髪の免疫力

IMG_7365.jpg

こんにちは!😀
↑秋の収穫を頂きました~、お野菜高くなりそうですので
ありがたや、ありがたや!

さて、最近、電話相談で面白い話があるとついつい話し込んでしまい、
反省の色濃い森羅です😅

今日のお話は、それとはまた違うのですが、ある意味の健康相談、

髪の抜け毛、これに悩む相談がチラホラ前からありましたが、
また、少し多くなったような気が致します。

女性はホルモンが変動しますし、出産と更年期で、髪が抜ける、これは
否めませんですね、

出産時はすぐに戻りますが、更年期以降は、
なすすべがない!😭

実は私も、ちょっとだけ悩んだ事がありました。
髪が痩せるって、アレですね。

そんな時に、男性でやはり薄毛に悩んだ という方が、たまたま
教えてくれました。

彼も散々調べた結果、最近は実際に効果を感じていると...。

で、聞いてみると、
髪はシャンプーではなく「石鹸」で洗う!
それも、そこらに売っている
固形の○○石鹸で良い、との事、

えーー!
あっ、でもどこかで、読んだ事があるような?
でも女性はねー!😅

と、思いつつもそれじゃあ、やってみる。
恐る恐る、、、

私だって、髪は気にしてシャンプーやトリートメントは
選んで使ってましたのでね、

ええ、その結果は想像通りです。
きしむ、きしむ!のバサバサになるので、すぐやめる。
でも、思い出してまたやってみる。

そのうちに、石鹸洗いからのトリートメントだけはする、みたいな
段階を徐々に追って1年半位も経った頃でしょうか、

夏だし、トリートメントもいらん!
と、超ズボラになった日、
なんと髪が、健康を取り戻していた事に気がつきました。

髪がめっちゃ増える!なんて事ではありませんが😅
パサツキやきしみ、枝毛なども無く、

もちろん、頭皮の個人差あるでしょうしオススメはしませんが、
根気と時間とコツも必要ですが、本来の健康な髪を取り戻したい場合は

まあ、やってみるのも良いかもね~!
なんて、教えてあげています。

本当は、冬場は石鹸も使わない湯シャンが一番なのだとか、

乾燥の静電気も気にならなくなりましたが、
冬は毛先だけトリートメントか椿油をすり込んだりは、たまにしています。

やり始めた方々からは、わりと評判良く、馬〇とか純正の石鹸、
自然由来のものがなどが良いようです。

艶が戻ってきたかも!
ついでにお肌にも化粧水いらずになってきた?みたいなお話も‥。

石鹸一個で全てが済むお得さ& 私のようなズボラさんにはうってつけ!😅
既成概念をぶっ飛ばす勇気がいるだけです。

髪も自然の本来の免疫力を取り戻す!
の、お話でした。

日々いろいろな鑑定があります。

こんなに発展している日本ではありますが、
田舎に行くとまだまだ保守的というか、信じられないような
お話を時々聞くことがあります。

そんな閉鎖的村社会?に「転勤」。
そして、タブレットどころか呆然とするほど文明の機器が無い為に、
必要な物は自分で調達&自分の物を使うしかない。

そのうえ落ち着いた年代であれども都会的で可愛らしい空気を
漂わせる人女性は当然、同年代の同性には受け入れられず、
あっという間に職場イジメの対象に...。

肩書や立場はどうあれ、土地の有力者一族が一番偉く、
その「一族」には周囲が「忖度」しまくる異常な世界。

それがちょうど、一族の人間と仕事での専門分野がだぶり、
クライアントさんの方が経験が深い、しかし、疎外されつつ、
専門外の苦手な仕事を押し付けられ、次第に体調も崩し、

駆け込んだ病院の医師も、当初は味方だったが、
ある日、手の裏をひっくり返すようにメンタルを崩した人間が
悪いとなり親も呼ばれて、
「発達障害」&「自閉症」だから、県立病院へいって
診断書を貰い職場に提出するようにと...。

そして、今後も人と関わる仕事をしないように言われ、
結局は休職、あるいは退職を促しだす始末...。
が、本格的に休職となると後に不利益な問題ばかり
起きるのだそうです。完全な嫌がらせです。

