IMG_4517.jpg


お盆になり、
明日から私も帰省で日曜日までお休みを頂きますので
宜しくお願い致します。

先日、リピーターさんが浴衣姿で来てくださいました。
写真では照明具合もあり、ちょっと暗いのですが、
それはそれは鮮やかで艶やかで!思わずカメラを向けさせて頂きました(^^)

大人のちゃんとした夏の着付けの浴衣は良いですね~
私も最近、着物のオシャレに目が行くようになりました。

暑い暑い!と言ってる間に、衣料品売り場は着々と秋物に
変化していますものね、夏も後半を感じます。

さてさて、
最近は転職の相談が多いですね、

もう長く同じ所にお勤めの方が、
自分は実際にはこの仕事に向いていないのではないか?とか、
病を経験して自分の人生や仕事というものに対して、考えが変わった。

お若い方だと、内定は数件頂いたが親と意見が合わない
などもあります。

今の時代は、女性も仕事は人生のパートナーでもありますので
できるだけ納得いくものにしたいですよね、

その為には、自分が何をしたいか、どうなりたいか、
どういうものが好きかか、やりがいを感じる時はどんな時か、

という事も、しっかり見つめておく必要があります。
漠然と...ですと、結局、同じことを繰り返します。

せっかくのターニングポイント、たとえ失敗しても階段を上ってみる!
成功って、どんな場合も失敗の上に成り立っていますからね、

好きな事や前に向かっている時って失敗とか、間違いとか、
そんな風には思いません。楽しくてしょうがない。
うまく行かなくてもなるほど~!って思いながら進み、
最初とは変化しても納得した形を得て、チャレンジする怖さが
なくなります。

やらないうちは、それが恐ろしくて(失敗)なかなか出来ない。

夢や、手に出来るであろう事も、恐い、不安という想いが
不安や怖い事、進めない事を自然に身近に引き寄せますのでね、
潜在意識の働きってそんなものです。

そのうちに、歳だから...環境が許さないから
みたいな言い訳が出来てしまい、
「私も、あの時にやっておけば...」みたいな昔話になります。

今の時代はどんどん想った事が現実化するのが早くなっています。
それは、良い事も、そうでない事も、です。

自分の想いを自分でしっかり監視する
(ここはとても重要)

そんな事は思っていない、なせ私が、私ばかり、苦しい事ばかり、
でも、その原点は己の潜在意識という所にあるという事ですね

人は見たい世界を見るようにできている、と言われますが、
要は、心の世界を外側に投影して見ているという事です。

ちょっと小難しい事を書きましたが、

よく「目から鱗」と言いますよね、
鱗が落ちた時に、潜在意識の中にある自分では気が付かなかった
濁ったフィルターが落ちるわけです。

不思議な事ですが、その無意識の中の濁った沢山のフィルターが変化すると
病も癒えたりする事が確かにあるんですよね、

安定も大事です。でも、心からやってみたい事が有る時は
レッツゴー!です。

あと少しの命と知った時に思う事は、
「もっとやりたい事をやって、たくさん失敗しておけば良かった!
もっと冒険すれば良かった、もっと友達に会えばよかった、
もっと楽しんでおけば良かった!」

なのだそうです。
一歩から、やってみましょうよ!(^^)

友人といえる関係が長く続かず、少ない。

自分は何となく付き合いにくい相手なのだろうか...。
というお悩みも人間関係の相談には多いです。

が、人間関係や友人というものに
期待していない人の方が友人は多いかもしれません。

2.3年に一度位しか会わないが、ずいぶん長いお付き合いの人もいれば、
2.3年も合わないなら、人間関係も断捨離タイプの人もいる。

友達が多い!という広く浅くタイプの人ですと
自分は友人と思っているが、相手から見ると只の知り合いの場合もあり、
そこは人と比べても仕方ないですね!

元々、女性は「その場で生きる」ように出来ていますので、
(環境の変化に適応する為)線の友人より、点の友人になりやすいです。

学生は学生の、職場は職場の、ママ友はママ友の、人生のその時、その時に
合った友人関係でOKで、変化していくのが当たり前なのですが、

それは良くない事、人間関係が消えていく私はダメな人間だと信じて
疑わない真面目な方が結構いるのです。また、
そういった事を友人に話題としても聞きずらいのも確かです。


さて、女性は情報収集としての関係(友人)の部分が強いので
周囲の人はそこまで考えていません。

その情報収集に友人関係を特価して考える人もおりますので、
積極的に友人を変えていく人もおります。

大体は穏やかに変化していく(子供の成長に合わせて等)でしょうね、

まれに幼馴染で何十年という関係や、長い関係を維持している友人が
いたとしたら、その方はとても幸せな事です。

すべてが分かり合える双子のような、ツインソウルみたいな友人を探し求めて
いるなら、それは誰かに依存したい心の表れかもしれません。
その気持ちがある以上は期待した分、裏切られる事になりますので、

