ピンクムーン

88247048.jpg
2020年4月8日の満月は今年最大のスーパームーンらしいですよ!
また、4月の満月はピンクムーンと呼ばれているそうです。
が、ピンク色というわけではなく、
毎月の満月に伝統的な呼び名がつけられているそうで、(アメリカの農業暦)
4月は自生する花の色にちなんで「ピンクムーン」
日本では7日の夜中から8日の明け方までがチャンス。
4月の満月は、てんびん座の位置で起きる事から「バランス」を意味します。
コロナウィルスにより長引く不安定な状態から、
心身のバランスを崩している人は多いかもしれません。
ピンクムーンは、元々「幸せを運んでくる」という言い伝えがあるそうな、
バランスを取り戻すための、浄化をもたらしてくれるかもしれません。
今夜、お月様が見えたなら、暖かくして月光浴をしながら、
祈ってみるのも良いかもですね!

 




春の雪...。

今日は一時、雪が吹雪いておりましてね、

春になりそうで、行ったり来たりのお天気です。
桜はまだ遠い...。

さて、横断歩道を渡ろうとしましたら、向かい側に老夫婦がおられましてね、
白い雪に吹かれながら、歩道に渡りだす瞬間、お父さんがお母さんの足元を心配して手を貸し、

お母さんは黙ってその手を握り、二人は渡っていきました。


私から見ると、むしろお父さんの足元の方が心配だったのですが...
お父さんは「妻を守る夫」であり、そして「頼られる男」、

その姿は、まるで一編のドラマのワンシーンのようで、
「ご夫婦の長い歴史と愛」を、横断歩道の中に垣間見た様な気が致しました。

決してお金では買えないもの...尊いものって、意外に近くにあるものですね、

心が春の雪で洗われたのでした(^^)

少しずつ暖かくなってきましたね!

最近、どうも携帯の調子が良くないのか、
メールが届いていない事が何度かあり、そんな時は
遠慮せずに、お電話下さいませね!!


さて「コロナに負けるな!!」

海外が心配ですが、さすがにちょっと疲れてきましたですね!
HPを覗いてくれた方にのみ、今限定で「今日のアドバイス」付けてます(^^)

どうやらですね、最近の傾向としてですが、
数秘術の「9系」の方に心身の調子を崩している方が多いようです。

自分ではよく分からないが、病などではないものの痛みや辛さが増えてきいる、
というような健康相談の方は皆「9系」でした。

基本「9系」の方は繊細で「心」がダイレクトに体に影響しやすい所が
あり、今の状態は「4系」の方はイライラが募りやすいかもですね、

世の中に蔓延する「不安」「恐れ」「閉塞感」などの波長を、
人によりなのですが強く受けてしまっている方が多い昨今です。

今は、外出やスポーツでの気分転換が難しい時ですが、
こんなときだからこそ出来る事...掃除、断捨離とか、中途半端になっている
事を片付ける、お料理などを頑張ってみるなどもありますが、

不安や人の想いの波長を拾わない訓練も、波長に敏感な方には
必要なのだと思います。

今は新たな興味の幅を広げるチャンスでもありますね!
もっと自分を見つめる時間を貰っているのかもしれません。

ちょっと顔見知りの方なのですが、
素敵な年配の方です。たまに世間話を楽しくさせて
頂いています。

スッと姿勢も良く、私は70代位の方と思っていたのですが、
それが最近になり、他の方からあの方はなんと96歳で、一人暮らしと
教えられました。

ええええええぇぇ〜!ウソォ〜!!
更に小樽方面から、週に3回札幌にお稽古事に出かけて来ていると...。

坂の多い小樽、電車と地下鉄を乗り継ぎ、階段もかなりあると
おもいます。が、ものともせず、

68歳の時に小樽方面に引っ越して、それからずっと
通っているそうです。
家にじっとしているのは、嫌なのだそうで、、、。

そういえば「お正月は家に居たものだから体重が増えちゃったわ!」と、
上品に微笑んでいらっしゃいましたが、

滑る冬道も関係なさそう(*⁰▿⁰*)
私よりはるかに体力もありそう!