すべては、有力者一族で忖度される一人の同僚、の為です。
その土地で一族に、逆らったり嫌われたりしたら
そこで生きて行けないのが現実のよう。

しかし、そのクライアントさんはそれまで25年同職で働いてきて、
大学時時代には数年間、各外国で留学をこなしてきている才媛です。

今までも人間関係で悩んだ事が無かったわけではないが、
今回の超田舎転勤による集団イジメで、
初めて大きくメンタルと体調を崩したという。

泣いてばかりいても始まらないので、戦うしかない!よね?
という話をしていましたが、

すると彼女「うちの実家の弁護士さんに頼んだ方が良いですか?」
「それとも、知り合いの代議士さんの秘書さんに聞いて貰うのは
どうでしょう...。」

「あと、今回の組閣の某大臣は私の昔からの友人で幼馴染なんです。
彼は東京だけど、事務所がこちら(実家付近)にあるので行って
お願いした方が良いかしら?」

・・・ええええええ ???(゚Д゚;)


ええ、泣いてばかりいる彼女がお嬢様なのは知っていましたが、
実は、更に「超」のつく「ご令嬢」だったのでした!

持病もあり、結婚していないので、家族の反対を受けながらも
長く勤められる職業を選んだのだそう。

当然、親は「仕事など辞めて戻れば良い」なのですが、
彼女は働いていくことが希望なのです。
もちろん、これから一緒に生きるパートナーも見つけたい。

同じお嬢様でも、何一つ苦労していなさそうな
(実はそんな事はないのですが)
クライアントさんの、ふわっとした華やかな雰囲気が気に入らない、
のでしょう。

どんなに、その田舎の医者と県立病院の医者が結託していようとも、
大きい所の方がより「長いものに巻かれる」のだから、

こうなったらお偉い知り合い全部出して「私は障害などでは無い!」と、
叫んでおいで~!!!!

いやいや、殺人事件が無いだけで、「横溝正史」の世界を彷彿させるような
お話の中からセピア色の状況や、湿った空気が見えてきます。

クライアントさんもおそらくそうだろうと言っていましたが、
そこは昔の戦場地跡にある土地柄、

いまどき?と思えども、

小説より奇なりの相談が結構あります。

呼吸...。

どうやら、10月は気温がじわじわと10度ほど低くなっていくようですので、
体調管理をしっかりせねばなりませんね!

さてさて、今メール相談は基本的にリピーターさんのみの受付となっておりますが、
不思議とですね、なぜか来るときは一斉に来るんです!

3人位づつ分けてくることもありますが、単独でお一人だけ、ということは
まずありません。ですのでメール相談は必ず重なります。

何かですね、メールの相談皆様は住む土地も、年齢も生活背景も、全く違いますが、
妙な繋がりをいつも感じている森羅です(^^)

そしてその中で、クレーマーさんとの厳しく長い、数か月間のお仕事がやっと
終了したものの、休みたいばかりで「さあ!また頑張ろう!」という気力が
どうにも湧かないというメールがありましたので、気質的回復(切り替え)の仕方と、

気力(エネルギー)の回復は、しっかり意識して深呼吸して!という内容の
メールをお返ししたところ...、


『今日になったら、昨日までと打って変わって、急になんだか体が軽く・・
気持ちも少し軽くなり、今日からやっと再スタート、といった気持ちになりました。
急になんでだろ・・? と思ったのですが、森羅さんのメールを読み、
そういえば昨夜寝る前に、整体のYouTubeを見ていて、
「深呼吸がちゃんとできるかが大事」と言われ、
筋肉ほぐしながらたくさん深呼吸したのを思い出し・・。
「ご飯ではない栄養は、呼吸で入れるしかない」に、納得です!』


というお返事が戻って来ました。
有難うございますっ!(^^)
言わんとする事が伝わったようで、めっちゃ嬉しいです!

はい、そうなんです。
疲れていても、ただただダラっと寝ているより、
一区切り的な活動、体を温め免疫力を高める、しっかり呼吸をする
が正解です!