その時、その場の友人を大事にお付き合いしているうちに、
いつの間にか長くなる人が居たらとても有難い事、と位置づけておきましょう。

何かあれば、できるだけ自分で解決(自立)
でも、助け合いは忘れずに、
期待しない、大きく期待されない関係を作ってとベスト、

きっと、年齢にかかわりなく良い友人が出来ますよ!^^

IMG_4512.jpg

今、パワーストーンを製作中です。

ちょうど先日、随分前のSHINRAのブレスですが、仕事では付けないので、

枕元に置いたりしています...。というお話で、持ち込まれてきました。

確かに、さほど汚れも疲れも無く綺麗なまま、

そこで、御守りに作り変えました。

雰囲気を変えずに良い石を残したり足したりして

輪を小さくして、バックやポケット、引き出しに入れたり、

持ち運びしやすいようにしてあります。

私のブレスは石の数などで数秘術の意味合いを持たせたりしていますので

リフォームの場合も、そのままにするか今の状態から見て

変えたりしています。

豆知識

パワーストーンを保管する場合、

例えば、一つの器にゼリービーンズのように色々な色合いの

ブレスを一緒にいれて保管するのと石のパワーが弱まりますので

NGです。購入した時の箱や袋に入れて保管しましょうね!

御直し...

image6.jpg

毎日暑いですね~!

お直し依頼のブレスが出来上がりました。

古い糸からパワーストーンを外していると

大事に着けていてくれたのであろう事が伝わってきました。

感謝、感謝です!

里帰りした少しお疲れ気味の石達を「輝きの塩」で洗浄すると

びっくりするほど蘇りました(゚Д゚) 輝きの塩、さすがです!

糸と金具を取り換え、石の配列もちょっと変更して

パワーを入れ直してと...。

あとは、数日でお手元に届くと思います^^

もう少しだけ お待ちくださいね!

警戒心...

セッションをしておりますとね、
どうしても「私は嫌われる」とか「人間関係が...」
「友達ができにくい...」などなどのお話が多く、

でも、もちろん皆さんとっても良い人なのです。

さて、なぜゆえにそんな事になるかというと、
もちろん、それぞれにイロイロはあるのですが、
その一つに、「警戒心の強さ」があります。

男性に対する一応の警戒心は全女性にありますが、
それと同じように「人」に対しての警戒心の強さが
外に出ている人と、内側に込めている人があります。

外側に出ていますと、まるっとオーラに現れますので、
「えっ、この人は私を警戒している?つまり私が嫌いなのね、感じ悪い!」と、
映ってしまいます。

実際は、ただただ不安なだけなんですけれどね、
ガードを真剣に固めすぎて、その頑なさが他を寄せ付けない
雰囲気を作ってしまいます。

もう一歩、オーラに踏み込める人は、「ああ、そうなんだ怖いのね!」と、
受け止めてくれますが少ないと思います。

内側に警戒心を抱える人は、始めは良いけれど段々に関係が
悪くなるとか、離れていくなどになる事が多いです。

「だって、信用して良い人か分からないじゃないですか!」
もちろんです!!

始めから人など信用しては、むしろいけません。
ただ、不安に素直過ぎる人はある意味の損をするかもですね、

大人の人間関係では自分の為ではなく相手の為の嘘は、
この世での和を持って生きる為の潤滑油です。

オーラをメイクするって、そんな感じです。
女性はある程度の年齢になると、スッピンよりメイクした方が
血色良く健康的に常識的に見えますよね!

人間皆がオープンハートで生きられれば良いのですが、
元々、何年も付き合ってみなければ人など分からないのが当たり前、

程々に付き合えるように、警戒心がバレバレにならないように
ポーカーフェイス、ポーカーハートですよ(^^)

日本人は、人に対して感じる力がある人が多いですので、
「私は不安症な所があるので、挙動不審な事があったら許して下さいね!」
とか、「すみません、無愛想なものですから何かありましたら教えて下さいね!」

など、始めから述べておくと「ああなるほどねー!」
という笑い話で済みますのでね、
「どーせ嫌われるから」などと思わずに、まずは自分から一歩、一言です。

警戒心の強さが原因ですよ~!とお伝えすると
「確かに警戒心が強いですが、えっ?私の発するものが原因なんですか!」

と、驚かれますが、そうなんです。
結局、自分の発するものが、自分に戻ってきます。

さて、自分に戻ってきているものは何か...
自分では、なかなか分からないものでもありますね!

しかし、うまく行かない時は自分を振り返っても良いと思います。


今朝...

IMG_4458.jpg

今朝、4時半に起きて近くの神社までお散歩に...

