ワイン...

IMG_3676.jpgimage3.jpg

毎年恒例で、この季節になるとワインを携えて
いらっしゃるクライアントさんがいらっしゃいまして、
いつも感謝一杯でございます。

が、今年のワイン、ラベルをよーく見ますと余市の葡萄園、
果樹園なのかしら、〝 森羅郷 " とあるじゃありませんか!
選んでくれたのですね~

(^^)なんだか他人様とは思えません。

お味見をしてみますと、素晴らしくフルーティー!!! 
心から感謝でございます。力を頂きました!
来年も頑張らねば!

そして、ご質問がありましたので、「輝きの塩」を購入の皆様、
使い終わり交換したお塩、すごく湿っているとか、色が変色している
などでなければ、大掃除の際に拭き掃除のバケツの水に入れて、

ガラス拭きや玄関掃除のドアや下駄箱、たたき等、
必要な気になるところのお掃除などにお使いください。

もったいないですのでね!キッチリ浄化いたしましょう。
家の敷地の隅々に撒いても良し、

お料理などに使って体内から浄化も可、
しっかりミネラル補給で邪気を寄せ付けない!
私はもっぱらそちらでございます^^

来年のダイアリー、スケジュール帳が売れる時節となり、
色とりどりに華やかに売り出されていますね!

さて、大体のものに「大安」とか「仏滅」など入っているかと思いますが、
更にじぶんで加えると致しますと

まずは、
「天赦日」(てんしゃにち、てんしゃくじつ)
これはあらゆる罪が赦される最良の吉日とされます。
よろず良し!

「一粒万倍日」(いちりゅうまんばいび)
まいた種が後になって万倍に膨れ上がって戻ってくる
ただし借金は× 宝くじ売り場で見かけますよね!

「鬼宿日」(きしゅくにち)
鬼が宿にいて出歩かないので邪魔されない最強日
お釈迦様が生まれた日が「鬼宿日」だそう。
ただし婚礼は×  金運吉

新しい事業、引っ越し、お財布新調、宝くじ 〇

「寅日」
金運招来の日、たしか聖徳太子の前に毘沙門天が現れたのが
寅年、寅月、寅時だったとか...。毘沙門天は七福神でもあり財運〇

婚礼、葬儀は凶、戻ってきてしまうのだとか。

「巳日」
弁財天のお使いの蛇が財運をもたらす日、とされています。

「大安」
何を行っても失敗のない日、とされます。
が、一方では良い日だからこそ休むべき日ともされます。


その他にも、三合原理、母倉日、大明日、等 良い日って、
有難い事にまだなだあります! が、仏滅の他にも良くない「不成就日」
なんかもございまして、これは読んで字のごとし、

良い日、そうでない日を言い出すときりがなく、
しかし、奇跡的に全てが大吉の日を見つけ出す喜びもあり、

どんなに悪いとされる時に何かをはじめても、
エネルギーの強い者は何にも影響されないのも確かです。
何があろうと突破しますしね!^^

振り回される事はありません。が、何かしら始める時の気合いとして、
弱気だったり優柔不断になってしまう時の指針として、
いつ宝くじを買いに行くか!とかね^^

何でもアリですから、皆様の新しいダイアリーには良い日は
取り入れてゆきましょう!!


六行ダイアリーを購入の方は「鬼宿日」等は入っていませんので、
自分で調べて書いておくと良いかもですよ!


妻の不安...

最近はやはりご夫婦問題が多いですね...。

それは夫に問題がある場合もあれば、実は自分の不安から
夫を束縛してしまう傾向もあるようです。

男性は結婚しても家庭がすべてはありませんので、
独身時代と同じではなくとも遊びたいし、友達付き合いも
ある程度は大事にします。

しかし、そこに友人といえど女性なども交じっていたりすると
奥さんにとってはゆゆしき問題、
誘われれば二人でご飯を食べに行ったりするだろうし...。

でも、二人とは限らないかもしれないし、
困った恋愛相談とかをしているかもしれないじゃない?

とは...思えないでしょうね、自分とはうまくいっていない、
この状態では妄想が浮かび上がりますよね、
でも、そうしてしまったのもまた自分...

