こんにちは。

いつもありがとうございます。

さて、今日は執着は愛ではないというお話です。

みなさんは、なかなか忘れられない人などがいますでしょうか?

振られたけれど、今でも好きで、思いが強くてどうにもならない、など、、、

だから自分は愛が強いんだ、愛してるんだ、と思っていますでしょうか?

人を愛することは素晴しいことです。

ただ、それが愛ならば、です。

残念ながら多くの場合、相手に執着していることを愛だと勘違いしていることが多いです。

このお話は何回かしてきていますが、

では実際、執着された側からしてみると、どう感じるのかというと、、、、

なんか背中にべたっと太いコードを繋げられたようになります。

そこから、私の方向きなさいよ! とか、私のこと愛してくれるんじゃないの? とか

ぐいぐい一方的な思いを送ってこられます。

わかって頂戴、構って頂戴、くれくれ、なんです。

また、思い通りにしようと無理にでもがんじがらめにしようと首に鎖をつけられていたり

相手から少しでも愛情という栄養をもらおうと、エネルギーを吸い取られてふらふらになったり、

感情的に苦しい気持ちを胸に送り込んでこられたり、

へこたれている重い気持ちのまま、腰や肩にまきつかれていたり、

相手は体がどっと重くなったり、気持ちが塞いだりすることがあります。

要は、相手にしてみれば、すごく気持ち悪いんです。絵にすると、ホラー映画?にでもありそうな図です。

相手がどうなってもかまわない、自分の苦しさゆえに相手にしがみついていたい、というのは

愛ではありません。

本当に愛であれば、相手も楽なんです。

要は、相手の自由を認めているのかどうか、相手を尊重しているのかどうか、です。

相手の都合も感情もおかまいなしなら、愛にみせかけても、それはストーカーです。

本当に好きなら、相手のことを思いだしてもそっと幸せを願う。

相手の邪魔はしません。

相手が自分をまた愛してくれのかは、相手の自由で強制できるものではありません。

愛と簡単に言いますが、相手に何か求めているうちは、愛することは実は不可能だと思っています。

何かを求めて相手に執着しているうちは、愛にみせかけていてもそれは巧妙な取引です。

相手を自由にさせることができて、相手に何も求める必要がなくなって、自立できて、

人は、はじめて愛することが可能だと思います。

なかなかほど遠いですか?

もちろん、相手のニーズを満たしあう、という関係も満足感はあります。

でも、自分の気持ちの強さ=愛 ではないです。

もちろん全部が愛でないとも言えないとは思います。

愛もちょっぴりはあるのかもしれないですが、愛でないものもたくさんあるのかもしれません。

自分は果たして、相手の自由や幸せを願っているか、(あくまで、自分が思う幸せでなく、相手が願う幸せです)

は、愛であるかのひとつの目安になると思います。

こんにちは。

いつもありがとうございます。

今日は母の日ですね♪

花屋が一年で一番華やぐ日、かもしれません。

ところで、母は偉大なのですが、間違った母性というものは、ときに人の成長を阻害することもあります。

今日はそのお話です。

こんな記事をみつけました。

「男を『ダメ男』に育ててしまう女性の行動9パターン」

https://girl.sugoren.com/report/1368879629052/9

内容は

1どんなひどいことをされても、いいよと許してしまう

2身の周りの世話を焼き、尽くし過ぎてしまう

3彼氏に頼られる前に、手を差し伸べて助けてしまう

4それなりの金額でもお金を貸してしまう

5「ただ側にいてくれるだけでいい」とすべて男性に合わせてしまう

6彼の方が悪くてもすぐに「ごめんね」と謝ってしまう

7不満があっても言わず、聞き分けのいい女になってしまう

8付き合う前に肉体関係を持ってしまう

9ダメ出しは決してせず、何でも褒めてしまう

これって、間違った母性です。

これをしていると、男性はだんだんそれでいいものだと思いはじめ、ダメ男ぶりを増長させていきます。

母性は、ゆるし、受け入れ、世話をするものです。

でも、それがだらしないことに対しても、ずるずるとすべてそうしていたら、いけないのです。

何が足りないのでしょう?

