bf2089ee319379c1ecfdb094c49c0d54.jpg

こんにちは!

誰にでも「恐怖心」ってありますよね、
これも人の七つの情の一つで辛いものではありますが、

原因は様々ですが、多いのは「トラウマ」(恐怖体験)というものでしょうね、
何かしらのきっかけでパニックを引き起こしたりします。

それが今生での体験もあれば、過去世から背負ってきたもの(カルマ)だったり
することもあります。人は皆、気付かぬ所でなぜ?と思いながら、それらと闘い、
生きているのかもしれません。

また人によりそれがとても深く、原因も分かっているにも関わらず、
今世はその解消のためにある人生なのかと思われるケースもあります。

心理療法など、いろいろありますが、すぐにすべてスッキリ!!
というほど単純でもないかもしれませんが、それがあるからこそ、

自分の奥深くを見つめる、自分を知る為の大きなチャンスを与えられている
という、「魂の成長過程」の一つが今、来ているともいえるでしょうね。


東洋医学では、恐怖の原因は腎臓と関係ありとされているようです。
つまり「腎臓の氣」が弱くなると恐怖心が増強するらしく、

元気な子供は腎の気が強くて恐れ不安を知らず、危険より興味が勝つ!
驚かせたり、自分が驚く事、ある意味の恐怖を楽しみ、好みます。

しかし、わっ!と突然強く驚かされると、お年寄りだと命にかかわりますよね!


恐怖心が強い方が腎氣を強くするためには、早寝早起き、淡泊な精進料理系、
そして「塩」は腎の氣を上げるのに効果があるそうです。

お年寄りで、わりと塩味の好きな方は腎氣が弱い証拠だそうです。
まあ、淡泊なものと、しょっぱい漬物があれば満足なお年寄りは多いかもですね、
(あっ!私も甘味より塩味が好きかも^^;)

たまには良いですが、長い事の摂取しすぎは血圧やらにあまり良くない事は
皆さんご存じかと思いますのでほどほどに、ですけどね!
塩やミネラルはどうやら「氣」にも関係するようです。

人間関係などで、一度バーンとオーラに穴を開けられ、恐怖を感じた
場合にエネルギーが抜ける、氣が乱れる、それがトラウマになるというか
癖になる事もあるかと思います。

心理的には、やはり経験を積む事が一番で乗り越え体験を増やす事。

更にはですね、「カッサ」が良いのだそうです。
痛そうなイメージですが、きちんと全身施術してもらうと
以外にもとても即効性があるらしいです。

やはり、皮膚からも体温を上げるのは、何かしらの期待できる効果が
大きいのでしょうね!

真っ赤になるっぽいですけどね(^^;)
はい、一度やってみたいですね~!

レイキの出来る方は、腎臓のポジションを念入りに、ですね!
腎はアレルギーにも関係していますので、何かと
体と心につながっているのでしょう。

自分の体と心のケア、出来るところからやってみましょう!(^^)

00414.JPG

部署が変わり、上司は仕事は出来るが変わり者と有名で、
とてつもないパワーはあるが、何をやらかすか分からない、
なかなか付いていけないクセのある人だったりする事があります。

それでも食らいつく様に頑張り、早朝から出勤してむちゃぶり満載の
仕事をこなし、鍛えられ、数年かけてようやく少し認められるようになり、
そこそこ大きな仕事も取れるようになった。