この夏の目標、朝陽と共に起きて行動を開始する、やった!目標達成

でも帰って来てから、気が付いたら寝てました^^;

IMG_4423.jpg

昨日の夕方近く、灯台の隣に立ってただただ海を眺め、ゆっくり呼吸をして自分の魂と対話する。

「わかっている」事ではなく「感じる」事の瞬間は、久しぶりの海の輝きに似て

キラキラと新鮮で衝撃的でした(^^)

With you...

66324514_1307468562753993_4147004671925420032_n (1).jpg

札幌の地下鉄小雑誌「With you」の夏号に麻生駅の紹介で掲載されましたよ~ん!

地下鉄にお乗りの際はチラッと見てやってください。

よ~く見ると、髪はバサバサだし、

も少し美人に撮って!というのは無理がありますですね(^^;)

「占い」というとカーテンの奥で黒いベールを被った怪しげな人が占い師、

というイメージが皆あるのね(^^)

そんなこんな、素敵な文章をライターさんが書いてくれていました。

有難うございました!

カラスの子育ての季節は危険です!
って、誰もが知っていますが^^;

私など今年は2回ほど危なかったです。
カラスは頭、良いですよね、

心配のないご近所の人間か、知らない人間かを
見抜くこと素早い。

夫婦で子育てに命がけなのは
涙ぐましいのですが、
ただの通行人には迷惑な季節です!!(# ゚Д゚)

さてさて、
イライラっぽい職場ってありますよね、
その原因のひとつはメタボ、らしいです。

メタボ...というか「ぜい肉」(嫌ですね~)
BMIっていうんですか?
それが高い人ほどイラッとしやすい傾向があるのだそうです。

動くのが面倒、余分な脂肪で疲れやすい。何をするにも億劫、
不機嫌、という流れになりやすいのが、特に男性なのだそう。
(女性は年々細くなる傾向ですが、男性はずーっと横ばいだそう)

ただし、太い細いだけでなく、男女共に筋肉のある無しによっても
違いはあるみたいです。

足を鍛えていて太ももに筋肉のビシッとある人は、
若返りホルモンがバンバン出ているらしいですから、
億劫なんて事はないでしょうからね!

問題はぜい肉ですね、
(私もお腹とか二の腕にたっぷり貯め込んでおりますが...(><))

で、これまた誰かの不機嫌な顔は30秒かからないで周囲に「不機嫌」が
感染するのだそうです。つまり重苦しい、気分が良くない、乗らない、
イライラする。

更に暑苦しい季節は我慢が弱くなり、攻撃性が出てきます。
「誰かのせいで!」というやつ、& 犯罪も増える。

男女ともに暑苦しいのはとても感情的になりやすいみたいですので、
暑い情熱のままに恋が生まれ、些細な事にイラッとして花火のごとく散る。

と、ちょっと話がずれましたが^^;
夏はというか、気温高めの日は皆が感情的になっているので

職場でも何処でも問題が起きやすい状態になります。
何かにつけて気をつけなあかん!ということです。

自分が不機嫌な顔の元凶にならないように、
心身にぜい肉を付けないように、できれば自分の笑顔を感染させら
れるように、出来るだけ意識しましょうね~!

というお話でございました(^^)

不安症...。

最近、夏だし太陽と共に起きてみよう!という目標を持ちつつ、
なかなか4時には起きられません。

カーテンを開けて寝るので、一瞬、目覚め「今日も良い天気だ!」を
確認するのですが、再度、目覚めた時には、小雨が降っている状態です^^;

朝はやはり苦手です。が、この夏の目標は「太陽と共に起きる」!
がんばろうっと!^^

さて、どうしても不安になる方っていらっしゃいますよね、
些細な事が発端で、これがそのうちに、こんなことになって、
そんな事になって、将来はこんな酷い事になるのではないか!

って、瞬時に頭に思い浮かんで卯鬱になってしまう事多し...。
身体も、少し調子が良くない事に、様子を見ている間に
深刻な病なのでは?と思い悩みだし、余計に調子を崩す。

あるある!ですよね!
自分でも特に不安症だな~と思い、そんな自分がイヤ!
何とかならないものかしら?

世の中には、セラピーやらヒーリングやらありますし、
そういったもので何とかならないものか?
そう思いますよね!

