心の健康寿命

皆様お久しぶりです。一之瀬です。

日本列島は厳しい吹雪に曝され、各地で被害も出ていますので、皆様もどうか安全な場所でお過ごし下さいね。


さて私はこの1年間、様々な出来事や葛藤を経て、人生で一番自分自身と向き合う時間を過ごしました。
正直、理不尽過ぎて受け入れ難い事象も経験し、悩みに悩んだ時期もありましたが、令和4年を迎えた現在の私は、やっとその曇り淀んだ場所から、抜け出せた様に思います。 

もちろん今後も生きて行くにつれ、また新たな事柄に出くわすでしょうが、私の性格的に、またそこでもがき悩みながらも、それを自身で乗り越えて行くのでしょう。
まさに人生はずっと修行の連続ですね。


こんな不器用な私ですが、皆様には明るく楽しい日々を過ごして頂きたいと、切に願っています。

そこで冒頭の『心の健康寿命』というワードに繋がるのですが、、、
私が考えるに、あまりに物事(人物)に執着している期間、精神は停滞し、他の事柄は疎かになり、その間の記憶も曖昧になってしまいます。
つまりその期間の"心"は、仮死状態であり、確実に心の寿命も削られているのです。

例えば恋愛に関しても、全く音沙汰が無い状況が何ヶ月も続く人物を待つ事が、果たして健全な状態と言えるでしょうか?
答えは否です。

昭和の時代ならともかく、これだけあらゆる通信手段が揃った日本において、連絡が無いという事は、つまりあなたは「大切にされていない」のです。
そんな扱いを平気でする人物とは、例えまた繋がったとしても決して幸せにはなれません。
さっさと次に行きましょう!

また許しがたい過去の遺恨も、それに囚われている期間はずっと、心の寿命は減り続けている事に早く気付き、現在に戻って来て今を生きて欲しいのです。
私に出来る事は、いつでもお手伝い致します。


私が何より願うのは、あなたが本当に大切にされて、過去の事柄にいつまでも心を消耗されず、少しでも長く、明るく幸せな時間を生きて欲しいという事です。

ちなみにあなたは、周りの方々を大切にしていますか?
もしチクリと感じたなら、少し立ち止まって考えてみて下さいね。


1.14.2022

最近はネットを介して、様々な出会いをする機会が増えました。

ビジネスに結び付く事もあれば、ブログなどに感化されて生き方まで変わったり、思いがけない繋がりで友人になったりと、枚挙にいとまがありません。

しかしいざ恋愛の場合となると、いかがでしょう?

確かに出会いのツールや機会は、アナログな時代の何十倍も増えた事でしょう。
ですが内容は薄く、関係も浅くなっているのではありませんか?

SNSやマッチングアプリで繋がったイコール、単に知り合っただけですよね。
それを『私達は付き合っている』と考えるのは、違うのでないでしょうか?

鑑定でもまだ一度も会った事が無い"彼氏"の気持ちや、今後を視て欲しいと言うご依頼がありますが、ハッキリ言って意味が解りません。
LINEを何往復していようと、愛の言葉を囁かれようと、百聞は一見にしかず!
会ってもいないお相手は、単なる知り合いでしかありません。

様々な人間関係の中でも、特に恋愛に関しては、お互いが直接逢った時の印象・佇まい・話し方・ニオイに至るまで、それこそ五感を総動員して感じ、関係を深めて行く中で徐々に解り合う事が「付き合う」と言う事ではないでしょうか?

恋愛に時短はありません。
こういう形から入った場合、その先の発展はやはり希薄であり、残念ながら長く続くのは、本当に極僅かな場合しかありません。

そして薄く浅い関係しか体験しないので、相手を信じられず、気持ちも分からず、すぐに離れてしまう。(あえて"別れ"とは言いません)
こんな事を何度繰り返しても無意味です。

いくら便利な世の中になったとて、私達は生身の生き物なのですから、生々しい体験の中でしか、本当の関係を築く事は出来ないのです。

いい加減その事に気づき、今のご自身の状況を確認して見ましょう。
あなたは本当に『お付き合い』をしていますか?
ただの"知り合い"に嫉妬したり、試したり、疑ったりしていませんか?
それは徒労でしかなく、占っても未来は視えませんよ。

傷付くのを恐れず、もっと濃厚に関われる関係を探しましょう。


本日は少し辛口になりましたが、本物の深いお悩みやご相談には、優しく対応致しますのでご安心下さいね(^^)


7.21.2021

世界的な天候変異による、自然の猛威を日々痛感している私達ですが、今年もまた大雨による災害が多発している中、本日梅雨明けとなった関東地方で、何とかやっている一之瀬です。

さて、これだけ便利な世の中となり、在宅時にも不便を感じる事はまったく無い今日この頃ですが、逆にそれによる弊害も年々増加しています。

SNS依存や誹謗中傷など、『見なければ』はもう通用しない世の中で、穏やかな日常を保つ為、皆様はどう対処されていらっしゃいますか?

