スマホ対応のHPを新たにアップロードしました。
本日の予定は下記をクリック↓
スマホ対応鑑定スケジュールはこちらをクリック
待機予定は毎朝9時までに更新しておりますが、予定は当日変更になる場合がございますのでご了承くださるようお願い致します。

お試しメール占いをはじめました。ご新規様・1回限定になります。
有料メール鑑定詳細へ
詳細はHPをご覧ください。

受付電話番号は048-933-9832です。
(秘密厳守・情報漏洩厳禁管理・今までにトラブルはございませんのでご安心願います)

鑑定料金:15分まで3600円以降1分200円加算(鑑定終了時に料金をお知らせ致しますのでカード決算又は銀行振込にてお支払下さい・ご新規の方はカード決算になります)
初回ご利用者は500円割引中(カード決算払いの方限定)
「★カード決算ご自身手続きは→占いタウン・プロフィール画面の上にあるリンクボタンよりお手続きへ・匿名鑑定可能」
占い師へクレジットカードで直接お支払いはこちらへ


鑑定開始時間~鑑定終了時間のみが鑑定料金の対象になります。
お名前、ご住所などの照会手続きのお時間は鑑定料金に含みませんのでご安心願います。

カード決算VISA、Master、JCB、AMEX・手数料なし/または、後払い・銀行振込3日以内(ご利用日~3日・土日カウント・遅延されますと延滞事務手数料が加算されることがありますのでご注意願います)

銀行振込口座:
ジャパンネット銀行
すずめ支店
店番号002
普通 2743339 
ウラナイサイト

鑑定中など電話が繋がらない場合はメールフォームより電話鑑定のお申込み/ご予約が可能です。
(待機中は至急~1時間以内にお返事します。待機外は24時間以内のお返事になります)
お気軽に問い合わせ下さい

電話鑑定お問い合わせフォーム(リピーター様用)登録済みですのでご記入項目が簡素化されております。

電話鑑定お問い合わせフォーム(ご新規様用)

タロット講座(気持ちが占える)電話占い師・養成講座・教材付き(自宅電話で受講できる)詳細へ


ご質問・お問い合わせはフォームにお問合わせ内容を書込み送信下さい

女性にアプローチをして、振り向かせるまでは、必死に頑張る男性ですが、振り向かせて、惚れさせた時点で、努力をやめてしまうからです。

物を売った後の営業マンのように、元来面倒くさがり屋の男性の態度が一変する、というわけです。そもそも、誰かに気を遣い細かいことを気にしない男性が、お姫様扱いすること自体、無理をしているので、長続きしないわけです。

そして、きっちりとしていて、細かいことが気になってしまう傾向にある女性は、彼の微妙な変化の違いに反応し、不安になる、というわけです。

男性の方は、彼女の心をワシヅカミにして、すっかり安心しているので、リラックスして素を出し、殿様気分を味わおうと図々しい態度に出るようにもなります。

一方の女性は、お姫様扱いされた過去の栄光が忘れられず、焦る気持ちになったりします。

彼の態度が変わったのは、私に飽きたからではないか?嫌われたのか?などと不安になり、彼の顔色をうかがうようになり、気を使い、萎縮したりすると、彼はますます付け上がった態度をとるようになる。という構図に陥るのです。

しかし、ここが分かれ道なのです。

つづく・・・

選ばれた男性は、殿様気分で鈍感に気の利かない態度をとり努力しない、という構図に陥りやすいというわけです。

けれど、男性から猛アプローチをされて、交際に発展するケースもあります。

その場合は、男性が女性を選び、女性を口説き、振り向かせる、という流れになり、女性がお姫様のような扱いを受ける、ということがありますが・・・。

このケースの場合、時間経過の後、お姫様扱いしてもらえなくなる、という問題に直面することがあります。

男性はそもそも面倒くさがり屋で、細かいことに目が届かない性質があります。

女性はその逆で、きっちりとしていて、細かいことが気になってしまう傾向があるようです。

だからこそ、男女は補い合って結束し助け合うことができるのですが、人間が2人以上集まると、どちらかがリーダーとなる、力関係が生まれます。

女性同士、男性同士でも、2人以上集まると誰かがリーダー的存在となり、役割ができあがります。

恋人関係においての力関係は、好きの度合いで決まります。

相手をより必要とし、相手と過ごす時間を欲する者は、相手に従わざるを得なくなるのです。

惚れた者は立場が弱くなり、決定権を失うということになります。

話を戻します、男性から猛アプローチをされて、交際に発展した場合、男性が女性を選び、女性を口説き、振り向かせる、という流れになり、女性がお姫様のような扱いを受けて、交際が始まったとしても、時間経過の後、お姫様扱いしてもらえなくなる、という問題に直面してしまうのは、お姫様扱いを受けた女性がある時を境にして、彼に惚れてしまい、立場が逆転したことから起こるというわけです。