先日も、クライアント様とそんなお話をしたのですが、
「不安症」の方は、もちろん原因はいろいろあると思いますが
幼少期の育ち方にも大きく関わっているようです。

親からの「躾」という理不尽な暴力だったり、さげずみだったり、
親の絡んだ兄弟姉妹の関係性の悪さ、逆に、過保護など大事にされ過ぎても、
不安症の元になるらしく、

多少は誰にでもあるものとは思いますが、病的に不安で悩む方は幼少期に
自分はどうだったかを思い出して、

もし、その傾向があると分かったなら、
誰かに何とかしてもらおう的な事で、何とかなるというものでは
ないかもしれません。

やはり、自分を知り自分をコントロールすることが必要ではないかと思います。
とても辛い時は別として、安易に薬を飲むのもちょっと考えてしまう時、

そう、過剰に深刻に思ってしまう時に、「あっ、それは無い無い!」
「今のは、単なる私の想い癖!」「私ってオーバーだから!」
って、美味しいものでも食べて流す練習をしなければなりません。


※ 余談ですが美味しいもの、甘いもの、甘い香り、はイライラや不安を
緩和させる効果があり、心が寛大になる実験結果があるそうです。
苛ついている人はお腹が空く→攻撃的になるんだそうですから、
今度から、分からない攻撃を受けた時は、よほどお腹が空いているのね!
と、思ってくださいませ^^ 特に女性はダイエットとホルモンの動きで
イライラしている人は多い!

想い癖も身体にはマイナスに響くんですよ、それこそが病の元、
ゆるゆる~っと行くには、何でも話せるお友達がいれば一番良いけれど、

お友達だって忙しいでしょうし、しょっちゅうだと嫌われます^^;
カラオケでもなんでも、自分なりの発散方法を何個も考え、片っ端から
順番にやっているうちにどれかで、悩むこと自体疲れると忘れる事もあり、
それこそ占いなどでもスッキリかもしれません。

実際、そういう相談が多いですしね!^^

積極的に自分の不安解消をしているうちに、
年齢と共に自分の不安は自分で思うほど「たいした事では無い」という
経験値が上がってきます。

が、何歳になろうとも「初めての事件」という試練はやってきますので、
その時にこそ、対処できる自分を作っていくのも人生の課題なんだなぁ...。
と思います。

不安は戦うものでもなく、飲み込まれるものでもなく、
敵を知り自分で調整が、一番かと思います^^


さて、夏...。

IMG_4315.jpg

夏越の大祓の時期ですね、私はサロン近くの新琴似神社さんで
茅の輪をくぐってきました!

今の時期は旅行のついでにいらっしゃるクライアントさんもいらして、
私が行ってみたい憧れの所からいらっしゃるとか、
そんな遠くから?という方もいらして興味深いです^^

さて、夏...ですね、
北海道は涼しいイメージではありますが、やはり夏はエアコンが入る時期、
よく、女子は体を冷やしてはいけないと言いますが、

私も若い頃は、お洒落をしたつもりで、薄いスタイルでチャラチャラしていると、
親や叔母から、女は冷えると体を壊す!などと言われたものです。
もちろんその頃は「関係ないし~!」などと憎まれ口を叩いていたものですが^^;

今はさすがに、それがわかるお年頃となってきました。

が、実際に何が起きるかといえば、女性の冷え性は様々な病気、
月経困難、子宮内膜症、子宮筋腫、卵管炎、卵巣嚢腫、その他諸々、
つまり女性器官の病のほとんどが冷えが原因だそう。

また、痛みがあるものは鎮痛剤等を飲むことで、更に体が冷やされ自律神経が
乱れてくるのだそうです。

人間は体温を保つためにエネルギーを消耗するらしく、
職場など冷えた中から外に出ると、身体が暖められて血管が開き

急激に血流が増えることで、だるくなったり調子を崩すことが多いのだそうです。
おまけに暑いと冷たい飲み物、ジュース、アイスクリームを食べたり飲んだりしますが、
それがまた体力を奪うのだそうです。(でも冷たいビール美味しいよね~!)

本当はとても危険な行為らしく、冷蔵庫とクーラー、エアコンが一般化してから、
大人も子どもも病気が増えている傾向があるそうです。
熱中症にならない程度に上手に使わないとですね!

女性は男性よりも複雑な形状でもあり、冷えに対してのリスクが大きい、
(これは思った以上に大きいです)
昔は体験的にとか本能的に女性は冷やしてはいけないと分かっていたのですね、

寒冷地は、冬に逆の事が起きますから体には大変なストレスを抱えることになります。
気圧も関係する様で、冬は気圧が高くなり疲労度も強くなるのだそうですから
身体の休息はさらに必要だそう。

夏も冬も、気をつけなアカン!のでありました。

今のような文明の利器での生活は、せいぜい50年位のもので、
少し前までは、太陽と共に起き、太陽が落ちると寝るしかなかったわけです。
つまり、宇宙(自然)と共に生きていたわけですね、

栄養状態が良くなり、日本人も身体が大きくなったなどはありますが
たかだか50年や100年で人間の基本的な部分やシステムに変化や進化はないでしょう。

文明による有難い影響と逆の影響、物事はすべて陰陽で成り立っています。
「今」の当然を盲信せずに、食べ物、飲み物などに、もう少し敏感でいても
良いかもしれませんね!

最近、特にそう思うようになりました。