鬱予防...。

こんにちは!

今日は、最近また多くなってきた「鬱」と、予防のお話。

今は社会不安や人間関係、職場問題の他に、「コロナ鬱」も加わり、
鬱も多様化していますね、

日本では女性に多いそうです。
確かに、この国では女性が生きにくい部分があるのでしょう。

その他にですね、
まず、研究実験結果で分かった事は「加工食品」「ファーストフード」が
関わっているらしく、

最近はやりの「オメガ3」(EPA、DHA)の摂取率にも「鬱」は関連するらしいです。
加工食品は「オメガ6」 魚介類から「オメガ3」「亜麻仁油」などの植物に
含まれるものは、必要に応じて体内でEPAやDHAに変換されるそうです。

日本人は基本的には「魚食民」なのですが、洋食の普及で食べる機会が
少なくなっているのでしょうね、

しかし、大きな魚は汚染されていてアルツハイマーの原因にもなっいるといわれます。
が、年齢からくる疾病に対して「魚食」はやはり健康的である率が高いのだそうな、

DHAやEPAは「認知症」予防的な感じがしますが、
年齢に関わらず脳の健康にはかなり必要なものみたいですね!

そして、良くやり玉にされるコレステロールですが、
コレステロール値が低いのも「鬱」になりやすいそうです。
食の細さ、偏食、ダイエットでなる率が高いかもですね、

肥満の人が増えている日本ではコレステロール高い=悪とみなされますが、
コレステロール=心筋梗塞、というのは、無いそうです。

つまり高かろうと、低かろうとリスクに差は無く、むしろ運動不足と
アルコールや炭水化物の過剰摂取が問題だそうです

コレステロールは老年期では認知機能的にはプラスに転じるのだそうで、
年齢別管理が必要ではないかと考えられてきていているそうです。
もちろん、悪玉(トランス脂肪酸)、善玉というのもあり、
油の種類には注意です。

最近、気分が落ち込みやすいという人は「キウイフルーツ」が良いのだそう!!!
日々、キウイを食べた結果、気分障害や疲労が減り活力が増加したという
実験結果があるそうです。

免疫力には亜鉛も必要で高血圧とナトリウムの排泄、認知機能にも関係するそうです。
日本人は潜在的に亜鉛不足もあるそうですから、

要は、健康の為にも「鬱予防」の為にも魚介類、カキやウナギ、レバー、
キウイフルーツなどを、意識して摂りましょう!

でした。

さて、「サバ缶」とキウイでも食べるかな~!!(^O^)

働く事...

IMG_7118.jpg

こんにちはー!
ぐずついたお天気が続いておりますが、お元気ですか?(^^)

最近はお仕事についての相談が多く、
その中に、「何のために働いているのか...」という問いかけが
多かったですので、ちょっと書いてみますね!

ええ、もちろん生活の為ですよね、
すごく仕事も余暇も充実していて、毎日イキイキとしています!!

などと言える人はごくわずかでしょう。ほとんどが、戦っている感が
強い人が多いです。
成功の為に前向きな戦いはチャレンジですが、

生活と戦っている人もいれば、人間関係と戦う人もあり、役職闘争もあり、
思うように付いてこない肉体や能力と格闘している人もいます。

また「世間様の目」と戦っている人もおりますですね。
実際、それぞれに辛い現実ではありますが、
戦うのは長続きしません。

見方を変えますとね、
働く事は、神からの「恩恵と慈悲」とも言われます。

人は、いろんな人に迷惑をかけつつ生きているわけで、
それらを、まったく気が付かずに...。

自分の常識は世間の非常識、なんて頻繁に起きる事で、
どんな人でも赤ちゃんの時、子供の時、若くて至らない時、更には大人に
なっても未熟な自分、

それぞれに、気付かず人にも世間様にも嫌な思いをさせ、
迷惑を掛けつつ、お世話になって生きているわけですね。

その罪滅ぼし、ではないにせよ、
恩を返す機会を与えられているのが、自分に与えられた仕事と能力を
精一杯使って働く事、あるいは、家庭を支える事で世間に役立つこと、


それが「恩恵と慈悲」
大きく見ると、長く続く魂のプラス・マイナスなのかもしれません。
仕事(貢献)は、もちろん悲しみも苦しみもありますが、
その分、仕事での喜びは「魂」が喜びます。

自分にばかりに目を向け続けると苦しい事しか見えないかも知れません。
が、少し貢献に目線を変えていくと、ちゃんと自分に一番良いタイミングで
「変化」へのメッセージがやってきます。

過去に縛られずに、それをちゃんと受け止めてください。

どこで自分を輝かせて働き、どこで恩返しできるのか、
ちょっと、そんな風に考えてみるのもいかがでしょうか?