ご飯をたくさん食べても、たくさん寝ても、
なにか気力が湧かない事って多々あります。

「気血」って聞いたことがありませんか?
東洋医学では、体の基本となるものは「気」と「血」、とされ
この両者の巡りが体のバランスをとり生命が成り立っている
とされています。

「気」の巡りが悪くなると自律神経のコントロールが出来なくなり不安定に
なります。精神的に厳しい状況になり、イライラ、憂鬱、不眠、等々
様々な不定な症状をきたします。

もっとも始めから「気の巡りが悪い」ではなく、ほとんどが
ストレスや悲しみで「巡りが悪くなり停滞する、弱くなる」そんな感じですが、

女性には多い症状ですね、鬱もパニック障害なども始めはここから
なのだと思います。ちゃんとした呼吸が出来ないというのは、
つまり空気中の栄養「氣」を取り込めなくなる。ということです。

呼吸はしているが、浅く早い呼吸。死なない程度の弱い呼吸になって
いるが、本人はまったく気付かず...。
冷え性の方は、まさしくこのパターン。

呼吸がしっかり出来ていないのは万病の元!
皆様、ちゃんと呼吸をして「氣」を取り込んで
くださいませね!!!

ヒーリングという手もありますが、
まず始めは、自分で深呼吸をゆっくり繰り返す。
それが一番でございます(^^)

お月さん。

こんにちは!
さ~て、今日はですね、

イベントやら、来年のダイアリー受付など『陰陽六行』のお話が
多いですので、六行ネタで...いきましょう。

今日はサービスで『月気質』のお話です。
なぜって? 私がお月さんだからです!(^^)/
&なんと岸田さんも「地月さん」でございました!

五行→六行へと移行中の今の時代に現れたお月さんですが、
実は、のち「六」になるように元々、五行の『土』に二つを内在させて
ありました。

五行の「木火土金水」のうち、足りないのは日と月、日は神をあらわしますので、
光輝先生が『月』を採用しました。

古い書物には
「自分はヒエやアワを食べても他人に米を食わす人」
「自分はボロをまとっても、他人に錦を着せる人」と、
書かれているそうです。

今風に言えば「ボランティア精神の強い人」、
実際に、ボランティア活動を好んで駆けつける人たちの
半分近くが「月気質」だったというデータがあります。

ですから、基本的に世話好きで優しい人たちです。
困っている人をほっておけない!
そして、正直で「本音」を大切にします。

月は空にある為、人が何をどこで困っているかを上から見ているように
察する事が出来ます。放っておけないお月さんは、そこでついついお節介を焼き、
やらなくて良い事を抱え込み、やりすぎて疲れる傾向があります。

それは、なぜか?
お月さんは説明するのがちょっと苦手な性質、
言うよりやったほうが早い!そのほうが苦にならないと
思う傾向があるようです。


恋愛なら、例えば彼氏のお部屋をお掃除して、女子力高いね!と感謝され、
喜び、張り切って毎回お掃除をしているうちに、次第にそれが当たり前となり、
感謝もされなくなり...結局、「私を解かってくれない!」
と、怒りっぽくなる事が発端となり恋愛がうまくいかなくなったりします。

また子供の成長にも、放っておけないが発揮されすぎると、それは優しさ
ではなくなります。が、自分には当たり前なの事なのでなかなか気づかずに、
一生懸命にやっているのに「なぜ?」と、悩むこと多し。

毎日ギリギリ時間なので小学校へ車で送っているうちに、子供が自分で歩いて学校に
行かない登校拒否になった「月」のお母さんのケースも...

「月」は日々変化するものですから、不安になりやすい所もあるのですが、
これ!と思うと猪突猛進的に突っ走る事もあります。
その場合の行動力は抜群ですが、上手くいく場合と、待つ事が出来ずに無駄が
多い場合もあるようです。

お月さんは、説明(なぜなのか、どういう気持ちなのか、どうするのが
良いか)などを、ちゃんと相手に伝える説明力が「鍵」となります。
その説明力が無ければ、言葉足らずで周囲ともぶつかりやすくなります。

ここで、器の大きなお月さんと、小さなお月さんに差が出来てしまいます。
もちろんすべての人がそうですが試練から学んで、自分の螺旋階段の階層を
上げること、それが魂の目的とどの世界でもいわれます。

たとえば1.2度は掃除をしてあげても、彼氏にも効率の良い掃除を教えて、
一緒に掃除を楽しむと怒ることも無く、彼氏も楽な掃除を覚えて
一挙両得となります。

また、ボランティア気質のお月さんが、『お金』に執着しだすと
これも「人生の空回り」の原因となります。

相手を助けるためにやっていくことが、巡り巡り回って、結果的に
お金だけではない自分の富となっていくのが「月気質」、

その助けは、やってあげる事ではなく、出来るようにしてあげること。
真の意味での「助け」には、何を伝えてあげると良いのか、です。

人に伝え育てるのが『月』のお仕事ですよ!(人+云+月)=『育』
すごいですねー!!!(^O^)

少しおっちょこちょいでドジなお月さん、そこが可愛いチャームポイント!
が、冷静に違う視点で意見してくれるお友達も居ると良いかもしれませんね!

