夏も終わり...

お盆休みは、実家から更に奥地の電波の届かない田舎におりまして...
メールのお返事が遅くなりました皆様、ごめんなさいです。

帰省しましたら、ありえないほど寒い(==;)
皆、厚手のパーカーなどを着込んでおりまして、

慌てて上着を購入する始末、自分の故郷なのに甘く見ておりました。

家々では案の定、昼間なのに軽く電気ストーブを点けており、
「・・・・・・」夜になると車の窓が寒気で曇る、
すっかり冷えた体に温泉の有難さが身にしみました。

って、
まだ 8月だよ~~!と叫びたくなりますが、
今年は夏の去るのが早いみたいですね、

札幌も枯葉がチラホラ、そして今日は秋刀魚を食べました。秋だわ~

さて、帰ってきたばかりなのですが、今週末からご案内しておりました、
光輝先生の講演会、2級講座とありますので、そちらに行っておりますので、
土、日、月とセッションはお休みとなります。

陰陽学は元々興味がありまして、
陰陽学も量子力学の量子の世界と同様であったりするようです。

それは奥が深くてもう宇宙だと思います。が、私たちの日々の生活にも
寄り添うものでもあり興味が尽きません。

それは成功法則にもつながって来ますので、光輝先生の講演会、各講座には、
占いがどうのという事でなく 男女経営者、事業主、重役やリーダー、
スポーツ関係(オリンピックコーチ等)というような方が多く受けておりました。

私もこの2級までの講座は開催出来ますので、いずれ講座に入る予定です。
(たぶん来年かな?^^;)

そして、私のセッションは、現在は女性のみに限定させて頂いているのですが、
近々(いつか決めていない^^;)男性の方も解禁に致します。

今後は御縁鑑定という新たな部分も加わってきますので、
私の占いセッションも基本は変わりませんが、少し変化が出て参ります。
(それは確か^^)

乞うご期待を!!...というほどでもないか^^;

たまたま...

IMG_1084.jpg

先日、たまたま「羽海野チカの世界展」を見てきました。 
昔ハチクロ、今は「3月のライオン」好きです^^

以前に東京で原画展を見た事があったのですが、今回はまた細かい
展示物ものがたくさんあり、

何というか...天才が努力しているっていうか、漫画の内容も深いと思いますが、
一枚の原稿を仕上げる画用紙前段階での、積み上げる過程、羽海野先生的に
「なめらかになるまで...」らしいのですが、

小さめのノートにダダッと書いたものの中から気に入った台詞や絵を切り取り、貼り付け、
更にまた同じ工程を何度も重ね、重ね...、
きっとその時こそ漫画の神様が降りてきている時なのでしょう。

読めば引き込まれてぺラッと進んでしまう1ページ、
されど、その1ページへの想いが重いです。すごい!

可愛いのもさる事ながら、プロのデッサン力の上の絵は、背景も含めて物語ってきます。
男子はめっちゃかっこ良くて、漫画だけれど惚れてしまいます^^
どうやったらあんな絵が描けるのか...

結構混んでおりましたしね、やはり、際立っております。
際立ったものを見たり聞いたりさせて頂けるのは、本当に心の栄養になります。

心は栄養過多でも肥満にならないから!!
皆様も好きなものを見聞きして、自分を喜ばせてあげて下さいませね~!^^


17617603.jpeg

こんにちわ!
気温は高いのですが、朝夕の風は涼しいを越して硬さを感じるようになり、
秋が着実に歩み寄っていると感じる今日この頃です。

ですが、夏はピチピチした恋愛の季節、海にキャンプに花火!遊びの中での発展多し、
しかし、最近の恋愛相談で良く聞くお話は、

最終的に「なかなか人を好きになれない自分」というお話...
この頃は特に多いですね、

いろいろ理由はあると思いますけれどね、
無意識の理想が高すぎるとか、慎重すぎるとか、隠れた不安がある等、

好きな人とはうまくいかず、好きではない人からはアプローチがあり、
好きだと言われた瞬間から、興味を失い冷たい態度をとる自分、

恋愛に悩むお話に共通してくるのは、
恋愛したいのか?結婚したいのか? そこがごっちゃになっているかもと、思う事も多く...
好きな人と大恋愛して結婚したいのは良くわかります。
が、周囲に独身男性が余るほど居れば良いのですが、

ある程度の年齢になれば、そこはちょっと分けて考えたほうが良いかもです。
ルックスやら肩書きやら、女性がひと目惚れするような相手はまず少ないですから、

逆に相手は常に選びたい放題、将来にも浮気というリスクができます。
自分がハタチで抜群の美しさ、知性、家柄があれば別ですが...

