元彼...

めっきり秋も深くなり、
先日、ついにサロンでも暖房を点けました。

さて、ここ最近 特に多い恋愛相談といえば、この二人のどちらが良いのか、
というお悩みです。

大体が、元彼と新しい人というパターンでしょうか、
この「元彼」というのがくせ者でしてね、
これに泣かされる女子の多い事...

この元彼から完全卒業できなくて、ズルズルしてしまうのですね、
結婚を焦る場合ほどそうなる傾向があり、

たとえば、新しい恋愛の相談相手が元彼だったり、
ようやく忘れた頃に、また近づいてくる元彼

仲良く未来を考えた事のある相手です。
たとえお別れしても良い所しか覚えておらず、
まったく新しい関係を築くより、戻りたい気持ちが高まります。

当然ですよね...
しかし、よく考えてみてください。
なぜ、お別れになったのか?その理由を深くじっくりと、

何とかなる理由ならばお別れにはならなかったはず、
もしお別れしてその必要さに気付いたなら、とっくに復活しているでしょうし、

先を決めない、その時だけの無責任復活したい元彼にほだされたのなら、
それは自分も泥沼覚悟の上での事となります。

男ってね、(女子もですが^^;)新しい相手がいても、寂しく落ち込んだり、
自信を失いかけたりすると、

気分を変えてくれる相手、安心できる相手(それも新より古の方が手間もお金も
かからず、心大きく気も合うので楽)に、ふら~っと行く事があるのです。

そして、美味しそうな言葉を並べられ、(言葉を悪くすればナメられている)
おかしい...と、思いつつ分かっていても期待してしまうのが女心、


悩む理由は、新しい彼ではなく元彼なのです。
気持ちは、元彼8、新彼1~2 はっきりと気持ちの濃さが違います。
新しい彼と進んでみても、間違いなく、また小さな何かあれば
元彼に相談するでしょう...。

第3の選択!、どちらも綺麗に消して、新しい相手を探しなさい、と
アドバイスする事が多かったです。幸せに近づけない理由は分かりますよね、
元彼に依存する「自分の心」なのです。

皆、幸せになりたい、信頼できるパートナーが欲しいと心から願っています。
しかし、自分が心にいつまでも元彼を置いてそれができるでしょうか?
ドラマのようにそれらをスパッと消してくれるような相手など居ないからこそ、
物語なんです。

元彼が深く心にある人こそ、理由はどうあれ自分がお別れを決めたのであれば、
何があっても辛くとも最低10年は連絡等は取らない、と、心に決めねばね、

お別れしても、それっぽい言葉を掛けて来る男は、どんな立派な肩書きが
あろうとも、「その程度」、「それ如き」の男、
相手の気持ちや幸せも考えられない、自分のみの相手なのです。

魅力的な女性ほど、そんな元彼の悩みから新しい縁が見つけられずに
自分を非難し、完全否定して真っ暗闇に落ち込み、
更に幸運を引き寄せられないでいます。

自分にも相手にも寛大になる所、閉めるべき所と、締めるべきところ、
それが今の自分に与えられた愛情の課題...ではないでしょうか、

そして、ネガティブに囚われない様、何があろうと優しく微笑んで居るところに
福の神、縁の神がやってくる事でしょう。

運が悪い...

お坊様ブログからの頂き物です。


「運が悪い」


ある日、お釈迦様の所に、運が悪いと嘆く男が相談にやってきました。


お釈迦様は、「何があったか知らないが
仏の教えに〔運が良い〕とか〔悪い〕というものはないすべて《縁》
によって生じるのだ」

と言われ、次のようなたとえ話をします。
或る家に、光輝く美しい女性の旅人が訪ねて来た

家の主人が「何の御用か?」と尋ねると女は「私は《福の神》と申します。
どうか一晩だけ泊めてください」と言った。

主人は快く迎え入れ、手厚くもてなした。
しばらくすると、又ひとりの女性の旅人が訪ねて来た。

彼女は自分を《貧乏神》だと名乗りやはり一晩泊めて欲しいと言ったのだった。

それを聞いて主人は
「今日は大切なお客様が来て下さっているのだお前なんか泊めるわけにはいかない。
帰ってくれ!」と言って、戸をあわてて閉めた


すると戸の外から、女の笑い声が聞こえてきた。
「オホホホッ、あなたはなんておバカさんなんでしょう。

その大切なお客さんというのは、私の姉の《福の神》でしょう。


姉があなたの家に向かったので私もあなたの所にやって来たのですよ。
私達〔姉妹〕は常に一緒に行動しているのです。

私を追い出せば、姉もいなくなりますよ」と言った。

まさか!と思って主人があわてて奥の部屋を開けてみると
すでに《福の神》は消えていた。

お釈迦さまはこのお話をされた後、
目の前の男に次のような話をされました。

『生があれば死があり幸いがあれば災いがある
人はこの事を知らなければならない。

愚かな者は
ただイタズラに災いを嫌い、幸いだけを求めるが

道を求める者は、この二つを共に越えていずれにも
執着してはならないのだ』と...