そんな性質のお月さんは、もちろん「世の為、人の為」のお仕事が最適です。

また、それだけではなく、陰陽六行では『天月○○』『地月○○』など
四つの漢字でその人を表します。ですから同じお月さんでも、
↑に書いたことだけがすべてというわけではありませんで、864通り、
一人一人それぞれです。

岸田さんなどは、「地、月、決、種」でしたので、また一味どころではなく
違いがあるでしょうね!

地月さんは人の話を聞くのは苦になりませんので、そこはお月さん性質
でございますね(^^)大器晩成型です。

さて、今日は、ざっくり「月気質」について、でした。
残りの五つの気質・その他の学びは、きっとあなたのお役にたちますので、
お勉強に来てくださいませね!(^^)/

9/20(月) お休み

9/21(火) 15.16時

9/22(水) 14.15時

9/23(木) 10時~15時

9/24(金) 10.13.14時

9/25(土) 10.11時 陰陽六行、光輝先生、出版記念講演会

9/26(日) 24条サンプラザ、スピリチャルフェスティバル

今日は,頑張ってHPの手直しをして、
いざUP⤴️と思いきや、エラー・・・

またかよーー!😭
道は険しいです。


さてさて、最近の恋愛事情はですね、
やはり567の影響にて、パッとしないでありますね!

が、基本的には変わらず、恋愛もしたい、結婚もしたい。
でも、結婚につながらない結婚はしたくない。

で、ちょっと気になる相手は怪しい香り、
紹介される人は帯に短し襷に長し、
相性は良いと思うが好きにはなれない。

その怪しい相手をこちらに向かせたとて、
浮気されて以上でしょうし、
というか、すでに騙されている。

やれやれ、困りましたね😅

あと、恋愛で失敗する人に多いパターンとして、
ちょつと難しい所ではありますが、

まず、自分の世界があり、相手の世界がある。
自分の世界を確立している人には入り込み過ぎないのが恋愛
ルール、、それが相手を理解しているという事なんですが、

自分の世界が無い人は、相手を理解しようとして
相手の世界に入り込みすぎます。

なぜなら、無意識は相手を思い通りにしたいと思って
いるからです。でも、それは今後も相手を理解できないという
ことなんです。

そこら辺は、好きとか嫌いとかまったくの別物、
自分に合わせてくれるのは恋愛の最初だけの事で、
居心地の良い相手かは別のお話。

思い通りにしたい、はすぐにバレます。
自分の世界を持つ人は、相手が辛いとか疲れているとか
の時に、聞く耳と包容力があります。

そんな相手がかけがいのない人になっていきます。
それが、好きと惚れるの違い。

相手を知りたい・・・は、場合により奪い取る
そんな攻撃的なエネルギーになる事があります。

自分に自信が無いから相手を確保しようと
しがみついてしまうからですね。

自分の世界ってそんな難しいものじゃありません。
恋愛だけでなく外へも気持ちが向いていること。

自分を育てるのが重要というのは
そんなところからなんですよ!

瞬間に空気を伝うもの、
出会いを大切に繋げていく、
今はそれが大事かもですね!

幸せの・・・

朝晩は秋の冷え込みを感じる様になりました。
そろそろ秋物へと衣替えですね。

そして最近,よくケサランパサランに良く遭遇します。

サロンに入りドアを閉めようとすると、
一個のケサランパサランが一緒に入ってきました。
しばらく部屋をウロウロしながら,やがてユーティリテイへ
入って行き、消えた?