ダメなものはダメという。あるべき方向に導く。手を出しすぎず相手にやらせる。自立心をもたせる。

場合によってはきっぱり切る、ということが必要な場合もあります。

つまり、正しい父性が必要です。

(シングルマザーの人などは、子供を育てるとき、ひとりで母性と父性の両方の要素をもっていた方がよいです。)

愛は尽くすこと、世話をすること、と思っている女性は、この間違った母性を発揮して甘やかしてしまい、

相手をダメ男に育ててしまうことが多いです。

自分でダメ男の方向に相手を育てておいて、結果、自分を被害者のように感じてしまうこともあります。

そして、ダメ男に依存していると、甘やかしをやめることも、別れることもできないでしょう。

そんな自分に気付いてください。

もし、女性として大切に扱ってほしいと願うのなら、男性にこのような態度をとるのはもちろん

まったく逆の効果になってしまうことを、心にとめておいてください。

相手に尽くしたら、大切に扱ってもらえるようになるのではありません。

まず、自分が自分を大切にする。自分をないがしろにする相手の行動には、きちんとノーを言う。

中途半端にゆるしてしまうのは、だめです。

自分は大切にされる価値がある女性だと思いましょう。

間違った母性の甘やかしは、自分をも不幸にしてしまうことを覚えておいてください。

こんにちは。

いつもありがとうございます。

最近、痛感することがあるのですが、それは

あまり「他人に期待しない方がいい」ということです。

すごく冷たいですか?

ただ、感情的にバランスを崩したり、悩みにとらわれている方をみると、

ほぼ、他人にどうにかしてほしい、他人にこう思ってほしい、など

他人に期待しているがゆえの苦しみが多いなあ、と感じるのです。

他人という、そもそも思い通りにならないものを、思い通りにしようとしていること自体が、

苦しみのもとに思えるのです。

執着したり、嫉妬したり、恨んだり、などなど、、

他人に期待しなければ、そもそもそんな感情は発生しないことが多いです。

自分を認めることも、自分を愛することも、自分を養うことも、自分を支えることも、

他人にまるなげしてしまうから、

他人の一挙一動に不安になってしまうのだと思います。

あるいは、思考で、他人が「〜すべき」なのに、しないという場合に起こる感情も

そもそも何かを他人に期待しているから起こることです。

他人は他人の自由にさせておきましょう。

自分の領域は自分でしっかり対処しましょう。

境界線をしっかり守る、ということです。

依存的な方、または支配的な方ほど、苦しみが大きいでしょう。

それは他人に自分の幸せ、満足をまかせてしまうからです。

それに、他人に期待すればするほど(依存、支配すると)かえって嫌われます。

求めていればいるほど、相手にされなくなるでしょう。

あなたがあまり他人に期待しなければ、あなたが感情的に振り回されることも、そうありません。

こんにちは。

いつもありがとうございます。

新緑が美しい季節です。

悩みごとを伺っていて、本質をみていくと、

「今、この現状を受け入れられない」という思いが多いです。

過去とくらべて悪くなった。

恋人を失った。

病気になった。

願いが叶わない。

......

その状態を受け入れられないので、どうにかならないか、と思います。

でも、いったんは受け入れた方が、出発点に立てるのです。

こんな現状だ。でも...