人生は、心ひとつの置き所、楽は苦になり
苦は楽になる。

蕎麦屋にて...

ここの所、バタバタッと忙しい日々でございます。

先日ですね、お蕎麦屋さんに行ったのですが、
そこで興味深いお話を隣のカップルがしておりました。

私はお蕎麦が来るのを待ちつつ、何となく小耳にその会話を聞いている、
というか、声がデカくて嫌でも聞こえてくるのでありましたが^^

どうやらシュチェーションとしては、二人は職場の上司と部下らしく、
しかし、そう年の差があるわけでなく、女性が自分の友人をその男性に
紹介するとか、しないとか、そこから恋愛論...みたいな、

年の頃は、そう男性が30歳前後というところかな、普通な感じで、
女子に嫌われるタイプでもない。
例のごとく、話は助走というか、元彼女とか元彼的な所から始まりの、

こんな異性が好き!みたいな、
そこで、彼がですね、女性のおしゃれのくだりで、

「多少無理なおしゃれかな~と思っても、頑張っているんだな!と思うし、
ふつ~に可愛いと思うよ、ジーパンにTシャツだってお洒落に着ていれば
それで良いし」

「メイクはBBクリームでもCCクリームでも良いけどさ、女の子は
そこに意識が無いとね、どんな事を言ったって可愛いのが(美人)
男は良いに決まっているのだから」

「一番嫌なのはね、女の子が前髪で隠していても、たまに眉毛、見えるでしょ、
男も眉毛とか肌とか気にして手入れをする時代に、眉毛とか何も気に掛けてい
ない子は悪いけれど、女性というより人間性を疑う」

等々、もっと色々話しておいででしたが、女性の話はあまり聞こえてこないが、
なぜか男性の意見はめっちゃ聞き耳を立ててしまいました^^;

なるほど~~!
まあ、好き好きはあれども、平均的なご意見なんでしょう。

フムフム、とにかく「素」によほど自信がが無い限りは
そのままはイヤだって事ね!

女性らしさという部分でのお洒落心や、意識、生活感などは、
眉毛にも現れていると、そういうわけだ!

お~、なかなか見ておりますね^^
怖いですよ、皆さん、

何を見て何を思われているか、
たぶん、それは独身男性だけでは無いですよね、

気は抜かんように参りましょう!!!


日々...恋と愛

恋愛や結婚相談もあれば、不倫相談もある、
男女の摩訶不思議な事よ、、、と、思いますが、


この世で一番多い、真剣なお悩みである事にも間違いなく、
自分を失う、失う!!(笑)

S、ああ~何でそこで、そのチャンスに言わないかな~
 軽~く、だね~!て、言いなよ!じゃないと、
 逆に空気感がこじれて、重くなるるだけっしょ!!

なんて、イライラしながら聞くのが恋話^^

でも、何歳になろうとも失う恐怖に駆られて言葉も固まってしまう。
次第に笑えなくなり、相手を追い詰める事しかできなくなり、
そして、チャンスを棒にふるのが恋...

結婚を意識して欲しい、愛という言葉が聞きたいのに、
貴方には私一人だけ、という確信を下さい!って、心が叫んでいます。

恋って変という字に、似ているでしょう?
心が下にあるから 下心があるのが恋、

愛は、心が真ん中にあるでしょ?それは真ん中にある受ける心、真心です。
だから、自分と相手の為をも思い、重くならないように
引きずらない努力をします。

不安(大体は妄想)や自分の想いを素直に、勇気を振り絞り伝える。
それは、相手の為でもあるから、
そして、そこに一番 勝機があるのも確かです。
恋愛は、言い方ひとつ!!^^

そして、不倫ね、
それは、ダブルであろうと、何であろうと、
ごくたまに、お互いの本気で本物の「純粋な愛」を見つける事があります。

が、しかし、そんな愛こそ危ういものであるのも確かで、
たくさんの犠牲の上に、改めて二人で人生を漕ぎ出した。
しかし、時が経つと誰が悪いわけじゃないのに続かなくなる。