このタイプは恋愛と割り切るべし!
つまり、黙っていても惹かれてしまうオーラタイプ、
皆が好きになっちゃう人気者タイプ、極端にマメなタイプ、

結婚は「安定」と「安心」「未来」ですからね、
相手の能力が高くても感情面で合わないものは将来も苦しくなります。

そこそこの信頼、責任、ちょっとしたユーモア、何より同じものを観て
感動できるかどうか、金銭感覚の共通性が大事かな!

とにかく貯めたい!という共通の目標があれば、そこで一致しますし、
たとえば、年に一度や二度、海外旅行に行くご家族が多少性格が合わなくとも
仲が悪いと思いますか?

これから結婚を考える人は、長い目で見た場合、何が大切なのかを何となくではなく、
自分に合う必要な事柄をちゃんと考えるべし! そして自分がその為の行動開始する事、

許容、柔軟性、歩み寄れる心の大きさ、自分がある事が、本当の女性の魅力であり
実際に求められるものです。
望む相手にだけ(寛大さ)を求めるではなく、自分が努力すべき所を見つめること、

気づいてやってみる、やってみる自分を好きになれれば、ちゃんと人の良さを好きになれます。
「なかなか好きになれない」ではなく「好きになれない自分」が実は先に在るのですから...

それでも駄目な人は理想が別の世界にあるのかも!^^

昔の人は顔を一度も見た事のない人と結婚しても、十分幸せに暮らしてきたのです。
少し見つめてみましょうね!

気付く事...

image.jpg 
東京大神宮

こんにちは!
相談で、お話をしていますとね、
「そんな事をしても、意味がない」「意味のない事ばかりしてきた」等々と
いう事を聞くことが多くありますが、

「意味がない」なんて事は無いのですよ^^
すべては「経験」という生きる為の「糧」となります。

ぜんぜん関係の無い経験が、後で役に立つ事が多々あるというより、
その時の為に経験、体験させて頂いていた、用意されていた、
気付かされていた、という感じでしょうか、

嫌な事も、つらい事も、努力せねばならぬ事も、
その時に分からなくても、実は未来から来るのかもしれません。

嫌だからといって全部排除してしまうより、
受け入れて、何気なく気付いた事は未来の自分を救うかもしれない!
ある部分において今、過去の自分に救われているのかもしれません。

気付くの「気」は→「氣」 本来は〆るではなく米と書きます。
それは八方にエネルギーの光が広がるという意味、(レイキも霊氣と書きます)

お米一粒の気付きは、そこから大きな広がりや、更なる気付きに繋がり、
結果、人生を変える事になるかもしれません。

日々、あなたが何気なくやっている事、何気なく考えている事も
自分の未来へのお米の一粒なのかもしれませんよ、

幸せの一粒にしたいですよね~!!
その幸せの一粒を壊してしまわぬよう、今月もがんばりましょう^^

歩きスマホ...

042.jpg

なんだか、お久しぶりでした^^;
バタバタとしておりました。

そして、気付くと8月じゃありませんか!!
皆様、お元気でしたか?

そういえばですね、
先日、とある駅付近で、信号が変わるのを待っていたのですが、

反対側の正面に一人の女性が同じように信号待ちをしていました。
スラッとしたスレンダーな人で、どうやら歩きスマホらしく、

下を向いている為に、肩より少し長い茶色の髪が全部、前にかかり
正面からみると完全な「さ○こ」状態。。。本当にまったく顔が見えない、

あらら...暑いのにねェ、と、何となく気になり見ていたのですが、
そのうちにどんどん人が溜まり、
ようやく、信号が変わり人が移動し始めました。

そして、その茶髪の女性とすれ違った時、
ぁぁあああア? うそ~!(心の声)

間違いなくその人で、着ている物も、歩きスマホも同じなのですが、
その人は大きなメガネを掛けていて、なんと、小柄でどう見てもスレンダーでは
ありませんでした。

まるで人が入れ替わったような(どこで?)マジックか?
狐につままれたのか、暑さの幻想だったのか...

ほんの1.2分の出来事でした。

が、

たぶん、憑依なのでしょうね、
歩きスマホで怪我をしたり、事故に遭遇する時って、

スマホに夢中で魂が抜けていて、別な何かに憑依されている、
そういう事なんだなぁ...と、理解しました。


最近、多いですしね、
皆様も、注意して下さいませね!!


ここ最近...

