こんにちは!
先週は、毎日ヒーリングが続いておりましたが、

その中に、お世話になった方でコロナは陰性、風邪もひいておらず、
なのにコロナ後遺症の様な症状で、鼻の奥に炎症を起こし喉も
辛く大変になっているとの事、

一応は3日間のヒーリングという事になりましたが、
一日目はふわっと、にゃんこが傍にいる感じがしましたが、猫好きな方
ですので、そうかなぁ、と思っていましたが、

二日目に、髪の長い中年の女性がビジョンに現れ、はっはっはっと高笑い
している。生きている人だなぁと思われたので、これこれこんな感じ
の人を知っている?と、ラインをしますと、

次の日に「実は、憶えがある」と連絡してきました。
昨年より、アルゼンチンタンゴを趣味で始め、
どうやら先生は外国人なのだが、女性のパートナー先生(日本人)が
いつもお団子にまとめているが髪は長く、嫉妬深そうなタイプで、

おまけに前回、帰り際お互いににこやかに挨拶をかわした時に背中が
何となく「ぞわっ」としたんだそうな...。

あらま...、
アルゼンチンタンゴは、とにかく頬がくっつく位の距離で踊る
「Aの形」になるセクシーなラテン系ダンス、

まぁ、ラテンの男性は情熱的ですしねぇ、自分の
生徒さんであれば、上手でも下手でも時間を掛け力が入りますでしょうし、
パートナー先生としては、面白くない事もおありなんでしょう。

レッスンに行くと外国人の先生が、ハグしてくれるのが楽しみで
通っている7.80代の女性生徒さんが多いのだとか(^^)

今回、先生と一緒に写っているお写真を見せて頂きましたが、
髪をオールバックにし、ダンスで鍛えた体躯、マフィアっぽい?
もとい...(^^;)5.60代のこれまた渋っぶいイケメンでしたわ、
これはウケルはず!

なるほど、コロナの時期もさして影響が無かったそうですから、
さすが情熱のダンスです(^^)

彼女はそこのメイン年齢から見るとまだ少し若く、病と共に
どうやら独占欲の強いパートナー先生の生霊もいらしたみたいです。

こういう場合の生霊は、誰なのかお名前まで特定できれば回避できます。
つまり、自分が意識することで防御できるという事。

心底、恨まれる様な事はしていないでしょうから、生霊というより
「念」のようなものでしょう。
以前に飼っていたにゃんこが、心配して傍にいたのかな...。

そんな話をしていると、もうずいぶん前に、
同じように原因不明で喉を傷めた事があり、その時の事を
思い出したそうです。

辛い状態も、お知らせというか、自分のセンサーみたいな場所が
働く事があるかもですね。

まぁ、しばらくは他を刺激しないようにレッスン以外は、先生との
お喋りに興じたり、物理的に近づかない方が無難かもですね...。

彼女は北海道の方ではありませんので、
そんな感じのお話と遠隔ヒーリングを致しました。

趣味も時には、なかなか面倒でございますね~(^^;)

(ヒーリングで、毎度そんなことになる事はありませんが、
必要な事であれば、そういう情報も入るのであろうと思います。)

その一言。

昨日、カフェでお茶していると隣のカップルの話が
聞こえてきた。

どうやら、きっかけは分かりませんが、
ちょっとした沈黙があったのかな?

彼女「怒ってるの?...」
彼「いや...」

彼女「だって、ずっと黙ってるし...」
彼「黙っていちゃダメなの...なんでもないよ」
(それほど怒っている風ではない)が...

