こんにちは。

いつもありがとうございます。

ふたつ前の記事で、悩みのおおもとは神からの分離感では、という内容を書き、

前の記事で、神からの愛をを感じてみては、、という意図の記事を書きました。

これでひとりでも、ふたりでも、何か感じてもらえればと思っていたのですが、

神との分離感にどっぷりつかっている人は、自己否定ワールドに住んでいるわけです。

やっぱりそこ(この世は神の恩寵の世界という認識)には至れないという人のために、

違った角度からのやり方を書きますね。

私たちは、なぜか様々な、でも共通している自己否定ビリーフを持っています。

何かが足りない。(不足感)

自分が悪い。(罪悪感)

自分はダメだ。(無価値観)

自分は弱い。(無力感)

自分はひとりぼっち。(孤独感)

すごく簡単にいうと、恐れです。

確かに、幼少時に両親との間に、こんなビリーフを持ってしまうような出来事はあるようです。

様々なセラピーでも、その記憶を思いだし、癒すという作業を行ないます。

でも、その記憶って、ものすごい数があるんです。

それでも、主要な記憶にアプローチすると、かなり今の自分が変わります。

だいたいの記憶の感情は、【ダメな自分】を【否定している】ものです。

ここで、

たいていの人は【ダメな自分】を【ダメだと思ってる】んですね。

え?

ダメなものはダメじゃん! ですか?

まあ、普通はそう思いがちですよね。

でも、そもそも【ダメでもいい】【ダメなのは当然】くらいに思ったら、どうでしょう?

そもそも、全能の? すべてがある? 神という集合体? に比べたら

どんな優秀な個人だって、神にかなうわけはないですよね。

たとえば、何か習い事を始めた子供の初心者が、自分のことをダメだダメだ、、、

と自己否定している図って想像できますか?

何言っているの! と思いませんか?

できなくて、当たり前ですよね。

それと同じように、

私たちは、どんなに逆立ちしたって、神には叶わないし

それが普通だし、そこから始めるしかないですよね。

だから、

【ダメだけど、それは当たり前】【ダメなのが、今の実力】

そして、大事なのは、

「じゃあ、これからどうする?」 という視点です。

これがないと、

自分はダメだ、、というビリーフがあるので、ダメな理由を永遠に探すだけのループに陥るのです。

ほら、○○だからダメだ。

失敗したから、やっぱりだめだ。

▽と比べるとやっぱりダメだ。

ちょっとがんばったけれど、また悪くなったからやっぱりダメだ。

ぐるぐるぐるぐる。。。

ほぼ自己否定の呪いです。

私たちは、

何かが足りないし、どこか悪いし、価値がないかもしれないし、弱くて、ひとりぼっちです。

だからどうしたァ!!!

そこから始めるしかないのです。

大事なのは、いつまでも、自己否定のうずに巻き込まれて、自分のダメさにひたっていることではなくて

ではどうしよう、と考えることです。

この違いがわかりますか?