今年は暑いですね~!
先日、出張ついでセッションにいらした方が
「東京より暑いです...」と、言っておられました。

まあ、何とかまだ朝夕は涼しいですからね、
熱中症にならないように、夏を楽しみましょう^^


さてさて、
少し前、帰りが遅くなってしまった夜中の事、
車から降りて歩いていると、
通りがかりの公園のベンチに光が見えて、誰かいる?

どうやらスマホの光みたい、中学か高校生位の女の子がベンチに腰掛けて
電話かメールでもしているのか...こんな時間なのに?
家ではしにくい会話でもあるのかな?

ちょうど、その後ろを通りかかった時に、なにげに見たのですが、
あれ?...(ベンチといっても背もたれのないものだったので)

暗いけれど、見えたんです。
夜中といえどこの暑いのに、黒い冬物のオーバーコートを着ていました。
スマホの光だけが妙に明るい。

おいおい、何か変...あ、どうしよう、声掛けるわけにもいかないし...

そういえば、最近は携帯に電話してくるとか、メールしてくるタイプ
の霊も居るみたいだし^^; 

そうね、たまたま寒かったのかもしれないし(なわけない)
見なかった事にしよう!! と、そそくさと家に帰りました。


そして、あくる日の事、

自部屋の仕事用の電話の下に、電話に付けてある魔除けの勾玉のパワーストーンが
下に落ちているので、あれ?っと見てみると 

電話線に付けてあるのですが、
出雲に行った時に「石を求めよ」という声を聴いて購入してきた
深いモスグリーンのヒスイの小さな勾玉ストラップ、
電話に入る霊的なものから守ってくれている大切なものです。

その石を通してある紐がぷっつりと切れて石が落ちていたのでした。
とりあえず、別の紐で付け直したのですが、

その後、急に印刷機能の調子が悪くなり、パソコンからデータ送れず、
コピーもダメ、(電話と印刷の一体型を使っています)

何とか電話は大丈夫なのですが、どうにもならず、
ついに買い替えしか無いようです。

紐が切れたのは「電話機が壊れているよ!」という
メッセージだったのか、あるいはオーバーコートの女の子の件が
関係あるのかはわかりませんが、

もしかすると、まずかったかもしれない
ここ最近の「怪」で ありました。

守られている事に、感謝、感謝...


生きているという事は、皆様もちゃんと守られています。
自分を大切に扱い、目に見えるものだけでは無いを事も知り

困った時の神頼みだけでなく^^;
折に付け感謝できれば、きっとご先祖様も、守っていてくれている方々も
喜んでくれるのではないでしょうか!

そういえば、そんな季節でもありますね、
今年も皆様の「怪」をお待ちしております^^


巡礼の旅...

こんにちは!
なぜか、ここ数日いきなり暑くなりました~、身体がついてゆかぬ!(==;)

今日は雨!の予報でしたが、今日は降らない、降ったら降っただ!と、開き直り...
洗濯物を干しておきましたら、なんとか雨は降らずに、ちゃんと干せていました。 
良かったぁ~!^^

そして、昨日はですね、お知り合いが、スペインの「カミーノ巡礼」から帰ってきたので
お話を聞いてきました。

本来は、フランスからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラの大聖堂を目指して
歩くものらしく...私のお知り合いはスペインの途中から歩くコースだったらしいですが

それでも350キロ以上(大体、東京から名古屋まで位だそう...)を
3週間位かけて歩く旅の予定、

炎天下というか情熱のスペインですよ、最高気温は42度位までになったそうですが、
湿度が低い為、暑さこそはそれほど感じ無かったらしいのですが、

肩に食い込む重い荷物を背負い、歩き続ける事は精神的にも極限に
近くなるそうで...

その道は「人生の縮図」とも呼ばれるそうですが、
要所要所に大きな立派なゴミ箱が設置されているそうです。

要は、誰もが「捨てる」旅になるのだそうです。
念の為、予備の為に持ってきたものなど、最低限の必要物以外、全部捨て、

終いには家の鍵も、帰ればマスターキーがあるじゃないか、「捨てよう!」とさえ
思ったそうな... その荷の重さは自分の内部の捨てきれていない物の重さでもあるそうです。

歩くスピードや、他の何もかもに、自分の生きる癖のようなもの、
なぜそこで(過去)息を抜くが出来なかったのか、なぜ、人に合わせてばかりいたのか...、
を、嫌でも見せられるのだそう、そして自分の歩みに跳ね返る...。

世界中から人が集まってくる、それもほとんど失業者ばかりだったそうで、
確かにその知り合いの彼女も、もちろん失業者^^;