とりあえずまだ生きている。

何か残っていることがある。

そちらに目を向けることができて、感謝することができれば、ゼロではないはずです。

そこから立ち上がることができます。

一方、現状を嘆いているばかりの人は、一生その場で動けないでしょう。

気分も晴れないでしょう。不幸を誰かのせいにしても、よけいに自分の力は失われるだけです。

誰かが救ってくれるまでうずくまっていても、何も変わらないでしょう。

助けてくれない人を恨んでも、何かがよくなるわけではありません。

あなたの人生の責任をとるのは、あなたしかないのです。

現状を認められないと、現状を嘆くだけでエネルギーを浪費してしまいます。

立ち上がる力が失われてしまうのです。

今のあなたの現状、実力をみとめて、そこから新しく自分で始めるしかありません。

何回もゼロからはじめられる。それは不屈です。

そんなあなたを応援しています。

(これは、前回の記事の解説板です)

こんにちは。

いつもありがとうございます。

連休が長くて戸惑っている方もいるのではないでしょうか。

あっという間に、連休も後半です。

さて、ネットをみていたら、江原啓之さんのサイトにてよい文章を見つけました。

「躓きの3法則」だそうです。

躓く人は、自己憐ぴん、責任転嫁、依存心、この3つか、3つのどれかに入っている。

私って可哀想。

親が悪い、誰が悪いから...

こうしてくれない、ああしてくれないという気持ち。

この3つをなくして自律すればよいとのこと。

うーん、さすがです。

本当に、私もそう思います。

どんな状況でも、自分が出来ることを、(よけいな言い訳や愚痴を言わず、まわり道せずに、)精一杯行なうこと。

シンプルがいいですね。

こんにちは。

いつもありがとうございます。

ご相談を受けていて、人によっては物理的な問題や感情的な問題があるということ以前に、

単に交感神経が高ぶっている、あるいは、不安を発生させる扁桃体が暴走している状態なのでは

と思うことがあります。

だからよけいに過剰反応して苦しい、苦しいからさらに興奮してしまう、

という悪循環になっているのかと感じることがあります。

自分が心地よいと感じる生理的な状態には到底戻れず、理性が働かなくなるくらい、

感情が高ぶって自分の限界よりも目盛りが振り切れているようなとき、

そんなときどんなに建設的な意見を言っても冷静に聞いたり、

客観的に物事をみたりすることはできません。

不安で、つい占いに何件も電話をかけ続けるようなとき、

もしかしたら不安を暴走させるような脳の状態や、

苦しい神経の状態になっているとしたら、

まずは、自分を落ち着かせることが最優先だったりもします。

幼いときに、多くのストレスにさらされて育つと、扁桃体が暴走しやすくなるという研究が

あるそうです。

私もこの分野はしろうとなのですが、

それでも「今」を心地よく過ごせるようになるには、生理的な状態を整えることは大切だと感じています。

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、どちらも必要なものですが、

現代では、ストレス社会で、どうしても交感神経優位になってしまう方が多いかと思います。

交感神経は、一度高ぶってしまい、過緊張になってしまうと、

自分でそれをゆるめることが難しいそうです。

ではどうするのか?

交感神経がアクセルだとすると、ブレーキである副交感神経を活性化させればよいとのこと。

副交感神経は、交感神経による心や身体のダメージを修復する機能もあるそうです。

副交感神経を働かせるには、「呼吸」を意識して行ないます。

おなかに意識を向けて、鼻からゆっくり息を吸って、倍以上の時間をかけて口から吐く。

これだけなのですが、毎日10分続ければ、セロトニンの分泌が増えて、その結果、

自律神経の安定化につながるそうです。

セロトニンは、扁桃体の暴走を抑えてくれます。

その他にも、自律神経を整える生活の仕方として

朝日を浴びる。(幸せホルモン「セロトニン」を活性化します。)

定期的に運動をする。無理のない範囲で。

規則正しい生活。睡眠導入のため、入眠前の刺激を避ける。眠るときは消灯する。

毎日、お風呂につかる。ぬるめの温度でゆったり。

食事のバランスに気をつける。セロトニンを生成する栄養をとる。

体を温める。首やまぶたの上。(腎臓のあたりも気持ちよいと思います)

