厄年...。


今日は質問にお応えします。
「主人が厄年で心配です。前回も病を発症させたので恐くてたまりません。」 


はい、厄年ですね、
厄年は、平安時代にはすでにあったらしく陰陽道的な考えらしいのですが、
科学的根拠はなく曖昧なものらしいです。

陰陽師末裔の光輝先生の話によれば、厄年というのは統計学で、
男性であればその年齢に病気、仕事でのケガが多かった。

女性は、出産、病に関する障害が多い年頃という
データーが、あったところから出来たもの、という事でした。

あくまでデーターですので、絶対ではありませんし、
人によって違うのも当然です。

そして、平安時代以前からのデータと、令和の今が一致するのか?
栄養状態も良い今は身体もその頃とは、やや違うようにも思いますしね、

おまけに考えれば前厄、本厄、後厄と3年あれば、何かしらの凶事が
引っかかっても無理もない様な感じがしないでもありません。

とは言いつつも、個人差やズレはあれども「人体」としての「変わり目」である事は
そうなのだと思います。

「厄年」という言葉の恐怖に陥るより、それぞれの年代で、
「心身の変わり目を意識すべき時である」と教えてくれているもの、と
考えた方が良いかもしれません。

何歳の厄に気を付けろ!などもありますが、今は長生きになったので、
最後の厄が要注意だそうです。意識しておきましょうね!(^^)


同じく「大吉」「大凶」などもありますが、これは婚礼と葬式が重ならないようにした
ものだそうです。これは義理堅い日本人には必要だったからでしょう。
その日の指針としての役割もあったのでしょうね。

アメリカ、ヨーロッパ、アフリカなどに今日は大吉!大凶って、無いですよね(^^)
それでも、だからどうでも良いという訳でもなく、日本人には何事も万全が一番です。

風水は世界中でもアジアにのみ影響のあるもののようです。
つまり土地のエネルギーの影響が強いという事ですね。

なんでもそうですが、「過剰」にならない事が大切かと思います。
なぜなら、過剰な不安はその現実を引き寄せやすくなるからです。

先人の教えは有難く頂き、丁度良い位置に置いておきましょう!!(^^)

運...。

IMG_6298.jpg

サロンのある麻生商店街に神出鬼没の「けっぱれ地蔵」(^^)

ああっ!と言っているうちに9月も末になり、 サロンも夏物を片付けました。 さて、今日のお話は「運」でございます。 まず、運とは運ばれるもの、 そして、運や運命にもいろいろありまして、 自分で変えられ無いもの、たとえば男に生まれる、 女に生まれるなど、これは宿命と呼ばれます。 次に時間は多少かかっても自分次第で変えられる運命、 つまり、頑張れば変えたり得られたりするもの、 ここは努力の結果、的なものです。 そして、日々ある運、 今日はツイてた!ってやつです。 実際には、運ももっとたくさんに分類されるかも しれません。が、 さて、あなたは、どんな運が欲しいですか? 金運、恋愛運、仕事運、いろいろありますね! そして、ちまたにはなにげに「運」の良い人っていますよね! 「運」も人を選ぶらしいですよ、 よく仕事も人を選ぶといいますが、 どうやら、平等に運が向こうからやって来るという訳でもなく、 転がっているものでもなさそうです。 また「運を使い切る!」なんて言いますが、実際は、 そんな事もないらしく、 ただ、すがるように運を求める人からは運も逃げます。 つまり、運に選ばれれば良いわけです。 この人にくっつきたいな〜!と思わせる(^^) 運の良い人って、無意識的に日々やっているらしいです。 また、運と縁って似ています。 自分で運をコントロールは出来ませんが、 運に好かれる人には、なれるかもしれません。 運は余裕のある所、つまり多少の遊びのある所が好き、 気持ちが良い事、瞬間、間合いなどの感覚に気付く 人も好きみたい。 タイミングに間に合う人になる。 やっぱり日々の暮らし方が大切。 超大運でなくとも日々の意識で チョコチョコ運の良い人くらいにはなれそう。 さて、ご一緒に!せーの!で、 運の良い人になりませう(^^) せーの!!! 「私って、ツイてるし幸せ者だわ〜!」 (^^)(^^)(^^)

運(お受験)


こんにちはー!蒸し暑い日が続いていますねぇ...。

さて今週は、電話相談が多かったです。
対面相談はなぜか、同じ日時希望の方が重なる事、数件。
先着順となりますので、再度都合の良い日時をお知らせ下さいね!

