本日1月15日(火)電話鑑定は10時~21時の待機です<(_)>
(21時迄にお申込み→21時以降も順次鑑定致します)

日本最大級の無料占い&コラムサイト【カナウ】がオープン、山本梨花子の
恋愛コラムを執筆、掲載されております!

iTunes/App Storeコンテンツが4/27~新たにリリースされ配信中です!

iTunes/App Storeコンテンツが新たにリリースされ配信中です!
rikakosmall.png

今月の鑑定カレンダーはこちらをクリック
待機予定は毎朝9時までに更新しておりますが、予定は当日変更になる場合がございますのでご了承くださるようお願い致します。

受付電話番号は048-933-9832です。
(秘密厳守・情報漏洩厳禁管理・今までにトラブルはございませんのでご安心願います)

鑑定料金:15分まで3600円以降1分200円加算(鑑定終了時に料金をお知らせ致しますのでカード決算又は銀行振込にてお支払下さい・ご新規の方はカード決算になります)
初回ご利用者は500円割引中(カード決算払いの方限定)
「★カード決算ご自身手続きは→占いタウン・プロフィール画面の上にあるリンクボタンよりお手続きへ・匿名鑑定可能」
占い師へクレジットカードで直接お支払いはこちらへ


鑑定開始時間~鑑定終了時間のみが鑑定料金の対象になります。
お名前、ご住所などの照会手続きのお時間は鑑定料金に含みませんのでご安心願います。

カード決算VISA、Master、JCB、AMEX・手数料なし/または、後払い・銀行振込3日以内(ご利用日~3日・土日カウント・遅延されますと延滞事務手数料が加算されることがありますのでご注意願います)

銀行振込口座:
ジャパンネット銀行
すずめ支店
店番号002
普通 2743339 
ウラナイサイト

鑑定中など電話が繋がらない場合はメールフォームより電話鑑定のお申込み/ご予約が可能です。
(待機中は至急~1時間以内にお返事します。待機外は24時間以内のお返事になります)
お気軽に問い合わせ下さい

電話鑑定お問い合わせフォーム(リピーター様用)登録済みですのでご記入項目が簡素化されております。

電話鑑定お問い合わせフォーム(ご新規様用)

タロット講座(気持ちが占える)電話占い師・養成講座・教材付き(自宅電話で受講できる)詳細へ


ご質問・お問い合わせはフォームにお問合わせ内容を書込み送信下さい

W不倫の関係になって4か月ほどになりますが、
いまだに好きとかの言葉をもらったことがありません。
連絡はまめにくれますがゆっくり会うこともままならず、
彼の本当の気持ちがわからず毎日もやもや悩む日々です。
結局彼にとって都合がいいんだろうなぁと。

本人に気持をぶつければいいのかもしれませんが、
それで終わりとなるのが怖くてそれもできません。

彼の気持ち、そしてこれからについて教えていただければと思います。

私と別れたくないのなら、私の望みをきちんと聞くべきだし、私の言うことに従うべきよ、と言われたような気分になっていて、彼は自分の殻に閉じこもり、返信も電話もしてこない、という状況に陥っている、と言えるかもしれないのです。

ご相談でも少なくないのですが、彼からの連絡がなくなり、焦る女性は少なくありません。

「私たちもう駄目だよね...別れましょう!!」という言葉を投げかけたけれども、実際は、彼と寄り添いたい、関係を修復したい、という打開策として奥の手を使ったのですから。

ところが、予想に反した結果となり、本当の別れになりそうで、取り返しのつかないことをしてしまった・・・と急に恐ろしくなったり、不安になったりして、彼の動向を見守ってみても、音沙汰なし。

