女性にとって恋愛に欠かせないのはロマンスで、セックスはその延長線上にあります。そして一度体を許すと情が移り、愛しさが増します。

精神的な愛情を重視するために、時には優しく抱いてもらうだけで十分だと思っています。

これに対して、男性にとって、恋愛とは、気に入った女性を口説き落とし、キスしてセックスすることです。そして一度セックスすると相手の女性を所有物と見なします。

ですから男性にとってセックスは気軽なことで、ほとんど責任を感じません。

がっかりするかも知れませんが、これが真実なのです。

男性は最初のうちはマメに記念日を祝ってくれますが、結婚するとリラックスモードに切り替わり、ボーとすることを好みます。

女性は男性が記念日を忘れると愛されていないと考えがちですが、そんなことはありませんので、安心してください。

男性は妻や恋人には自分と同じ考えや価値観を共有して欲しいと考えます。

そのために考え方や行動を束縛したがるんですね。

これはエスカレートすることが多く、服装や髪形にまで口を出すようになります。

これはいわゆるパワハラやモラハラなのですが、彼に言っても、よほどのことがない限り治そうとはしないでしょう。

別れたくないのなら、彼の前だけでも価値観に共鳴し、行動や態度に気をつけている振りをしましょう。

女性が不機嫌そうに黙っている時は、たいてい「何で機嫌が悪いのか、よく考えなさい」と思っています。

そして、突然怒りだしたりします。

しかし、男性はこれが苦手です。

こういったすれ違いが積み重なると取り返しのつかないことになるかもしれませんよ。

男性は心の準備をしていない状態で攻撃されると逃げたり、逆切れしたりします。

言いたいことがある時は、「30分後に話があるから」といった感じで、合図を出しておきましょう。

そして、だらだら続けるのもNGです。

そうしないと彼はあなたを避けるようになりますよ。

彼が何をしても放っておく女性がいます。

太っ腹で良い思うかも知れませんが、男性は女性からまったくヤキモチを焼かれないと不満を感じるようです。

ヤキモチはプライドや優越感をくすぐるんですね。

適度に焼いてあげたほうがいいですよ。

もちろん、行き過ぎは禁物ですが。

彼に浮気された時、取り乱したまま、性急に結論を出してはいけません。

まず、しっかりと1カ月ほど落ち込みましょう。

できれば距離をおいて顔を見ないようにします。

そうすると段々と心が快復していきます。

それからどうするか考えればいいのです。

パートナーが不機嫌なときにそれに釣られて自分も不機嫌になり、

あげくの果てにケンカするなんてことがあると思います。

これは本当に馬鹿らしいことです。

不機嫌に釣られそうだなと思ったら、深呼吸をして心の中で30秒数えてください。

これを心が鎮まるまで繰り返します。

これでケンカを避けることができます。

遠距離恋愛は難しいとされています。

確かに、物理的な距離が近ければ近いほど、恋愛にも結婚にも有利です。

とはいえ、確かに近距離恋愛よりも大変ですが、物理的な距離が離れていたとしても、心理的な距離さえ近く保っていれば、恋愛関係は続けられます。

電話やメールなどで心理的な距離が近い状態を保つ工夫をし、しっかりと愛を伝えましょう。