言葉は、片言の英語と身振り手振りで、結構伝わるのだそう^^
その巡礼の道の上(空)には、銀河が流れていて心身が浄化される、というものらしく、
黙々と歩きながら何かしらの奇跡を感じるのだそうです。

目的地に着いたら感動すると思っていたのに、聖堂が見えてきた時に思ったのは、
「ようやく荷物を降ろせる、座れる...なんとか帰れる...」だったそうな^^

帰りの飛行機に間に合うように歩かねばならぬ、
巡礼者は多くいるので、専用の宿泊所?争いでもあるそうで、
早く宿泊地に着いたもの勝ち、無ければ夜中も歩いて次の宿泊所へ向かわねば
ならぬそう...。

ちゃんとしたホテルではありませんし、外国ですし、ベットに(床シラミ)防止の
ビニールシートを敷いてシュラフを敷いて、いろいろ工夫して寝るらしく^^;

聞いてる分には良いですが、私などには、絶対無理なバックパッカー旅、
が、そんな苦行も、やはりその地に縁のある者、呼ばれる者、その聖なる波長に
合う者しか行けない、そんなものなのかもしれません。

それでも、また必ず行きたいらしく、お金を貯める為に、
「就活を真剣にがんばる!」と、言っておりました。
すっかり苦行に魅せられた女性がここに一人誕生^^;

旅の影響で足の親指にトラブル発生、包帯でサンダルしか履けない状態、
爪が生え変わるまでは月単位、
「おや?そのサンダルでスーツ着て面接に行くのかい?^^」

でも、目的を持つ事は、やはりすばらしい事ですね!
「自分が変わったと思う?」「何が、とは分からないけれど、変わったと思う」
と、言っておりました。

息詰まった時、どんな形であれ考えるより、好きな方向へ動いてみる事、
そこに、必要な答えと道は開けているものです。

茶道の懐紙を持って行き、「ジャパニーズ、ハッピーアイテム!」的な事を言って
お世話になった人に「折鶴」をプレゼントすると、目を丸くして、
ものすごく喜ばれたそうです。

熊野古道とも提携しているらしく、興味のある人は、
調べてみると良いかもですね^^

「巡礼の旅...」良い響きですね、
ええ、私は迷わずバスか車で移動します(笑)


震える小鳥

あらら、気が付くと7月...雨上がりには夏の匂いがしていますね!


そういえば先日、面白い話を聞きました。
不動産関係で、「事故物件」というのがありますよね、

それでも、欲しい場所でお安いなら、そんな事は一切関係なく探している人も
世の中には居るそうで...

その手の条件に合った売却依頼物件があった為、お仕事で調査に出かけたのだそう、
着いてみると、そこは家自体が斜めに傾いていて、入ると、もちろん床も傾いていて、
家中に何とも禍々しい、淀んだ空気が漂っていたそう...


土台などを調べるために、地下やその他を見て良いか?とういう問いに
家主は見ても良いが、やはりと困る...という分からない話で、しばらく折り合わず、
(なぜだか、地下にはカーペットらしきものが、ベッタリと接着剤で貼り付け
られていた模様。。。)

そのうちに担当者さんが、冷たい位に冷静かつキッパリと言ったのだそうです。
「こちらも依頼されてチームを組んで来ていますので、このような状態で時間を取られると
仕事も何も出来ません。今回は引き上げさせて頂きます。」

紹介者さんの「こちらのお宅も心情的に色々たいへんなのですから...」との話も
ほぼ聞かずに、失礼致します!と、ダダダッと引き上げ命令を出し、

帰りの車中で、「本当にそれで良いのか?」というチーム内の声に、

「だって...、だって皆だって嫌でしょう? あの空気の中で、写真とかいっぱい
撮っちゃって、何が写ってるか分からないじゃないですかぁ!!
掘り返したり、あっちこっち開いて、何か出てきたらどうするんですかぁ!」


^^;^^;^^; あっ、そっち?


あの「沈着冷静」さは、実はめっちゃ怖いの裏返し...だったらしい、
しかし写真を撮れば、絶対に何か写っているだろう確信が全員にあったらしく、
会社に着くと、全員一斉に塩を撒いたそうな...

何かある家、何かが起きる家って、ああいう空気なんだ、
って、じっくり分かったのですって...