自律神経を整えるストレッチを行なうのもとてもよいです。

どうも、自律神経で不安になっている場合でも、心からのアプローチよりも

身体の方から入っていく方法がよいそうです。

また、自律神経の状態は、なんと2、5メートル以内の人に影響を与えるそうです。

イライラしている人の側にいくと、なぜかイライラしますよね。

落ち着いている人の側にいくと、ほっとして落ち着いたりしますよね。

お母さんが穏やかで落ち着いていたら、それだけで子供に恩恵があるということです。

ぜひ、自律神経のケアを習慣にして、自分も周りの人も、心地よく過ごしていきたいですね。

こんにちは。

いつもありがとうございます。

とうとう、令和になりましたね。

なんだか清々しい朝です。

さて、占いで電話をかけてくる方の多くは「不安」をどうにかしたい、という思いで

いらっしゃるかと思います。

だから誰かに頼る。占い師に頼る。仮の安心感をもらって、まぎらわす。

そういう一時しのぎでずっと過ごしていると、なんとなく大丈夫のような気がしています。

でも、本当の不安は解消されましたか?

人の行動の動悸は、それを純粋にやりたいというものと、不安をどうにかしたいもの

(不安を感じたくないためにやるもの)に分けられます。

不安が強すぎて発作が出ているときは、これは静めるしかないでしょう。

でも、子供のようにいつまでも誰かを頼っていては、いつまでも前にすすめません。

やっぱり、自立してみませんか?

自分を信じて、自分の足で立てるように。

自分で決めたことを、自分で貫いて行動していけますように。

この世に生まれてきたということは、当然のリスクが伴います。

安全をとるのか、自分のやりたいことをやるのか、はもちろん選べますが、

不安をまったくなくす必要もありません。

不安を感じても大丈夫なくらい、あなたは強い存在なのです。

不安から逃げている方が、実はいつまでも怖いでしょう。

ちゃんと向き合って、どれくらいの不安なのか正体を見極めてみること。

この世は不確定だということを受け入れること。

新しい時代、不安を携えて、自分の足で立ってみませんか?

こんにちは。

いつもありがとうございます。

気がついたら、あっという間に桜も散り、新しい緑が芽吹く季節になりました。

元号が変わるにあたり、大きな新しい流れも来ていると感じる今日この頃です。

新しいことを始めたい方は、この流れにのっていくといいと思います。

さて、新しいことを始めるには、古いものをきちんと捨てなければなりません。

私がそろそろ、もう時代遅れだな... と感じているのは

人類にまだ色濃くある、被害者意識です。

私は被害者意識を、幸せになれない病と思っています。

最近、藍色シアンさん という方が被害者意識についてすごくシンプルにわかりやすく

書いているのを見つけました。気になる方、ブログを読んでみてください。とても参考になります。

被害者意識になると、ずっと苦しい思いを持ち続けることになるのですが、

シアンさんいわく、そもそもどうして被害者意識をもつのか?というと、

「私を優先してほしい」「私を大切にしてほしい」「私は悪くないと言ってほしい」

という3大欲求のためだというのです。

被害者になるということは、この欲求を "正当化" できるようになるということ。

つまり、

私を優先すべきでしょ、だって私は被害者なんだし

私を大切に扱うべきよね、だって私は被害者なんだから

だって私は悪くないはず、だって被害者なのよ

そう言うには、まず、被害者でいる必要がありますね。

では被害者になるには、どうしたらいいか?

→加害者を生み出せばいい

加害者は何でもいいそうです。例の3大欲求が満たされないと思ったとき、その相手や

状況を加害者にする。

被害者でいるためには、加害者が必要だということです。

そして、被害者意識でいると当然、ずっと苦しいわけですが、

加害者を許すわけにはいかない。

なぜなら、許したら、被害者でいられなくなるから。

......ここで、あれ? と思いませんか?

これだと、永遠に苦しい...のでは?

どうして被害者意識の人は、いつまでも苦しい状態を保持しているのだろう?