それは、波長をみるとわかるのですが、
「占い」にもそういう愛の関係と出てきますのでね、

私など、占いを含めた相談される側は、それを絶対ダメだ!とは
言いませんが、どうなのでしょう、

いつかは無くなるかもしれない、でも今ある本物の愛に人生を賭けるか、
つまらないかも知れないけれど、今の慣れ親しんだ誰も傷つけない生活を選ぶか、

それは、そうお伝えはしますが、
走る人は走りますし、ぎりぎり留まる人も居る、
本人次第なんですよ。

悲しいのは、本物の愛も時が経ち色褪せて、相手はもう去っているのに 
一生「愛」の関係であり続けた思う「愛」に恋をしている女心、

もし留まるならば、辛くとも自分の愛の向きを変化させ、自然に心が離れて
いくように自分を持っていくのも大人の「愛」というものへの責任かな...
なんて思ったり致します。

さて、あなたなら、どうしますか?

極みの日...

o1.jpg

o3.jpg

地震、台風、ミサイルも飛んでくる忙しさの中、
札幌は「オータムフェスト」開催されていますので、

小雨降る中、大通り公園に行って来ました!
「インカの目覚め」のフライドポテト、サツマイモ?と思うほど甘くて美味しい~!
美味しいものとワインが並ぶ、「オータムフェスト」毎年、秋のお楽しみです^^

そして、その日は「極みの日」でした。
皆様、いかがお過ごしでしたか!

この事を念じましょう!とお伝えした方の中に
結果「財」の人は3人! 西の方角の「宝くじ」屋さんに走れ!!

私、ラッキーな事に、家族にたまたま「財」がおりましたので、
私はそのおこぼれを貰おうと走りました。西へと...

5時55分位からお店の前の通り向かいの店舗で待機!雷が鳴りすごい雨、
5時59分、雷はゴロゴロしているけれど急に雨がスッと止み...
ガヤガヤしている中、一瞬、何もかもがシーンとした瞬間が!


龍神キター!!!
今、「財」の穴が開いた!
それいけ~~!  

で、買いました。(笑、笑、笑、笑、笑、笑)
大きい宝くじは今やっていなかったのですが、少しだけ買って、

雨が止んだのはその瞬間だけ、宝くじ屋さんから出ると、待っていたかのような
ドシャ降りに...

龍神に気を取られて、自分の「決」を、すっかり忘れておりましたが、
その聖なる瞬間を、ピーンと張り詰めたその瞬間を感じられた事が
思えば、私の「決」となったのでありました。


しかし、スクラッチは全滅...
だめじゃん!^^;

まあね、おこぼれ願いの私には当たる事は無いと思いますが^^;
「財」には、金運だけでなくいろいろな意味がありますから、
その時間に、そこに向かって行動している事、
そこに大きな意味があるはず、

斜め上に自分のラインを引く起点の日、
そんな私の「極みの日」でありました^^

今なら...

9月19日 18:00(17:0~18:59)に
家から西の宝くじ売り場で買うと
当たりやすい人がいます!

それは、一部の人なのですが、(当たる!ではないですが確率が高くなる)
その他にも願いの叶いやすい大吉の方、中吉の方、小吉の方でも

何であろうと、ほんの少しでも自分の運気の角度を上げたいじゃないですか!
それが出来るのが「極みの日」

その19日に向けて、
今ですね、セッションにいらした方(TEL含め)含め、
その人により、叶いやすい祈願の種類傾向をサービスでお伝えしています。

おつたえした皆さん「この情報を知っている人はそう多くないですよね、
知ったというだけでも、すごい事だ!」
「やります!!!」と、目に真剣な気合入っています^^

9月19日 18:00(17:0~18:59)に西の方角を向いて
祈願しちゃって下さいませ!

宝くじが当たりやすくなるのは、年運、月運、時運の三つに「財」が入る
「天水」の人!

そして、まだ間に合いますので何かご相談があれば、
どうぞいらっしゃいませ...もしかすると、あなたも天水の人かもですよ、

私は「天水」人のピッタリ後ろに付いて行って宝くじ買おうかな!^^

練習会...

昨日はレイキ練習会(遠隔ヒーリング)でございました。

思考とエネルギー、意識が体を離れる事、世の中に貢献、丹田を鍛え強める事で
自ら光を放つ、宇宙エネルギーとの共振共鳴で、自分自身に起きてくる事の変化、

など等、そんなお勉強がありまして... いざ実習!!!