そして、コロナコロナでやれやれ...と思っているうちに、もはやお受験の季節、
お母様たちの心のケア(^^)がボチボチ始まりました。

今年はまた特殊でしたので、どうなる事やらと思っています。

さて、話の中でも「運」とか「縁」という事が出てきますが、
この二つはとても似ていますね、そして、もちろんどちらも必要です。

そして、これまた心身緊張状態では「運」も「縁」も呼び込みにくいものです。
頑張りすぎてりきんでいても、
心配ばかりしても、ひとつもプラスになる事はないという事。

では、何に対しても「運」を一番呼び込みやすいのは何か、
それは、

「気分が良い状態をつくる」です。

心の状態を良くするには、もちろん「好きな事をする!」
好きなものに触れる、断捨離して部屋をスッキリさせるのも、
自分の気分を良くしますよね!

出来る限り、気分の良い時間を増やす!常にあるその心がけが「運」を
運んできます。

好きな事に夢中になっているうちに、やるべきことを積極的にやっているうちに
悩んでいた事が過ぎさったり、ヒョイと良い事がやってきたり、

低迷しだした時は、慌てず騒がず自分の内側の楽しみや、美しさに
磨きをかける時です。

スッキリした美しさには「神」が付いてきます。
見た目も、心も、言葉も、とり散らかっていては「運」も「縁」も逃げていきます。

受験するのはお子様ですが、本人よりも淀みを作るのはどうしてもお母さん。
まずは「鏡」となるお母さんの浄化が要です(^^;)

お受験ママは「受験が終わってから...」と言いますが、

いえいえ、余計な事を考えがちな、今こそ「断捨離!!」を推奨しております。
それが一番の心のケア+「運」となります(^^)

B6C9F0E2-EF44-4359-AEBB-61AFA958264E.jpg

左から、クライアントさんから季節ごとに頂く絵手紙、散歩道、
我が家のベランダから見えたモエレ沼公園の花火!

花火、小一時間位上がっていましたが綺麗でした!
花火は、空(空間)そして心の浄化、ですね(^^)


さてさて、恋愛相談は常にある問題ですが、

何となく違う、大事にされている感が無い、そこで自分からお別れを告げたものの
結局、元に戻る。

復活とはいうものの、そこで二人の力関係に問題ができやすく、
気付けば、言いなりになっている自分。
違和感や不満を感じてはいるが、どうしたら良いか分からない。

これってね、多くの場合、
彼氏に彼女への想いが無い訳ではなくても、
愛されている自信を持ち過ぎた男は
早々に「釣った魚には...」と、なってしまい、

そうなりますと、よほど女性経験と慣れのある男性でない限り、
そういう彼女に自分が優先される事、それが普通、
それが当然となっていますので、今更...なんでございます。

そうなりますと、
縁や将来、という事ではなく、彼女にとって、
その彼は男女の関係を真剣に考える学びの機会として現れているわけです。

うまくいかないから諦めるのは簡単な事ですが、
そこで「合わない」という理由で正面から向き合わずに逃げる事が、彼女の将来のどこかに
不安を運ぶ元案件となり残ります。

男性が女性である自分に良くしてくれるよう運ぶ訓練を
今、しなければならない!!
私には、そう後ろ側から伝えられる事の方が、何より重要。

もちろん、その方にもよりますが、その方のハイアーセルフから、
「そこんとこ、ちょっと教えてあげて~!」と、
連れてこられた感が実際にあるわけです。

伝えられているから!とは言いませんけどね(^^)

やってみなければ、言わなければ分からないのが男女の関係、
その言い方、伝え方、それは思いやりの持ち方でもあり、

たとえ、その時にうまくいかなくても、
やってみる事で、必ず後の人生の幸福運がアップにつながります。

どこで手を打つか、どこで手放すか、
恋愛での痛い思いは、「幸せになる為に訓練しなさい!」というメッセージ、

それは相手ではなく、自分の決断です。
そして真に上手に騙されたいのが男の本音(ココ大事)

それに応えられるのが真の女、それにならねばね!(^^)

占いとしては「~になりますよ!」的なものにはなりませんが、
覆せる可能性がゼロのものには言いません。

それが「やれるだけやってみましょう。自ずとスッと答えがでるはずよ!」
と、回答する事が多いケースなのです。

なるほど...。

こんにちは!

安倍総理の辞任で時代がまた変わりそうですね。

安倍さんは、数秘術でみると31/4-3-3、 六行でみると「天金幸無」という並び、
どちらも似ているといえばそうなります。

そして辞任発表した日は、阿部さんにとって「決氣偽無」の日という日でした。

決年---決断
氣月---気付き
偽日---離れる
無時---リセット

と、まあこんな感じです。

なるほど!ですね、

その夜遅くに見た「上弦の月」は大きくて、暗く燃えるようなオレンジ色、
次第に山陰に落ちていく月を眺めつつ、

お疲れ様でございました。

IMG_6178.jpg

昨日、バスに乗っているとどこからかフワ~っと白いものが寄ってきて
ピトッと私の手提げ袋に着陸!!

