幸せの基準...

子育てをひと段落した世代の奥様の相談の中で、
幸せの基準が、テレビドラマや他者様から見られるが自分が中心となっており、

親ともうまくいかない、夫は頼りにならず情けないとさえ思えて、いっそ
離婚したほうが良いか、かといって、子供たちにべったりするのも好まない。

楽しく生きたいのに出来ない、夫に寄り添い助けるのも嫌気が差してきた。
自分がワガママなのか、正しい答えが見つからない、
そういった事で長く悩む方が意外に多いです。

まずはですね、テレビドラマをお手本にしない事ですね!

ドラマのように家族が分かり合っている幸せとか、やたらと不幸な人生とか、
数週間で解決とか、そんな事はめったに無いから面白いドラマになるんです^^

強く感じているかは別として、見せないだけで、どこのお宅にも人に言えない問題や
リスクを抱えて生活しています。それが普通です。

ドラマのような、イケメンで地位もあり、家庭においても愛と信頼と力強さ責任感を
感じさせてくれる夫など、砂の中のダイヤを探すようなもの、
実際にそんな人がいたら、あっという間に他の女性にさらわれますよ^^

優しければ頼りないとか、頼りがいはあるが自分勝手とか、
まあ、似たり寄ったりの中で、隣の芝生は青く見えているだけです。


そして、親といえども性格が合わない事も多いですから、そんな時は、
適度な距離を保って頼まれた事以外のお節介をしないのが一番、

あれこれ心を砕いて、その結果、自分が傷つくパターン多し、
親様には、腹の立つ気に入らない部分は来世で頑張って貰いましょう!


では、どうすれば良いのか?
自分は自分で幸せになる事です。

親も夫も脇に置いて、好きな事をする事です。
夫の世話? 大人なんですからそんなものは程ほどに、あとは放置しなさい^^

さんざんお世話して来たのですから、自分の事は自分でして貰いましょう!
そのかわり、自分も夫がどうのと依存しない事です。

今の日本はまだまだ男社会ですから、余程の事が無い限り
気に入らない位での離婚は不利です。

ワガママなどでは無いですよ、もうすべき事はちゃとやったのですから、
足腰弱くならないうちに、そして楽しみを継続するために鍛えておく、
今、遊ばずにどうしますか?


ワクワク・ウキウキしているとそれは周囲に波及していきます。

多少散らかっていようとも、買ったお惣菜を並べようとも、
奥さんが家で苦々しているより、元気に笑っている方が家庭の幸せです。
奥さんが艶々して綺麗になって来ると、嫌でも夫様も関心を持ちますからね、

くすぶった夫も自分の合わせ鏡、つまり自分がイライラとくすぶっているからです。
奥さんがイキイキしてくると夫様も変わってきます。

まずは最初の一歩に勇気を持って!
どんな人も、最初は一人で仲間を求める行動に出るのですから!
お仕事でも、コンサートでも、スターの追っかけでも^^

後は、家に戻った時に、夫様に「行かせてくれて有難う!」などと
うまく感謝とねぎらいを述べておくと、
散らかっていても罪悪感を持たないで済みますからね、

幸せで大切なのは「まず自分から」ですよ! ファイト!!

4月より...

若干、冬に戻っていますので寒いですね!
しかし、たとえ最高気温2度でも3月後半になりますと、
雪も残り風がどんなに冷たかろうと、皆、何となく春の装い...

車移動の方など、もう本当に薄着ですものね!
しかし、やせ我慢せず寒い日は堂々と冬のコートで着膨れるオバサンに
なれた事を日々有難く思っております^^


さてさて、来月より大変申し訳ないのですが諸事情ありまして、
ご新規様のセッションから料金改定という事になりました。

何度かセッションを受けられていて、データのあるリピーター様は、
年内は変わりありませんので、申し込みの時にお伝えください。

月末まで空きが少なくなっておりますが、宜しくお願い致します。


お彼岸...