「本当に良く頑張ったね~!!」
そんな矢先、上司が暴走...。

これは、もう少し良く調べるべきなのでは?
という不安から意見したところで、

「大丈夫だ、お前はそんな弱気だからダメなんだ!」と、一喝され続け、
同僚の誰かと比較され続け、本当にギリギリとなってしまったが、
自分で必死で調べ上げて、

ものすごい勇気で、下手をすると「法律的ペナルティー」もありうる
案件だと訴え、ようやく上司も理解し歯止めがかかった。

が、今から改正したところで、すでに間に合うか否かの瀬戸際...。
周囲の人たちは、彼女が悩んでいたことを知っています。

が、上司からは理不尽な𠮟責と、自分が担当の仕事なだけに
突き進む上司を止められなかった責任は自分にあると思い込んでしまう。

S.「馬鹿言ってんじゃないわよ!そういう人はこちらが謝ったら
終わり!全面的にミスを認めた事になり責任を押し付けられてしまう。

世間的には、部下のミスは上司の責任といわれても、
結局、自分のミスは認めないでしょうし、その力は大きいです。

事実、そうして過去にも何人かが消えていったのだそう。

悔しいですよね、悔しいからこそ、
ここで歯を食いしばって、もっと仕事で自分をその上司を
認めさせたくなる。

S.「また何を馬鹿な事を言ってるわけ?(^^)そんな事を真面目に
言ってたら、気が付いた時はあなたは定年目前になってるわ!
結婚もしないで会社に骨を埋める気なの?」

「えっ?...確かに...、今の言葉をメモしておきます~っ!!!!」

妙齢の彼女が、婚活を犠牲にしてまで数年頑張った事をすっかり忘れて、
仕事一筋になっているのでした。

「とても良いもの」を持っているのに、どうしても自分に自信が無く、
好きな人は結婚してしまい、あまり集中力の無い彼女にとって、
この数年は泣きたくなるほど辛くとも、人生には「宝」の経験に
なったと思います。

元々、数年と私は思っていたので、そういう事件が起きるのも
神様の采配かと思いました。

ひどい無茶ぶりも、その人間性の底が見えても、
ここまでがんばったのだから!という思いと、
仕事が出来る難しい人から認められる、というマジックがあるのでしょう。


しかし、女性としても生きたいのなら、どこで引き返すかですね。
会社を辞める必要はないですが、まあ、部署を変えて貰うなどして
ボチボチその上司から卒業しても良いかと思いました。

彼女はもう大丈夫!

でもね「自分を変える」そんな人も自分にとっては
「運命の人」ではあるんですよ!(^^)

札幌も、ひどい雪で、車で10分の所も1時間も掛かるありさまです。
おまけに気温が高いせいか、水分の多い重い雪なので除雪もままならず、
ため息でございますね~!

125044__champagne-foil-pearls-beads-bokeh_t.jpg


さて、クライアントさんには、ススキノのお姉さん達もいらっしゃいますのでね、
たまにススキノ景気情報が入ってきます。

そして先日、面白い話を聞きました。
もう長いクライアントさんである綺麗なお姉さんは、どうやらNO.2らしく、
どうしてもかなわない、桁違いの売り上げNO.1のお姉さんが
いるのだそうです。

で、そのNO.1お姉さんに、珍しく彼氏ができたらしく、
彼氏は東京の人、どうやらお金持ちっぽい。

お姉さんのお誕生日を祝うのに「東京へおいで!」という事で上京、
素敵なレストランでお食事をして、
ウン十万円する例の🍀型のネックレスをプレゼントされ、

彼が「少し用事があるから、車を用意しておいたので先にホテルに戻って!」
と...、見るとそれはリムジン!
おまけに座席は花で埋もれていたそう!!!

きゃ~~~~~~~!!!((⋈◍>◡<◍)。✧♡
そんなクサいドラマのような本当の話があるのねっ!(興奮)


が、NO.1お姉さんは、何かしら感じるものがあったらしく...。
めっちゃくちゃ調べて相手は独身と言いながら既婚者だと判明、
という事で、速攻でジ、エンド!

ものすごくサバサバした人だということでしたが、
まだ20代といっても並みの女性じゃありませですね!
さずがにNO.1を張るだけの事はありそうでした


しかしNO.2と言いながらも「初めてのお客さんがシャンパン3本入れ
てくれたんです!」

ドンペリ...(1本15万円)だそうな...(^^;)
聞けば、どうやらお会計が100万円近くなんて珍しくなさそうです。

うん、コロナだろうが何だろうが、ススキノは健在のようで、
ちょっと安心しました。

何と言っても、お姉さん達の逞しさが素晴らしい!
頑張れ~~!