自己否定って、自己憐ぴんに似ています。

自分のダメさをほとほと嘆いても、何もならないんです。

【自分はダメという呪いの沼】から、抜けられなくなるんです。

自分がダメなことを、まずは受け入れること。

自分がたいしたことないことを、受け入れること。

否定しているから、苦しいのです。

よし、ここからはじめるぞ、と謙虚に思えばいいだけです。

だいじょうぶ、世界の一番優秀な人だって、神には叶いません。

自分の未熟さを認めて、楽しんで体験していきましょう。

「じゃあ、これからどうする?」

これを楽しみましょう。

ダメだから、完璧じゃないから、

私たちは、色々な体験が出来て、変化していけるのです。

こんにちは。

いつもありがとうございます。

ひとつ前の記事で、人の悩み苦しみのおおもとは、神との分離からきているのでは、

ということを書きました。

それなら、もう救いがないじゃないか、と言われそうですよね。

では、、、私がとても好きなお話を。

ポール•ギャリコの『雪のひとひら』というお話があります。

雪のひとひら、ひとつの結晶が生まれて、旅をして、消えていくまでの美しい物語です。

彼女は、ある日、空の高みで生まれ、地上におりてきます。

そして、自分が存在していることを不思議に感じます。自分はいまはここにいて、

けれどいったいもとはどこにいたのだろう、どこから来て、どこに行くのだろう、、

私をつくったのは誰なのだろう、と考えます。

まわりには、自分と同じような雪の兄弟姉妹がたくさんいるのに、さびしくてたまらない。。

ただ、雪のひとひらは、そのあと、何かこうなつかしくやさしい思いやりのようなものが、

身のまわりをすっぽりつつんでいてくれていることに気づきます。

もうすこしも、さびしいとは思わず、いつくしみを感じ、自分を作ってくれたそのひとに

感謝します。

その後、雪のひとひらは、様々な経験をする旅を続けます。

この、雪のひとひらが感じているものが、【神】の【恩寵】ともいうべき感覚です。

雪のひとひらの旅には、この【恩寵】の感覚がずっと流れています。

もちろん、途中にはとても耐えられない、と感じる体験もありました。

それでも、最後に雪のひとひらは、帰るべきところへたどりつき、

とても素敵な言葉を受け取ります。

どんな言葉かは、ぜひ直に読んでほしいので、内緒です。

私は無宗教ですが、

個人的にいうと、この【恩寵】というものは、

実は感じようと思えば、どこにでもあるものだと思っています。

そして、それを感じることは、世界の色を変えます。

この、ひとり、無力なまま宇宙に放り出されてしまったように感じている、自分の孤独や苦しみを癒し、

逆にその状況のなかに、安らかさと幸せを感じ取ることができるようになる、

魔法だと思っています。

こんにちは。

いつもありがとうございます。

皆様は、人間ってどこから来ていると思われますか、、?

突然すみません。

今日はちょっと突飛な内容に思われるかもしれませんので、苦手な方はスルーしてくださいね。

すごく不思議なんですけど、人の悩み苦しみの底の底までたどっていくと

なぜか似たような感情にたどりつくんです。

それは、、

何かが足りない。(不足感)

自分が悪い。(罪悪感)

自分はダメだ。(無価値観)

自分は弱い。(無力感)

自分はひとりぼっち。(孤独感)

様々な恐れ。

まだあるかもですが、

なんというか、完全に安全で完璧な愛の状態から、ひとりぼっちで放り出されたような感覚って

人類共通にあるのかも、と感じることがあります。

ここは宗教のお話ではないのですが、

私たちは実はひとつの所から来ていて、またそこへ還る、という話をきいたことがありませんか?

そういう場所があって、そこからひとりぼっちで旅に出ているとしたら持っているだろう

と思われる感覚を、なぜかみんなもっているんですよね。

おおもとの【神】または【ひとつ】であるところから、バラバラの【個】というものになってしまった分離感。

分離してしまったときから、バラバラの不安定な不完全な私になってしまった。

なんかその心細さが防衛をうみ、相手から奪ってでも生き延びようとしたり、

自分の不完全さをなくすことに執着する姿勢をうんでいるのかな、と思うのです。

でも、私たちは今こそバラバラかもしれませんが、もともとは同じひとつのもの、ともし考えられれば

孤独はないわけです。敵でもないわけです。

でも、だいたいは【分離】している体験にどっぷりつかっています。

私たちは、何を信じているのかによって体験が違ってきますから、

この地球のことを分離している、と思う人は分離の悩みが深くなっていくでしょうし

みんなひとつである、と思う人は、また違う経験をしていくでしょう。

さて、あなたはどちらでしょうか。

こんにちは。

いつもありがとうございます。

今日は、感情のお話です。

感情って、皆様、どうしていますか?