元々の相談は彼氏問題だったのだけれど、
次にはお子さんの事でトラブルがあり、その一件から一息ついて、

一人家路の途中で、ふと停車し車のドアを何気に開けた時、隣を走ってきた車に
開けたドアがわずかに擦ってしまい、しかもその車が霊柩車だっという...
「今さっきの話なんです...」

例の黒塗りのではなく、普通の大きい専用の車だったようですが、
「先生、さっきからなんだか私が線香臭いんですよ...」と、言います。

怖い話っぽいのですが、何も無いと思います。
不安と怖いという思い込みからくる線香臭さなのでしょう。

彼氏とうまくいかない、自分の仕事にもハッキリとは動けずにいる、
子供の問題と、立て続けなので参っているのでしょうね...

でもね、そういう時だからこそ自分を奮い立たせて、判断早く切り回して
いかねばなりません。色んな事をいつまでも引きずりながら...が、
続く問題の発端なのですから、

その時に、ふとご先祖様(守護様)からの忠告(メッセージ)ではないかと
感じました。お子さんは元夫の姓? そうだと言います。

元夫様の方には、もう手を合わせる事など無いでしょう?
「あぁ...そうですね、全く無いです。」

「子供」は、ご先祖様の担当です。
その家(血筋)の最先端にいる大切なものですからね、
縁あった事ですから、DNAとして忘れてはならない事もあるのです。

何かある時は、ご先祖様に守って貰えるよう、道を付けて頂けるよう
お願いするしかありません。

その時には、早く早くと焦らない事、
ゆったりと構えて信じる事も必要になります。

「自分の事ばかりの男」に気を取られている場合じゃないのです。

良い男はラッキーを持っている女性を見つけようとしますからね、
まずは、自分がラッキーを呼び込める、何であろうとそこに幸せを見つけられる
豊かな女性になるのが一番です。

そして、もう「春のお彼岸」、なんですよね...
お彼岸とは、昼と夜が同じ長さになる仏教ではとても大事な時期とされます。

暑さ寒さも彼岸まで...とも言いますが
種まき、収穫など自然に対する感謝と、ご先祖様に感謝する日でも
あります。

S、無理にお墓にまで行かなくても良いので、心をちゃんと向け続けて
お守り頂けるよう祈るのですよ! ついでに自分も守ってねと^^

皆様も、お彼岸は繋がりを感じつつ
ご先祖様に心を向けてみて下さいませね!!

お財布の中...

こんにちは!

突然ですが、皆さんはお財布の中のお金をどのように入れていますか?^^

諭吉さんの頭を上にして入れますか?それとも下にして入れますか?
下にして入れるのは、「出ないように」という意味合いがあるようですが、

お金もエネルギーですので、「貯まる」と「滞る」は違います。
必要な循環は気持ち良く!
つまりお札は頭を上に入れるのが良いそうです。

それと、レシートや領収書がお札と一緒に入っている、
どのお札もバラバラに入っている、お財布が湾曲しているなどはNG、

一万円札の手前に五千円、千円と、万札は奥に鎮座する形をとるのが
良いとされます。

お金に好かれるには、お金とその入れ物をも愛情持って整理整頓して
おくのが大事、お財布の高価さではなく綺麗にしておく事、

お札入れと小銭入れを分ける、
長財布の場合、マチが1cmあるもの(100万円入る)が吉とされます。

一日の終わりや、買い物が多くあった時など、お財布の整理も
忘れないように習慣をつけると良いかもしれません。

お金は色々な場所や、人の手を回ってきますので、
お金に憑いている人の執着や念は避けられません。

なるべくお財布の外色はお好きな物(ラッキーカラー等)でも、内側が濃い色のもの
にすると浄化されます。(黒、紺、濃い茶、等)

新しい門出と春財布(張る財布)
新しく購入でなくても、ちょっとだけ意識してみると良いかもしれませんね!^^


戻りました!

hiraga.jpg

東京は春でした!

昨年末より何かと色々ありまして(話すとなが~くなりますので省略^^;)
皇居近辺のエネルギーが気になっておりました。

なんというか、皇居周りは浄化も強い感じですが、良いも悪いも増幅されるような、
そんな感じが致しますね、やはり東京も場所により感じ方や違いがあります。

そこで!という訳でもなかったのですが、たまたま今回の東京セッションは半蔵門近くのホテル、
電車を降り、近辺を散策していますと、平河天満宮、太田姫稲荷神社を発見、

天満宮ですから、梅がありまして満開!
淡い緑色の鳥が枝を渡っていて、「あっ、梅に鶯!」もとい、あれはメジロですね^^
それにしても、北海道じゃ見られない風流な光景です。

おお~!あれが皇居の半蔵門、などとすっかり観光しておりました^^
ホテルの窓からみる東京の夜景はそれはそれは素晴しいものでしたが、
見下ろしますと、皇居周辺は昼夜問わず、夜中であろうと何であろうと、
まぁ、走ってる、走ってる!