しかし...、ある所には、$あるんですねぇ(^^;)

厄年の話...。

ncp1a.gif

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

さて〜、お正月も三日が過ぎ、今日から仕事始めの方も
多いかと思いますが、

札幌は朝から雪が横殴りでございまして、
寒い中、本当にご苦労様でございます。

そして、お正月中にご質問がありましたので お答えしますね!😀

どうやら、お友達が運の悪い事が続き、
「賀春」の塩を分けてあげても良いですか? という事だったのですが、

ご主人が後厄だという事で、とても気にしている という事でした。
さて、割と質問の多い厄年、 何度か話した事があるかもしれませんが、

厄年というのは昔、むか〜しの 統計学で割り出された数字、
年齢だそうです。

男性ならば、この年齢に一番、怪我や病気が多かった。
女性ならば、出産での死亡数で割り出された年齢だそう。

昔は防具やヘルメットとか無いですしね、
今ほど衛生的ではない時代、女性は出産で命を落とす
事が多かったわけです。

今と昔では身体も環境も変化し基本的には今の時代に合っていません。
が、今は今なりの身体の変わり目、 社会的な地位の変化による
精神的な変わり目として、

心身を崩しやすい年頃ではありますので、 厄年も生きていて、
やはりお祓いや浄化は吉です。

何かあっても、まあ厄年だからと納めるのは良いとして、
厄年を、無意識に『厄年→恐ろしい事』と暗示が 強く
入っているとその通りの事が起きやすくなります。

慎重になるに越した事はありませんが、
よくないことが続く時は、普通が当たり前に なりすぎて、
感謝を忘れている時と言われます。

今後の為に改める事がありますよ! と、
教えられている時ともいえますね。

大難が小難で済んだと、改めて日々に感謝していくと
早く元に戻りやすくなりますよ!

囚われすぎないようにしましょう!!
というお話でした。


が、実際こんな事を言いますと怪訝な顔を される事が多いの
ですけどね・・・厄年好きなんだなぁ・・・と、思います(;'∀')

できれば、厄年だけでなく普段から祓いの意識が
あれば良いかなア、なんて思うのでありました。

どうやら厄年などを作ったのは陰陽師さんだったらしく、
今の陰陽師末裔の幸耀先生が、それは昔の統計だから!

と、言っておりましたです。はい。

目覚めよう!

年末となって参りましたね、

さて、最近「えっ?」というお話を聞く事多く、
レイキを習ったのに、先生に取り消されたという話を聞きました。
(レイキも段階があるのですが、それを取り消されたしく)

自分が悪くて取り消されたという事は、もう使えず、出来ない状態にされたのだと
本人は思っていたらしく...。

って、取り消す?そんな事出来るんかい??? という話なのですが(^^;)
聞けば、どうやら最後の段階で、都合で先生を変えたらしく、

すると、新しい方の先生も「ちゃんとできていないので教えない」と、
そのように旧の先生に伝えなさい!という事で、

あるとき、旧の先生にこんな事になったのですが...と、伝えると
学んで取得したものを「剝奪」されたそうです。

そりゃまた、旧の先生 VS 新の先生の争いに巻き込まれた図だと思われ...、
「レイキの神髄」から遠く離れた悲しいお話でした。

そこそこのやり方がありますし、しばらくすると忘れたり経験不足なのは
当たり前の事です。わからなければ復習して学びなおしたり補足していくのが
教師の務めです。ましてや学んだ事を剥奪など、やろうにもできません。

伝授することは魔術ではないので「剥奪」という言葉に脅されてはダメ、
ちゃんと出来るから大丈夫!と、伝えましたが、「ティーチャーとしての資質、
心得」を、学んでいない方も多いみたいで、残念な事でありました。


また他にも、気持ちが落ちている時に
「あなたの守護神があなたに呆れて去ってしまった。

だから新しい守護神を見つけなけらばならない。頼んでも引き受けてくれる
神様が居るかもわからない。やってみなければわからないから来て!!」

と、言われたがどうしたら良いか分からない。本当に守護神様は私に呆れて
私が悪くて嫌いで去ってしまったのでしょうか...?

