彼と気持がすれ違っていると感じたら放っておいてはいけません。

早めに話し合ってどこが違っているのかをお互いに認識することが大切です。

そして、話し合いのときは自分の価値観を相手に押しつけたり、反対に相手の考え方に無理やり合わせようとしてはいけません。

女性はこうあるべきといった話を熱く語る男性がよくいます。

しかし、こういう男性は付き合うと必ず束縛してきます。

それでも良いといのなら構いませんが、そうでないのなら最初から敬遠しておいたほうが良いでしょう。

不幸話をして同情を買おうとする人がいますが、これはあまり効果がありません。

不幸話をするときは必ずそれによって得られたプラスの情報を付け加えてください。

たとえば、「昔、大失敗をした」だけではなく、「でもそれをバネにここまで頑張れた」といった感じですね。