そして、セッションの終わった日の夕方から、ホテルでは何かあったようで、
たくさんの車や例のSPやらいう屈強そうな人達が、ズラーっとロビーに並び、パトカーが巡回し
中継者がどうのこうの...と話しながら歩く人もいて、ものものしい雰囲気、
そういや永田町とかも近いですしね、あらま~東京だわ...と、ドキドキしました^^

東京のセッションは、長いお付き合いのお客様が多いです。
びっくりするほど変化が著しい人、淡々と変わらずに行く人、今も自分探しでもがき中の人も、
それぞれの生き方の中で、仕事を持つ女性として、

うまくいかない部分も抱えながらも、ブレずに強くなっていく経過を、
そして、その変化を感じるたびに、一番最初の何だか消え入りそうだった時代を
思い出します。

いつの間にか皆、元気になって出世したよな~! たいしたものでございます。
私もうれしい限り、冥利につきます^^

今後も、何かあった時に後押しできたら有難い事だと思っています。
今回もありがとうございました!

心配...

明日から東京です!
何とか天候も大丈夫そう、久々にお会いできる皆様、元気かな~?^^


さて、「小心者で不安性で...」と言う方は多いですが、
不安にも何通りかありましてね、

その原因が生まれにある場合、
それは、過去世に大きな災害や、事故に巻き込まれた経験が、
無意識下の記憶にある場合と、

あるいは、その方のお母様が極度の不安性な為、それを見て育ち
後天的に不安性になった(お母さんが大好きで素直に育つとそうなる可能性大)

あとは、幼少期のトラウマや、年齢が上がるほど不安になるなどもありますが、
基本的には上二つの影響が元になっているように感じます。


お子さんへの「心配」という不安相談は、自分の知らない、
自分で経験した事がない事、知らない世界に子供が飛び出して行く事への不安です。
だから見える所に居て欲しい、

自分が想定できる範囲の悩みや出来事はOKなんですが、
理解できない事、自分には想像がつかない世界へ送り出すことなど

不安性でなくとも勇気が居る事ですから、
心配や不安の強いお母さんには、いかばかりか...と思います。

結果、羽ばたきたい子供の想いにアレコレ理由を付けては、次々と反論する事に...
その場合、長い親子関係の対立へと進むか、親が折れるか、子が折れるか、


ところがですね、笑ってしまうのは、あれはダメ、これもダメと言いながら、
めっちゃ「世界に羽ばたけ!」みたいな名前を付けていたりするんですよ、これがまた^^

姓名判断ではないですが、名前の漢字の構成を見ますとね、何を目指して
生きていくのかが分かります。

神様は子供が生まれると、その子の名前を、ピン!これにしよう!
というインスピレーションを親にくれるのです。そして殆どの場合、
それは間違えていません。


時折、子供さんの名前の漢字にはコレコレこういう意味があるのですよ!
というお話をすると「夫がどうしてもコレにすると言って聞かなかったのです。」

ですが、偶然にもお母様にだけ分かる、反対しているがお子さんの行きたい方面を
彷彿とさせるものだったりして...

「生まれた時から、与えられているんですね...。そうです!すべてを遮って
反対しているのは、私が不安だからです!」と、言う事に...

ただお子さんの「あの時やらなかった」という後悔に親は責任が持てるでしょうか、
反対されてやらなかったお前の気持ちが弱い、と言った所で、
抑え付けているだけですしね、

何を幸せとするかなんて、親子と言えど違いますし、
子供の方が、親よりも少しだけ高い魂が生まれてきてチャレンジを始めるわけです。
自分の枠で考えずに、失敗も学びという懐の広さも必要かなと思います。

「今、やらなければ駄目になるんです!!」という訴えもありますが、
駄目になるなら、それは淘汰され、本来の自分の道が待っているのです。
いつまでも同じではなく、親の期待通りに行くはずもなく...
が、受け入れにくい事でしょうね、

不安だからダメなんて事じゃないです。
しかし、どんなに心配した所で親にできる事って、それほど多くはないです。

できるならば、どんな場所でも状況でも、そこから少しでも楽しみを見つけられる人物に
育てられると良いですね!