「最近、ちょっとだけ聞こえが悪くなったかしら?」
「そこの階段も、少しキツくなってきたし...」

いえいえ、普通に会話してますし!
そこの階段、私などゼーゼーしますから!
96歳に完全にかなわない私です。

ここの所、ものすごい強者の年配の方に出会いますが、
強者は、驚くほど良く動く方ばかりで、
そして、決して無理をせず、マイペースを守れる方です。

私の目標にしたい方の一人です。

が、本当にコロナに気を付けて下さいよー!
と思いますが、やはりいつもと変わりなく活動しているらしく、

まあ、強者にはコロナも寄り付かないかもですね(o^^o)


昨日は暖かく、お洗濯をバーッと干せたので何だかスッキリ気分(^^)
暖かい地方ではウグイスの声を聞いたとか・・・
春まであと一歩です。

さてさて、今日は恋愛のお話...。

恋愛ではなくパートナーとして考えた時、全部ではないにしろ
男性はやはり無意識に母親が原点、プラスアルファになる事が
多いようです。


そのせいか結婚も視野に入る恋愛で、お付き合いが早く終わって
しまう場合「思っていたのと違う...。」と断わられる場合が結構あるようです。

女性目線からは、ハキハキとした美人でとても素敵な方でも、
お相手から「合わない」と言われてしまったり、

逆に優しくて可愛らしい女性ですも、始めは良くても次第に
「物足りない」と気移りされてしまう事もあり、

リーディングしますと、お相手の望むタイプは自分の母親のようなタイプ、
一番落ち着けるタイプなのだと分かりますと恋愛は別として、
やはり彼女はちょっと違うかも?という事があります。


それでも、一度お付き合いが始まると、合わないと言われようとも
何とかしよう、何とかならないものかと思う女心、

お別れを言い出されても、ズルズルと続いてしまい、
彼に「無い」と言われながらも、

諦めるべきなのか、もう少し頑張るべきなのか...。
彼の気持ちを探り続け、疲れきってしまい相談に訪れられます。


冷静に見れば「無い」と、言いながら
ハッキリと避ける事をせずズルズル続ける彼は
甘えるのが好きなお子ちゃんタイプが多く、

女性は分かっているのに離れられないのは、寂しさと依存の心。
恋愛的には相手の好みの女性になりきろう!
というのもありますが、

それも出来る人と、出来ない人があり、
特にしっかりと自分のあるタイプには難しい事です。

そんな場合は、彼は自分の母親タイプを望んでいる、
という事をお知らせして、自分には無理と思うなら早く忘れる対策を
指導という事になります。

恋愛はドラック中毒に近いものがありますので
あとは本人様次第の部分はありますが、

合わない人を好きになるのも、自分を知る為の学びではあるものの
先が見えない恋愛を続けるより、けじめをつける事が幸せへの一歩、

自分のままで愛される相手を探そうね!と
心から思うのでありました。

今日の茶話。

IMG_5387.jpg

ホワイトボードに張り付いているジジです(^^)


確定申告、ようやく終わり解放された気分です。
ちゃんと早く終わらせろっていう話しなんですが、
毎年、なかなか終わらない何かが発生してしまいます。
今年こそは、ビシッと!と、毎回決意し続けて今に至ります(^^;)


さーて、今日のお話は、
もうずーっと前のお話ですが...。

家族でいらっしゃるクライアントさん。
お父さんとお母さんとお子さん達、というのも、たまーにございましてね、

なんというか、家族レクレーションのような感じでしょうか(^^)
全然OKなんですが、まれに困った事もあり...

お子さんたちは、友人関係やら、恋バナやらで、真剣にワイワイ、
「お母さんは何かないですか?」と、聞いてもニッコリ笑って「...」

すると、お父さん、
「いや~、私には彼女がいつできますか!!!」

S「は...?」

子供が占いをしてみたい、というのを叶えようとやってくる
子煩悩で優しいお父さんではあるのでしょう。

ではあるものの、やや派手目のお父さん、
奥さんや、娘さん達の前で、冗談でも何をほざいとるんじゃ?!(心の声)

なぜなら、そこで家族が笑ってくれたなら、
「もうお父さんったら!自分で思うほどモテないですからね~!!」
とでも笑って言えようものを、

お母さんは、うつむきかげんに、線が入っているような暗い面持ち、
娘さん達、能面無言...

チーン!!