まずい、と思った女性がとる行動が、彼に自分から連絡をして、あやまる、という行動を起こしてしまうことなのです。

ところが、女性にしてみれば問題は何一つ解決しておらず、むしろ状況は悪化しただけ。

不本意にもなぜか自分から謝り、ことを収める結果となり、彼に対する不信感はますますふくれあがる・・・という悪循環に陥ってしまうのです。

つづく・・・

男性は、「飲む打つ買う」。つまり、「買う」のパターンとは、「女性との営み」であり、女性との肉体的同調や理解、慰めを求める、ところがあるようなのです。

彼女に癒されたい、でもそれは、精神的なもの以上に、肉体的に...と常々思っている、可能性があります。

けれど、女性は「おしゃべり」を重視し、肉体的な癒しや結びつきよりも、精神的結びつきを重んじる傾向が強いので、肉体的結びつきを優先されてしまうと、不信感を抱いたり、大事にされているのだろうか?と疑問視したりして、煮え切らない態度で対応したり、断ったりして、映画を見に行くとか食事にいこう等と別の提案をしてないですか。

もし、「私たちもう駄目だよね...別れましょう!!」という言葉を投げかける以前に、そのような対応をしていたり、精神的結びつきを重視するあまり、彼の本当の想いや求めに応じていなかったとしたならば...。

彼は、我慢も限界とばかりに、背を向けてしまう可能性があるのです。

「彼女は自分の要求ばかりを押し付けてきて、こちらの気持ちや希望は少しも汲んでくれない...彼女の気持ちに寄り添うことばかりを期待される...こっちの気持ちには少しも寄り添おうともしないくせに」等という不満を募らせてしまっていたならば...。

彼は頑なに心を閉ざし、「彼女とは距離を置きたい」と考え、返信も連絡もせず、日々をやり過ごす可能性があるのです。

つづく...

10歳年下の独身の彼と不倫関係になって一年半ほどたちます。
私は既婚です。
不倫ではありますが、私達は本気で愛し合っており、恐らくツインレイなのかと思っています。
今年の夏ぐらいから、彼の仕事が忙しくなり、逢えなくなってしまいました。
彼はサラリーマンではない音楽系の仕事をしており、忙しさはハンパないようで、いつ逢えるのか不安があります。
気持ちはあるが、もう彼のモチベーションが下がってるのかなとも思います。
某占いでは、もう彼に気はない来年の春にあって二人は破綻すると散々なこと言われまして、ひどく傷つきました。

桃の花 さま 40代

一撃のパンチを浴びた男性側の心理は、正反対なものになるのではないでしょうか。

男性に限らず誰しも、人から否定されたり、拒絶されるのは辛いし、傷つくものです。

職場では客先や上司などから怒鳴られたり、クレームをつけられたりして、精神的ダメージを受け、さらに彼女にまでダメ出しをされたとしたならば...。

彼の失意は相当のものになるのではないでしょうか。

女性は友達に愚痴ったりして発散しているところがありますが、男性は愚痴って発散することをあまりしないように見受けられます。

「飲む打つ買う」という言葉がありますが、まさに男性は話すよりも「飲む打つ買う」ことを楽しいと感じる傾向があるようで、ストレス発散にもなりえるのですが、女性は食べ歩きとかショッピングとかおしゃべり等で発散することが多く、男性とは嗜好が違うわけです。

そのため、男女間では、様々な誤解、行き違い、取り違えが起り、問題が勃発するわけなのです。

つまり、女性は嫌なことがあったら、誰かに話を聞いてもらいたくなり、同調や理解、慰めを求めるのですが、

つづく・・・

1年ちょっと前に別れた彼の事を忘れられません。別れる数ヶ月前から殆ど会えなくなり、Lineのやり取りだけの毎日でした。その事に耐えられなくなり、私の方から別れを切り出しましたが、彼からは返事がなく、そのまま終わってしまいました。数ヶ月前に一度Lineをしてみましたが、何日も経ってから愛想のない返事が返って来ました。もう、忘れるべきなのでしょうか?