まずは、自分から...で、ございます^^


雛祭り...

2017030311250001.jpg

今日は「ひな祭り」ですね...

おんなの子の健やかな成長を祝い、宮中の結婚式を模しておますので、

お嫁入りへの憧れと幸せ、子孫繁栄を祈り、

だからこそ早く片つけないと嫁に行けなくなるという忌まわしい言い伝えもあり^^;

しかし、実は昔は今のような医療が無かったわけですから、子供の病は命を落とす

場合も多く、親の気持ちは、今も昔も変わりはしません。

その為に、何かどうしてもの場合にお雛様に身代わりになってくれるようお祈りしたもの、

だそうです。

ひな祭りは無事のお祝いと、お雛様をもてなし感謝する、そんな意味合いも

あったのかも知れませんね...。

以前に、先生をしていた知り合いが居ましてね、まだ独身だったものですから、

毎年ひな祭りになると、お母様から 「場所は取るし、娘は嫁には行かない、

焦って片付けなければならないし、もういいかげんにして!!」 と、

愚痴を言われ続ける三月三日の辛さ...を嘆いておりましたっけ^^

お雛様を出すのは立春あたりが良く、しまうのは(啓蟄)の頃、

今年は3月5日までが良いみたいです。

気になる方は、日曜日までには片付けましょう!^^

ゆとり...

もう梅などが咲いているお写真を見かけますが、
札幌の梅は5月中旬でしょうか、まだまだです^^;

しかし今年の札幌は雪が少ないみたい、
さらに今日は7度位になるらしく、おお...!!!!!
と、驚嘆するのが北国の楽しみです^^

さて、入社、転職、移動の季節となりまして、
移動の辞令が出たものの、そこは不満やりきれない場所と前任者から聞く、
どうしよう!と、涙ながらに「不安です...。」という訴えも多く、

まあ、そうですよね...
しかし、前任者の言う事を全部まるっと受け取る必要もなく、
人により空気感って変るものですからね!

しかし、どうしても「ちゃんとやらなきゃ!」「期待されているのだから!」
「見られて評価されるのだから!」と、自分を追い込む人も多く、

「新人さんに誰も初めから期待などしませんて!!」 と、言ったところで
自意識過剰なのは分かっているが、やめられない^^

どんな場合でもですね、100パーセント一生懸命に必死に頑張らなければならないと
思い込んでいるとキツクなりますが、そんな事を本気でやっていると
自分が溢れてしまって、当然、体かメンタルを壊してしまいます。

そうなりますと「自己管理が出来ていない」という評価が下り、
今、不安に思って妄想している事が現実化していく事になりますので、

一番良いのは、自分を80パーセントにしておく事、
20パーセントの緩み、遊びをつけておく事です。
ただし20パーセント仕事の手を抜け、という事ではありません^^

20パーセントの心のゆとり、あるいはゆとりの時間を持つことです。
そのゆとりで意識して早く寝ても良いですし、ゲームで遊んでも、
友達とのおしゃべりでもでも、仕事前後の一人カフェでも良し、
何をしても良いので、自分に戻る時間です。

ちなみに私などは、本に没頭しますね、
何にも考えずに面白い本にのめり込みます。
あぁ...!続きが読みたい!!と悶絶しつつ、また明日!というのがGOOD^^

ですから一日の時間の使い分けは必要ですけれどね!
余裕がないところ(自分)に、うまくいく事もないわけで...

恋愛も仕事も人間関係も、ゆとり無く常に一杯一杯では
魅力的には映りません。

少しの余裕があると点ではなく全体が見えます。
失敗しても、改善点が見えてきます。
ゆとりがあると不思議と「流れ」ができてきます。

完璧、潔壁、正義感強し!の方は、なにせ女性に多いです^^
「ゆとり」を、自らの為に日々、
作り出すのも「デキル女」の、ひとつの条件だと思いますよ!!

春に備えて、ご一緒に意識してみましょうね~^^

いろいろな相談の中で、
「人からどう見られているかが気になって仕方ない...」

というのも基本的にある相談ではありますが、最近また少し多くなってきたようです。
もうすぐ春だからでしょうか...