えええ??? 守護神様って、そんなに心狭いんかい?(^^;)
輪廻転生する魂をずっと守ってくれているのが守護神様、

世の中の無情を学ばせて、そんな中でも得る「生きる有難さ」を知る為に
起きる事は多くあります。

ただし立ち直るチャンスを見逃してはダメ、ズルズルそれをやっていると
悪魔に心を取られてしまいます。

悪魔や邪は、不安や欲、怠惰で魅了し誘惑するのが仕事、
でもそれに騙されると、罰を与えるのは神、

それは、親が「火は危ない」と教える時、軽く痛い目に合わせるのと同じ、
危険だと承知で火遊びをすると、それなりの「報い」を教えます。
だから多少の辛い事は神(親)の愛だと思って下さい。

しかし、聞けば悲しい思いはしているものの、
金運はめっちゃ上昇している様子、

悪魔に魅入られている人に騙されちゃ、自分に報いがきます。
ここが踏ん張りどころ、自分の心と体は自分で守る!
その決心が必要のようでした。

辛い時、考えたくない決めたくない、答えだけ求める「依存」が働き、
それは悪魔が後ろにいるのも同然の事なんです。
誘惑はそこら中にあるのでね!

ヒントを得て、自分で考えて自分でやる事!

守護神様が居なくなるとか、去る、という事はありません。
やる気になった時にこそ、守護が働くのであります。
ただ、学びに対して多くは干渉しません。
それだけです。

皆!目覚めよう!!(^^)/

四苦八苦...

e8d665b28eecb0733fcea35b37ba9bf5.jpg

日々、相談を聞いていますとね、やはり皆様、四苦八苦しながら
ギリギリ頑張っておいでです。

そこで、ふと四苦八苦とは...?

四苦とは「生、老、病、死」の事、
そのほかにも、儒教や仏教でいう六情六苦、
「喜怒哀楽愛悪」「生老病死貧財」の苦

更にですよ、七情というものもありまして、
「喜、怒、哀、懼(く:恐れ)愛、悪、欲」
この場合は、楽と欲は一緒と考えるらしいです。

→と、行くほどに思慮過剰(考えすぎ)になりやすく
漢方では脾臓を壊す事になるのだそうな...
体調を崩すってやつです。

はい、何となくわかりますですね(^^;)
どうして過剰(もっと!)になるのかというと、
ここで悪魔が惑わすんでございますね!
悪魔は心の中で恐れの成長を常に企んでいますから...

そして、八苦
生苦(生まれるだけで苦!)病苦、死苦、
愛別離苦(愛する者との別れは苦どころじゃない!)
怨憎会苦(行く手には必ずムカつく人間が居る!)
求木得苦(求めるものはなかなか得られないんです!の苦)
五陰盛苦(肉体があるが故の苦)

存在意義、何のために生きているのか、
生きている意味って何?という苦でございます。

しかし、これらの大問題を自分なりに解決し悟る事で
幸せを見いだしていけるのだそうです。
もちろん、幸せとは欲を満たすという意味ではありません。

「七情八苦」苦の方が一個多い...
まあ、そんなもんでしょう(^^;)

そして、誰しも身に覚えのある、また時代に変わりなく、
「私だけ」逃れる事もできず、「私だけ」の苦しみでもなく、
人間の歴史はすべてこの苦悩にもがいてきたのでしょう。

という事は、神様やら仏様やらが、
皆平等に人間に課せられたものではあるものの、

あとは「乗り切るんだ!悟れば極楽!」
「苦しみなくして成長は無い!」
とか、言いながら応援しているのでしょう。

もうイジメなのか、慈悲深いのか、ようわかりません(^^;)

が、そのルールの中で生きている以上は、
どっぷり苦につかり続けるよりは、

早くクリア!することを考えた方が良いですよね!
笑う門には福来る!
それが悟るってことなのでしょう(^^)

こんにちは!

今日は「いい夫婦の日!」「結寿の日!」
そして、今日から冬に突入~(T-T)

さらに、そして!ドメインの事でアドレス変更とかしているうちに、
また、ホームページUPが出来なくなりました(T-T)

とりあえず、今週のスケジュールです!