何かの種子かしら?それともケサランパサラン?
ヒョイとつまんで放してあげましたが、ラッキーの使者だと嬉しいナ(^^)

さて、話変わりまして カフェでお茶してましたら隣の高校生らしき二人が漏れ聞こえて
きました。見るとマスクはしているものの、

なかなかのイケメン風と、感じの良い誠実そうな男子の二人組、
そのイケメン君が「彼女?嫌いで別れたわけじゃないよ、人間関係って複雑にいろいろあって、
何かと難しい、そんなもんでしょ?」と、
静かに語っていた。(そこだけ聞こえた)


S, まあ!彼は恋愛関係と人間関係の板挟みにあったのね、
やはりイケメン君は早くに複雑さに揉まれて大人感性になるのだワ、

フムフム...などと、隣のおばさんは思っていたのでありました(^^)

何だか申し訳ないほど涼しい北海道でございます。
かろうじて半そで、みたいな(^^;)

お盆を過ぎますと、朝晩は空気が硬い感じがしてきます。
まだ残暑はありますでしょうが、確実に秋に向かっているようです。

さて、
昨日は、心を大きく寛容に!なんてお話だったのですが...、
実際ね!そんな訳にいかないよね~!
と、思いませんでした?

ですよね~(^〇^)

理解されない、とか被害者意識とは違いますが、

嫌な人、苦手な人、キライな人っています。 
あまりイラッとしない私でも、特に帰省などしますとね、
あちゃ~という事があります(--)

表裏の極端な人、価値観やモラルの違い、やり方や、いちいちお金に汚い人、
厚かましい人、わざと人の物を欲しがる人、等々...

わかっちゃいるが、どうしても心大きく出来ない時は、

私の場合は、他人になんと思われようとイザとなれば自分を守る事を選択しますので
結果、私も嫌われる事になりますが、そこは顔色一つ変えずサラッとスルーします。

でも後になって、自分は良いが、それで良かったものか気になる事もある...。
そんな時は、考えるほどに相手に近づいてしまう事が分っていますので、
奥の手を使います。

無意識に思い出したり、考えてしまっている時、
イメージの中で「リボンの付いたキラッキラした水晶のハサミ」を取り出し、
自分と相手を繋げている「意識の糸」をバッサリと切ります!
(皆様はもちろんご自分の好みのもので^^)

時にその「糸」が太く生々しい感じさえする事がありますが、
その場合も容赦なく切ります。エイッ!!!

考えたり、気にしたりする事(罪悪感)は相手と同じ土俵に乗る、乗せられる事に
なりますので、その後も良い事はありません。

もう、さっさと忘れる事です。その為に切る!!
思い出すたびにシャキン!と切る!

そして、自分の方の切り口が痛々しいとか、かわいそうと思う時は
切り口に、薬やカットバンを貼ってあげましょう。

そのうちに、自分から相手に対する意識が離れていき!
相手も自然に自分を忘れています。

どうしても、心寛大に出来ない時はやってみてくださいね!d( ̄  ̄)
私は慣れていますので、もはや一発、一切で終了でございます。

ホーッホホホ(^〇^)

IMG_6171.jpg
夕方に見た、ちょっと消えかかっていますが「Wレインボー」!
Wレインボ-には浄化の意味があるそうです。色味がハッキリしていて
綺麗でした!根元がすぐそこにある感じがしてハッピー!(^^)

さてさて、「自分は理解されない」とか「分かってもらえない。」
というお話は良く聞くのですが、

そういう時ほど、相手の気持ちが分っていない、という事が多々あります。
例えば、夫が私を理解してくれないとか、職場が自分の立場を理解してくれないとか、
嫁姑、人間関係においても、

ともすると、
理解されない「被害者」意識になってしまいます。

愚痴話によく出てくる「~してくれない」のは「してほしい」の裏返し、
これを続けても、自分が変わらない限りエンドレスの
一生の愚痴になります。

何かを変えたいのなら、まず自分から...が、鉄則です。

が...、
女性に多いのは、自分からは何も言わず、何も示さず、
自分の気分を悪くしたアナタ、分かってくれないアナタが悪い!!!
となるパターン多し。

これですと、駄々をこねる赤ちゃんみたいなもの、
それがケンカの元になり、結局、私は理解されないというネガティブパターン。

もう少し、気持ちを拡大して相手を想ってみると
解決の糸口が見えてくるものです。

何もされていないのに、何かされたと怒る勘違いも、
思い込みから生じる「理解されない被害者」

自分を守り過ぎると「怒り」から周囲が見えなくなってしまいます。
そして、結果 損をするのは自分ですしね!