出かけるたびに、誰と?何処へ?何をしに?どうしてもの事なのか?と、
聞きただしてしまう。

夫は次第に言わなくなる→嘘を付くようになる→お前には関係ない!
会話なくなる、溝できる、の順が目に見えます。

みると夫さんは人柄も良く仲間思いの性格、
生まれついた性格まで、自分の為に変えようするのは無理があります。

原因は奥さんの心の奥底にある不安や自信の無さ、
そりゃ世の中には、自分より若くて美人で可愛い人などたくさん
いますよね、

でも、夫さんは一生の伴侶として奥さんを選んだのですから、
戦うべきは夫さんではなく、周囲にいる女性達より 妻としての自分
がより一層、夫にとっての一番良い女性であるべき事が重要、

そこは「あなたが何とかしてよ!」ではなく
妻として一番サボっちゃいけない所です。

例えば、何もせずにぼ~としていてもモテル人はモテます。
そこに「罪」ではないですよね。

周囲から、嫌な性格、汚い、気持ち悪いとか、話したくもない、などと
思われていないだけ良し、幸い!と思った方がいいです。

自分の自信の無さを相手のせいにしてはいけません。
相手をがんじがらめにしても良い結果は得られません。

何よりも美味しい家庭のご飯と、心安らかに眠れる場所、自分を認めて
くれる奥さん、それが夫の一番の生きる場所

この世には誰一人として自分の思い通りになる人などおりませぬ、
夫婦のたずなは、ゆる~く持っておきましょう!
その方が自分も自由で居られます。

夫婦には、お互いに考える時間が与えられています。
奥さんは今年は「気」の年だったので考えさせる事が多かったのでしょう。

でも今後を今、突きつけられているのも確かです。
涙ながらに「まだ、元に戻れますか?」

夫様も仲良しに戻りたいと思っているのです。
でも、今のままではどうにもならない辛さも抱えています。

そう、すべては奥さんの心にかかっています。
すべては奥さんが変われるかどうか...。

でもきっと大丈夫!
大切なものをそう簡単に手放してはいけません。
ここが奥さんの人としての成長の要!

それに彼女にとっての「気」年はもう終わり、
そして、新しい年が始まります。

旦那様をもっと理解した方が良いかもね!
また、お待ちしております^^

image2.jpg

いよいよ師走、この寒くなりかけの頃は電話相談がグッと増える時期です^^


娘さんお二人とお母様もクライアントさんという方がおりましてね、
それが昨日、そのお母様がサロンに訪問して下さいまして、

手刺繡のクリスマスツリーの額と、手造りのレーズンケーキ、それと
感謝のお手紙を添えて持ってきてくださいました。

朝から作ってくださったのでしょう。まだほんのり温かさの残るケーキ、
私などたいした事はしていませんので、こちらの方が感謝一杯です。

早くに母を亡くした私などには、このお母様は私の憧れの方でしてね!
本当に、このように歳を重ねたいというお手本のような方です。

もちろん、娘さん達やお孫さんまでも おばあちゃんのようになりたい
というほどに...。

マメにお料理やパン作ったりをして、子供達はもちろん、いろいろ辛い事が
あっても頑張って暮らしている方々に時々届けたりなさるそうで、

今時、おかずのお裾分けなんて無い時代になりましたものね、
買ったものと、心ある手料理の身体に与えるエネルギーの影響や違いを
良くご存知です。

沢山の趣味があり、知性的で品の良いオーラを纏い、
ボランティアにも心を砕き、身体の許す範囲でということでしたが、

多分、私などよりは余程 動いていらっしゃいますので、
スタイル良くシャキッとしていらっしゃいます。

今はお習字の師範段位の高みを狙い、時間を作っては
着々と努力なさっているのが目に浮かびます。

どうか、お体に気をつけて下さいませ。
レーズンのケーキは優しいお味がして、いっぺんに二つも
食べちゃいました^^

額はサロンに飾らせて頂きます!

有難うございました!!

                     森羅  拝

こんにちは!師走に突入ですね~!

昨夜、古い書類などをシュレッダーにかけている時に
ふと思い出した事がありました。

もう随分と昔の相談なのだけれど、入った会社が、
以前にはありがちだった、入社前とは話が違う...。

更に色々な事件もあり、腹が立っていたのは確かなこと、

その上、周囲の少しずつのミスも重なり、
結局、彼女は経理関係の書類を間違えてシュレッダーに
かけてしまったのです。

聞けば、その書類にはコピーもあるとの事、
しかし、故意ではないとしても会社は彼女を許しませんでした。

会社の弁護士さんなどにも掛け合いましたが、
あなただけが悪いわけではないのは分かると、理解は示して
くれたそうです。が、それ止まり...