S、だめだ、こりゃ前科あり、それをまたこんな所で
何をさらしてんねん!!この親父が!!(と、更に心の声...)

「で、お仕事はいかがなんすか?」と別方面へ振る。
が、振っても振っても「いつ彼女が出来るんですか」に戻る。

「お父さ~ん、そぉ~んなに彼女が欲しいんですかぁあ?
いや~ね~!」と、娘さんに...
「そういうのはお一人で聞きに来てくださいませね~」

と、笑いながら目にキッと睨みが入ってくる S...。

そういう、家族が悲しんだり、困らせたりする事ををへーきでいう
男性って居るんですよね、

困ったお父さんです。

男ってね!!(^^;)

戦闘モード...

IMG_5384.jpg

皆様、お元気ですか?
閑散としている札幌です。

しかし、家から出るなと言われても、必需品はありまして、
近所のドラッグストアやスーパーはむしろ朝から人出が多い様な?

が、同じ店舗の中でも必需品以外の衣料品などは閉めている店舗もあり、
お客さんも無く見たことのない雰囲気となっています。

ペーパー類、除菌剤は棚から消え、私もハンドソープの中身はあれども
新しい本体が欲しく、5店舗位探したけれどありませんで、

先日、あさイチで行ったドラッグストアーも、やはりハンドソープの
棚はガラ~ンと空いていました。

しかし、

おや!?( ̄□ ̄;)  少し離れた所から見ると一番奥に2つあるじゃありませんか!!!

あった~!! 一目散に、ダッ~シュ!!! (ここからスローモーション風で)

ε=ε=ε=(ノ≧▽≦)ノ 

エイッと棚の奥へと腕を伸ばすと、と同時にもう一本の腕がぁぁっっ! 

「負けるか~~~っ!!」(って、なぜ?)

お互いにむんずと、一個ずつを握りしめ...、顔を見合わせる。


相手「...に、二個あって良かったですね...」ゼー、ゼー、と荒い息、

S「ええ本当に...これが最後でしたね」ゼー、ゼー、

お互いに戦利品を胸に、無言のままガッツポーズを交わして

別れる...ε=( ̄。 ̄;)フゥ

が、生活必需品が「無い」と思うと同時に戦闘モードに切り替わる
この主婦本能?主婦根性?

これこそがトイレットペーパーが無くなる原因の一つですね(^^;)

昨年の冬から春に風邪っぽくてマスクや、マスク除菌スプレーをなぜか少し多めに
購入しており、また先月初めに、なぜかトイレットペーパーを間違えてダブり
買いなどして、

今思うと、なにか予感がしていたのでしょうか?
しかし、ハンドソープで戦闘モードになったのでありました。

この戦利品は、サロン用でございます(^^)

除菌ハンドソープ、除菌ウエットティッシュ、

サロンに着きましたら、どうぞ手を洗って下さいませね!
電話相談もお待ちしています(^^)


戦闘モード...

IMG_5384.jpg

皆様、お元気ですか?
閑散としている札幌です。

しかし、家から出るなと言われても、必需品はありまして、
近所のドラッグストアやスーパーはむしろ朝から人出が多い様な?

が、同じ店舗の中でも必需品以外の衣料品などは閉めている店舗もあり、
お客さんも無く見たことのない雰囲気となっています。

ペーパー類、除菌剤は棚から消え、私もハンドソープの中身はあれども
新しい本体が欲しく、5店舗位探したけれどありませんで、

先日、あさイチで行ったドラッグストアーも、やはりハンドソープの
棚はガラ~ンと空いていました。

しかし、

おや!?( ̄□ ̄;)  少し離れた所から見ると一番奥に2つあるじゃありませんか!!!

あった~!! 一目散に、ダッ~シュ!!! (ここからスローモーション風で)

ε=ε=ε=(ノ≧▽≦)ノ 

エイッと棚の奥へと腕を伸ばすと、と同時にもう一本の腕がぁぁっっ! 

「負けるか~~~っ!!」(って、なぜ?)

お互いにむんずと、一個ずつを握りしめ...、顔を見合わせる。


相手「...に、二個あって良かったですね...」ゼー、ゼー、と荒い息、

S「ええ本当に...これが最後でしたね」ゼー、ゼー、

お互いに戦利品を胸に、無言のままガッツポーズを交わして

別れる...ε=( ̄。 ̄;)フゥ

が、生活必需品が「無い」と思うと同時に戦闘モードに切り替わる
この主婦本能?主婦根性?