体のメンテナンスはしても、感情となるとどうしていいかわからない、、

感情の中でも、いい気分になれる感情なら大歓迎だけれど、その逆はなるべく感じたくない、、

という方も多いはずです。

だから抑圧してしまったりする方もいます。

ただ、感情って、抑圧すればするほど、水面下で溜まってしまい、暴走するものなのですね。

あまりにも抑圧すると、自分のまわりの人になぜか噴出して、問題行動として現れたりもします。

感情の中で、怒りなどを他人にぶつけると、時には暴力になったり、傷つけることになったりします。

だいたいのニュースになるような犯罪って、怒りから来ていますよね。

だから怒りなどは、抑えるのが望ましいと思われていますが、そういうネガティブな感情こそ

丁寧に感じてあげる方がいいのです。怒りはあってよいのです。

ただ、他人に怒鳴ってぶつけるのは迷惑でしかありません。そうではなくて、

自分の中で、しっかりと受け止め受容してあげる。

感じ尽くす。そうすることで、燃えて消えていきます。

ここでのポイントは、怒りがないふりをするのでなく、ちゃんと怒りの存在を認めることです。

いつまでもたっても怒りが消えないようなときは、繰り返しジャッジをして

何回も何回も怒りを再燃させている可能性があります。

その場合は、怒りを発生させているビリーフ、信念を調べてみるとよいかもしれません。

さて、怒りにかぎらず、感情をよく感じることが苦手な方は多くいらっしゃいますが、

そういう場合は、セラピーのツールを使うのもよいです。

たとえば、EFT (エモーショナル•フリーダム•テクニック)やフォーカシングなど。

どちらも、ひとりで自分のケアをすることができます。

感情が発生するのには、必ず理由があります。

感情は様々なことを私たちに教えようとしています。感情はごく自然なものです。

でも、それを他人におかまいなしにぶつけるのは、暴力にもなります。

自分の感情、行動には責任をもちましょう。

こんにちは。

いつもありがとうございます。

さて、恋愛の悩みは永遠のテーマではありますが、

恋愛を通して、人は自分のことを良く知ることが出来るとも思います。

恋愛というのは、その人の期待、夢、幻想、欲求などが、かなり容赦なく盛り込まれるもの

だからです。

ですが、お互いは違う人間ですので、恋愛に期待するものがお互い違っているという現実は、

もちろん普通のことなのです。

自分は、相手は、実はこういうことを大事にしていて、何を相手に与えたくて、

何を自分に与えられたいと思っているのか? 

というような話し合いを、まず恋愛の途中ですることはないでしょう。

なんとなく、とか、空気を読んで、とか

あるいは、自分がそうされてみて嫌だったとか、相手が不機嫌になった、など

ほぼやってみてわかることがほとんどですし、

相手が自分の期待通りにふるまわないと、とたんに、相手は自分に気持ちがない、、

と受け取る方もいます。

でも、考えてみたらわかるのですが、相手がぴったり自分の期待通りに

ふるまってくれる、などということは至難の業です。

恋愛初期でこそ、相手のニーズを読み取ろうとお互い努力するので、

それなりになんとかなったりしますが、

少し慣れてくると、相手が自分のニーズ通りに振る舞わないと、

怒りを感じたりするようにもなります。

しかも、

「自分はこういうニーズを持っているけれど、いちいち言わないから、

あなたはをそれを読み取って私を満たすように振る舞ってね」

という期待が暗にあったりします。

いや、無理でしょう?