バス停に立って居ると、腕の上にフワッと何かが乗った。
と、見るとケサランパサラン。
そしてまたフワッと飛んでいきました。

そして昨日,走っているバスの窓へフワッと飛んできて、
ちょっと留まり、また風と共に流れていきました。
まるで挨拶をしに来たみたいに。

ケサランパサラン3連発😀

何かイイコトあるかしらね、だと良いな〜!

fcfde08d73ba0f7758a264f19dfdd8df.jpg

森羅です。
ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。

新しいパソコンが入りまして起動しておりますが、
なんと!

肝心の「メール」と「ビルダー」が、まだ調整中の為、完全復帰で
きないでおります(T^T)

しばし、お待ちくださいませ...。


さてさて~!
今日はですね、「スピリチャル講座Ⅳ」でございまして、
「数秘術」を学びました。

聖書の最初に「はじめに言葉あり...」その言葉とは数字の事、数字とは
言葉であるとされています。

ピタゴラスに始まり、カバラ、ヴェーダ、数霊、イスラム模様、魔法陣、
振動数等々...フラワー・オブ・ライフまで、
昔から数字にはパワーがあると知られていました。

と、まあ...この手の話をしだしますと私、止まりません😅
すべてが現代に、自分達につながるところまで関係してきますのでね!

が、めっちゃ脱線しつつも「数秘術」に戻ります。

そして、今日の学びの最後に課題としてやってみたのが、
なんと!私の資料に前回の数秘術講座の為に用意していたらしい、

眞子様と圭さんのお誕生日があったじゃありませんか!
なんとタイムリーな!🍀

ということで、やってみましたら!
おォォォ~~~、
そうでしたか!!! という感じでした。

そして、今年ですか? いやいや、
来年にしても、普通でしたらOKですが、
吉と出るか、凶とでるか、

他の占い等からみると、ぎり年内の方が良いかも?
年末寄りでしたら、数秘の影響は少なくなるとは思います。
ですが、これは賭けになると思います。
皇室としてはどうなのでしょう?ですね...

う~ん、深読みしますと、わざと今年なのか?
とも、読めないでもありません。
もし、調整している方がいたとしたらすごく微妙な線だと
思います。

さあさあ、どうなる事やら、

いろんな角度からみますとね、
いやいや、つい深読みしたくなりますですね(^^)

コラボ①

先日、サロンの神棚の前のお水を替えるために,
水を捨てると、その小さな器から流れ出る水が
真っ黒なヤニのような色に見えました。

ええっ?すぐに入れ物の中を確認しましたが中は
普通な感じ・・・
うーん、私の目に錯覚かしら???
まあ,色々ありますわね😅

気を取り直しまして、
さて〜!

今日はですね、古くからのクライアントさんであり、
私のセミナーも多く受けている「Akiko」さん監修の
コラボ鑑定です😀

彼女は占星術やアロマ、ハーブその他のセラピストさんとして
活躍していますので、私とは違う切り口が爽やかでございます!

そこで、簡単にはでありますがご紹介してきましょう。
今週は、たまたまUさんの別口鑑定です。
生年月日と軽くUさんの悩みをAkikoさん伝えてあります。

ーーーーー

⭐️まずはホロスコープから見てとても強運で
サイキック傾向が強い人です。
S、確かにその霊感チックさも彼女の悩みの一つです。

⭐️本来はフレンドリーで楽しい人で、コミュニケーション
上手なのですが、自己肯定感が低くメランコリック(憂鬱)に
なりがち、

人に尽くす事を厭わない為(占星術的な前世の影響で)
信用はされますが、その強いパワーと自己犠牲的な部分が
本人の葛藤を強くし、自律神経を崩しやすい傾向にあリます。
S、確かに長い事、体調にも苦しまれているよう。

⭐️数秘術などからも根本的強さがあり社会貢献への道へと
惹かれますが「尽くす」事が自然になりすぎていて、
状況や相手により、男性からのモラハラを受けやすい傾向が
あるため注意が必要です。

S、Akikoさんによると占星術でいうドラゴンテイルに
ベスタという小惑星重なっている為、そのような傾向が強く
なるのだそうです。実際、今は夫婦関係の立ち位置も
重要な所です。