これこそがトイレットペーパーが無くなる原因の一つですね(^^;)

昨年の冬から春に風邪っぽくてマスクや、マスク除菌スプレーをなぜか少し多めに
購入しており、また先月初めに、なぜかトイレットペーパーを間違えてダブり
買いなどして、

今思うと、なにか予感がしていたのでしょうか?
しかし、ハンドソープで戦闘モードになったのでありました。

この戦利品は、サロン用でございます(^^)

除菌ハンドソープ、除菌ウエットティッシュ、

サロンに着きましたら、どうぞ手を洗って下さいませね!
電話相談もお待ちしています(^^)


優曇華

2020-2-22_StFlower.jpg

コロナウィルスが広がりだしていますね、
しかし、実際数はもっともっと多いのだと推測されます。

次第に、在宅勤務なども増えて来たようですが、もうどこに居ようと大丈夫
では無さそうですね、

そんな折、最近「優曇華」(うどんげ)という何でも三千年に一度咲く花というものが
あちこちで発見されているそうです。

wiki
古くからインドで神聖なものとされる樹木の名前です。
うどんげは、植物の名前。"梵語"のउडुम्बर サンスクリット語のラテン文字転写"
を語源とし、「優曇華」または「憂曇華」とも書かれる。実在の植物を示す場合、
伝説上の植物を指す場合、昆虫の卵を指す場合とがある。
花言葉は「滅多にないこと」


また他でも、梵語ウドゥンバラの音写。いちじくの一種で、三千年に一度の花が咲く。
仏または転輪聖王が出現すると咲く、といわれる。非常に希なこと、珍しいことの喩え。
クサカゲロウの卵は別もの。 と、あり、

更に他では、この花は霊的浄化の花でありながら肉体的には痛みを伴うような意味合いも
あるようです。しかし本来は「吉兆」を表します。
仏から直接聞けるような、めったにない有難いチャンス!みたいな意味ですから、

でも根っから心配症の日本では凶兆しと捉える場合が多いそうです。

今、この花の話が話題になるのは、クサカゲロウの卵ではなく
本物の優曇華の花が咲きだしているからでしょう。

三千年に一度の変革の時に私たちは居合わせているのかもしれません。
今回の事で人々の意識が確実に変化していくのだと思います。

何が正しく何が偽りなのか、遠くで起きる出来事も他人事ではない事、
あなた任せでいる事の愚かしさなど、いっぺんに気付かされているのでは
ないでしょうか、

夜明けの前は一段と暗いと言われます。

まだまだ暗い時期が続きますが、吉兆しを信じましょう!
きっと、見ない世界での変化も起きてきているのだと思います。

さぁて、昨日のバレンタインデーはいかがでしたでしょうか?
恋愛相談で、最近一番多かったのは

「バレンタイン、あげても良いのですか?」

えっ?なぜゆえにあげてはいけないのでしょう?
と、逆に質問したくなります(^_^)

が、迷惑なんじゃないか、重く受け取られるのではないか、
などなどと考えまくって、消極的な気持ちになるのですよね、

もう、その時点で重いですよ、カラッといきましょう!(^^)
貰って嫌な人などおりません!

今の時代、ストーカーは別として、嫌がる女を落とそうなんて
男性はおりませぬので、お世話になった御礼でも、ご苦労様でも
何でも良いので、あげる事です。


で、なんでバレンタインが過ぎてから、また何を言っているのかと思われる
かもしれませんが...、

バレンタインデーは、皆があげたり交換するお祭り日、
皆さま、義理だろうとも何個かは貰いますので、「ああ、有り難う!」で、
終了かもしれません。

しかし、相手に自分の印象をもうちょっと付けたければ、時間差を作る
作戦もありなんです。

もしかするとくれるかも?また、くれると思わなかった意外性も、
「ごめなさい、少し遅れたけど用意してたの!」と、ニッコリ!

というほうが、微妙な関係性の場合は功を奏する事があります。
つまり他との差別化を図る、これはタイミングもあり上級作戦ですが、

まだ、気になる人にあげてないなら勇気を出してね!
いずれにしても、頑張りましょう!(^^)