なぜなら、その会社はその町の議員さんやら何やらお上方面と
深くじっ懇なのだそう。

逆らった所で、無駄なのが明らかでした。
その町では黙って従うのが最善と周囲からのアドバイスもあり、

あれよあれよという間に、損害賠償請求が確定となり、
復元費用、復元にかかる人数の日当、食事代等、

入ったばかりの会社で何百万円かのお金を支払う事と
なってしまったのでした。

釈然とはしませんが、最終的には彼女の確認ミス、
ひ弱な彼女を助けてくれる人も皆無だったという
辛い案件でした。

救いだったのは、以外にも彼女は前向きで、
文句を言いながらも、気持の切り替えが早く
頑張っていけた事でした。

ほんの小さな怒りが、ミスを引き連れてくる事もあり、
これから次第に年末に向かい忙しくもなってくる時です。

気分を仕事に持ち込まないよう
切り替えを大事にしてくださいね!

戒めつつ...

先日に載せましたご夫婦の問題、
これは、やはり心の内に多いのですね、

数件の感想を頂き、有難うございました。
そこで、もう少しお話ししてみましょう。


聞けば昔はね、おやつをあげる順序も、その時の声のかけ方も
長男は長男の、長女は長女の、

二男、次女それぞれ大人になった時の立場その他を考慮した子育てや
教育があったのだそうです。

女の子の場合は、やはりどこにお嫁に行っても愛されるように
忍耐ではなくそれが普通にでき、幸せに向かえるようにと
教育するのですって、

ざっくり言えば、それぞれの褒めどころを違えたりしたみたいです。
でもそれは、日本がまだ精神的にも豊かな時代だったのでしょうね!

そうです。
そのはるか昔から、男は同じなのだそうで^^;
おなごがしっかりしていなければならなかったわけです。

女子は女人(にょにん)となり女神様になりますが、
男子は男子のままで、男人にもなりません。

永遠の子供です。そもそも何かが足りないと言われています。
ですから結婚する時には太陽より月の強さと慈悲が重要とされて
きたわけです。

で、私も見る限りですが、
夫に問題の無い人は、自分に強く問題を感じ、
しっかりとした方は、夫にあれこれ問題を感じて、
結局プラスマイナスゼロなのかしら?と、思います。

そういう風に出来ているとしか思えません^^
つまり自分自身に強く課題の焦点がある人と

精神性が高くなるほど人を裁かない、という法則のような
ものがあり、外側から自分を見せられ気付かされるパターンが
あるように思います。

常に夫を悪く言う人は自分を卑しめその程度の女性になってしまいます。
そして、自分の息子も同じ事を言われるはめになる。
それが刈り取り...

誰に対してもですが悪口をいうとね、吐いた毒をまた自分が吸う事に
なるから、噂やら悪口好きな人は必ず後で問題がおきます。

出来るだけ次世代を少しは賢い大人に育てるのが、
今を生きている母親の役目、

パートナーには大きく期待せず、健康第一で働いてくれれば御の字!!
それでもダメなら解消もあり!

ええ、もちろん私も含めたお話です。
どちらかというと、私も後者タイプで戒めつつ^^;


昨日、スーパーで「だって忘れたから○○に取りに行かせたしー」と
携帯電話で話している女性の所に

小学生位のお子さんが、ほほを赤く染めて全速力で買い物袋をもって
走ってきた。お母さんは無言でそれを受取り何事もなかったように

買ったものを入れ始めたが、肩で大きく息をしている息子には自分で
忘れた事なのにお礼の一言も言わない。

その積み重ねが子供の未来だよね...なんて、ちょっと思っちゃいました。

あっ、眩暈かとおもったら地震だ...!

こんにちは!

最近の相談は年末に向けてでしょうかしらね、ご夫婦問題が多いです。
いっそもう離婚してしまいたいが、いやちょっと待て...
そこはどこのお宅もある事なのですが^^;

もう少し深刻な状態に発展しているケースでございますね、
問題ありの、甘えるだけ拗ねるだけの面倒くさい夫は次第に要らなくなるわけで...。
それも分からないではありません。

が、それでも好きで良くて結婚したのも自分であったわけですが、
見る目が無かったと思って離婚したって今の時代、
シングルマザーなど珍しくもなし、収入がキチンとあるならその先は自分次第です。