つづく・・・

私は自分が離婚して5年ぐらいたってからネットで既婚者と付き合うようになって、1年ぐらい経ってから奥さんと離婚させました。今も付き合ってるのですが、結婚する気はない?と聞くと彼は、彼の父親が再婚を反対してるからって言ってるんです。彼の家にも行った事がないし。本当は離婚してないのかなぁ?って思う事も。本当の所彼の気持ちが分からない。私は私の夢もあり、将来はお店をと考えてます。でも、やっぱり心の支えは欲しい。再婚もしたい。そんなに欲張った考えはダメなのかなぁ?
彼は私と一緒になる気はないの?新たな出会いを探した方が良いの?

ぴぃちゃん さま

リサーチせずに自分の思い込みや想像や臆測でしていることは「彼に尽くしている」とはうけとってもらえず、結果、苛立ちの原因の根源になっている可能性があるのです。

女性は、自分が望む居心地の良い関係性を築くために必要なことがわかっていない。

重ねて自分が欲しい物についても語ったり表明することを恐れているので口に出して言わない。けれども相手が察して、欲しいものが手に入ることを望む傾向にあり、その思惑が男性を混乱させていることがわかっていないのです。

「なんで女性ばかりが男性の気持ちをわかってあげて、気を使わなければならないの?」と不公平に感じている方もいらっしゃるかもしれません。

男性のストライクゾーンは広く、女性のストライクゾーンが狭い、ということに起因します。

女性は男性を選ぶ、ということ。好きな人でないとその気になれない、ということが極端にあるのですが、男性は来るもの拒まず的に受け入れられる度量があるからです。

そして、女性は愛されたい生き物ですが、男性はお世話をされたい生き物。

女性は愛されたいが

リサーチせずに自分の思い込みや想像や臆測でしていることは「彼に尽くしている」とはうけとってもらえず、結果、苛立ちの原因の根源になっている可能性があるのです。

女性は、自分が望む居心地の良い関係性を築くために必要なことがわかっていない。

重ねて自分が欲しい物についても語ったり表明することを恐れているので口に出して言わない。けれども相手が察して、欲しいものが手に入ることを望む傾向にあり、その思惑が男性を混乱させていることがわかっていないのです。

「なんで女性ばかりが男性の気持ちをわかってあげて、気を使わなければならないの?」と不公平に感じている方もいらっしゃるかもしれません。

男性のストライクゾーンは広く、女性のストライクゾーンが狭い、ということに起因します。

女性は男性を選ぶ、ということ。好きな人でないとその気になれない、ということが極端にあるのですが、男性は来るもの拒まず的に受け入れられる度量があるからです。

そして、女性は愛されたい生き物ですが、男性はお世話をされたい生き物。

女性は愛されたいがゆえに、自分が好きになった人を振り向かせて、浮気をされず、横取りされないためにも「尽くす」わけなのです。

女性から好かれた男性は選ばれし者の余裕があり、重ねて仕事にエネルギーを注いで評価されたい生き物でもあるため、仕事で充足感が得られるので、恋愛に充足感を求めない傾向があるわけです。

一方の女性は、仕事での充足感は男性ほどには感じられず、自分が好きになった相手と過ごす時間を何よりも貴重なことと捉え、愛されることを望み、彼が全てとなりがちなわけです。

つまり男女での恋愛に対する情熱の違いがある以上、そして、好きな人でないと恋する気にならない女性だからこそ、自分が好きになった彼を喜ばせなければ、誰かに横取りされる、浮気される、フラれる、リスクがあるわけです。

ゆえに、自分が好きになった人を振り向かせて、浮気をされず、横取りされないためにも「尽くす」わけなのです。

女性から好かれた男性は選ばれし者の余裕があり、重ねて仕事にエネルギーを注いで評価されたい生き物でもあるため、仕事で充足感が得られるので、恋愛に充足感を求めない傾向があるわけです。

一方の女性は、仕事での充足感は男性ほどには感じられず、自分が好きになった相手と過ごす時間を何よりも貴重なことと捉え、愛されることを望み、彼が全てとなりがちなわけです。

つまり男女での恋愛に対する情熱の違いがある以上、そして、好きな人でないと恋する気にならない女性だからこそ、自分が好きになった彼を喜ばせなければ、誰かに横取りされる、浮気される、フラれる、リスクがあるわけです。