例えば、恋愛において求める関係性もそれぞれ違います。

過去の親子関係の傷を癒すための疑似親子みたいな関係をやりたい人もいれば、

エロティックな男女関係重視の人もいれば、ライトな友達に近い関係を作りたい人もいます。

自分が一人っ子だった人と、兄弟姉妹のどこにいたかによっても、相性があったりします。

依存的なのか、自立していたいのか、与えたいのか、もらいたいのか、

相手に合わせたいのか、合わせてもらいたいのか、などなど、

数限りないニーズを相手に言わなくても、

最初からぴったりはまる、ということはほぼありません。

ですから、試行錯誤は当たり前ですし、失敗はつきものです。

コミュニケーションせずに、相手のことを理解できることもありません。

恋愛で最初からうまく行くはず、と思っている人は、

すごく高度なことを、成立させようとしているのです。

ですから、試行錯誤はあって当たり前です。

一回や二回の失敗で致命的な失敗だと思いこんだりしなくていいのです。

それは、あ〜、自分や相手のことがこれで少しわかった、経験の収穫があった、

というだけのことです。

自分は、相手はどんな人間なのか、何が喜びで、何が嫌なのか、

少しずつ知っていけばいいですし、知ってから、感覚がやっぱり違うということもあります。

このあたりは、お互いコミュニケーションしてこそわかることなので、占いで短縮するのは

まったくおすすめできません。わからないなら、相手に直接きいてくださいね。

それに、相手から振られても、自分がだめだと思う必要もありません。

それは求めているものがたまたま違う、というだけかもしれません。

あと、相手が求めているものをくれなかったとしても、実は傷付く必要すらありません。

期待していたのは自分です。相手が期待通りに振る舞う義務も、実はないからです。

相手が自分の思うような人ではなかった、、、ということに対する怒り、というのは

実に不当な怒りです。本当は、その怒りは親に対しての感情の可能性があります。

恋愛は、すべての、自分が幸せになるための理想的な幻想、を相手に投影しがちなので、

がっかりする度合いも強くなりがちです。

過去の傷を刺激して浮き上がらせることもあります。

でも、本当は相手はあなたの幻想ではなく、ひとりの生身の人間なのです。

自分の幻想を投影するのは、実は愛でもなんでもありません。

相手を生身の人間として理解し、愛していくという作業は、地味な積み重ねです。

恋愛相手は、自分を幸せにしてくれる道具 のように思っている人は、

おそらく、相手を愛することはできないでしょう。

相手のことをひとりの人間として、尊重できますか?

相手にも相手の好みや選択の自由があり、それが自分と一致してなくても本来よいわけです。

もしも恋愛でがっかりしているなら、自分が何か過度に相手に期待をしていなかったのか

見直してみるのもよいと思います。

恋愛ではいろいろなことが起きます。

でもうまくいっても、いかなくても、色々なことを教えてくれる、

素晴しい体験だと思います。

こんにちは。

いつもありがとうございます。

みなさんは、誰かに何か言われて傷付いたことがありますか?

または、受け入れられなくて傷付いたことがありますか?

傷付いたとき、たいてい相手が悪い、と思いがちだと思います。

たとえば、太っている人がデブ と言われて傷付いたとします。

その人は、太っている自分をどこかで気にしている可能性があります。

でも、私も学生時代より○○キロ(ここは内緒です)太りましたが、今の方が体調がよいので

仮にデブと言われてもまったく気になりません。今の体重の方がよいから、傷付かないのです。

もっとやせないとだめ、と相手はこちらを否定してきているのかもしれませんが、

自分が自分を肯定しているとき、相手が何を言おうが、そんなに気にならないものです。

また、私が仮に誰かに受け入れられなくても、私が自分のことを好きで肯定していれば、

その人の事情、好み、タイミングなどで受け入れたくないんだな、了解!と思うだけで

傷付くことはありません。

逆に、その人の受け入れないという意志や境界線を尊重したいと思うだけです。

それは、私も自分の境界線を大事にしているからです。

傷付くとき、自分を傷つけているのは、実は自分なのです。

(もちろん、意図的な悪意による虐待や暴力などはのぞきます)

傷付くのは、相手に何か期待していて、それをやってもらえないとき、

やってもらえないと自分が満たされないと決めつけているとき。

(ですが、相手が自分の思う通りにしなければならない、という義務はどこにもありません)