ペアで、「今どんな感じ~?」、「こんな感じ~」、と 離れた所から叫びあうという^^;
でもですね、離れていてもちゃんと感じ合うのが面白いところでございます^^

レイキでは、Ⅰ- 身体の癒し、Ⅱ- 心の癒し、Ⅲ- 自己成長、という順で学んで
いくのですが、やはりⅢまでいきまして、
使えば使うほど、敏感になりやすくなるようです。

マザーヒーリングや、ファザーヒーリングなどもしたのですが、
私の両親はすでに他界しておりますが、

「ああ、お母さんはそんな事を感じ想っていたのか...」と、意外な事が分かりましてね、
久しぶりに、両親に会えたような不思議な感覚になりました。

生徒さん達を見ておりますと、敏感になる分、自分の課題とするものの色が濃く
見せられている様な所もあり、

「なんとなく」 じゃない事に気がついているけれど、
どうしたら良いか分からない的な?^^ そんな、お悩みも出てきてるみたいで 

成長のステップが目の前にあるようです。
そのせいもあり、質問が多い多い!良い事だと思います。

頭で理解していても、この世は実際にやってみなければ、分からない事だらけですしね、
次第に、そうやって物事の表面と正面のみを見て振り回されている自分に
気がついていくのではではないでしょうか、

遠隔ヒーリングに参加して私も必死に練習していましたら、お写真を撮るのを
すっかり忘れておりました!^^;
練習会などで、人数が多い中でのヒーリングは異次元な感覚です。

帰りに、目の前の階段に羽一枚が落ちていて、

「天使からの見守っている、というお知らせですよ!」と、先生...
(先生には元々、守護としての大天使さんが居るらしく)

「ほう!あら~!そりゃあ有難い事で!!」と、

まるで、おっさんのような森羅^^;


コレじゃ、天使さんも私には声かけにくいだろうと、自分でも思った
次第でありました。 笑

真面目さ...

こんにちは!
たまに、お母様から、嫁に出した娘さんの相談などもありましてね、

そういった時は、大体が娘夫の事か姑、小姑問題...。
たま~に、お孫さん問題もありますけれど、その場合は育児問題です。

「私は何と言って娘にアドバイスしたら良いか分からない」
と、劇痩せした娘さんに悩むお母さん。

話を聞いているうちに、ん?やはり姑問題でしたが、意地悪されたなどではなく、
娘さん、何でそんな事に真剣に向き合いメンタルを崩したのか...。
「そんな事」というと何ですが「まだ若いから」という事でも無さそうな?

しかし、そのお母様自身のお悩みに話が移動しますと、
あらら、問題の根っこはやはりそこにあったのです。

お母様も、ご主人様の構わなければ良い問題に
真剣に悩んでおりました。 とても真面目なんです。

真面目な事は良い事です。
しかし真面目すぎて、どうでも良い問題と、真剣に考えるべき問題の区別が
無い為に、娘の相談にも対処できなくなっていたのです。

まして、娘さんも見て育っていますから、正直で真面目で真剣、
その結果、うっちゃっておけば良い問題に答えを求めてメンタルを崩す。

真面目さもまた諸刃の刃...相手の気持ちや空気が読めない事があり、

母親は自分を守るためには、
時に、ほどほどにテキトーに不真面目になる事も、ズルく立ち回る事も、
悪い女になる事も、ケースバイケースで教える事も必要だと思いますよ!

「正しい事」と言われることが絶対ではありませんからね、
適度にホドホドのテキトー感覚、

私など、それだけで生きて来たのでは疑惑がチラとよぎりましたが^^;

自分では自分の真面目すぎる部分に気が付かない人も多くおります。
たまには自分の感情より、損得も考慮せねばバランスが取れなくなりますからね!


テキトーなのもメンタル崩すより良いと致しましょう!^^

気付き...

今日は考えさせられる事があり...

つい先日、用事がありお知り合いの85歳位のお婆様と電話で
お話しました。

その方は、特別な事もありませんが、
時代特有の苦労はあれど、普通に順調な流れの人生を歩んでこられ、

足腰も強く、病院で薬を貰っているといえど
カルシウムなどのサプリメントと、眠れない時用の眠剤ような物
だけだそうです。

しかし、昔の出来事の苦労心労がずっと心を占めており、
自分で選んだ人生なので、不幸とは言わないが...と、言いつつ常に
実質ツイていない、自分だけ不幸だというという話の多い方です。

それが、突然「私は幸せだと気がついた...」と言うのです。
ここ数年、老人会やその他で新たな付き合いが広がり、今までとは違う友人も
多く増え、それぞれの今まで経験してきた事、今の状況などの深い話をお互いに
するようになった。

