予感

最近「何かしなければ」と感じながら

何をすることも無く一日が終わる。

私の何かが変わるときにおこる心理。

あとから考えると「あ~!あの時」

誰もが経験あるはずだ。

昨年からの自身におきたことを思い出す。

19年11月10日日曜高速道路上ここから始まった。

電話相談が入り友人との約束時間に遅れる。

遅れたことで気が焦り

いつものルーティーンを行わず飛んだ。

グライダー墜落事故。

全治三か月。背骨5か所骨折。

一番上は首との境。医者曰く「あんた死ぬよ」

分厚く重い鎧をつけての入院生活。

1か月で退院したことを悔いた。

イライラの中。旅行を計画。

航空券やトラベルパス等購入。

全て完璧に終わった。と思った矢先。

コロナ感染症で世界中がパニック。

渡航予定は5月末だがキャンセルする。

「皆が損しているだから返金は期待しない。」

と自分に言い聞かせる。

そして、今年2月ガンと診断された。

同時期に関西地区法人設立でトラブル。

これが過去半年の私に起きた出来事である。

だけど私の体は普通に動く。

この不思議について考える。

神々が私に「早く、早く」と言っている。

ここ数年、何かが間違っている。

そんな気がしてならない。

今、チャンスが私の目の前にきた。

どんなチャンスか分からない。

神々の指針を解読できると大輪の花が咲く。

そんな予感がする。

この騒ぎが少し収まったら試してみよう。

心に見える神々の知恵を・・・。

ノミの話

航空券の損失は何とか成りそうだが、

トラベルパスや氷河特急の指定券が

戻りどうにない。

休校で損失を被った人に優先的に補助が出ると聞く。

母子家庭は最優先?

補助金つけの母子家庭。

私は今の制度にも疑問に感じる。

ノミをコップに入れると初めはコップの高さ以上にジャンプする。

ところがコップにフタをすると、力強くジャンプしていたノミは

頭をフタで強く打つ。

その内ノミはフタに当たらない高さまでしかしジャンプしなくなる。

母子家庭の事を真剣に思うのであれば

お金のバラマキで無く正社員登用を企業に義務付ける。

勿論、企業に今以上の助成金を支給するのが条件となるが...

なぜ、こんな事を書くかと言うと

今回のコロナで我が家も甚大な損害を被った。

治療開始をギリギリまで送らせて組んだ日程だった。

だから、憎まれ口を叩いてみた。

母子家庭の皆さんお子様を立派な日本人に育てて下さいね。

冷静に!

今回の旅行の件は

何事もイライラした状態で決めてはいけない。

と身に染みた。

しかし、お金とは妙なもので損をすると入ってくる。

スイスの渡航禁止が決まってから、お客様が増えた。

それに講習に興味を持たれる方も多い。

紹介とリピーター。

お客様が帰り際ににこっと笑って

「ここ職場で有名ですよ」だって。

嬉しいことば頂きました。

来月のチャリティー相談。

西洋館のフリーマーケットに合わせていたけど、

コロナ対策で実施できるか定かでない。

これでは来月も自腹ですね。

ことば

昨日は航空券のキャンセルやスイストラベルパス、

氷河特急の指定キャンセルで忙しかった。

不思議なものでこんな時程お客が多い。

7名お見えになった。

最近お付き合いしている男性の言葉を信じて、

年齢を重ねた女性の相談が多いように感じる。

彼氏が会うたびに「結婚したい」という。

将来の夢を語る。

両親に挨拶等々。

好き好き光線を浴びせてくる。

その言葉を信じて5年。

女性は三十路。

私はいう

嘘に決まってるやん。

「結婚が本心ならもっと以前に結婚している」と私が言うと。

「いえ、私が迷っているから」と男を擁護する。

男は女性が断ると分かっているから言うんですよ・・・。

こんな時、私は婚姻届けを書かせるようアドバイスする。

書いた届けは必ず女性が持っておかなければならない。

男は住所を偽ったり、届けを自分が保管するという。

そこで男の本性が分かる。

今までこの手法で多くのカップルが結婚した。

勿論幸せになっている。

あなたも試してみて下さい。

コロナ

来月末からスイスに行く予定だった。

氷河特急もスイストラベルパスも買った。

ホテルも予約した。

しかしコロナでスイス渡航禁止。入国禁止になった。

キャンセル保険に入って無かった。

チケット買ったのは去年の11月。

こうなるなんて思わない。

魂の言葉が二転三転しても

大怪我してもまさか「旅行に行くな」

とは考えなかった。

貧乏人だから飛行機も鉄道も全て払い戻し不可。

ホテルも交渉次第。

夫婦2人だから大損だ!