私は最近「メルカリ」と「You Tube」に、とても癒やされています。
You Tubeは解るけど、メルカリ?って思いますよね。

実は私はメルカリでは購入専門なのですが、旅行も出来ない昨今、自宅に居ながらにして、秋田のいぶりがっこを始め、各地のご当地グルメや未使用の調理器具(私はお料理が趣味なので)、遠方にあるスパイス専門店の商品などを、"直接個人的"に注文出来るのです。

実はこの"直接個人的"が癒されポイントで、もちろんアマゾンやネットスーパーでも同じような商品はあるのですが、送られてくる品物に添えられたメッセージや、ちょっとしたオマケなどの心遣いが嬉しく、まるで会話をしながら買い物をしたような満足感を得られるのです。
また店頭には並ばない、変形や大き過ぎる野菜などを、格安で購入出来るなどのメリットも満載です。(以前に比べ食品や未使用品など、アイテムが格段に増えました)

もちろん本当に事務的な取り引きの場合もありますし、悪質な業者や売り主も居ますので、プロフィールや取り引き履歴などを見極める注意は必要ですが、私は今のところ大丈夫です。
※皆様もご利用の際は、くれぐれもお気を付け下さい。

You Tubeに関してもジャンルは様々ですが、最近ハマっているのは、田舎のおばあちゃんなどが出演しているお料理動画です。
ちょっと訛った話し方が温かく、無骨な手にはその方の実直な歴史が現れていますし、その手で作るお料理には心があります。
つい真似をしたくなる夏野菜メニューや語り口に、毎回癒やされ笑顔が戻ります。

インターネットを使う事が避けられない日々の中、デジタルデトックスならぬ"デジタルシャワーデトックス"を意識して、少しでも多くネットの良い方の気を浴びながら、皆様も心穏やかに毎日をお過ごし下さいね!


7.16.2021

早くも4月後半に入り、気候的にも過ごし易くなって来た今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?
私は相変わらずマイペースに、そして極力アナログな生活をしています。

人生を振り返る機会が増えている昨今、様々な経験をして来た中で、私が思うすべての人類に当てはまるであろう事実が...
・今この瞬間以上に、今の肉体は若返る事はない
・この先も生きている限り、ずっと同じ状態が続く事はない
・今の世界情勢が続けば、いずれ人類は淘汰されるだろう
と言う事です。

それでは生きる意味がない?
いえいえ、そんな事はありません。

そもそも私達が『生きる意味』とは何なのか。

それは 喜怒哀楽の様々な状態を体験する 事です。
そこには答えも結論もなく、事象は移ろい過ぎるのみです。

スピリチュアル的に考えても、私達が住んでいる今の世は、旅の間に立ち寄っている"借り住まい"でしかありません。
しかしとても重要で、大切な滞在期間です。

ですから時には感情的になったり、自分の都合を優先したり、イライラしたり、泣いたり落ち込んだり、身体にも不調な時があったりと、毎日次々と新たに起こる出来事の中を掻き分け、悪戦苦闘しながらも、精一杯生きて人生を終えるのです。
その先の事は私にもはっきりとは分かりませんが、続きがある事は実感しています。
だからこそ、この仕事が出来ているのでしょう。

こんな状態でしかも、生身の肉体を伴い生活している私達ですから、生きている間に『悟る』など出来るわけがありませんし、そんな事に時間を費やす必要もないのです。
もちろんだからといって、自暴自棄に生きるなどは論外ですが。

そんな今生をサバイヴして行く私達が、少しでも希望を持ち楽に過ごして行く為に必要なのは...