離婚したければ、それはそれで良いのじゃない?
ただ、すぐに良い男が現れるとかは無いから、現実を見て考えてねーと、
答える率が高いです。

なぜなら、離婚相談の場合、今回は間違えたが理想の相手が必ずどこかに
いるのではないか?という妄想に毒されている場合が多く^^;

真面目で他の女などにはめもくれず仕事一筋、だが定時に帰ってくる。
子供には優しく、金銭その他にもキチンとしていて、地位や収入もそこそこ良い。
包容力があり、まずまずのイケメンで、何事も怒らずに受け入れることが出来る。
常に穏やかな話し合いで物事を決められる。

S「この世にそんな男は居ませんて! 弱い女と強い男は居ないの!!」
てな話になります^^;

でも、基本的に「夫たるものはそれが当たり前」と信じて疑いません。
しかしあの、カルロス・ゴーンさんとて、弱さが露見してしまいましたよね、

人間、どこかが良ければ、どこかが悪いのが当たり前です。
リーダータイプでかっこよく見えて結婚しても、実は気が小さいとか
キレやすいとか、身勝手さなどが、もれなく付いているもの、

優しいのが一番といったところで、優柔不断さや流されやすい傾向があり、
話し合える人と思っても、自分を正当化するのに口が回るだけの人間だった
なんて、本当によく聞くお話です。

真面目な男=面白みのない人、の場合も多く、

万に一人居たとても、独身なわけないし、
そんな人を奥さんや恋人が離すわけもありませんし、
ゴロゴロ転がっているわけもなく...

当然、自分だってパーフェクトではありませんよね? そして、
手のかかる幼いやつと書いて、拗ねると読む、つまりそれは男=夫
つまりは、極々小声で言いますが「男はアホなんでございますよ!」

たまに尊敬できる男性がいたら、賢い奥さんの支えあってこそです。
同じ土俵でに乗り、いう事を真に受けて、戦い合うのは得策ではないですね、

冷ややかな対応をすれば相手に通じるのかと言えば、決して通じません。
女の冷ややかさの意味は男性にとっては「?」だから...
今度は自分が拗ねる女になってしまいます。

その状態で離婚すると、その先の運が落ちたままになるらしいです。
どうせ離婚するならば、3ヵ月及び半年など期間を決めて、

一度、忍耐強く堪えて夫の望み通りの妻になり、その後、
精一杯、頑張りましたが私はここまででした。と伝えての、さようなら!は、
夫の心に実に惜しい事をした。と思わせますので、
その時に初めて素直に自分が悪かったという自覚が出来るらしく、

すると、離婚しても女性はその先が良くなるのだそうです。
お互いの「我」と、人としての器の小さい「あり方」のままでは同じことの
繰り返しということなのでしょうね、

同じ波長の者同士が、魂を厳しく磨きあう為の「結婚の縁」
離婚することも縁なのだと思います。

親の代のやり方や、周囲と比べたり、我を張るだけでは成長がありません。
通じないのは通じるだけの言葉を持っていない自分にも非はあるかもしれません。

戻るも行くも、メリットデメリットあり、

どうせなら、ちゃんと地に足のついた実をとりましょう!
あとは、神様からのタイミングですね!

IMG_3543.jpg

昨日は朝の景色が白くてビックリΣ(゚Д゚)!北海道はいよいよ冬に突入です。

さて、先日は一回目の「陰陽六行2級アドバイザー講座」を開催致しまして
お一人目のアドバイザーさん誕生です^^

楽しんで学んでいただけたようで良かったです!
2019年のダイヤりーも到着しています。

そして、あれ~?と、言っている間に色々と変化がございまして、
3月の東京セッションは、陰陽六行二級講座も含めて

東京→「広島セッション」に
変更になりました(詳細はまだですが・・・)
広島の皆様、宜しくお願い致します。

お話は変わりまして...、
昨日、いらしたクライアントさんも長いお付き合いの方で、
その当時は難しい恋愛相談でしてね、

「来るたびに森羅さんに、もういい加減にしなさい!と
怒られてばかりいて...」と、二人で大笑いになりました(^^)

今でも、その彼とはお仕事上も付き合いがあるようですが、
私が「あなたが苦しむ程の価値のある相手ではない」と、言った意味が
今ではとても良く分かるようになった。と言っていました。

なぜ、あんなな思いをしてまでも好きだったのだろう?
今では疑問に思う、とも...。

そうなんですよ、
長い年月が経たねければ、分からないこともあります。

恋愛はあばたもえくぼ的な所があり、ともすると「絶対」「唯一」
になってしまいます。

それも大切な「縁」ではありますけれどね、
第三者的に冷静になるには個人差もありますが、いづれ憑き物が落ちる
瞬間がやってきます。その時に神様が真の相手と自分を見せてくれます。

最近はお仕事の相談が主で、新しい分野を切り拓いているようです。
自分を鍛えて今後に足跡を残していく、

ホワンと柔らかい方ですが、神様からの使命を受けている以上、
頑張らないとね!!