つづく・・・

7月に同棲していた彼と別れ、出会いを求めてマッチングアプリに登録しました。そして何人かとお会いしてその中の1人の方に惹かれ、食事やデートをして毎日メールもして、3回目のデートの時にお付き合いすることになりました。ですが、最初は誠実で優しい彼だと思っていたのですが、私と付き合ったからマッチングアプリは辞めると言っていたのですが、ただ私をブロックして他の人とやり取りをしたり、仕事と嘘をつき他の人と会っているのを知りました。私は彼と将来結婚した時のビジョンや色々な話をしていて、信用していたのでショックが大きく、問いたださないままラインをブロックして彼との関係を終わりにしてしまいました。
ブロックした後に、やはり気になって連絡したいと思いながら、1週間半が経ってしまいました。
彼は元々遊びで私をデートに誘ったりしていたのか、本当に付き合う気があったのか彼の本心が知りたいです。
よろしくお願いします。

rin さま

私は既婚者ですが片思いしております。旦那とは以前は旦那の酒飲みの後暴れるなど自分勝手な人で旦那への愛情は全くなかったですが少しずつ良くなってきたので今は特に不満はないです。しかし、その間以前通っていた病院の鍼の先生を半年以上前から好きになってしまいました。通院が終わった今でも一ヶ月に一度は会う機会があり今では時々LINEもしてます。少しずつ距離は縮まってきましたが本当に今まで感じたことのないような思いで、話していてもほっとし、守られているような感覚に陥ります。最近では彼の仕事のことなどでも相談されるようになってきて将来一緒に仕事ができるようになればいいなと淡い思いも抱いております。相手はかなり年下ですがまだ独身です。彼女がいるのかも知りませんが相手の今の気持ち、今後はどのようになっていくかなど知りたいです。よろしくお願いいたします。

彼がお返しをするならば、誕生日プレゼントをもらったからではなく、事前にリサーチし、彼が欲しがっているものをプレゼントし、彼を喜ばそうと頑張る彼女の気持ちに促されるのではないでしょうか。

低予算で無難にとりあえずの誕生日プレゼントでは、無意味になってしまう。

高価なものをプレゼントする方が良いわけでもなく、彼が喜ぶプレゼントを知恵を絞って考えることに意味があるように思うのです。

「彼が喜ぶことを考える」姿勢は「彼に尽くす」ことなのだと思います。

彼が喜ぶかどうかわからない、臆測とか想像でしていることは、いらぬお節介であり、有難みを感じてもらえないことに通じてしまう。

だからこそのコミュニケーションです。

彼が喜ぶことをリサーチするためにはコミュニケーションを深め、普段から彼が何に興味をもっていて、欲しがっているのかと会話の中から探る、あるいは、ストレートに尋ねてもいいわけです。

人間は誰しも、自分の興味あることについて語りたいものです。興味のないことについて話したがらないし会話も広がらないものです。

彼の興味あること好きなことを話題にあげて、彼にしゃべらせて、聞き役に回る流れをつくること、そこから彼の考えや趣味嗜好を理解することで、彼の喜ぶポイントが見えてくるはずです。

普段から彼を理解し、喜ぶポイントがどこにあるのか、と知恵を絞る努力こそが「彼に尽くすこと」なのかもしれません。

つづく・・・

つまり、女性たちは、子供の頃に家の中で垣間見た光景が脳裏をかすめるからではないでしょうか。

父親に抗議したり、意見する母親の姿をです。

一家の大黒柱の父親に意見してみても、一蹴されておわり、まともに取り合ってもらえずに引き下がっていた姿をです。

知らず知らずのうちに無意識に潜在意識に男尊女子の呪縛が息づいているのかもしれません。けれども、両親の世代からは様変わりしていて、女性の権利が浸透してきているはずです。その権利は、相手から授けられるものではなく、自分から主張して勝ち取らなければ行使できないものなのです。

彼に言わずして理解されたり、関係が良好になるものではない、ということ。あるいは、彼が女性の望む居心地の良い関係性をカノジョのために築いてはくれない、ということです。

彼は、自分が望む居心地の良い関係性を築こうとし、女性は自分が望む居心地の良い関係性を彼に築いてもらいたい、察してほしいと考える、そのギャップが恋人関係の争いの原因なのではないかと思うわけです。

「彼に尽くしている」、「彼のことを考えてあわせてきた」、と思う女性は少なくないはずですが、実際は、彼に尽くすことで、彼から愛されたり彼から手厚く扱われることを期待する気持ちであり、自分への見返りから発生している行動だから、「彼からのお返しがないことに落胆し、苛立つ」わけです。

彼からすれば、いらぬお節介で、さほどの事と有難みを感じていない、だから、お返しがないのかもしれません。

つづく・・・