S(あらま、これはカップル危機パターンだわ。)

多分ね、これで彼女は「彼が何を考えているのか分かりません!」
「別に好きな人ができたんでしょうか!」と、なります。

が、彼にしてみるとこいう会話や彼女の気持ち、状態はすごく
疲れるし嫌なのです。

彼女は彼が何を考えているのか、また自分を本当はどう思って
いるのかが気になり、更に彼に探りを入れていく、
または探りを入れている最中なのでしょう。

そこで、また一段と「ウザイ」事を何度か繰り返し、
近いうちにお別れを切り出される確率を高くしていくでしょう。

彼が黙っていたのは、ただ疲れてボーッとしていたのかもしれず、
男性には興味の無い話になっていたかもしれず、

彼女の話に合わせる事をせずとも良い時期に来ていたかもしれ
ませんし、実際に軽く怒っていたかもしれません。

彼女は「私の勘違いだったらごめんなさい、何か怒ってる?」
と、聞けば良かったですね。

そうすると、彼は(あ、心配させたかな?)と感じ、
「ごめんごめん、ちょっとボーっとしちゃって...」
とかであれば、にっこり笑って、
「そう、心配しちゃった!」とか返せば良いですし、
(可愛い^^)

「実は仕事で疲れてる」とか「考え事がある」とかの場合は
新たな会話の入り口になるでしょう。

もちろん言い方にもよりますが、「怒ってるの?」の一言は
(否定的)に捉えられますし、彼は責められている感じがする
でしょうから、何となく言い返してしまい嚙み合わなくなる。

彼女はちょっと言葉が足りなかったかも知れません。

これは、人間関係でも同じ事が言えます。
知り合いや、同僚が何となくいつもと違う、ギクシャクする、
という時は、

「私があなたに何かした?」と、逆ギレになる場合が多いですが、

「勘違いだったらごめんなさい...」という自分の非も認めつつ...
相手に声を掛けてみると、お相手も(こちらこそ)という気持ち
になり、ぐっとなごんで話しやすくなります。

「その一言」が運命の分かれ道になる事、多しです。

一雨ごとに寒くなる、がもう始まっているのでしょうか、
朝晩は寒さを感じますですね。

さてさてここ数日、
意味は不明だが「気分が乗らない」「やる気が起きない」
「なぜだか寂しい」「自分がもの凄くダメな人間に思える」等々...、

全員が、急に気分がネガティブにハマっている相談(^^;)

「自分が何をしたくて、何を求めているのか分からなくなった」
「体調もダルい」「理由もなく泣きたくなる」

夏も終わり過ごしやすくなってはいるが、一抹の寂しさや不安が湧いて
くるのでしょうか。

水星逆行のせいですか?という方もおりますし、天候のせいでしょうか?
新月に向かっているから?お彼岸だからでしょうか、等々...

確かにどれも、そうかもしれませんね!
秋って、ちょっと感傷的に自分を振り返る気分にさせられるかも
しれません。

普段なら気にも留めないような事に不安を感じたり、
急に将来に不安を覚えたり、人間関係に過敏になったり、

私が思いますに、やはりそういう時期なのではないでしょか、
だからこそ、ご先祖様を振り返る、読書の秋、芸術の秋、学びの秋、
食欲の秋もあるかな?(^^)

いずれにしても、冬に向かう為の静かな気分転換の時期なのでしょう。

ただ、ここ数年の流行り病や、今年は大きなニュースも重なり、
世の中の変化の中で、より「自分の儚さ」を感じるのかもしれません。

でもね、迷ったり、苦しかったり、辛かったりするのは
自分がダメなのではなくて、自分が「成長」している証拠なんですよ。
心の「成長痛」ですね(^^)

一時的に感傷的になっても、また順応していくのものです。
また、そんな時は「気分転換」の時期を知らされているとも
いえるのではないかと思いますよ!

ちょっと時間を作って、好きな事、やってみたかった事に
挑戦してみる時期でもあるかもしれません。

そうそう私は、SHINRAのLINEスタンプを
全40個、ボチボチと制作してみました(^^)

皆さんもファイト!!

