縁が繋がるのも、切れるのも、意味があってのこと。

そしてそれは

一時的に縁が切れてまた繋がる、復縁についても同じ。

魂同士の繋がりが強かったり、

まだまだクリアにしなければいけない課題があると、

良くも悪くも、簡単に縁が切れないこともあるのです。

これは以前アップした記事ですが、例えば、こんな例もありました。

続きは、こちらからご覧ください

縁が切れちゃったと思っていた恋人から連絡が...

浮気

新セッションメニューのご紹介です。

⭐️サイキック・スピリチュアルリーディングセッション(90分)

⭐️スピリチュアルリーディングセッション(60分)

詳細については、こちらをタップしてご覧ください

リーディングセッションについて

また、今までリピーターの方々だけにお伝えしていた裏メニュー

タロット鑑定 5400円/30分 (事前振込)をスタートします。

タロット鑑定に関しましては、占いタウンのお客様限定ですので

ご希望の方は必ずタロット鑑定希望」とお知らせください。

また、お振込み先については、お申し込み後にお知らせ致します。

お申し込みはこちら→TEL 090-4748-0770

宜しくお願い致します。

マンション光

ご縁と出会い

出会いは一つのご縁。

また出会いは、縁があるからこそでもあり

魂同士がスタディを選択したからでもあるでしょう。

そういった意味では、私にとっても、

お客様との出会いはご縁の一つで、魂のスタディと感じています。

仕事を突然、失ってしまったり、

信頼していた友人から裏切られたり、

など、

そんなことが起きれば、誰だって辛いです。

でも、

そんな出来事があるからこそ手放しが起きて、

次の出会いにつながる人もいるのです。

そんな、ご縁と出会いについてこちらのブログに書いてみました。

よかったら読んでみてくださいね。

ご縁と出会い

夕暮れ

気がついたら、ずっと一緒にいた...

そんな関係も素敵です。

そのためには、お互いに

相手の地雷は踏まないこと!だと思います。

それを踏まれると、一気に熱も冷めてしまう。

それを踏まれると、急いで逃げたくなってしまう。

みんな、そんな地雷を持っています。

どんなに尽くしても、献身的になったとしても

たった一つの地雷を踏んだら終わりなので。

続きは、こちらのブログから

これをされたら100年の恋も冷めてしまう

花束女性

セッションの時、

私が一番視ているのは、その人の本心です。

本当は、どうしたいのか?!とか

本当は、どう思っているのか?!など。

ただ、どうすべきかは別。

別れるべきか、諦めるべきか...

〇〇した方が良いと分かっていたって

その人の心が、まだ受け入れられないことだってあると思います。

続きは、こちらから御覧ください

別れるべき?諦めるべき?やめるべき?

浮気

私の毎日の日課の一つは瞑想。

「寝る前は瞑想するのが日課なの」と、いうと

「怪しい??」なんて言われたりもするけれど、

私にとっての瞑想は、

神秘体験を期待するものじゃなくて自分の今に集中する時間。

ひと呼吸ごとに深くなっていくリラックス感がたまらなく、

今では、それが癖になっています。

そして何より、呼吸法を繰り返していくうちに訪れる

あのフワッ!とした感じがたまらない。

いろんな瞑想法があるけれど、私の瞑想法は

気功の要素やマントラを組み合わせたもの。

続きは、こちらからご覧ください。

瞑想している時の、フワッ!とした感覚がたまらない

ご来光

夫婦喧嘩になった時、

感情的なままその場を去るのはやめましょう。

頭を冷やすという意味では

一旦その場を離れて、気持ちを落ち着かせた方が良いこともあるけれど、

それでは、心の中にモヤモヤやイライラは残ったまま。

下手をすれば、仲直りのタイミングを逃すかもしれないからです。

続きは、こちらからご覧ください。

旦那さん(奥さん)と喧嘩した翌日は

火

自分は愛されるべき人間ではない...

愛されたいけれど、自分は愛されるに値しない...

まっすぐに愛されると、相手に申し訳ないような...

そんな葛藤があるから

恋人ができても、いつも一歩引き気味で

結局うまくいかないから、また寂しくて...

恋愛が苦手な人の中には

愛を求めながらも、

愛されることに防波堤を張っているようなビジョンを感じる人もいるのです。

続きは、こちらから御覧ください。

愛に臆病になっていませんか?

水晶 恋人

私の最初の転機となった9歳の時の引っ越し。

父の実家で祖父母と暮らすことになったのですが、

「この家は霊道が走っているよ」と、

霊感の強い友達が言っていたこともあったくらい、

ある意味不思議がいっぱいで、刺激的な家だったのです。

続きは、こちらから御覧ください

霊道が走る家?!

火