また、自分が自分のことを否定していて、それについて相手が同じことを言ってきたときなどです。

あるいは、出来事に対して、自己否定的な解釈をしてしまうときも、傷付きます。

自分が自分を傷つけているだけなのですが、出来事が自分を傷つけたと思い、相手が悪いと思ってしまうのです。

相手に何も求めていないとき、傷付くことはありません。

受け入れられない状態(つまりそのままの自分の状態)を否定しているから傷付くのです。

受け入れられることで、何かを相手にもらおうとしているとき、もらえないと傷付きます。

でも、求めに応じる責任など、そもそも相手にはない、ということを考えてみれば

自分が傷付くのは相手のせいではないとわかるでしょう。

私も昔は、自分を満たす役を他人に求めていたこともあり、そのときは傷付いていました。

でも、自分を満たすのは、本来自分で行なえばよいことなのです。

自分のことは基本的に肯定し、自分で自分を満たした状態であれは、傷付くことはぐっと減るかと思います。

他人に期待し依存すればするほど、傷付きやすいというしくみに、気付いていただければと思います。

こんにちは。

いつもありがとうございます。

以前、依存症についてのTED動画を紹介する記事を書きました。

https://www.uranaiblog.net/user/0707/0707/2018/03/post-208.html

依存症などの問題行動をする人の、問題をみるのではなくて、そうせざるを得なかった

本当の感情の方をみなければいけないのでは、という内容です。

アルコール依存、ギャンブル依存、浮気依存であれ、そこには強い渇望があります。

大抵は依存の内容が周りの人に迷惑をかけることであるために、

ギャンブルや、アルコールを飲んだその人を責めることが当然と考えがちです。

そして単にやめさせればよい、と誰もが考えています。

でも強制的にやめさせても、渇望が残るだけです。さらにずっと責められます。

責められた人は、自分でも自分を責めたり罪悪感を感じるばかりで、

自分がなぜそんなに渇望を感じていたのか、その理由を考えることはまずないでしょう。

でも、本当の問題は、「なぜ、そんなにまでして、それ(ギャンブル、アルコールなど)