己の置かれた状況と実力を冷静に見極め、より良い方向を自分自身で選択する
事です。

とても難解なようですが、他人に依存するのを止め、他人の言動を制限せず、軸を自分に置いて思考する習慣を得る事が出来れば、この苦しい世界でも、多少は穏やかに生きて行く事が可能です。

その為のヒントなど私に可能なお手伝いなら、いつでも承りますよ(^^)

4.18.2021

或る選択

昨年末に89歳の母が他界しました。
認知症のうえ、5年前には脳出血で寝たきりになり、肺がんも患っていましたが、苦しむ事もなく穏やかで自然な最期でした。

今年に入り近親者だけで葬儀を行いましたが、冷たく固くなった母に死装束を付けた時、改めて死を間近で意識すると同時に、生きている事の尊さ、有り難さを実感しました。

毎日ニュースでコロナや事故などで亡くなる方の数だけを見ていると、つい麻痺してしまいますが、そのお一人お一人には様々な歴史が或り、またその死に関わる全てのお仕事に携わる方々の大変さや真摯に取り組む姿勢を、母の葬儀を通じて強く認識し、改めて尊敬の念を抱きました。

近年は様々な理由で自死を選ぶ人がいますが、自我のプライドや先々への恐怖に負けず『敢えて何も選ばず受け入れる選択』こそが、人として一番尊く自然の理であり、どのような状況になったとしても、私自身もそう有りたいと思っています。

1.14.2021

あっと言う間に12月。
今年は本当に、コロナウィルスに翻弄された1年でした。
これから冬本番がやって来る北半球では、ワクチン開発の兆しはあるものの、ウィルスとの最大の戦いが待ち受けています。

自宅などでの待機を強いられた今年を過ごし、皆様も嫌でも自分自身の在りようや、過去を振り返る時間を持てたのではないでしょうか?

空に浮ぶ雲が決して静止しないように、時は移ろい私達の今の状態も必ず変化の時は来て、やがて歴史に埋没して行きます。

どんなに名声を得たり財産を築いても、またはどんなに惨めで苦しい状況に居ようとも、いつかそれは過去となり、またその事を知る全ての人々もやがて去って逝きます。
"終われる"事で、救われる魂もあるのですね。

だからと言って、何をしても良い訳ではありません。
私達はそれぞれの置かれている状況の中で、常に最善を尽くし知恵を絞り生き抜く事で得た、様々な喜怒哀楽の感情を手に旅立つのです。

人生の伏線を回収するのは勿論自分自身であり、因果は必ず自身に返って来ます。
仕掛けた伏線で汚れきってしまわない様に、最期には清々しい達成感と、切なくも愛おしい万感の思いを誇れる自分で有りたい。

"一寸の光陰"を大切に、しっかりと生きて行きたいものですね。

12.4.2020

CollageMaker_20201205_153139376.jpg

この世界で生きていると、不思議な事がたくさん起こります。

もちろんエビデンスの無いモノを、一切信用しないという方々もおられます。
どちらかと言うと私も思考は理系寄りなので、結果の提示出来ない事を、むやみに発信するのには抵抗がありますし、こういう仕事をしている立場ですから、なおさら責任の持てる発言をしたいと常に思っています。

ですが、どうしても説明のつかない事もあるんですよね。
例えば私はこの仕事を始めるずっと以前から、どうしても入れない場所や近づきたくない所が複数あり、後にそこは数々の因縁があったと知る事も多々ありますし、UFOも子供の頃から何度も目撃しています。
UFOに関しては、しっかりと物質感がありましたので、どこで製作されたかは分かりませんが、心霊的なモノではないと思います。

また鑑定中にも突然お経が聞こえたり、髪を引っ張られたり物が落ちたりと、まあ賑やかです(^^;
ただ不安になったりしなければ自然に収まりますので、私は気にしないようにしています。

と数え上げればキリがないのですが、結論としては『今視えている世界がすべてではない』と言う事なのでしょう。
私達は様々な事象の中、人類の英知の及ばない事もたくさん起こるこの世界で、普通に生活して行く事しか出来ません。
そのためのお手伝いは、微力ですがさせて頂きます。

信じるか信じないかはあなた次第です!