という謎がシアンさんのおかげでよくわかってきました。

「私を優先してほしい」「私を大切にしてほしい」「私は悪くないと言ってほしい」

これがあることは、決していけないことじゃないです。

ただ、これを他人に求めたくても、普通に言っても誰もきいてくれません。

だから被害者になって、他人に求めて、他人に満たしてもらう必要がある。

被害者でいることで、これを求める「当然の権利」 みたいなものができると思うのでしょうか。

興味深いことに

「私を優先してほしい」「私を大切にしてほしい」「私は悪くないと言ってほしい」

これは、目的は幸せになるためなはずです。

でも、絶対に、それは他人から満たしてもらわなければならない。

だから、自分が不幸で(被害者で)いなければならない。

私を満たさない相手や環境を許すわけにはいかない。

だから幸せになるわけにはいかない。

.........

ん?

ちょっと面倒くさいような......

だいたい、そんな大事にしてよ!って要求しなければいけない相手って、

そもそも、相手を大事にすることが上手にできないのでないでしょうか?

ちょっと効率が悪いような......

ここで

あーーー、自分で自分を満たした方がはやい! と思える人は、きっと被害者意識から抜けられます。

要は、

自分で自分を満たすことせずに、他人から満たしてもらうことにとらわれてませんか?

ということです。

被害者意識は、加害者をみつけて、被害者であることを主張し、他人を使って3大欲求を満たそうとすること。

そうだとしたら、

自分で自分を優先し

自分のことを自分で大切にし

自分のことを信じてあげること

自分で自分を満たすこと

それが出来たら、被害者意識でいる必要はありません。

3大欲求って、言い換えれば、愛してほしい、ってことですよね。

愛してほしいので、被害者でいる。

でも、その態度って、逆に愛されないんです。

私のことを愛しなさいよ! って命令する人ってどうでしょう?

要求ばかりの人の相手をずっとしていると疲れます。

それより、自分で自分を大切にし、愛し、満たしていること。

自分のことを一番よく知っているのは、自分です。

自分が自分を上手に満たしてあげること、に意識を向ければ

あなたは自由に、幸せに近づいていけることでしょう。

藍色シアンさん、ありがとうございました。

こんにちは。

いつもありがとうございます。

みなさんは、ご自分が「我慢させられている」と感じることはありますか?

おそらくすべての人が似たようなことを感じたことがあると思います。

「我慢させられている」という気持ちになるのは、

たいてい「相手」が「自分」に何か「悪いこと」をしてそれに耐えているか、

「相手」が「嫌なこと」を「自分にするように強制させている」ときのように思います。

ここでの主体は誰でしょう? そう、相手です。

自分はそんなことはされたくないのに... そんなことはしたくないのに...