夏越しの大祓

IMG_0105.jpg

「夏越しの大祓」
皆様は行かれましたでしょうか!

私はサロン近くの「新琴似神社」で「茅の輪くぐり」をして参りました。
すると私の前に綺麗なお姉さんがお二人いらっしゃいましてね、

はい、見るからに「良いお相手に巡り合いたい祈願」風(^^)
ですが...

茅の輪の隣に、周り方を詳しく書いた立て看板があるにも関わらず、
自由にというか好き放題にグルグル回っていましたので、

「なんの御利益も無い!」などと後から言わないで下さいよ!
なんて、ちょっと思っちゃいました(^^;)


さてさて、御縁と言いますれば、
やはり6月も一つの区切りと言いましょうか、
御縁を結びたい相談と共に、御縁を解消したい相談も
何となく増えるのでありました。

中には、やはり酷い夫、というパターンもあり...。
夫婦とはそんなものかと思いつつ、家族で仲良く海外旅行していた時期も
あったのに、が、同居であった姑が亡くなってから夫が豹変。

裁判も埒が明かず、こういう時の法律は女性には冷たいと本当に感じる
事がありますが、残念ですが勝てる事は無いでしょう。
また、身内との財産に関する裁判も持っており、

試練に次ぐ試練、
しかし、大きな「お金」という課題を持って生まれてきたのでしょう。
乗り越えて清算いくしかありません。また欲を手放す課題もあるのでしょう。

幸い、良いお子さんに恵まれていますので、夫様との結婚によって、
子供を授かる為のご縁だったのでしょうね!

そして子供もいつまでも子供ではありません。
いずれ父親の悪事のすべてが明るみに出る事もありましょう。

以前、数年前に受けた資格試験に失敗したとの事で相談に乗っていたのですが、
聞けばなんと、その後その試験に加えもう一つ上の資格まで取得していたのだそうな!

親子で協力して、いつか二人で仕事が出来るまで、その土台をつくるのが
母の務めのようです。

どうか、めげずに立ちあがっていって欲しいと祈るばかりです。

旭岳...。

pixta_36601405_M.jpg

先日、北海道の背骨、大雪山の旭岳の麓にいって来ました。
さすがに麓にもまだ雪があり、、、

個人的には海と山ではどちらかというと海の方が好きです。
が、神社も御神体が「山」の所も多いですしね、
奥宮が山の上という事も多く、四苦八苦して登る事多し...(^^;)

旭岳には実は嫌な思い出がありましてね、その昔、
中学の修学旅行に登山があり、それが「旭岳」(2.291m)だったのです。

私は、耐力が無いですし山に登るなんてイヤッ!!って
思っていましたので、当初の計画通り登山途中で「ここで降りたい人!」
(体調不良等により)という声がけを待ち、

「ハイ!」と元気に手を挙げ、リタイヤ組数人で途中からやれやれと思いつつ
山を降りるという、とっても私らしい出来事だったのですが、

後に友人達から「苦しかったけれど登ってすごく良かった!」
と聞き、もちろん学校は苦痛や努力、忍耐の結果の
「達成感」や「爽快感」を体験させたかったのでしょう。

さっさとリタイヤした私は、頂上の眺めを羨ましいとは思いませんでしたが、
始めから達成しようともしない「根性の無さ」みたいなものだけがじわっと残り、
「根性の無さ」=「旭岳登山」という軽いトラウマとなったのでした(^^)

それが、今回なぜか急にとても行きたいと思い、
思い立ったら行こう!!