-------------------------------------------------------

11/22  月 11~15時

11/23 火 満

11/24 水 15.16時 夜満

11/25 木 13.15時

11/26 金 レイキセミナー

11/27 土 10~13時 

11/28 日 おやすみ

11/29 月 11~17時

11/30 火 10.11時空

12/1 水 10.15時空き

------------------------------------------------

11/22日(結寿の日)YouTubeにて15時~60分
光輝先生の2021大祓のライブライブセミナー
https://sendoushi.jp/goods/kagayaki2021/


ダイアリーその他、順次発送予定。


12月(上旬) 陰陽六行2級 新規(32.800円)
             復習(5.000円)


12/12(日)レイキ遠隔ヒーリング練習会(4.000円)

神無月。

こんにちは!
「神無月」氏神様にはいつ参拝にいけば?
お尋ねがありましてね、

旧暦の10月は「神無月」と言って出雲に神様が集まっていろいろな
「縁」の取り決めをすると言われております。

が、旧暦(陰暦)ですから、毎年、日にちが変わります。

今年は11/14~21日までだそうです。
この間、出雲では神様のお出迎えから、去るまでの
神事が続くわけですね。

ですから、出雲は特別に「神在月」です。
(諏訪大社も神在月らしく...)


さて、神無月といっても、全国の神様が一斉にいなくなる?
というような事はなくですね、

日本の神様を大きく分類しますとね、「天津神」と「国津神」に
分けられます。「天津神」(あまつかみ)は「天照大神」つまり
「天孫降臨」の天孫系の神様、

「国津神」(くにつかみ)は高天原にいる神々、元々日本にいらした
土着系の有力な神様です。八百万の神々。

そして、この「天津神」または「七福神」などの外来の神様は
出雲にいかず、留守を預かるわけであります。

また、きっと神様ですからね「分身の術」くらいは使えるでしょう!(^^)
ですから、居ない!訳ではないと思ってください。

また、しまった!!お願いが日程に間に合わなかった!!という場合も、
ちゃんと氏神様は元々リストをお持ちでしょうからね!

今、行かなければ!という駆け込みより、
折に触れ神社参拝していれば、大丈夫でございます。

それでも一応は!という方は毎年、日程を調べるもよし、
私は毎年10月には必ず皆様のご縁も含め、
お参りに行くようにしています。

ずいぶん前に、出雲に出向いた時は「出雲大社」「出雲阿国の墓」を
探していましたら浜辺に着き、あっ、岩に鳥居がある、

さすが出雲!くらいに思っていましたら、
そこが神話の「国譲り」で有名な「伊佐の浜」と後で知りました(^^;)

そこで撮った写真の一枚に、私の上から光が注ぐ写真があり、
出雲に行けて良かったな~!と思ったものです。

高千穂神社、天岩戸神社と、この出雲大社はとても不思議な
経由で行けましたので感謝しております。

この「伊佐の浜」でも「神在祭」の神事があるそうです。
出雲阿国のお墓は、その途中にある小高い所にありました。

出雲大社の近くの「出雲そば」美味しかったです。
少し甘めのタレが好きです(^^)

また行きたいですね~

痛み...。

IMG_7553.JPG

人間、あちこち痛くなったり、病になったりするものですが、

老化現象、これは否めないものであり、徐々にきますわね!(笑)
徐々にといっても、筋肉が落ちるのは早い!と驚きです。

体力を過信して当たり前に無理をして、
え?なぜ?と、病にならないと気付かない事もあります。
これは男性に多いパターン。

私は何も変なことをしていないのに、コリや痛みが出る!
はい、何もしないから痛くなるらしく...、
これは、女性に多い(^^)

柔軟な筋肉も、固まるのが早くなるんですね、これが、
軽い運動を癖付けておかなければ、痛むばかりですよ!