イベントが終わり、ようやくいつものペースに戻っています。
常にマイペースだと何かある時に、関西系のそのスピード感というか、
何んというか、毎回、乗り切れないうちに終わる森羅です(^^;)


さてさて、先日にお電話がありましてね、
ずいぶん前に、たくさんの部下を抱えた方でしたが、どうしても
今までになく苦手な部下がいると...、きっと私の事をずいぶん嫌って
いるらしいという相談とお仕事のお話でしたが、

私がみましたところ、「嫌われている」そんなことは一つもないはずだから、
絶対に大丈夫よ!と、伝えました。

すると、しばらく経ってから旅行のお土産にと、その方には
「お誕生日、近いですよね...」と、皆と違う、ちょっと素敵な物を
くれたのですって、

「私は何を誤解していたんでしょうか...」と、おっしゃっていましたが、
思い込みって、どんどん悪い方へと膨らんでいくもので、
嫌われていると思い込むと、ギクシャクして自分も嫌われる事をしだします。

誰しも、いつも明るく元気で、いつも上機嫌で悩みも無くいつも晴々とした!
そんな人はいません。

その方は、すっかり思い込みだったと気付き、
ようやくオープンになれたそう。

先日、まだまだいけるのですが、後進に道を譲り退職しました。
そして、そのとても悩んだ部下から「お世話になりました」と、
自腹で大きなアレンジフラワーが、家に送くられてきたのだそうです。

その時に、初めて「やりきった!」という実感が湧いてきて
涙が出たと、お話されていました。

おめでとうございます!
そして、これからまた新しく自分の会社のスタートです。

応援しています(^^)

引き続き...

はい、ティールーム本店から二号店に飛んできました!(^^)

先日ですね、いつも仕事の相談を電話でお話している方ですが、
仕事に追われながらも婚活も頑張って!のクライアントさんがいましてね、
なかなか、コレという相手に出会えない中、

ちょっと良い感じの方に出会い、お互いに本命にはなりきれないが、
たまに軽く食事をするようになったのだとか、

女性が少し苦手そうな彼、あまり積極的とはいえないけれど、
大きな仕事が終わり、ようやく緊張から解放された彼女に連絡があり、
「仕事はうまく行きましたか?」と、

なので、彼女から「時間があればまた食事にいきましょうか!」...と、誘い、
ところが、彼が「タロット占いをして貰った」との話をしだし、

最初のカードは良いカードらしく、次のカードで「子供?」と聞かれ、
「いえいえ、そんなこと考えていません!」と、

すると、次からは素人が見ても怖いカードが立て続けに出まくり、
占者も言葉を失い青ざめたらしく...。
彼はカードの柄を覚えており、調べてみるとろくな意味ではない。

「自分の人生、終わった...」的な話になり、
彼女は「終わった」より「子供、いらない?」の方に気を取られ(^^;)

で、どんなカード柄だったらしいの?と私は彼女に聞いてみると...、
あー、それは意味を取り違えているよ多分。子供の意味もあるけれど、
どちらにせよ、その場合は「結婚」に関する意味だったはず、

彼女が「何を占ったの?」と彼に聞くと「全般的に...」と、答えたそうですが、
まあ、ズバリ結婚の事を聞いたのでしょう。

で、それはどこで占って貰ったの? 彼はカフェの店主さんに占って貰って
貰ったみたいで、あまりの事に彼は人生の「トラウマ」になったとの事(><)

ありゃりゃー、今度会ったら教えてあげなさいよ!それ多分違うって、
わりと短いスパンでの事をタロットで見るのであって、
人生は自分次第だって!

「教えてあげたいです!!でも、次があるような気がしません(T-T)」

その時は「未来」だったかもしれないけれど、
ケチが付いた「今」をカードは暗示していたかもね!

私はまた連絡あると思うから、良いも悪いもまだ決める時じゃないので、
取り合えずメシ友で良いじゃない!

引き続き、婚活もボチボチ行こう!!
なんて話をしましたが...、

案外、男性は怖がりなので「占い」が嫌いです。
テンション下がるのも嫌なのでね!

だから「占い屋さん」なんかにいくのはイヤだけど、
カフェなら許容範囲だったのでしょう。

カフェは全然問題ないですが、
言葉を失い青ざめる占者に占って貰っちゃだめよね(^^)

こんにちは!
興味深いお話を聞きました。

コロナにかからないように必死に注意していたんだそうです。
今までは何とか無事でいたのに、先日ついにかかってしまったと...。

「私、何か悪い事でもしたのでしょうか?」
いやいやいや、今の世の中どこでかかってもおかしくないでしょう!