まあ、世の中、いろいろありますですね、

世の男性は、占いなども「嫌い」という人は多く、
それは、やっぱり怖いからなのでしょう^^

表面は難しい顔をしていながら、内心は震える小鳥状態、
そんな感じで見ると、ちと可笑しくなりますですね^^

IMG_0801.jpg

写真はポプラではありませんが、私の大好きなお散歩コースです。


何日か前からポプラの胞子というか綿毛の放出マックスの時期のようで、
一昨日あたりは 柔らかい風に乗ってまるで雪のように空から降ってくる、降ってくる!
帽子か傘が欲しいほどでした...。

対面相談のクライアントさんも、鼻水が...という感じ^^;
冬は雪で、夏は植物、秋は雪虫と、まあいろんなものが飛んでおりますが、

しかし、それは目に見えるものですから まだ分かりやすいですが、
実際には電波やら、人の念やら、感情やらも見えないながら空気中を飛んでおります。

職場のドアを開けた瞬間、あるいは家であっても、いつもと違うギクシャクした
嫌な空気感を感じたり、空気がピーンと張り詰めていたり...という
経験は誰にもあると思います。

人でも動物でも、それを感じる生き物ですが、
どうやら、それは植物も感じるものらしいのです。

以前に読んだ話で、殺人のあった部屋でそこにあった観葉植物に、電気反応が
わかる機械を取り付けたところ、犯人が部屋に入って来た瞬間に
針が振り切れるほどの反応を示したのだそう...

そして、大きな木から若い枝を切り苗木として、大きな母木の
横に植えると、母木は、そこには根を伸ばさずに苗木が根を伸ばせるようにスペースを
空けるのだそうです。

地表面にある、私たちの見る木のは、その約3倍位の根の大きさがあり、
地下で植物や菌同士のネットワーク、コミュニケーションが取られているのでは?と
今、研究が進んでいるようです。

森や大きな木がたくさんある所では、見えない地下での話し合いがされていて、
「今日は良い日和だから、私、思い切って子供たちを旅立たせるわ!」
「え!じゃあ私も!子供たちも一緒の方が心強いわね!」

なーんて、ポプラ会話がなされているかはわかりませんが^^;
そんな事を想像してしまいます^^

そういえば、古い神社には御神木というのがありますが、
トトロにもそんなシーンがありましたね!

地下の木々や植物のネットワークに守られて、その上で私たちの暮らしが
あるのかもしれません。

いつもの散歩コースで 木々に話しかけてる、おばさんを見かけたら
私かもしれません^^

拗ねる...

うまくいくはずの恋愛を壊してしまう時...

やはり結婚への焦りから、相手の答えを引き出したくて、
無意識にやり過ぎてしまう事です。

たとえば、自分の職場の人間関係の悩みを彼氏に訴え、
機嫌悪く拗ねたり、泣きわめいたりして、不安定な自分を
支えてくれるのが愛、その愛を試してみたり...

こうして欲しいと言わずに、(勝手に)~してくれない、
気付いてくれないと不機嫌になる、

仕事には冷静で責任感もあり、自立した大人の女性のはずが、
恋愛でコントロールを失ってしまう。


何より自分を大事にして欲しい、愛して欲しいが強くなるのは
相手に肉親的愛情を求めている時です。
でも、それでは過剰に愛を求めすぎてバランスを崩してしまいます。

拗ねるって、手のかかる幼さと書きますが、彼氏とて、それほど
大人じゃありません。目の前にある事(仕事)で、手いっぱい、

流れが滞り、効率の悪い感情をぶつけられると、
できれば、何も考えずに進むしかない厳しい世の中で働き続けなければ
ならない修行中の男性にとっては、愛情の在る無しではなく、
生きる躓きになってしまいます。


男性も、女性も、どんな人が好き?と聞くと
皆、優しい人と答えます。

では、「優しさ」とは何でしょうか、
相手に何かをしてくれる(あげる)事ですか? 自己満足させてくれる事でしょうか、
返してくれなければイライラすることですか?

さてさて...
たぶんね、優しさって、心に余裕があって、ある意味の上から目線で
人の心に気付く事のできる状態です。優しい人は心が大きく広い(許してくれる)
という認識がありますので、甘えてしまう事が問題の元、

恋愛相談で思うのは、自分も言うべき事を言わないから、相手も言わない...
見えるべきものが見えず、余裕を無くし考え込むパターンが多いです。
そこに求める優しさは失われ...

恋愛に、お見合い的スピードは求めにくいのですが、
当たり前に求めてしまい、壊れるパターン多し...

ギクシャクも一回位なら、お互いに反省もできますが、
何度もやってしまうと、衰弱した恋愛は戻っても悪縁にしかならず、

心を学んで出直しておいで!という神様の声を聞くのも必要かなと
思います。