もちろんウン十年ぶりの旭岳、
じゃあ、しっかり山をみてくれば良いじゃん!なのですが、

曇って山見えないし!確かに空気が良い!山の温泉はすばらしい!
という事で、音楽を聴きながら本を読み、しばしぼ~っとしていましたら、

なんだかフワフワツとした感じがするな...と思いましたら、
胸にあった「種火」みたいなものが急にボっと音を立てて無色透明の炎が
立ち上がったような「ウッ...」となる感覚を感じました。

きっと胸のチャクラに山のエネルギーを得たのですね、
炎を点火させる為に必要なパワーが「旭岳の気」だったのでしょう。

山に登らんでも得るものは得る!!(^^)
何かしら変化の予感です。

しかし、軽いトラウマって、昔は私も根が真面目なお嬢さんだったのだな~
と、思います(^^)

また来年あたりに行こう!!

託される

前回のブログには数件の反響がありまして、
有難うございました!!

まるで自分の事のよう、他人事ではないと・・・。

このコロナ下でも忙しい事を、皆さん感謝しつつも
置かれている立場や状態をメールやライン等で伝えてくれますので、
苦しい実情や働く女性達のギリギリな生活が垣間見えてきます。

「働き方改革」などと謳った所で、
一時、流行ったブラック企業とさして変わりはないようで、

性別は関係無しの平等といっても、女性が連日帰るのが深夜10時11時、
家庭崩壊しても会社は責任を取ってはくれません。
疲労から免疫力が落ちても自己責任という扱いでしょう。

何とかならぬものかとは毎回思いますが、誰かが倒れて訴えても
さほど変わらぬのが事実でしょう。
自分を守るのは自分でしかありませんですね!


さてさて,世の中はすでにコロナ終息に向かい今後のビジネス
関係は確かに、今が準備の時期なのでしょう。そんなお話も
増えてきました。

私はスピリチャル関係のお仕事を持っている方の相談も多いですので、
今後のショップ展開や広げ方、そんな相談もありまして、

が、自粛、自粛のせなのか、やはり気持ちが先行していて、大切なことが
抜け落ちていたり、見えていなかったり・・・。

自分のやりたい事、望むことを目指して優先させ過ぎると、道を踏み外す、
そんな危うい場合も多くあるのです。

そんな時は、スピチュアル的に言えば、
「一旦、ストップして良く考えて!」というメッセージを身をもって
分からせられているにも関わらず、

すべて、良い方に受け止めて突っ走るタイプと!!!
あるいは、すべて悪い方に受け止め固まるタイプ!!(^^;)

慎重になるのはまだ良しとして、
突っ走る系に関しましては、私の方がかなり慎重になります。

前々からのお話で、気付いている事がありましたので、その後の
流れを見ていましたが、

S、それは、こういう意味と違う?

えっ?そうなんですか、お膝元に居ながら愛されて居ながら
そこは気が付きませんでした。先生、さすがです!!

いやいやいや!!あなたの人生が掛かっているのですよ!
自分の役割を見失ってはいかんのです。
縁にすり寄っていては逆に縁を失いますから・・・etc

と、叱咤激励。


結局、どこぞの神様から、本人が気付かなかった場合、メッセージを
託されて言わされている感をビシビシ感じたりする事があります。(^^)

五月の相談

五月、
いつもは五月に家じゅうのカーテンをババっと洗うのが好きなの
ですが、今年は五月晴れが少なくて、まだ洗えていないのが
残念です(^^;)


さて、五月になりますと五月特有の病的な相談が増えます。
新入社員もそうですが、部署替えでの慣れない仕事も同じようで、
新入社員ならまだ許される事も許されず、
仕事を回すコツを掴めない。

また、他の人に仕事を回し、有資格に違う仕事ばかりさせる等、
いろんな相談事が増えてきます。

前任者とは文章での引継ぎ、その後のケアはほぼ無し、
前任者は同じフロアに居るも冷たい。

周囲に聞いても「自分で判断したら良いのでは?」と、
だが、重要なのは文章に無い仕事に伴う人間関係や力関係だっ
たりする為に、
ともすると自分の立場上、非常にやりにくい事になる。