これが男女ですとね、いろいろありますが、

普通の人間関係でも人目が気になるのは誰でも多少はあると思いますが
不安で...という場合も、病的に...という場合もあります。

いつも言うのですが、人は自分が思うほど他人様の事など気にしてはおりません。
なぜなら世の中には、何であろうとも自分が中心にある人が4割、他人様も考慮に
入れる人が4割、その他が2割の構成で出来ております。

その生まれ年によっても、その別がありますので、
学校などでは荒れる学年と、大人しい学年が出来るわけですね^^

多分ですね、荒れた学年にいた方は自分を守るすべが一番になるでしょうし、
大人しい学年は、なんとなく「和」を尊ぶようになります。
そして、その中でさえもまた 4:4:2が出来てきます。

人の色々な事情や噂は、聞きたくなくとも入る事はありますが、
4割は、ふ~んと聞いても最終的には他人事ですので、どうでも良いかすぐに忘れる人たちです。
なにしろ、自分の問題が最優先で常にそこにだけに着目してるからです。

そして、くだらない噂に怒りや気の毒さを感じつつも、自分も同じ目に
あう心配もする4割の人、

そして、あとの2割が真に受けたり、流す人だったり、はっきりと浮世離れした人?
なのであります。

つまり8割の人は他人様が何をしようと、どうであろうと、実際どうでも良いのです。
だから噂話も45日って言いますよね、

しかし、周囲の人々がすべて忘れたとしても、当人だけが拘ります。
真っ暗な所に突き落とされて元に戻れなくなり、トラウマとなる...

どこから見ても普通で取り立てて人目を気にするような事は無かろうという人ほど、
ごく小さな事を気にします。プライドの高い人や人生経験が浅い人ほどそうなる傾向があります。

何を言われようとへーきな人は、周りの人もすぐに忘れますし、
お互いの多少の違いなど次第に受け入れてくれるようになります。

どう思われようと自分は自分ですからね!
100パーセント人に好かれることもありませんが、底まで嫌われる事も無いのが現実です。

気になって不安で仕方ないのは、自分が嫌われている?事に、哀れな事に
耐えられなく許せないのですね、つまりは、自分が大好きなのです。

人目が気になるではなく、自分を見すぎて過剰になっている、です。
自信が無い、というのも似た所がありますですね...。

占い相談でも、どこから見ても特別な事はなく普通ですよ!
という結果だとしても「そんなはずは無い、私は嫌われています!」
と、信じて疑わない人もおります。

う~ん、嫌われている方が安心なのかな?と、思うこともあり^^;
自分に拘るより、もっと目の前のやるべき事があるんじゃないかな?

マイナスな悩みは運気を落とすのは間違いないので、
誰に何と思われようと、淡々と好きな事をして輝いていれば周囲がやがて
認めてくれます。新しい仲間が出来ます。

カッコ良くより、駄目な所も自分で認めてオープンな方が好かれます。
そこが低い人間関係と感じた時は卒業と羽ばたきの合図です。

同じ所で拘らない、過去など終わっているのですから、
未来を見つめていきましょう!未来は「今」の継続ですからね!

「今」がマイナスならマイナスのまま、
「今」をプラスにすればプラスの未来なのですから!^^

二冊の本...

少し前に、ア△ゾンで購入した本と、

たまたま行った本屋さんで、たまたま手に取り、何となく購入した本、

内容も、著者の性別も、書かれた時代もまったく別々なのですが、

何となく二冊を平行して読んでいましたら、不思議な事に気がつきました。

こっちの本で、あくまで(私的な)、変な疑問が生じる...

すると、もう一冊の本が、その疑問についての答えてくれている箇所がある、

あるいは理解深まる様な説明があり、 

逆に、こちらの本の疑問に、そちらの本が答える...みたいな、

Question and answer? ^^;

おそらく普通は思わないであろう疑問なのに、なにげに丁寧なお答えが続く、

不思議な二冊の本、さすがにこういう事は今までにありませんでした。

これも一種の珍しいシンクロだわよね...と、感じ、、

何かしらのシグナル? とも 勝手に思ったりもしましたが、

人?本?を煩わせずに 「いい加減、解れ!!」

と、 怒られている様な気もした次第でありました^^;