⭐️それらが、仕事のクライアントさんとの関係にも
影響が出てくる恐れあります。

S、そこは森羅も引っかかる所ですので今後の家業や計画中の
仕事に臨む時に助言が必要ですね。

⭐️自分を大切に扱うこと、他者との心地よい距離感、
それらをサポートするために

好みはありますが、甘い香りが好きなら「ベンゾイン」
樹脂なので「安心」満たすイメージの精油、

この方は双子座に星の量が多いのでこの「ベンゾイン」
が良く、お守りになります。

その他にも、精油としてはベルガモットや
グレープフルーツなどの柑橘系、

あと、少々高価ですがお花の優雅な香りの
「ネロリ」などもホロスコープ的に相性が良いです。

そして、ハーブとしては嫌いでなければペパーミント、
シャキッと感のイメージがありますが、
少量のフワッとした香りは心を沈静化してくれます。

その他にも、他者との境界線をハッキリさせる。
安定と集中、チャクラを通すスピリチャルな香りなど
必要ならUさんに合うものをお選びしますのでご相談ください。


Akiko
ーーーーー
森羅

今後は、徐々に自信を取り戻し、
かつ、バランス的に自分に比重を置くマインドが
重要になってくるでしょうね!
受け入れてもらう、のではなく、周囲を受け入れながら線引きの
できる心の大きな女性になることを心がけましょう。
その為には自分の休め方も課題ですね!

ご本人様が、たまたま家業に向いている、というより,
やはり、導かれた事と思われます。
が、特別に心が逞しいわけでもない普通の優しい女性です。

心の揺れも葛藤も、自らが経験して乗り越える為に、
与えられた修行のように見ていて感じます。
心が疲れたり不安になる時はアロマやハーブの力を
借りるのに向いているタイプです。
香りに支えられ、味方にしていくのも良いかと
思います。

傾向は傾向として心に秘めて、
自分でなんとかせにゃならんのですから😀

このかたは「土」タイプですので厭わずに努力できる
方です。そして、夢は見ても希望的観測だけでは決して
動ける性質ではありません。自分だけの仕事に徹する時は
大きめのアクセサリーを一つ付けるなどすると良さそうです。

前を向いて、影響されず、依存せず、一歩づつ自分の
足で歩いていきましょうね!!

ではでは!
今回はこの辺で・・・🍀

Akikoさん、有難うございます!

煩悩・・・

パソコンの部品足りず・・・
復帰は今週末へ延びました😭

ふと見ると光輝先生の講演会はちょうど長野→高岡と
動いており大盛況らしく、い並ぶ祝の花々・・
札幌、25日土曜日14時からで〜す✌️😃


さてさて,今日は煩悩・・・
まあ,人間が生きている限り苦しめられるのが煩悩
仏教では煩悩は環境その他の外側にあるものより
自分の内側にあるものとされています。

無くすのは不可能、
ただし心を練りコントロールは可能。

人は時に強い感情に揺さぶられますが、
それに流されてしまうと、いつの間にか自分が
全て正しのだと感じだしてきます。

周囲の人を悲しませても、振り回しても、
自分だけとなり、その結果が後の自分に
降りかかって来たとしても、なかなか気付きません。

陰陽の世界でも、進む事の大切さと共に
日本人の成功の仕方として、人のあり方として
留まる事の正しさも説かれています。

心に穴の開く事は誰にでもある事ですが、
その穴に闇の魔物を入れぬよう
自分と戦わねばなりません。

魔物はほんの隙間からでも滑り込み、
暗い想い、嫉妬、寂しさ、不安、疲れ、ストレス、恐怖心、
を餌として小蝿のようにどこからでも発生してきます。

憑依だけでなく、魂の芯にあるものもが狙われます。
それと同時に、恵まれた人は神の守りも入ります。

本人がそれに気付くかどうか、
いつもより、神社仏閣に縁がある時は気付け、の
サインの事があります。

神殿の鏡は、我を見よ!のサイン。。
家で鏡を見て、よーく自分の瞳を見てください。
それは他人の瞳ではないですか?
鬼や邪、蛇(欲)のまなこではないですか?

コントロールすべき自分を見つけること、
僧侶の厳しい修行は、煩悩との戦いです。
百八つの煩悩、四苦八苦、

光を見て生きる事は、闇の魂を燃やすより、
よほど難しい事です。

それでも、人の道を踏み外さぬよう、
必死にしがみついて生きるのも、
また、人としての修行なのでしょう。

と、思う次第です。