人生はまだまだ長い!^^


ファン...。

のどが痛い...よし!治った!...と、思いきや
また、本格的に風邪をひく、

マヌカハニーをなめつつ、やれやれ...
なんとか復活してきました!

季節の変わり目、皆様もお気を付けて下さいませ。

さて、スターの追っかけ、
一時は「嵐」とか韓流スター、その他の追っかけやら、
熱烈なファンからの相談も多くあったものです。

ファンクラブの上級限定会員みたいな、お金もそうとうかかるのでしょうけれど
少ない人数での憧れのスター集い、みたいなものあり

「彼は私の事はどう思ってくれたでしょうか!」
「あげたプレゼントは大事にされているでしょうか!」など、
お見合いの後の感想を知りたいです!的な相談が多かったですね^^

しかし、熱烈なファンとは有り難くもあり、そうでない面もあるようで
「実家のお兄さんに電話をしたんです...」というストーカーまがいなものまで
ありました。

そして今は、昔のスターさんも現役でやっていらっしゃるじゃないですか、
そういえば最近「ジュリー!」がテレビを騒がせておりましたね!
ええ、昔は私もファンでしたよ^^

先日、クライアント様とお話をしていましたら、その話が出ましてね、
「西城秀樹」亡き後、その熱烈なファン層は「野口五郎」に移動したのだとか!

二人は仲良しだったということもあり、ファンサービスもそこを意識した
凝ったものだったらしく、大感動のコンサートで大盛り上がりだったそう!

へ~~~!!

私の友人も若いスターファンが数人おりますが、辛くてメンタルを病んでるの...と
言いつつ、そこは別腹らしくいたって元気です。

スターと、それを取り巻く熱烈発散系エネルギーは、元気が貰えるという
やはり美味しいものなのでしょうね!

私ですか?
熱烈なファンが盛り上がれば盛り上がるほど、冷静になり盛り下がる
タイプなので、テレビ鑑賞が向いているようです^^;


めでたし!


秋も深くなり冬直前、
冬囲いも始まり、これから気温もグッと下がってきます。

それでも今年は例年から見ると台風が多かったせいか暖かい
秋だったように思います。

さて、相談は相変わらずでして、最近も恋愛・結婚相談が続いておりました。

そんな中で、5年以上も前にお友達のお付き合いで、セッションを受けた。
という方が、サロンにいらっしゃいまして、

聞けば、その時に○○年後に良い関係になれる方に出会うかも?
と、私が言ったそうです。

するとその後、本当にその時期に夫様と出会いご結婚されたそうです。
決してお若い結婚ではありませんが、初婚同士、
今は幸せ一杯だそうです(^^)

タロットカードのみで見た場合、あまり長期スパンでは見られませんので、
他のものも合わせての回答だったのでしょうね、
何はともあれ、めでたしめでたしでした。

そんな事もあれば、最近は長いお付き合いから急激に関係が
悪化し...みたいなお話が多かったように思います。

仕方なしと頭では分かってはいるが、喪失感や、将来不安に
さいなまされ始めるわけです。それだけは年齢に関係ありません。
ハタチでも悩みます。

お付き合いしているには良いが、結婚に向かない男って、やはりおりますのでね、

そういう場合は、アレコレ意見する彼女がうっとうしくなり最終的に
自由を選びます。どんな場合も相手の気持を管理する事ってできませんのでね、

でも、恋愛ではなく結婚が欲しい自分に気付いただけのこと、
それに(自分の気持ちに)早く気付いて良かったじゃない!

ただ、同じ様に落ち着いた愛情を求める人に出会うためのレッスン料は
ちょっとハートが痛くなる事だったりします。

まだ未熟な自分を教えられている事ですからね、
でも、そんな自分を否定せずに受け入れてしまったもの勝ちです。

「私は将来、結婚しますか?」
もちろん!学んだことを栄養にできた人は、
ちゃんと共に歩む人を見つけますよ^^