11.14.2020
20201114163027-7cde2a7117618e7e28c8e68b453903bda25d7719.png

ここ十数年で、私達を取り巻く情報収集の手段は各段に向上し、知りたい事を瞬時に知る事が出来るようになりました。
いわゆる"プロ"ではなく、ありとあらゆる人々が発信し、様々な形で繋がりを持てるようになったので、以前ではあり得なかった出会いや、ワークスタイルの確立など、メリットも沢山あるのは事実ですが、その裏で確実に人々の心の脆弱化、トライする気力の低下などが進んでいると、私は懸念しています。

特に若い人に顕著に見られますが、まだ経験していない様々な事柄を、もう経験した事のある他者の書き込みなどを閲覧し、自分は止めておこうとすぐに決断を下したり、知った気持ちになってしまっているのです。

これは実にもったいない発想で、時期も年齢も環境も違うのですから、当然結果も違ってくるわけで、私達の心は物事の経過を体験する事で成長するのですが、そのせっかくの機会を自ら手放してしまっているわけです。

もちろんリスクを回避するのも大切な事ですが、最近は結果と効率だけを求め過ぎるあまり、心がやせ細り、自ら決断する思考が低下している方々が増えているのが現状です。

せっかくの人生なのですから、他の方がどうだったとしても、自分自身で悩み工夫しながら過ごして行った方が、結果的には自己肯定感も上がり、満足した人生になるのではないでしょうか?

その為のお手伝いは、微力ながらいつでもお引き受けします。
遠慮なくご相談下さいね!

11.11.2020

皆様、大変ご無沙汰してしまい、申し訳ありません。
本当に今年は様々な意味で混迷を極め、あっという間に後2か月となりましたね。

折しも今日はアメリカ大統領選挙当日、まさに今のアメリカの混乱ぶりは世界の縮図そのもの。
真の民主主義とは何か?世界がますます弱肉強食、自国第一主義に傾倒して行ってしまうのか?が問われています。

スピリチュアル的に視れば、このままの状態を世界が継続して行くのであれば、私たち人類はいずれこの地球上から、淘汰されてしまう事でしょう。
全世界に蔓延しているコロナ渦の今こそ、人類が互いに助け合い共存の道を探る事で、未来を変えて行ける千載一遇のチャンスなのですが、本当に残念でなりません。

ここ30年程のテクノロジーの進歩には目を見張るものがありますが、人々の魂の進化についてはいかがでしょうか?
自分自身を律したり、他人に手を差し伸べるなど優しくも光り輝いた魂は弱り、企みや憎悪など負のエネルギーだけが増大し、退化の一途をたどっていると、残念ながら私は感じています。
自分がどんなに冷淡で、残酷な行為をしているかなど知る由もなく、学ばずに去って逝くのです。

物理的には恵まれているように見えますが、それも一部の先進国のみの話。
そしてその"勝者"たる先進国が資源や大気を奪い、食い尽くし、声を上げる事も出来ない大多数の後進国の人々を、顧みることもなく取り残し、見殺しにしている、、、これが世界の現状です。
弱者である人々は放置されたまま、いつまでも報われる事は無いのです。

正直この深刻な状況を憂い、心を痛めながらも真摯に日々を生きている方々ほど、現代の社会で心身を平常に保ちながら、これからを生きて行くのは大変だと思います。

私個人はちっぽけな存在ですが、こんな状況下でも毎日懸命に生活している皆様方を、少しでも励まし寄り添って行くお手伝いが出来るよう、今後も精進して参ります。

11.4.2020

明日で地下鉄サリン事件から丸25年が経ちます。
当時のオウムでサリン事件に関わった受刑者達の刑は執行されましたが、被害者の皆様は今なお苦しまれています。

当時私自身も都内の企業に勤めており、たまたま体調不良であの日は休みを取っていましたが、取引先のある築地に行く予定がありましたので、出社していたらおそらく事件に巻き込まれていましたし、後日数名の方が被害に遭われたと知り、とても辛かった事を今も覚えています。
また前年には松本サリン事件がありましたが、当時の実家が事件現場からほど近い場所にあり、電話で慌てて安否確認をした事なども思い出され、あの悪夢がふたたび起こってしまった事が悔しく、本当に強い憤りと無力感に苛まれました。

宗教の意義や定義には様々な意見があると思いますし、信仰する事で安定した心を保ち、生活を送られている方々に全く異論はありませんが、少なくとも他者の生活を脅かしたり、生命や財産を奪うような意志を持ち活動している団体には、真の教義も人を導く資格も絶対にありえません。

混迷を極める現代においても、宗教は救いを求める人々を癒やす重要な要素に位置づけられますが、その源泉は究極のホスピタリティと、慈悲深い愛情によるものでなければなりません。

私個人としては、信仰心は自分自身の内側に秘めつつ、日々の生活を粛々と重ね継続して行く事こそが修行であり、揺るぎない自信と安定した心を得られる唯一の道だと思っています。

3.19.2020