上司に相談しても「そのうちに慣れる」

時間内に決して終わらない仕事量、残業と休日出勤で埋める
ものの、それでも残って行く仕事。

このご時世ですから人員を切り詰められ、余裕は無い。
小さな子供を抱えているので長時間はまだ働けない、という
契約にも関わらず、慣れない自分は実際フルタイムより厳しい
状態。

自分の仕事の為に家族にも負担をかけ、先が見えない。

真っ暗闇にひとり取り残された状態の中、
心身共に厳しくなってきますよね...。

役職のある働くお母さんって、そういう問題を抱えやすいです。

が、ある日、急にブチ切れて上に談判して、のち困る系と、
周囲に迷惑を掛けられない、悪いのは仕事が呑み込めない自分
だから、とサービス残業で、結局、疲れ果て出口を無くす系、

ひたすら愚直に突き進み、倒れるまでやってしまう系など、
やはり人それぞれです。

辞めてしまえば良い事ですが、そこもまたそれぞれの事情もあり、
仕事と生活、続けたいと辞めたい、その間で揺れ続けます。

私が視てあげられるのは、この辺りで今より少し楽になるみたい
だから、慣れもでてくるでしょうし、何らかの助けや解決策が出
てきそうだという事や、

あるいは、すっぱり辞めて出直した方が良い場合もありますし、
真面目な人こそ遅れる仕事に意識が行き過ぎて、大きくは見れ
なくなっていますので、
見えていない部分を伝えて、アドバイスする事でしょうか、

まだ、五月です!始まったばかり、されど五月、
今年は揺れる相談がまだ続くかな、と思っています。

神無月

ちょっと怖い話続きですが、

春先の電話相談で、どうも昨年末から調子がおかしい。
体調はもちろん、夢見が悪くたまに変な事が起きる。
という相談がありました。

それこそ何かに「取り憑かれたのでしょうか?」相談&恋愛相談。
まずは、話をよく聞きましたらね、

秋までは何ともなく、冬には調子を崩している。
その間に何があったのか、です。

どうやら、その間に気になっていた彼氏と初めて二人で、神社に行ったというお話。
ん?と引っ掛かるものを感じましたので、

よく思い出してみて、あった事、細かい事も...。
すると参拝したわけではなく、彼と話をしたと言い、

彼がたまたま近くにある木を蹴った。すると下の方にあった枝?が取れて、
それを拾って、彼が自分になにげに渡したので、それを受け取り、
話ながらしばらくは手に持っていたが、その後は覚えていないという。

どうやら聞けばそれは「神無月」の出来事、つまり神様はご不在。
魔物にとっては飲めや歌えやのお正月みたいなものでございます。

幽霊的なものではなく、木を蹴った事で森の中の何かしらのモノを怒らせた?
障った、その可能性が強いと思いました。

その彼氏ともその後うまくいっていないようで、
最近の彼はいつも機嫌が悪いようで関係性が進んでいないとの事。

まずは、蹴った木とその近辺に取り合えず陳謝して、できれば二人とも
神社に相談してお祓いを受けた方が良いかもね、という話になりましたが、
それで済めば良いのだけれど、とも思っていました。

古い土地は、土地なりのものがありますので、
そう簡単でない場合もあります。

安易には言えないので、そこで相談なさるのが一番かと
おもいますよ、とはお伝えしましたが、

見えないものは、一つきりではないので神域であっても
正邪あり、「触らぬ神に祟りなし」でございますね。

えええぇ?

IMG_6966.jpg

こんにちは!
何だかね~という毎日、皆様いかがお過ごしでしょうか!

今日はですね、↑のお写真のお話です。
一か月以上前のある日の事、例のサロンの霊符の額の前に供えているお水、

いきなり全部無くなっていた!というのが前回のお話でしたが、
今回はお水を変えようグラスを取ろうとした瞬間、指先にグラッとした感触があり
水がこぼれたんです。

あらあらあら!