鑑定の方、よろしくお願いします。

けれど、冷静になってみれば、「私寂しいの...あなたが仕事が忙しくて大変なのはわかるけど、ここまで連絡もくれないと、さすがに落ち込むし、寂しいのよ」と、伝えたかっただけなのではないでしょうか。

なのに、被害妄想がどんどんと膨らみ、自分の感情がどんどんとエスカレートして、彼に対する怒りがこみあげてきて、自分がひどい目にあっているような錯覚に陥いり、状況を好転させたいがための、苦肉の策だったのかもしれません。

だから「私たちもう駄目だよね...別れましょう!!」と言い放ったのかもしれません。

けれど、冷静に考えてみましょう。

唐突に「私たちもう駄目だよね...別れましょう!!」と一撃のパンチを浴びた彼の心理としたら、たまったものではないはずです。

大きな精神的ダメージを受けるのではないでしょうか。

もちろんそれが狙いだったのですから、ほぼ目的は果たされたと言っていいでしょう。

怒りの鉄拳の捨て台詞を言い、彼を十分懲らしめることはできたはずですし、怒りの感情にも収まりがついて、スッキリしたかもしれません。

ここまでは、女性側の心理ですが・・・・。

つづく・・・

待たされている女性の方は、じりじりとする思いで彼からの返事を待っていて、いてもたってもいられない心理状況で孤独を感じていたりするのです。
すると、自分を孤独な気持ちにさせる彼に対して腹が立ってきたり、失望したりして、彼のあら捜しがはじまる。すると、あの時も、この時もこんなにひどいことをされて、ずう~っと我慢してきたのよ!とだんだん興奮してきて、感情はどんどんエスカレートしていき...、
「こんなにひどい男と付き合っている意味がどこにあるわけ?!」
「そうよ!私をもっと大切にしてくれる男はもっと他にもいるはずだわ」
「元彼だってここまでひどくなかった。そうよ、元カレは私に優しかったし、もっと考えてくれてたわ。なのに、今彼ときたら...、私をどこまで馬鹿にしたら気が済むのよ!」
というような感じで、一人相撲が展開され、彼に怒りの感情をぶつけないでは、気が済まない気分になってしまうのです。
彼にカウンターパンチをくらわし、彼をとことんとっちめなければおさまりがつかなくなってしまう。
そこで、彼にもっともダメージになる手段を考える。
結果、「私たちもう駄目だよね...別れましょう!!」
と、一撃のパンチを浴びせてしまう、ということをした経験はありませんか。


つづく・・・

反対に別れを告げられた彼の気持ちについて想像みましょう。
彼は、別れを告げられて、一瞬動揺するかもしれません。でも、次の瞬間、「どうして別れを告げられたのだろうか?」と冷静になり、考えるのではないでしょうか。
そして、過去を振り返り、今までの二人の経緯について思い返してみたりするかもしれません。
「最近仕事が忙しくデートの時間がとれなかったかもしれない。そういえば、ラインも返信していなかったよな...電話もかけなおさなかったし」
「でも、仕事を休むわけにはいかないし...緊急事態でもないんだから、連絡しなくてもわかるかと思ってた...ちゃんと、仕事がしばらく忙しいからと、伝えておいたはずだけどな...」
「結局、こっちの状況を理解できない女てこと?自分の気持ちをわかってほしがるけど、こっちの状況をわかろうとか、推し量ろとかできない女てこと?」
「そういえば...前にもあったな、こういうことが。あの時も、俺が悪い、と謝って、おさめたけど、結局同じことの繰り返しだよ...あの時だって、本当は納得いかなかったけど、ギャーギャー泣いたりわめいて文句ばかり言うから、話しもできなかったんだよ。それで、俺さえ謝れば収まる、て考えて折れたけど、また、俺が悪いと謝るわけ?...」
「あ~仕事で忙しくて疲れてるのに...うんざりだよ。あ!明日の仕事の資料用意しなくちゃならないし、明日朝早いのに、時間ないよ。こういう時に下手なこと返すとさらにまずいことになるんだよ。そんなことより、資料の準備だ!」
とこの件に関して、彼は数日放置することになったりするが、彼は放置したつもりではなく、一旦保留して、時間ができた時にゆっくり考えて対応しよう、と思っていたりする。
けれど、

つづく・・・