を求めなければいけなかったのか?」「なぜそんなに渇望していたのか?」ということです。

問題は、そんなにまで渇望して必死で埋めなければならないような、

「心の穴」や苦しみがあったのではないか、ということです。

ギャンブルやアルコールが悪いわけではないのです。

いくらギャンブルやアルコールを遠ざけても、もともとのつらい気持ちに向き合わない限り、

本当の解決にはなりません。何か他の依存対象を探したくなるだけです。

本当に向き合うべきは、ギャンブルやアルコールで埋められる前の、つらさです。

そこに向き合って、自分は何がつらいのだろう、何が嫌なのだろう、何が怖いのだろう、と

感じてみてください。

浮気でも、同じことです。

少し前に、浮気の心理はパートナーから逃げているから、という記事を書きました。

https://www.uranaiblog.net/user/0707/0707/2019/05/post-234.html

浮気したくなったら、いったんそこで踏みとどまって、自分は一体何を埋めようとして、

今、浮気したくなっているのだろう?と自問してみてください。

もし、浮気してまぎらわせなかったら、何と直面しなくてはいけなくなるのだろう?と

そこを感じてみてください。

ギャンブルをしていたら、アルコールを飲んでいたら、浮気をしていたら、

そこに向き合わなくていいから、渇望して依存するのです。

その元々のつらい感情を解放しないと、本当の解決になりません。

強い感情があるときは、そこに癒されるべきものがあるよ、と教えてくれています。

そこから逃げるより、きちんと原因をつきとめて、解放するのが一番です。

感情解放の仕方は、お伝えできます。

EFTという方法、その発展系などを使います。

一緒に行なうことも出来ますので、お問い合わせください。

こんにちは。

いつもありがとうございます。

今日は朝からとても残念なニュースが流れました。

お亡くなりになった方の冥福を心からお祈りします。

また負傷された方、ショックを受けた方、すべてが癒され回復していかれますよう

お祈りします。

世の中には、感情的に乱れることで、他人を攻撃し、危害を加える方もいます。

自覚がなく、気がついたらやっていたという人も

自覚があり、意図して他人に危害を加える人もいます。

なかには、人にはわからない方法で、こっそりやっている人もいます。

それでも、それはすべてカルマになります。

特に力のあるものが、自分のエゴのために他人に危害を加えることは、許されるものではありません。

残念ですが、そういう方もいらっしゃいます。

亡くなる前に、改めることができるといいのですが、そうできないと

相手の立場や気持ちを理解するために、いつかかなり大変な目にあわなくてはならないかもしれません。

結局すべてが自分にかえってくることを、よく考えて、行動していかなければなりません。

神さまは寛容でもありますが、

人として、やっていけないことは、確かにあると思います。

こんにちは。

いつもありがとうございます。

さて、前の記事で、浮気•不倫はパートナーから逃げているだけ、ということを書きました。

本当は、逃げているのはまず、自分の気持ちからです。

本当は、こう思っている。こう感じている、と正直に認めること。

そこから逃げているんです。

それをはっきり自覚したくないから、パートナーに言いたくないから、浮気に逃げる。

そこでいっときの慰めをもらって、本当は不満な家に帰る。

要は、ごまかして生きているんです。

逃げるところが、異性ではなく、仕事だったり、趣味だったり、するかもしれません。

じゃあ、逃げるのを止めて、パートナーと向き合おうじゃないか、とやってみると、

とても不満だったとします。

すると、もうおしまいだああ〜 と思っている人が多いんです。

おしまいにしたくないから、逃げて、浮気しているんだ、とも言えますね。

でも、ちゃんと向き合っても大丈夫なんです。

おしまいにする前に、やれることはたくさんあるんです。

まずは、自分をよく知るということ。

自分は何を大切にしていて、過去何に傷付いているのか。

どんな価値観をもって、何を信じているのか。

相手の何に、どう反応しているのか。

本当に、自分が望んでいることは何なのか。

ここからは、セラピー領域ですが、

ありとあらゆるマイナス感情は、大事なことを教えてくれるために、そこにあるんです。

自分を大切にしていないよ、という合図を送ってくれているんです。

ですから、ぜひそこは見てあげてほしいところです。

だいたい、マイナス感情は感じたくないので、理性で抑えたり、

封印しようとしたりしがちですが、

味方になって、その声をよくきいてあげることで、実は解放されていきます。

そういうことを十分にやってみて、尚かつ、パートナーは自分の望む人でなかったなら、

自分のニーズを伝えればいいですし、もしパートナーがそれをどうしてもしたくないと言うのなら、

無理に一緒にいることもないのかもしれません。

でもここまでのことをすれば、お互いがよい理解者にはなれるでしょう。

たいていの夫婦が、本当のコミュニケーションをしていないのは、

まず自分の本当の気持ちに気付いていないからです。

素直に正直に、なれていないからです。

そうすると、ややこしいことになります。

防衛的になって攻撃したりすると、まず相手にちゃんと理解されませんし、関係がこじれます。

まずは、自分が〜〜と感じている、そこを正直に感じることからはじめる。

そして、それは、過去の子供時代の出来事から来ている場合も、とても多くあります。

その場合は、感じ方の癖になっています(例、パブロフの犬)それを変えることはできます。

そうしたい場合は、ご相談にのります。

あるいは、対応できるところをご紹介します。

でも、他人のせいにせずに、自分で取り組むという姿勢は必要です。

逃げているうちは10年たとうが、問題は何も解決しないと思います。

こんにちは。

いつもありがとうございます。

とても素晴しい記事をみつけました。

「浮気•不倫の仕組みってこうだよ」ナリ心理学の地元

http://k-nali.hatenablog.com/entry/2015/12/18/170313

いや、ナリさんて素晴しいです。

他人のブログですが、よいものはどんどん紹介します。

本当に、そうなんです。

パートナーがいるのに、他に好きな人が出来て悩んでいる人の心を

本当によく言い表しています。

浮気•不倫の多くは、パートナーと向き合えていないから、単によそに逃げているだけです。

本当に好きなんじゃないんです。安心がほしくて、依存しているだけ。

旦那が浮気したと騒いでいる妻もそうです。

浮気相手のせいにしていれば、旦那と本当の関係を築いていないことから

目をそらしていられるから。

浮気相手のせいにして責めている方が、

きちんと旦那と関係を作れていない自分を認め、旦那と向き合うより楽だから。

浮気•不倫相手にさせられている皆様、この構図を、事実を、みてください。

自分が利用されているだけだということを、直視してくださいね。

自分がどんな役を担ってあげているのか。

下手すれば、すべて自分が悪いことにされてしまう構図をよく見て下さい。

おのずと、自分はどうすればいいのか、答えはみえてくることでしょう。