嫌々している、あるいはさせられている、というときに、なんとも嫌なうんざりした気持ちに

なりますよね。

嫌なことをさせられている相手を恨んだり、憎んだり、自分がひどい目にあって傷付いたように

感じることもあるでしょう。

このように感じている限り、自分は無力ですから、この状態から逃れることは出来ないし、

望みも失ってしまいます。

でも、同じ行動を、「自分の意志で」「選びとって」「自分の目的のために」しているとしたら

どうでしょう。

そこに疲れはあっても、被害的に感じる感情は湧かないのではないでしょうか。

そもそも、「どうしてもそこでは一方的に我慢させられている状況」だとしても、

自分がそこにいることを止める、そこから逃れるという選択肢はあるはずです。

「誰かのせいで」「させられている」という意識でいる限り、

不満や怒りは消えることはなく、無力感にさいなまれるだけです。

もしもあなたが「我慢させられている」状況になったとき、その状況と戦って

不本意なことをする相手に変わってくれるようお願いすることもできますし、

自分が不本意なことを拒否することもできます。

その選択もせずに、「我慢させられている」と感じたまま、無気力に行動するのは、

自分に毒を盛るようなものです。

もしどうしても、状況や相手を変えることができなくても、自分がその中でどうしたら

主体的に考えたり行動したりすることが出来るだろう? と考えることはできます。

要は相手がしている悪いことを考えるのではなく、自分が出来ることを考える、

ということです。

よく運命を呪ったり嘆いたりする方がいますが、この場合は、カミサマが悪者ということなのでしょう。

先日、水泳の池江選手が白血病の治療に入るということが報道されていましたが、彼女は

「カミサマは乗り越えられない試練は与えない」と言っていました。

彼女は運命を恨むことなどなく、果敢に自分が主体的に取り組む試練として病気をとらえていました。

私は彼女を非常に尊敬します。

一方、彼女を可哀想と思う方は、彼女が何か不運という被害にあっているようにとらえているのでしょう。

なにか問題がある状況の中でも、その中で自分が主体的に出来ることは何か? と問える人は、強いです。

口癖が、「〜させられた」「○○のせいで〜」という方は、注意が必要です。

その方は苦しみから抜けることはできないでしょう。

「私がこの状況に、自分の意志で、自分のために取り組む」という意識がある人には、困難はあっても、

問題は自分を成長させるための材料となっていくでしょう。

※尚、この記事はどんなことでも前向きに耐えなさい、という意味ではありません。

耐えなくてもいいこともたくさんあります。

個別のケースはどうぞご相談ください。

こんにちは。

いつもありがとうございます。

ところで...あなたは「他人の幸せ」についてどう感じますか?

世の中には、「他人の幸せが許せない」という人が一定数、存在します。

そうすると、相手の足を引っ張ったり、ということをし始めることがあります。

「他人の幸せが許せない」という人は、実は自分が幸せでないことを

わざわざ白状しているようなものです。さらに相手を痛めつけたり、貶めたりすることで

自分が上がったような錯覚を得て、まやかしの満足感をえようとする人もいます。

でも、もちろんそんなことをするのは、「みっともないこと」です。(あえて辛口に書いています。)

幸せには実は2種類あります。

「存在すること」の幸せ 

「達成すること、為すこと」の幸せ

存在の幸せとは、「いるだけでうれしい」「生きているだけでうれしい」など、根源的な幸せです。

達成、為すことの幸せとは、「何かが出来るようになる」「獲得」「所有」「勝つ」など、

行動や努力の結果を伴うものです。

こちらの方が、他人からわかりやすいかもしれません。

私の幸せは「存在」の比重が多めで、「達成」が少なめです(笑

その逆の方もいるでしょう。

どちらでもいいのです。

とはいえ、

他人の幸せが許せない、と思う心の状態は、幸せではありません。

(この感情を持つ人は「達成する」幸せを重視しているタイプの人でしょう。)

このとき、自分の傷が原因でそう感じている場合があります。

本当ならば、他人の幸せが許せない本当の原因と向かい合って癒すということもできます。

ですが、その原因を見るのが嫌な場合、妬む、嫉妬などで相手の足を引っ張ってしまうことも

あるかもしれません。

ですが、そんな醜い行動をするくらいなら、自分の幸せをもっと増やせばいいのです。

もっと「獲得」することで幸せを感じたいタイプなら、もっと獲得するなり、上に行けばよいのです。

何かで勝ち進みたいなら、進めばよいのです。

いくらでも上を目指せばいいのです。

もしあなたが「他人の幸せが許せない」タイプなら、その感情をうまく使って、

もっと自分が前に進みましょう。もっと勝ち上がってください。

相手が気にもならない位、あなたが幸せになればいいのです。

相手の足を引っ張っているような心では、幸せにはなれません。

一方、

「存在」の幸せを選んでいる人は、他人が気になることは、おそらくもうないでしょう。

それは、他人からは見えることはありませんが、失うことのない、自分の中の感覚です。

この世で、どちらを追求するのも自由なのです。