これらは、目に見えるものですが、


もう一つ、心の痛みが体に伝わるものもあります。
これらはなぜかタイムラグがありましてね、
原因がわかりにくい事があります。

「痛み」は、体と心のお知らせSOS、
お薬やレイキやいろんなことで何とかしよう!
そうなるのではございますが、

いつも言いますが、体は心より正直です。
自分自身が、あまり見たくない本当の自分を見る(知る)事で
そのメッセージを受け取れることがあります。

つまり、痛みも感情の固まりだったりするわけですね、
不安、恐怖、悲しみ、嫉妬、悔しさ、無力感、etc.
それらを黙り込み、自分自身を無視しているって事がないでしょうか、

実際は、無視しているわけではないけれど、
何もしないのは、やはり無視しているのと同じかもしれません。

エネルギー的には、自分の出しているネガティブなエネルギーが
どこかで弧を描いて自分に戻って来て鋭く刺さり続けます。

漢方では、怒りは肝臓に、悲しみは肺に、不安は脾臓、恐怖は腎臓に、
とされています。経絡などもありますから影響される個所はもっと
多いでしょう。

不調や痛みがある場合は、自分の心と不調な個所と話してみると良いですよ、
「ああ、あれはきつかったよね!でもよく頑張った!エライ!」
「本当に良く耐えた、こんなに辛かったんだね!ごめんね!
もっと緩く行こう!」

そう、心と体の緊張感(ストレス)が続くと痛み不調として現れます。

そして、ここが大事な部分、ちゃんと「感謝」してくださいね!
なにせ自分に強要するばかりで、あとは無視するのが「自分」です。
うん、それはひどい人じゃないですか?そりゃ体も怒るかも(^^)

認めてあげる事や、癒してあげる事、応援してあげる事、感謝する事、
本格的な病も、生き方を変えるよう指示してくるわけですので、
病も感謝の一つとなります。

外側ではなく内面を見つめる、
結局は自分の事は、自分が責任をとるようになっておりますね、

自己ヒーリングなどが上手くいかないと感じる場合も、もっと
自分を見つめてみると良いかもです。

時間を掛けてしまったトラウマや痛みなども、いきなりは戻らず、
繰り返しの癒しと、やはりタイムラグを通して戻ってきます。


持って生まれた宿命と運命はあれども、それ以外の
運の良しあしも似たようなものがあり、
それらは、すべてあなたの選択次第ということなのでしょう。


という事で、
寝違えて、首が痛い森羅でした(^^;)

49F2CA08-2F70-48E8-9302-7560BCEB2868.JPG


そういえばですね、
先月、ふらっとキャンプに行ったんです。

そこはオートキャンプ場で、綺麗で何かと整っているので、
女性に優しい!!バッチグー(^O^)v

少し雨も降り寒かったのですが、
誰か分からないほど頭から着ぶくれダルマで、フラフラと遊んでました。

で、ふと気付くとお真向いサイトのキャンパーさん達、
ん...? 気になる...。

どうやら、あれは夫婦でも恋人でもなく、友人でもないカップル
と見ました(^^;)

へえええええええ...

今って、そんな感じのキャンプデートもあるんだー!
ふ~ん!と、ちょっと新鮮な驚き!

着替えも含め、キャンプ道具一式は彼女の車に積載されており...。
(ありゃ、出張で一泊!とかいう事になっているんでしょう!
ホテルのレシートとか残らないしね!笑)

テント設置も撤収も、これまたお見事!慣れてる!さては常習犯か!(^O^)

お向からは、お肉一枚食べるたびに、甲高い声で感動と感謝の言葉一杯で、
なんだか、こちらが一杯になってくる(><;)
それだけでも、けっこう目のやり場に困る。

夜は小雨だったので、風除けに火の向こうに二つの傘を重ねてハート型、
そのハートを前に、遅くまで火を囲んでくっついてました。

こちらは、テントの場所と風の影響で、どうしてもお向かいさんと
向かい合ってしまう為、もうそそくさと温泉に行き、ホカホカのうちに
さっさと寝袋に入る!

夜中も雨は降っていたけど、朝は秋の晴天!!
お向かいさんは仲良く、くっついて歯磨きしてました。
そして、さっさと早めに撤収していきましたが、

いやしかし、そういうのもあるのね!
と、新たな傾向を発見したのでありました。

ずっと寝てたのに、なんとなく疲れた。
もう一度お風呂に入って帰ろうっと!

そんな秋の一日でした(^O^)