端折らずに、丁寧に、
相手の立場に立ってみる冷静さや、心の寛容さ、理解する事、
そこから考えてみても遅くはないですよね!

ここからの時代は、そういう事が大事になってくるのでは、
と思います(^^)

陰陽六行でのメンバーズクラブのメールから拝借です。
今、話題の藤井聡太さんの光輝先生のミニミニミニ鑑定バージョンです。

藤井聡太さん(天火氣無)です(^^)

S、なるほど、なるほど~!!!
やはり、他の人には分からない自分の世界の中で生きていくタイプすね、

↓にも出てきますが、プロ入りしたのが『種』の年、『決』の月、
ここは重要な所でしたね!フムフム...

更には今年は「光」年、突き進むはずだわ(^^)


---------------------------------------------------------------


誰でも知っている有名な方の氣質を
ご紹介しています。

今回のテーマは


-+-+-+- 有名人の氣質を知ろう! -+-+-+-

将棋という戦いは、
わたくしも大好きです。

今でもヘボ将棋ですが、『勝ち』に拘るより、
『価値』に拘りながら指しています。

一番弱い「歩」でも頑張れば「金」になれるし、
「歩のない将棋は負け将棋」と
言われるほどの存在感に感動しています。


将棋と言えば、藤井七段(藤井聡太氏)。

14歳でプロ入りして、連戦連勝した
天才棋士ですが、陰陽六行で観ると
【天火氣無】という氣質です。


▼(お試し鑑定書)藤井聡太氏の氣質はこちらから

https://1drv.ms/b/s!Ak3D3D-FnU5kgindOorqjTQthWDX?e=LZDu7s
(ダウンロード期限:2020年9月10日)


<一言鑑定(大袈裟バージョン)>

天・・・天高き才能(天才肌)
火・・・匠の世界の住人
氣・・・宇宙人(変わり者)
無・・・新しき世界を創る創造神


まさに、将棋界の風雲児というか
次世代の新しき棋士の誕生ですね。

AI並みの指し方をする藤井七段の
これからに期待しています。


そうそう、彼がプロ入りしたのが
『種』の年、『決』の月(2016年10月)です。

あの時点で『種(きっかけ)』の
タイミングなので、花が咲く時期に
タイトルを何個取っているか楽しみですね。


IMC(陰陽六行メンバーズ倶楽部)の
プレミアム会員になると、『才能』の欄に、
天職のヒントになることが書かれています。

あなたが今している仕事、あなたの
傍にいる人の仕事が天職かどうかを
観てみませんか?

毎月30人の人を詳しく(バイオリズムや
シンクロ時期含む)観ることができますよ。


今後も、陰陽六行の観方などをお伝えして
いきますね。乞うご期待^^


占導師 幸輝

怒り...。

夏らしく暑いですね~!

さてさて、上手くいかない、トラブルが多い、という相談も多いのですが、
そういった問題の元には、自分の「怒り」がきっかけになっている事に
気がついていない方がほとんどです。

訴訟問題、家族不和、人間関係、クレームや職場問題、その他などで、
不運が続くと、「悪霊や生霊が憑いていませんか!」となります。

周囲から酷い目に遭う事が多いのは、確かに気の毒ではありますが、
怒りに対して、どこまで自分をぶつけるかは、
やはりその人次第です。

自分にも否はゼロではないはず、と思います。
が、そこは見えなくなり、怒りに対してのみ素直に反応します。

すべてが人のせいになり自分の怒りに飲み込まれていると、
残念ですがドラブルは変わらず続いていくでしょう。

私ばかり、という怒りが続くと、
仲良くしたいパートナーや友人が現れても、結果、またトラブルに見舞われて
しまいます。

解決方法は、自分が自分の怒りを避けて、普段から静かに笑顔で心豊かに
暮らせられれば良い訳なのですが、

怒りのコントロール、アンガーマネージメントと言いますが、
己の「口」や「心」から出る「怒り」という言霊は、人生と心身を左右する
だけの強いパワーがあります。

人を恨んだり、嫉妬にかられ過ぎると人はあっという間に不幸になれます。
怒る姿に美は無く、そして「怒り」に幸運のエネルギーを奪われ続けます。
が、そういう人はなかなか聞く耳を持ちません。

悪い事ばかり続く、調子が良くない。
そんな時は、悪霊に憑かれているのではなく、

悪霊が自分の心から発生している事も、
ちょっと考えて見ると良いかもですよ!