルのレベルが下がると言われています。

要するに、ほかのことでもごまかしをするわけですね。

そして、怖いことに、人からもらったコピー製品でも身につけると同じ効果があるとのことです。

また、意外かも知れませんが、セレブの人ほどモラルが低いそうです。

もともと正直な人でもセレブになるととたんに平気で嘘をつくようになります。

結局、少々お金がなくても、コピー商品ではなく、本物を身につける人が一番信用できるということですね。

好意を抱いている男性と一緒に電車に乗ることがあると思います。

気がついていないかも知れませんが、これはチャンスです。

座らず立ったまま話をしましょう。

そのほうが親しくなりやすいと空間心理学的で言われています。

また、電車は必ず揺れますから体をさりげなく触れ合わせることができます。

なんなら大きく揺れたときに男性の胸に倒れこむくらいのことをしてもいいですよ。

これで一気に彼との距離が縮まる可能性があります。

是非試してください。

パートナーが不機嫌なときにそれに釣られて自分も不機嫌になり、あげくの果てにケンカになるなんてことがあると思います。

これは本当に馬鹿らしいことです。

とは云え、機嫌をとることはありません。

不機嫌に釣られそうだなと思ったら、深呼吸をして心の中で30秒数えてください。

これを心が鎮まるまで繰り返します。

これでケンカを避けることができます。

これは他の落ち着きが必要なときにも応用できます。

慣れてくると短い時間で心を鎮めることができるようになりますよ。

ある研究によると、大学で成績の良い生徒は教室の正面中央に座るそうです。

そして、当然ながら成績の悪い生徒は一番後ろに席を取ります。

また、おもしろいことに、成績の良い生徒ほど座る席を決めるのが早く、悪い生徒はなかなか決められず、毎回違う席に座ったりするんですね。

これは彼が本当に仕事ができるかどうかの判断にも応用できるでしょう。

簡単にリラックスできる方法を2つ紹介しましょう。

朝、5分だけ時間を取って、静かに瞑想してください。

深く深呼吸を繰り返します。

この時、呼吸にできるだけ意識を集中します。

それだけです。

これでその日を快適に 過ごすことができます。

もう一つは、夕方から夜にすることです。

お風呂でシャワーを流しながら、シャワーヘッドを上に向け、それを真上から眺めます(入浴しながらでもいいですよ)。

これだけですが、水晶玉を見るのと同じような効果があるといわれています。

なぜ効果があるかを一応説明しておくと、f分の1揺らぎがあるからです(詳しくはネットで調べてください)。

両方とも本当に効果がありますから試してください。

あなたの中には何らかの彼のイメージがあると思います。

たとえば、彼は優しい人間であるといった感じですね。

あなたが思う以上に、彼はこのイメージを守ろうとしています。

ですから、喧嘩のときにあなたの優しさなんてうわべだけだったのねといったイメージを壊すようなことは絶対に言ってはいけません。

いわゆる地雷ですから、踏むと取り返しがつかなくなります。

反対にこのイメージさえ守ればいくら喧嘩をしても大丈夫です。