薔薇を育てる ①

28204.jpgかれこれ薔薇を自宅で育てだして5,6年になります。
薔薇どころか 花を育てるなんていうのは
朝顔や向日葵と 植えてもほっといても大きくなって咲くような・・・。

そんなものしか育てたことしかなかった私ですが・・・。

見るのは大好きな薔薇でしたが ステキなお庭を見るたびに 
ああ〜 庭付きのお家に住んだら。
田舎暮らしができたら・・・・。

とか そんな夢ばかりで どうしても薔薇=庭付き一戸建 
アーチにこぼれるほどのイングリッシュローズ。

なんて 勝手に決め付けていた頃があります。
そんな時に ベランダでステキなガーデンを作っている方とのご縁があり 目からウロコ・・・。

庭じゃなくても むしろほどよい広さのベランダの方が 
無理なく育てて薔薇いっぱいにできる事がわかり 早速、薔薇を探しに・・・・。

初めて我が家にやってきた薔薇は 最初の年は
思ったほど花がつかず・・・。
やっぱり私には無理なのかな? と意気消沈したこともありました。

そんな時に 最初に薔薇を教えてくれた師匠が
「薔薇はね、3年は辛抱よ。
1年目2年目は ああこんなもんか。って思っても
じっと我慢。
3年目には必ず、薔薇を育ててよかった〜!!って
必ず思うから・・・・。
3年よ、3年。」

そういわれたものでした。

3年って長いようであっという間。
そういえばクリスマスローズも発芽してから
3年しないと花が咲かないわけだし。

初めて我が家に来た薔薇は 四季咲きの薔薇で
春だけではなく秋も咲く薔薇でした。

その年、やっぱりこんなもんか・・・。
と ぽつぽつと咲いた薔薇を見たもんです。

「それに 最初についた蕾は摘むこと。」

「苗が大きくならないうちについてしまった蕾を
そのままにしておくと 他に栄養がいかず 
どうしても小ぶりになってしまうので
最初の蕾は 思い切ってチョッキンね。」

言われたものの・・・・。
せっかくついた蕾。

それを摘むのが 哀しくて哀しくて。
明日にしようか? まだいいよね?

勇気をだして・・・・・

チョッキン。  

               つづく

画像は イングリッシュローズ ボウベルズ。