占いでコロナが予知出来ていたら大儲けできた。

後付けなら何でも言える。

失敗するから人生悲しい。

高校生

今日は高校生4名。

久しぶりに男子生徒も来てくれた。

進路相談と恋愛。

18歳で人生が決まる。

皆、真剣である。

春から大学生も来た。

高校最後だから無料。

選んだ進路が間違っていなかったか?

不安だ。

勇気を持って頑張るように背中を押した。

人生持ち回り

人生持ち回り。

父の口癖だった。

自分の行いは、いつか自分に帰ってくる。

その様な意味だと思う。

そんな父と私は水と油。

喧嘩の日々だった。

商売人の私に教えていたのかも知れない。

「お金はあとからついてくる」

これにも反発した。

「お金は追わなきゃ入ってこないんだよ。」

父から言われる度に心の声が叫んでいた。

人生に失敗し自殺未遂で怪我をして、

初めて父の言葉の意味が分かった。

地位も名誉もお金も他人がくれる。

一生懸命勉強したからと全員が志望校に入れない

どんなに自分をアピールしても

世間が認めないと何も得られない。

そのことを私に伝えたくて父は必死だったのだろう。

占いで少しだけ世間のお役に立ちたいと思う。

占いで父の様に勲章は無理だけど

あの世で父に言い訳できそうな気がする。

特にお金はプロ級。仕事もプロ級。

結婚・離婚は実践派。

動いてからでは遅い。絶対に遅い。

一人で悩まず私を活用下さい。

20200317130059-6f5bbe2a003137139c7e426cfaffcbf29ff5bdd4.jpg

先日、フリーランス組合の会見中継があった。

今回のコロナ補助金で何故、

社員の半分なのかと怒っていた。

フリーランス一日4,100円。

自分は一日3万数千円稼ぐと言っていた。

イベント中止でそれだけ損を

したとでも言いたいのだろう。

フリーランスつまりどこにも属さない「バイト」は

働かない期間が有るから少し単価が高いのである。

フリーランスは自分が選んだ道。生き方?

収入が無い月も想定積みだと思う。

貰えるものは貰え。何とポリシーの無いことか。

イベント中止で収入が無くなった。

その補償をという会見内容だったと思う。

また、子供が休校になって急に会社を休まなければ、

ならなくなった方々への補助も出すという。

旦那の収入があるだろう。

意識してバイトやパートで働く人が

補助を求めるのはおかしいと思う。

だって得する為に特別扶養控除内で

働いている人も多い。

それと、一人親になったのは本人の責任。

行政が離婚を勧めた分けではない。

母子手当や子供手当その上今回の補助。

行政は真剣に国民の幸福を願っているのか疑わしい。

人は弱い。一度楽を知ると抜け出せなくなる。

助けて貰うのが当たり前となる。

ポピュリズム的施政は欲を増長する。

その証拠に生活保護は減らない。

テレビでも母子家庭を取材していた。

可哀そうだと同情を引く内容になっていた。

あの会見数年前のテント村を思い出した。

洗礼

タウンに復活すると洗礼に会う。

後払いの未払い。

最近はお客様の電話の感じで

騙されない様になってきた。

もっと上手な騙しに合った。

若い女性で2,000円程度クレジット入金で

鑑定依頼をする。

当然すぐ時間になる。

少しサービスした後追加をお願いする。

後払い。と言ってくる。

クレジットをお願いしても後払いが良い。とねばられた。

結局、その分が未収となる。

頭が良い。人の心理をついている。

悲しい。人は騙せても自分は騙せない。

幸せにはなれないだろう。

また、これで私の電話が待機が遅くなった。

意思の力

コメント(全文字数=約232 改行コード含む)

コロナの影響で西洋館のフリーマーケットが今月中止になった。

年初に決意した。チャリティー占い。

売り上げ全額。
毎月最低10000円を日赤に寄付する。

もう一人の私と会話する。
「フリーマーケットが中止だから今月寄付しなくても良いよ」
私は言う。
「でも、決めた事だし、笑われるかも」

こんな葛藤が私の中で続いた。
情けない。自分の小ささを見せられた。

「よし。決めた」
郵便局へ行こう。

10000円握り締めた。