自分のままで...

昨日は暖かく、お洗濯をバーッと干せたので何だかスッキリ気分(^^)
暖かい地方ではウグイスの声を聞いたとか・・・
春まであと一歩です。

さてさて、今日は恋愛のお話...。

恋愛ではなくパートナーとして考えた時、全部ではないにしろ
男性はやはり無意識に母親が原点、プラスアルファになる事が
多いようです。

そのせいか結婚も視野に入る恋愛で、お付き合いが早く終わって
しまう場合「思っていたのと違う...。」と断わられる場合が結構あるようです。

女性目線からは、ハキハキとした美人でとても素敵な方でも、
お相手から「合わない」と言われてしまったり、

逆に優しくて可愛らしい女性ですも、始めは良くても次第に
「物足りない」と気移りされてしまう事もあり、

リーディングしますと、お相手の望むタイプは自分の母親のようなタイプ、
一番落ち着けるタイプなのだと分かりますと恋愛は別として、
やはり彼女はちょっと違うかも?という事があります。

それでも、一度お付き合いが始まると、合わないと言われようとも
何とかしよう、何とかならないものかと思う女心、

お別れを言い出されても、ズルズルと続いてしまい、
彼に「無い」と言われながらも、

諦めるべきなのか、もう少し頑張るべきなのか...。
彼の気持ちを探り続け、疲れきってしまい相談に訪れられます。

冷静に見れば「無い」と、言いながら
ハッキリと避ける事をせずズルズル続ける彼は
甘えるのが好きなお子ちゃんタイプが多く、

女性は分かっているのに離れられないのは、寂しさと依存の心。
恋愛的には相手の好みの女性になりきろう!
というのもありますが、

それも出来る人と、出来ない人があり、
特にしっかりと自分のあるタイプには難しい事です。

そんな場合は、彼は自分の母親タイプを望んでいる、
という事をお知らせして、自分には無理と思うなら早く忘れる対策を
指導という事になります。

恋愛はドラック中毒に近いものがありますので
あとは本人様次第の部分はありますが、

合わない人を好きになるのも、自分を知る為の学びではあるものの
先が見えない恋愛を続けるより、けじめをつける事が幸せへの一歩、

自分のままで愛される相手を探そうね!と
心から思うのでありました。