そこで話を聞くと職場にかかってしまった人がおり、
人手不足で休みも返上で、ひと月程たいへんだったそうな。

更には辞める人も、引っ越し準備があるのにお休み返上
だった為に、つい出来るお手伝いをしてあげた結果、

職場やプライベートの愚痴やら何やらを聞かされる事となり、
疲れ切っていた所に、久しぶりに美容室に行くと、

友達同士で一緒に予約していたのか、オバサン二人が大声で
おしゃべりに興じている客が隣の台におり、

美容室も感染対策がしっかりして
いるところを選んでいるのに、何なのコレ!

腹立たしい×2で、恨みを込めてジッと睨み続けていると(^^;)
美容師さんが気が付いて目で謝ってくれて、軽く注意してくれたが
「馬の耳に念仏」。

数日間のイライラがピークに来ていたその夜に喉の痛みがやって
きたらしい。幸い病状はそれほどでも無かったようですが、

あれほど気を付けていた自分がなぜ? と、ショック。
スピリチャルな理由があるはず!と、思ったらしく(^^)

彼女は「休みたい...」が、一番だったはず。
そして、気を付けながらも彼女の悪い癖が出てしまい、仕事も感情的にも
やりすぎてしまった事。

結果、疲労と怒りで免疫力を落としてしまったのでしょうね!
様子を見てスルーするのが難しいタイプの彼女です。

「でも先生、私 頑張ったんですよ~!!褒めて下さい!!」  
よしよしよしヾ(・ω・`)(^^)

聞けば、「上司さんがとてもスルー上手な感じなので、
お手本になるんじゃない?」

「まだまだですね、私!実は少し嫌になっていましたが、
今回分かった事もありますし、この職場にももう少し学びが
あるみたいです。」

はい、怒りは「免疫力」を落とす、という学びでした。
ゆるゆるといきましょう!(^^)

こんにちは!

以前は、女性オンリーだったサロン鑑定も
最近は男性もたまに訪ねてくれるようになりました。

若い男子の鑑定はいやいや興味深い(^^)
男子のなかなかのドラマ展開にほ~っ!とため息の森羅です。
たまに留学生さんなんかも来ますので、それはそれで面白い(^^)

さ~て、お悩みは尽きないものではありますが、
どうもですね、淡々と他人事のように悩みを話す人もいれば、
号泣しながら訴える方もあり、

ご本人もどこから話したらよいか分からず、時系列をつなぎつつ
の場合もありますが、この場合は慣れておりますのでどこから
話しても大丈夫です(^^)

悩み方も人それぞれではありますが、
悩みを早く解決させたい人、何かしらの良い事を求めている人、
聞いて欲しいだけの場合もあれば、
悩むこと自体が好きな人もおりますです。

号泣しているから深いのか、といえばそういう訳ではなく、
ガーっと悩んで、パッと立ち直る、
発散型はまだ良いですかね。

向き合うことも大事ではありますが、悩みや苦しみを自分に寄せすぎる
というか、嫌であろう事と一心同体になっているような場合もあり、
これは少しまずいです。

真面目といえばそうですね、もうちょっと距離をとって見られれば、
もうちょっとちゃらんぽらんに思っても良いし、
苦しい時は、誰かのせい!でも良し、
悩み苦しみから逃げる要素も持とうよ!と、思うことがあります。

悩みや辛さは周期的にやってくる「他人事」ではありませんが、
力を注ぎすぎると、間違いなく自分が損なわれるだけであり、
そういう学びと気付きが必ずあります。

自分が損なわれる前に「自分」ではなく、ほかの人はどうなのだろう?
どう考えて解決するのだろう?という、興味を持って欲しいかな~と、
思いますが、

そういう場合はなぜか自分のネガティブを崇拝している場合多く、
ネガティブ強力大で気付くのを避けているように見えます。

まあ、根気よくいきましょうと思います(^^)

お盆休みとなりました!