すると、よく見るとグラスの足がポッキリと折れていました。
えっ?そんなに簡単に折れるもの?と、思いつつ、
とりあえず、写真撮る。

しかし、............う~ん。
まずは、気を付けておきましょう。

が、

三日後にきました。
容赦なく!!(TOT)それから次々と!
(コロナとかではありませぬが)

驚きました。
が、考えてみると、有難い事にすべて大事には至らず、
今は、さして影響は無く過ごしております。

こういう時って、何かに取り憑かれているのでは?って
普通は思うのかもしれませんが、私はあまりそう思う事はありませんで、
でも、何かしらのきっかけはあるはず、と思うタチです。

占い的には、転換期ではありますので、
その変化の前触れかもしれないのですが、

それを伝えられていた...と、なるほどね...。

否、違うって!! 考えてみれば怖い話じゃないのか?(^^;)
ええ、霊符額様、あれこれ強力すぎます(TOT)

でも、守られたというか、大難を小難に抑えられたのは
お陰様でございますので、大切に感謝感謝でございました!

転職...。

転職相談は、常にありますが、
「私は、その仕事に向いていないのではないか?」というものが多いですねぇ。

ですが、本当に向いていない場合と、慣れていないだけ、という事もあり、
明らかに向いていない場合は、即転職!!をお勧めしますが、

向きがあるのに、その仕事に向いていないと思い込んでいる場合、
何でもいいので辞める理由が欲しい!、とにかく辛い状態から逃れたい。
結婚等に逃げたい!と、なっています。

「無理ですね、早く辞めましょう!」
という、占い結果が欲しいのだとは重々分かるのですが、

確かに誰でも、そういう若い時ってありますしね!
ですが、そういう場合と性質的に、どんな職業でも同じ問題が浮上するでしょう。
そして、それは社会人として成長する為の必要な辛さでです。

もう少し自分を鍛えないと転職しても、結婚しても何とかなるのは ほんの短い間の事、
そしてそういう時って、まるで自分を反映するように、中途半端な恋愛をします。

不思議な事も起きますしね!
それも、逃げ出したい表れの一端。

仕事に、環境に溶け込み自分を発揮するには、一年や二年ではなかなか難しいです。
ですが、もう一、二年頑張れば、自分なりのコツが掴め、
むしろ、どこよりも何よりもやりやすい職種になるはずです。

だって、向いているお仕事ですからね!(^^)とんとん拍子に向いたお仕事に就いて
いるのはある意味の運命です。ただ、今は自信も無く、開き直る事も出来ない。

もう少し、もう少し!です。
おそらく、今辞めても、いずれまたその職業に戻るか、同系の仕事に戻る事になるでしょう。
だから、今はキャリアを積む、キャリアをアップする為の転職になるように
頑張ろう!!!

今が、自分の将来を決める、どう進むかを決める時ですよ!
しっかり自分を生きていきたいなら、後悔の無い選択をね!!
そんな結論となりました(^^)

密かに思う事

IMG_7061.jpg

すずらんの季節となりました。
好きな花で、春を感じます(^^)

いろんな占い相談を受けますが、時折
よそ様の御主人さまですが、「う~ん、居なくても良い系」というか、
なぜに一緒に居るのか? という話に出会います。

妻の愚痴などというレベルではない具体的なお話、
すでに、人としての問題です。

が、そういう場合も、もう慣れているというか、マインドコントロールなのか、
異常であるという事も、あまり分からなくなっていたりしますので、
ある意味のDVです。

「誰にも聞けないのですが、普通のお宅の場合はどうなのですか?」
というようなお話になる事も...。

女性って猫ですから、気持ちの自由やパートナーに対する少々のワガママさとか、
それでも受け入れられる安定感、ある程度の金銭的自由等が無ければ
息が出来なくなってきます。

喧嘩しながらも、尻拭いばかりでも、「愛」が
あれば良いのですが、

それも無いままに、我慢をマヒさせながら長い事一緒にいると、
やはりどこかに噴出してきます。
そして事実そうなっていても、心は揺れながらでも離れる事を躊躇します。

子供の為にとか、それなりの社会的地位もあれば、もう一押しの勇気、
絶対的な踏ん切りって、なかなか難しいようです。

S、うん、まぁ、早めに逝ってもらうしかないわね~!
持病をもう一押し進めますか?それともジワリといきますか?
なんて、笑い話になる事もありますが、

逝って貰った方が、社会と家族の為だわね...。
なんて、密かに思う事もある魔の森羅でした(^^;)