すると、表には言わないだけで、一人残らず言うに言われぬ諸々があり、
その内訳話を見聞きして、そこから見ると、自分はまだ幸せなんだ!と
気がついたのですって、

人付き合いの悪い方では無いですが、決まった人に固定する傾向があり、
あまり喜ぶ顔をしない人です。それが、突然そんな事を言うものですから、

85歳にしてようやく気がついたか!
やや遅かったが、気がつかないまま...よりは良かった!喜ばしい!^^
と、若輩者ながら、

やはり気づくのは人それぞれなんだわ、と、思ったしだいです。


そして、そのすぐ後にレイキのお若い受講者さんから、
「先生、危篤状態の人の遠隔ヒーリングは何を注意したら?」
という問い合わせメールが入りました。

どうしたの?と聞くと、友人が脳腫瘍で危篤状態だというのです。
まだ23歳、毎日お見舞いに行っているが、人の出入りも多く、

直接ヒーリングが難しいので、家で遠隔ヒーリングをするというのです。
どのような方法が一番効果的かというお話でした。

もちろん、できうる限りのアドバイスを致しましたが、
つい、お婆様の話と対比してしまい、

幸せを「感じる力と感じる訓練」も若いうちに必要なのだなと思いました。
ひとつの出来事でも、良い事と、その反対の事があります。

しかし、人はその良いほうを見て信じるのが得意ではありません。
その理由は様々ありますが、多角的に見る訓練は自分でしかできませんしね、

早く幸せな自分に気がつけば、その先はどんなに楽になるでしょうか、

自分とは違っても、他者の意見も素直に受け入れてみると
人生を変える「気付き」は早くなると思いますよ!

私も遠隔ヒーリングをお手伝い、受講者さんのお友達の回復を祈ります...。

嫉妬・・・

恋愛に嫉妬は付き物ですが...
恋愛を壊すのも、また嫉妬であります。

恋愛初期ですと、それもラブラブで可愛いものですが、
不安や焦りから来る嫉妬は憑物ですから、
相手は怖くて逃げてしまいます。

嫉妬は恋愛だけでなく、もちろん夫婦間にもあり、
男の習性は習性なので、夫婦といえどもあれこれと詮索しすぎると
関係が悪くなるだけです。

困ったおバカな男の子の面倒をみるのが妻の務め、見て見ない振りが
出来ないなら、はじめから見ないのがベスト、

恋愛や結婚当初の初々しい遠慮がちな気持ちが、いつの間にか、
遠慮なく独占して当たり前となり、

些細な事も許さない般若の面持ちと不機嫌さで、相手に怒りをぶちまけ、
追い払う言動にもかかわらず、嫉妬し続ける不思議さです。

そこまで...でないにしてもあるのが人間関係での嫉妬、
「ふん!」と、思うくらいなら可愛いもので^^;

何か嫌な事をされた訳でもなく、何か言われた訳でもないが、
自分より若干、何かにつけて有利な相手を憎む、

羨ましいものは、そのまま羨ましいで良いかと思いますが、
羨ましいイコール憎しみに変換される人も少なくないですので、

見当もつかない、意味の無い理由で
どなたも、どこで恨みを買っているか分かりません。

また、特別な美人などではなくとも、嫉妬されやすいタイプの方もおります。
人間、自分に無いものを羨ましいと思うわけですが、

幸せそうに見える人は、嫉妬の対象になりやすく、
その実、人様と同じように悩み苦しんでいても、

朗らかで豊かそうに見える、素敵な彼氏がいる、あるいはご主人様から
愛されているように見える、優秀な子供の親も優秀そうに見える、
上司受けが特別に良いように見える、

自分より良さそう、優れて「見える」ただそれだけの事が、
人間関係の破綻の発端になります。 私は何もしていないのに、なぜ?
という時は、そんなもので理由などありません。

逆に、「皆、私に嫉妬しているの!」と叫ぶ人は、嫉妬ではない
別の問題があるかと思いますけれどね^^

嫉妬しやすい人は、親の愛情を思う存分受けられなかった場合に多いそうですが、
思う存分、受けられた人の方が少ないような気もいたします。

どんな場合も自分を自分で認めて愛せる人は、憎しみ的な嫉妬や
意地悪はしないでしょう。

ここ一番の時、目標までの見えない「あと一歩!!」は、徳をどのくらい
積んであるかがモノを言います。が、

嫉妬はマイナスを積みますので、自分にもマイナスで戻ってきます。
かといって嫉妬は、すばらしい原動力、バネにもなり得ますので、

恨みではない「羨ましい!!」を育てましょうね!^^