ここの所、コロコロにかかる方多く...。
やはり症状がゼロの人から3.4日高熱と喉痛で大変でした~!
という方までバラバラ。

最後まで症状ゼロのまま陽性の人、家族が遅れて発熱してから
数日後に陰性→陽性、

あとの家族は発熱で、まあそうだろうね!ということで検査なし陽性で
一家全滅へと...、が、潜伏期間もまばらで体力差もあり、
家族の誰が持ち込んだかは定かではありません。

陰性だから大丈夫!では無さそうな感じです。
最近はイベントが増えてきましたし人出も多くなってきましたが、
若い子はデートしたくて我慢できない。

熱が下がるのと同時に、親の目を盗んで居なくなるのだそう。
また、家族がかかり濃厚接触者なのだから出掛けてはダメ!が、
聞けません。

まぁ、夏風邪といえばその程度の人もおりましょうし、
もはや、もうどこで引っかかっても不思議なし。

が、それはそれとしてですが...、たびたび酷い話を聞く様になりました。
それぞれスポーツ大会が始まり、目指せ全国大会!!

それに伴い、試合の遠征中に子供がコロナに感染...、
親はチーム、学校、その他の関係機関、一軒一軒にひたすら謝りまくる
しかなく、気の毒でなりません。

「誰が悪いわけでなく、しょうがない事」と言ってくれる方も多い中、
厳しい対応の人もいる訳で...

ところが、精神をすり減らして謝罪した後に分かった事は、
遠征前に最初にかかった子を、隠していたという...。

というような、似たような話がバラバラと出てきます。
なんだかなぁ...。

目指せ全国制覇!!!
も、裏事情ありありでございます。

隠さなければならない流行り病は
魔女狩りみたいなもので、いいかげんにせよ!

と、しばし思うのでありました。

最近は...。

cda48b3561ace677a3422ab670eba06e.jpg

こんにちは!
以前は、対面鑑定は女性のみとなっておりましたが、
いつからか?たまに男性もやってくるようになりました。

最近は若い男子の鑑定が楽しい森羅先生でございます(^^)
「なるほどね~!」というよりは
「やっぱりね~!」と唸る事多し。

妙齢の女性は、やはり結婚は相手あってのものですから、
甘くみてはいかんですね。

今までも、恋人はもう私のもの!と、あぐらをかいてしまい
自分本位になり失敗したケースも多々ありましたし、

逆に尽くし過ぎて飽きられるケース、言葉の行き違い、
思いやりのかけ方、声のかけ方など、経験不足でうまくいかない事が
多くあるのではありますが、

直接、男性から「こういう想い」があると聞きますと、
世の中、システムはドンドン進化し、やれキャッシュレスだ、
ペーパーレスだと変化していきますが、

やはり、人間の心はアナログで何も変わりはしないものですね!
たとえ相手が冷たいように見えても、苦しむのも男女変わりません。

何が正直なのか、正直だから良いってものでもなく、

ある意味、女性は真っすぐにゴールを目指しますが、
「愛」は何処にあるのか、疑問を傾けながら、
男性は少し哲学的(複雑に)に考えます。

男性はやはりロマンが第一、そこを折り合い良く
理解できると良いのですけれど、女性はなかなかできないです。
わかるけどね!(^^)

きっとそこが幸せへの乗り越えどころなのでしょう。

また、サロンには良く大学生さんがいらっしゃいますが、
(学割あります^^)
たまに、外国の留学生さんもやってきます。

みなさん、日本語は達者ですが、占いとかスピリチャルって、
言葉がちょっと難しいかもですので、
英語は使えませんが、頑張って日本語で説明してます(^^)

皆さん、そりゃ外国にいる訳ですから考えも元々しっかりしている
とは思いますが、将来の人生設計がきっちりしていますので、
日本人との違いを感じます。

そりゃ感心!であり、純粋であり、したたかでもあり、
お母さんの意見も大切に考えていて可愛い!!
& めっちゃ楽しい!(^^)

などと思いつつ、日本人はやはり平和ボケしているのかもと
思わされたりします。

しっかりせにゃね!!

家系...。

こんにちは!
お盆が近いから?ではないかもしれませんが...、

ここの所、セッションの中に家系の話が出てくることが多く、
父系、母系とありますが 女子はお父さんに似て、男子はお母さんに似る
また祖父母に似るとか、いろいろいわれますですよね、

もし、父母どちらかの家系に問題が多くあれば、心配になったりしますが、
その筋の専門家さんが、どんなに調べても女子はあまり家系の影響を
あまり受けないらしいです。

が、家系の癖みたいなものはあり、
それは家訓や教育とはまた違うものだそうです。

男子の場合は家系の「縦の法則」のようなものが存在するらしく、
祖父、曾祖父、そのまた前、等...
また誰か一人、強引な色情問題が勃発している場合も
なぜか繰り返しが起きて、これはなかなか強力で家系が途絶える元になる
因縁めいたものが出来てしまうようです。

モラルを突破する衝動的な性質が、家系の中に出来てしまうらしく、

その繰り返しが、家系に出る。
例えば、息子さんが問題行動を起こす。なぜに?
で、専門の方がよーく先祖をたどっていくと、やはり散々迷惑をかけまくった
家系の中の最初の一人がおり、そこから何度か「繰り返し」が起きていたそうです。

そうなりますと、つい「呪い」的な考えが出てきますし、
確かに怨みを受けてはいるかもはしれませんし、
供養すれば、なんとか!という事もあるかもしれませんが、
家系というDNAの科学もあるようです。

女子は我が道を行く!!のですが、最終的な家系のキーパーソンは、
やはり「女性」なのだそうです。

これまでの長~い家系の中でも、やはり栄枯盛衰があるわけで、
そこには「一組の夫婦」が見えてくるそうです。
「仲の良い夫婦」は家系の濾過、つまり家系浄化になるのだそうです。

栄えるのも衰退するのも、一組の夫婦がキッカケになっている事が
わかるそうです。仲の良い両親の子供は穏やかに育ち、良い遺伝子が
優性的に出て「仲良きこと」が刻印される。
そうでない場合は、加重的に悪因縁が増幅される。

ですので、自分の家系背景があまり良くないと感じる場合は
自分の代で浄化すれば良いわけですね!
どうしても離婚になる場合は、とにかく綺麗に悔恨残さず
お別れするのがベストだそう。

女の子ばかり、男子ばかり生まれるのも親子間の問題等
ないわけでもなさそうです。もちろん、それも一つありの100%の
話ではないですけれどね!

父母には、ここにも8:2の法則が働き、母の影響が8、父は2という
お父さんが可哀そうではありますが、「偉人の母」とは言いますが、
「偉人の父」は無いですよね(^^;)

素晴らしい男性には、素晴らしいお母さんがいる。
成功している家系には「世の為、人の為」という生き方の
最初のお母さんがいたという事らしいです。

しかしです。
実際の所、何代も何代も前までさかのぼれる人は多くはないと思います
が、歴史に繰り返し何度も「飢饉」や「戦い」などもあったわけで、

その中で、子供を守り何とか食べさせ育ててきた、
忍耐強い母に育てられ、そうやって生き残ってきたのが、
私たちのご先祖様、そして今その最先端にいるのが私達ですから
自慢しましょう(^^)

今は、自由に生きているようで生きにくい世の中でもあります。

ご先祖様に感謝しつつ、子孫様の生きる未来の世の中の為にも、
私たちは自分なりに、より良く生きぬく事に大切な意味が
あるのでしょう。

どうやらですね、「家」に嫁が入るという形式は
今、大河ドラマでやっている鎌倉時代からだそうです。
それまでは「通い婚」だったらしく...。

その頃は、実家からの財力、部下を束ねている妻の立場は、
夫も口出しできず、とても強かったそうです。
ドラマをみていますと、何となくわかりますですね!

江戸時代になり、強い嫁は「根性悪」になったそう。